賃貸オーナー様に向けて!管理会社変更の理由についてご紹介します!

賃貸経営で管理業務が重要となりますが、幅広い業務があるため管理会社に委託するケースが多くあります。しかし、何らかの理由でうまくいかず、管理会社を変更したいと思ったことはないでしょうか?ここでは、管理会社の変更を検討する理由や管理会社を変更する手順を解説します。

□管理会社の変更を検討する理由
管理会社を変更したいと思う理由はどこにあることが多いのでしょうか?
1つ目は、費用を見直したいケースです。管理委託手数料を見直したいから管理会社の変更を検討します。ただし、安いだけが良いとは限りません。管理委託手数料は特別安いが、管理がおろそかでは意味がありません。管理内容と管理の質、管理委託手数料のバランスで判断すると良いでしょう。
2つ目は、管理会社に不満があるケースです。メンテナンスを放置している、入居者からのクレーム(トラブル・ご要望含む)対応が遅い、物件の巡回を定期的に行わないなど、管理会社の対応に不満募ってくることがあります。物件が適切に維持・管理されていない場合は、資産価値も下がってしまいます。いい加減な対応が続くと、退去する方が続出する可能性も否定できません。
3つ目は、空室率を改善するためです。築年数が経つにつれて物件の劣化が目立つようになり、入居率が下がる場合があります。適切に管理ができていなければ、いつまでたっても空室が改善されません。入居者募集の工夫ができる管理会社や集客が得意でかつレスポンスも早い会社であれば、空室率改善も期待できます。

□管理会社を変更する手順
ここでは、管理会社を変更する具体的な手順について解説します。

*現状の問題点を洗い出す
管理会社を変更する理由は何かを具体的に洗い出します。例えば、担当者の対応に関する不満、物件の維持・管理がずさん、管理費用の問題などを洗い出していきます。

*管理会社の選定や見積もり、現地調査
変更する具体的な目的が決まれば、その問題を解決してくれそうな管理会社を探します。良さそうな管理会社を見つけたら見積もりを出してもらいます。物件の正確な設備状況などを確認するため、見積書の作成には現地調査が必要となります。

*提案書と見積書の取得
現地調査を行った上で提案書と見積書をもとに管理会社から詳細の説明を行います。これまでの問題点を解決できる会社を1社に絞ります。見積書の内容に納得ができたら、次のステップに進みましょう。

*新管理会社との契約・解約手続き
契約書に記載されている内容がオーナーにとって不利なものはないかなどを詳細を確認します。契約内容に問題がなければ契約を締結して、現行の管理会社との解約手続きを進めます。業務委託契約の解約は、原則として3か月前に通知が必要な場合が多いです。

□まとめ
ここでは、管理会社の変更を検討する理由や管理会社を変更する手順を解説しました。まずは管理会社を変更する理由を洗い出してから、現状の問題を解決できる管理会社を選ぶことが大切になります。解約には原則3ヶ月前の通知が必要なので、変更を検討されるオーナーは計画的に手続きを進めましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>