賃貸経営でペット可の物件にするメリットとは?詳しくご紹介します!

近年のペットブームにより、ペットと一緒に暮らしたいと思う方が増えています。賃貸経営においても「ペット可」物件を取り入れたいというオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、ペット可の物件にするメリットやペット可の物件として成功させるためのコツなどを解説します。

□ペット可の物件にするメリット
アパートやマンションの現状は、供給過多になっていると言われています。競合物件との差別化には、ペット可物件にするメリットは多数あると考えられます。

・入居率が高くなる
ペット可物件にすると、入居率が高くなる可能性があります。ペットを飼いたいというニーズが増えているので、積極的に取り入れると空室の改善にもつながります。

・家賃を高く設定することができる
ペット可物件であれば、相場より家賃を高く設定できる場合もあります。ペット可物件を探してる人にとっては、他の物件で断られていたなどの理由により、多少高くても入居する可能性があるためです。

・長く住んでもらえる
ペット可物件の入居者は、次の物件がすぐに見つかるとは限らないので長く住んでもらえる可能性があり、安定的な家賃収入が期待できます。

・オーナー優位に交渉が可能
ペット可物件ではペットの影響で壁や床が傷つきやすくなります。したがって、入居者が家賃の減額請求を希望しても、リスクを説明することにより減額不可を納得してもらいやすいです。

□ペット可の物件として成功させるためのコツ

*初期費用を高く設定する
家賃や敷金などの初期費用を高めにしておくことで、退去時の原状回復費用に充てることができます。ペット可物件では、敷金を1ヶ月プラスして設定している物件もみられます。

*賃貸借契約時に十分な説明を行う
賃貸借契約の際にペットの鳴き声や悪臭、部屋の損傷など、トラブルの原因になる項目を十分に説明した上で、これらに同意した入居者のみと契約するようにしましょう。
また、退去時の原状回復費用も通常より高くなる可能性があることも説明しておくとよいです。

*ペット可物件として細かくルール化しておく
ペットの大きさや頭数、種類などをあらかじめ詳細を決めておくことが重要です。例えば、大型犬は禁止、犬猫は◯頭まで可能など。また、共有スペースで排泄してしまうと悪臭や汚れの問題も発生するのでこちらのルールも決めておきましょう。

□まとめ
ここでは、ペット可の物件にするメリットやペット可の物件として成功させるためのコツなどを解説しました。ペット可物件では家賃を高めに設定できたり、入居期間が長くなるといったメリットがありますが、トラブルを避けてるため細かなルールを決めておくことも大切です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>