賃貸にお住まいの方に向けて!水回りで起こりやすいトラブルとその対策を紹介

「家に帰ってきたら水浸しだった。」「突然の水漏れはどうすればいいの?」と不安になった経験はないでしょうか?賃貸住宅で水漏れすると、最悪の場合下階まで水漏れ被害が及ぶこともあり、損害賠償請求されるケースもあります。ここでは、水回りで起こりやすいトラブルや水回りの修理負担について解説します。

□水回りで起こりやすいトラブル
ここでは、賃貸物件の水回りで起こりやすいトラブル事例を紹介します。

*上階から風呂の水を出しっぱなしによる水漏れ
上階の入居者がお風呂の水を出しっぱなしにしていたことが原因で起きる水漏れです。下の階まで被害が及ぶと、多大なる迷惑がかかってしまいます。長期間家を不在にする際には、家中の水栓が閉まっているのか必ず確認しましょう。

*トイレタンクの水が止まらない
トイレタンクの水が止まらなず、水漏れが発生することもあります。タンク周辺の部品が劣化していることが原因かもしれません。
早めに対処しないと被害も拡大していきます。バスタオルを敷くなどの応急処置をしてから、管理会社や大家さんに至急連絡をしましょう。
しかし、深夜に水漏れが起きた場合は、大家さんや管理会社と連絡が取れないこともあります。この場合は、水道業者へ依頼することになります。24時間緊急対応してくれる業者もあるので、深夜対応してくれる業者にすぐに来てもらい応急処置してもらいます。
ただし、設備については貸主が所有者であるため、勝手に修繕・交換することはできません。自分の判断で修繕・交換した費用は、貸主に負担してもらえないことがほとんどですので注意しましょう。

□水回りの修理負担について
ここでは、水回りの修理について貸主・借主どちらが負担をするのかを解説します。

*原則貸主負担
水回りの修理負担については、一般的に貸主負担となっています。水回りに限らず、賃貸設備の故障や不具合でも同様とされています。
ただし、明らかに借主による無理な使用方法で故障してしまった場合や、不注意により修理が必要となったとき、明らかに過失によって故障させたと判断される場合は、借主負担となる可能性が高いです。

*賃貸借契約書に特約が付されているケース
賃貸借契約書に「軽微な修理の負担は借主とする」という特約が認められているケースがあります。この場合は、軽微な修理の範囲がどこまでになるのか、貸主・借主の間で了承を得る必要があるでしょう。
いずれにしても、経年劣化による比較的大きな金額がかかる修理では、貸主負担になることが多いです。

□まとめ
ここでは、水回りで起こりやすいトラブルや水回りの修理負担について解説しました。水漏れや設備の故障が発生したら、すみやかに大家さんや管理会社に連絡することが重要です。費用負担については、賃貸借契約書を確認してみましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>