賃貸管理のやり方にお悩みの方必見!2つの管理方法を紹介します!

賃貸経営で空室リスクを下げて満室を維持するためには、適切な管理業務がカギとなります。しかし「自主管理や管理委託どちらがいいの?」などと、管理方法について疑問に思うこともあるでしょう。ここでは、賃貸管理の2つの管理方法や管理会社を変更検討するタイミングなどについて解説します。

□賃貸の2つの管理方法
賃貸管理は、大きくわけて自主管理と管理委託の2種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。
自主管理とは、オーナー自らが賃貸管理をすることです。どこまで管理業務を行うかはオーナーによって異なります。一方、管理委託は、管理会社に業務を委託することです。全部を任せる場合と一部を任せることも可能です。

*自主管理のメリット
自主管理の最大のメリットは、管理費用が抑えられることです。自分で管理業務を行うので管理の委託費用がかかりません。
また、入居者とのコミュニケーションが直接取れることもメリットです。オーナーと入居者がコミュニケーションを取ることにより、信頼関係が築くことができ、長く入居してもらえる可能性が高まります。交流が活発になれば、セキュリティ面も向上するでしょう。

*自主管理のデメリット
一方、時間と手間がかかるのが自主管理のデメリットです。管理業務は、入居者募集や物件の維持・管理、クレーム(トラブル・ご要望含む)対応など多岐にわたります。これらをオーナーがすべて行うと時間も手間もかかります。しかし、その分学びも多く、今後の賃貸経営の課題解決に活かすことができるでしょう。
また、常に専門知識が求められるのも大変な点です。物件のトラブルによっては、専門的な知識が必要な場合もあります。法律に関わることや設備・機械の細かいことまで対応しなければなりません。トラブルの種類によっては、1人では対応が難しいこともあります。常に新しいことを学び続けなければならないので、それが苦になる方には難しいかもしれません。

*管理委託のメリット
管理会社に委託する最大のメリットは、専門的な知識があるプロに任せられることです。先述したように、管理業務は専門的な知識が必要となります。専門的知識をあらかじめ持っている管理会社に委託することで、安心して管理業務を任せられます。
また、早期に問題解決ができるのもメリットと言えるでしょう。実績が豊富で専門のノウハウを持っている管理会社を選ぶことで、入居者の不満に早期に対応できる可能性があります。

*管理委託のデメリット
1番のデメリットは、コストがかかることです。管理委託費用がかかりますが、トラブルの対応や修繕に関するノウハウがあるので、管理委託するケースが増えています。

□管理会社の変更を検討するタイミング
管理会社の変更を検討する場合は、以下のタイミングが良いでしょう。
・空室が改善されない・担当者の対応に不満・入居者トラブルが解決しない・家賃の滞納が続いている
特に家賃の滞納や空室が改善されないケースでは、賃貸経営が赤字になる場合もあるので早期に解決を図るべく、管理会社の変更を検討してみましょう。また、入居者トラブルを放置すると、今後も空室が続く可能性があり、できるだけ早い管理会社の変更が望ましいです。

□まとめ
ここでは、賃貸経営のやり方にお悩みの方へ、賃貸管理の2つの管理方法や管理会社を変更検討するタイミングについて解説しました。賃貸管理は自分の物件や状況に合う管理方法で行い、管理委託する場合は、現状の問題を洗い出し変更するタイミングを考慮しながら実績のある管理会社を選びましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>