賃貸の管理会社を変更した理由とは?手順についてもご紹介します!

賃貸経営を行っていると、さまざまなトラブルが発生することがあります。管理会社と日頃からコミュニケーションが取れていれば解決することもありますが、管理会社の方針が合わなかったり、担当者とうまくいかないケースもあります。そこで今回は、管理会社の変更に関する理由や手順を解説します。

□管理会社を変更した主な理由

*担当者の対応に不満がある
入居者のクレーム(トラブル・ご要望含む)などの対応が遅い、担当者の連絡漏れなど、コミュニケーションがうまく取れていないケースです。関係の悪化で信頼関係が破綻するおそれもあり、管理会社を変更せざるを得ない状況にもなってしまいます。

*管理が行き届いていない
共用部分のエントランスや駐輪場などの清掃ができていない、入居者から修繕の連絡がきても放置している、修繕工事等の見積もりを1社だけで決めているなどです。管理が不十分であれば、オーナーだけでなく入居者からの信頼も失います。

*空室がなかなか埋まらない
数ヶ月以上も空室が続いてる状態で、管理会社の担当者ともうまくいっていない場合です。リフォームやリノベーションなど具体的な提案もなく、改善が期待できないときは、管理会社の変更を検討した方が良いでしょう。

*管理委託費が高い
担当者の対応が不十分であったり空室が改善されていないにも関わらず、委託費が相場より割高になっている場合は、管理会社の変更を検討すると良いでしょう。

□管理会社の変更を行う手順とは?
管理会社を変更する場合、どのような手順で行われているのでしょうか?それぞれ解説します。

・現在の管理会社との管理委託契約書を確認する
管理会社の中途解約については「○か月前に相手方に通知しなければならない。」と記載している場合がほとんどです。すぐに管理会社の変更ができないケースがあるので、管理委託契約書を確認しましょう。

・管理会社の選定
管理会社の変更を検討している段階で、どのような業者に変更するのか目的を明らかにしましょう。その中から、複数の管理会社を比較し見積りを依頼します。

・現地調査
新しい管理会社がオーナーの物件を調査したり、調査内容が書かれた提案書などを提出します。

・新しい管理会社と管理委託契約を締結
管理会社との解約通知後、新しい管理会社と管理委託契約を締結します。後でトラブルにならないよう契約内容を細かく確認します。
このときに、新旧の管理会社で賃貸契約書類や鍵の引き渡しなど引き継ぎが行われます。

□まとめ
ここでは、管理会社を変更する理由や管理会社の変更を行う手順について解説しました。オーナーと担当者の関係が悪化したり、信頼を失う問題があれば、複数の管理会社を比較しながら、物件に適した会社に変更するのも1つの方法です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>