賃貸の空室を埋めるための対策について詳しくご紹介します!

賃貸経営を行っているオーナーにとっては、空室対策は必須となります。しかし「対策を行っているがなかなか改善されない。」などと悩むオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、空室がでてしまう主な要因や賃貸で有効な空室対策などを紹介します。

□空室がでてしまう主な要因
空室が埋まらない原因はどこにあるのでしょうか?それぞれ解説します。

1つ目に、立地が悪いが挙げられます。駅から離れている、坂道が多い、踏切が近くにあるなど、立地条件が悪いところであれば空室が続く可能性があります。物件探しでは、立地で決まることが多いです。

2つ目に、相場より家賃が高いことです。近隣の競合物件より家賃が高く設定していれば、空室が続く原因になります。家賃は、社会情勢や経済動向、物件の劣化など、さまざまな状況で常に変動することを意識しておきましょう。

3つ目は、物件情報の掲載があいまいであることです。物件情報の掲載内容があいまいだったり、こまめに更新しないようなケースです。同じ内容で放置していても空室対策にはなりません。

4つ目は、設備が古い・共有スペースが汚れていることが挙げられます。内見時に建物の各設備が古い、共有スペース(郵便ポスト、駐輪場、ゴミ置き場、エントランスなど)が汚れているケースです。日頃から定期清掃で清潔にしておく必要があります。

5つ目は、管理が行き届いていない原因です。管理会社に管理業務を委託していても連絡漏れや修繕・定期清掃を怠る、クレーム(トラブル・ご要望含む)の対応が遅いなど、管理が不十分な場合です。

最後に、入居者トラブルが多い物件は空室が出てしまいます。騒音トラブルやペット、ゴミ出しのマナーなど、入居者同士のトラブルが改善されないまま、次々に退去していくケースです。ゴミが散乱していたり、落書き、タバコのポイ捨てなどから、入居者のマナーが悪い可能性もあります。

□賃貸で有効な空室対策

*空室対策には管理会社の切替も有効
空室が改善されない場合は、管理会社を変更するのもひとつの方法です。管理委託契約は、一般的に3ヶ月前に解約を申し入れることになっています。一方、サブリース契約では、6ヶ月前に解約予告を行う必要があります。

*初期費用を見直す
最近では、敷金、礼金ゼロゼロ物件や敷金、礼金、仲介手数料トリプルゼロ物件などもあります。少しでも長く住んでいただけるように、初期費用の見直しを検討することは有効と考えられます。

*家具・家電付き物件にする
一人暮らしなど、あまり費用をかけたくない人向けには、家具家電付き物件も有効な空室対策です。これにより、引っ越しから賃貸物件の初期費用を大幅に抑えることができるでしょう。

□まとめ
ここでは、空室がでてしまう主な要因や賃貸で有効な空室対策を解説しました。上記のように改善する方法がたくさんあるので、空室が出た場合はできるところから初めてみましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>