賃貸オーナー様必見!空室が埋まらない際の対策について解説します!

賃貸経営で最も避けたいのが、長引く空室です。継続的に家賃収入を得るには空室改善が不可欠ですが、なかなか空室が埋まらずに悩まれているオーナーもいるのではないでしょうか?場合によっては、新築の賃貸物件であっても空室になることがあります。ここでは、なぜ空室対策が必要なのかと具体的な空室対策について解説します。

□なぜ空室対策が必要なのか
*賃貸住宅の着工数が回復傾向にある
国土交通省「建築着工統計調査」によると、賃貸住宅の着工戸数(全国合計)は2018年の半ばからマイナスが続いていましたが、2021年3月に31カ月ぶりのプラスに転じています。新築アパートやマンションが増えていくにつれ、中古物件が不利となり空室対策が課題となります。(参考:国土交通省「建築着工統計調査」)https://www.mlit.go.jp/report/press/content/kencha205.pdf

*人口減少の歯止めがかからない
厚生労働省が発表した2020年の人口動態統計によると、出生数は84万832人と過去最低を記録しています。また、高齢者の人口は増加傾向で、総務省の推計によると65歳以上は3617万人となっています。これは総人口の28.7%と過去最高を更新しています。(2020年9月15日時点)
さらに、平成30年住宅・土地統計調査住宅数概数集計によると、空き家の内訳として「賃貸用の住宅」が431万戸(50.9%)となっています。出生数の減少と高齢者の増加でますます空室対策が重要となっているのです。

□具体的な空室対策
ここでは、具体的な空室対策をそれぞれ紹介します。

*家賃、敷金・礼金を見直す
家賃は、競合物件がどのように設定されているのか調べて設定しましょう。周辺の競合物件より高めに設定されていれば、家賃の値下げを検討しなければなりません。
一方、敷金・礼金については、ゼロゼロ物件が増えています。加えて仲介手数料を無料とするトリプルゼロ物件なども登場しています。

*物件の清掃を強化する
共用部分の階段や駐輪場、ゴミ捨て場が汚れていて、掃除が行き届いていない場合は、内見時に悪い印象を与えます。定期的に掃除を行い、常に清潔な建物であることが重要となります。

*無料インターネットの完備
インターネットは生活する上で必須の時代になりました。高速回線や無線LANの導入で入居者の満足度を高められるでしょう。

*リノベーションで付加価値の提供
老朽化している物件では、リノベーションを行うことでスタイリッシュでおしゃれな建物となり、ニーズに合った集客が期待できます。

□まとめ
ここではなぜ空室対策が必要なのかと具体的な空室対策などを解説しました。少子高齢化社会では、入居者にとって満足できる物件にすることが最優先となります。時代に合ったサービスや付加価値の提供を行い、常に空室対策の改善に努めましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>