入居者の探し方とは?入居者募集のポイントについて解説します!

賃貸経営でオーナーを悩ませるのが入居者募集です。空室期間をできるだけ短くして、できれば常に満室を維持していきたいものです。しかし、空室が埋まらず入居者募集の「改善策がわからない」などと不安になることはないでしょうか。ここでは、入居者募集の手段や入居者を集めるためのポイントなどを解説します。

□入居者募集の手段
入居者募集はオーナー自ら行う場合や管理会社に委託する場合があります。それぞれ解説します。

*不動産仲介業者に依頼する
不動産仲介業者に入居者募集を依頼する方法です。多くの賃貸オーナーが仲介業者に募集活動を依頼しています。
仲介業者の入居者募集には2種類があり、一般媒介契約と専任媒介契約があります。一般媒介契約は、複数の不動仲介産会社に依頼をする形態です。専任媒介契約は、特定の一社に入居者の募集を依頼する形態です。
オーナーが直接仲介業者に依頼した場合は、仲介業者に直接手数料を支払うことになります。仲介手数料は一般的に家賃の1ヶ月分です。

*管理会社に依頼する
管理会社に入居者募集を依頼する方法です。入居者募集以外にも家賃の回収、苦情の対応など、管理業務全般にワンストップサービスを提供します。
オーナーは、管理会社に管理委託手数料を支払う必要があります。管理会社によっては入居者募集を得意としないところもあるので、実績が豊富な管理会社を選ぶことが大切です。

*知人や親戚に聞いてみる
不動産仲介業者や管理会社に依頼せず、知人や親戚に入居希望者がいるか聞いてみるのもひとつです。とはいえ、簡単に複数の希望者が見つかるわけではないので他の方法とあわせて検討しましょう。

□入居者を集めるためのポイント
オーナーが安定した満室経営を行うには、入居者を集めるための最低限のポイントを押さえる必要があります。
1つ目は、求められる立地であることです。賃貸経営で重要なのが立地です。駅から離れている、周りに商業施設や医療機関、コンビニがなくて不便な地域は空室率が高くなります。入居者の年齢や家族構成など、ライフスタイルを考慮しながら必要な環境が整っているかをチェックしましょう。
2つ目は、近隣の家賃動向を調べることです。築年数や間取りが似ている同じような競合物件の家賃を調べます。その他、敷金・礼金、仲介手数料、管理費、駐車場代など、費用負担からも競合物件と比較します。
築年数、外観、内装、設備、費用などさまざまな観点から比較すること、自分の所有する物件の強みや弱み、アピールポイントが見つかるでしょう。その強みやアピールポイント分は家賃を上乗せできる可能性はありますが、高く設定しすぎると需要がなくなってしまいます。

□まとめ
ここでは、入居者募集の手段や入居者を集めるためのポイントを解説しました。入居者の募集は知識や実績が豊富な管理会社に任せることで空室の改善が期待できます。また、できるだけ長く入居してもらえるように、物件の魅力をオーナー自身がしっかり把握し、わかりやすく伝えることが大切です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>