入居者の騒音を注意するためには?対策を詳しくご紹介します!

マンションやアパートで多くなっている生活音などの騒音問題。コロナ禍で在宅ワークが増える中、トラブルが深刻化するケースも多くなっています。ここでは、騒音トラブルの概要や騒音問題の対処法を解説します。

□騒音トラブルの概要
賃貸経営の中でオーナーを悩ませるのが騒音問題です。苦情が多くても解決しにくいのが現状です。放置するとトラブルが深刻化して訴訟に発展するケースもあります。

*近隣騒音による迷惑を受けた人は全体の60%超
環境庁等が行ったアンケート調査結果によると、近隣騒音による迷惑を受けた人は、全体の60%を超えていることがわかりました。
住居形態別では、集合住宅在住者が約80%が近隣騒音に悩まされているという実態が明らかになっています。
集合住宅で起こる騒音の発生源は、洗濯機や掃除機などの生活家電、トイレやお風呂などの給排水設備、扉や窓の開閉音、テレビやピアノなどの音響機器、人の声や床を歩く足音、ペットの鳴き声など、多岐に渡ります。
上記の騒音は、生活の中で欠かせない行動により発生するものも多く、気づかずに迷惑かけていることがあります。そのため、何らかの注意を受けて気が付いて、入居者が意識することで騒音の解決につながるケースもあります。
貸主は、これらの騒音問題についてどのように対処するのか、トラブルの責任はどこまで負うのかを事前に決めておく必要があります。

□騒音問題の対処法
騒音問題が解決しなければ、退去する方が増えるかもしれません。早期解決のために適切な対応を進めていきましょう。

*騒音問題解決までの流れ
まずは、いつ頃から騒音が始まったのか、どのような音がするのかをオーナーが被害者からヒアリングします。聞こえる場所や時間帯、部屋の位置(上階など)や音の頻度なども細かくヒアリングしましょう。
騒音の現状を把握するためにも、入居者には記録を取ってもらうことが重要になります。被害を訴えている方が感情的であるケースがあり、事実よりも大きく伝えている可能性もあるので、騒音の記録で事実確認することが大切なのです。また、証拠の保全をしておくと、騒音の当事者が否定した場合などに重要な資料となります。
次に、ヒアリングや事実確認などの事前調査で騒音問題が発覚すると、入居者全員に注意喚起を行います。書面をポストに投函したり、掲示板で知らせる方法があります。この時点では、騒音の発信源がわかっていたとしても、トラブル防止の観点から加害者を特定しないようにするとよいでしょう。
それでも解決しない場合は、入居者に直接注意を行います。

*管理会社に任せると安心
自主管理であれば、オーナー自らが騒音問題に対処しなければなりません。その反面、管理会社が管理しているのであれば、騒音問題に関する知識や経験もあるので適切に対処していただけるでしょう。オーナーの精神的負担も少なくなり安心です。

□まとめ
ここでは、騒音トラブルの概要や騒音問題の対処法を解説しました。騒音問題は、適切な対応をしないとトラブルに発展する可能性があります。できるだけ早く対処することを心がけ、管理委託している場合は、管理会社に対応を任せましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>