管理会社は入居率に影響する?賃貸オーナー様必見です!

賃貸の物件管理は管理会社に委託することが多いですが、管理会社によっても得意分野がそれぞれ異なります。満室経営が理想ですが、中には管理会社に依頼しているにもかかわらず空室が埋まらず、入居者募集に苦戦しているオーナーもいらっしゃるでしょう。ここでは、入居率が低い原因や管理会社の変更手順などを解説します。

□入居率が低い原因を考えることが重要
入居率が低い物件には、どのような原因があるのでしょうか?

・ターゲット層が合っていない
高齢者が多い地域なのに、一人暮らしの若者向けの物件、学生が多い街なのにファミリー向けの物件など、ターゲットが合っていないことで入居率が低くなっているかもしれません。

・建物が老朽化している
壁のクラックや階段が錆びている、郵便ポストはボロボロなど、建物のあらゆる部分が老朽化していると、入居率低下につながります。設備の交換やリフォームなどを検討する必要があります。

・入居条件が厳しい
家賃の支払いが入居する条件で重視されるポイントですが、厳しすぎると入居率が低くなる原因にもなります。家族構成、年齢、人間性などさまざまな方向から入居条件の見直しを検討してみましょう。

・家賃が割高になっている
競合物件と比較して家賃が高めに設定されているケースです。築年数や物件の外装、内装、間取りなどを比較しながら、適切な家賃設定の見直しを図りましょう。
上記の原因以外にも管理会社が原因で空室が続くこともあります。それぞれ見ていきましょう。

・営業力が足りない
管理会社に業務委託している場合、入居者募集を任せていることもあります。しかし、管理会社の営業力が足りないため入居率が低くなってしまうケースがあるようです。
・対応に問題がある入居者のクレーム(トラブル・ご要望含む)に素早く対応せずに放置しているケースです。管理が行き届いていないと、信頼関係が破綻し退去する人が増える可能性があります。

□管理会社の手順
管理会社に不満がある場合は、新たな管理会社に変更することを検討します。ここでは、変更する際の手順を解説します。
まず、現在の管理会社とどのような契約になっているか、解約の条件や手続きなどを確認しましょう。次に、依頼を検討している管理会社の管理内容や提案書の確認と、金額の見積もりを出してもらいます。内容や金額に納得できたら、契約に移ります。重要事項説明書や契約書の内容をしっかり確認して、オーナー側に不利な条件がないかや解約手続きが適切であるかをチェックしましょう。最後に、現在の管理会社を解約します。一般的には、新たな管理会社と家賃振込先の変更をお知らせをします。

□まとめ
ここでは、入居率が低い原因や管理会社の変更手順を解説しました。賃貸オーナーは空室が多い原因を洗い出し、できるだけ早期の改善が必要です。オーナー側で解決できる原因であれば早急に対応し、管理会社に問題があると考えられる場合は管理会社の変更を検討しましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>