賃貸に在住の方へ!気になる臭いトラブル例と対策を紹介します

賃貸物件に住んでいると、不快な臭いに悩まされることはないでしょうか?代表例として排水口の臭いなどがありますが、なかなか改善されず「臭い対策を解決したいけど方法がわからない。」などと困っている方も多いと思われます。そこで今回は、排水口の臭いトラブルの原因と対策、簡単にできる臭い対策について解決します。

□臭いトラブルの代表例である排水口の臭いトラブルの原因と対策

*キッチンの臭いトラブル
キッチンの排水口に食材のカスや油などの汚れが付着し、悪臭の原因にもなります。放置して使い続けると、ヌメリや雑菌が繁殖するので悪臭が広がってしまいます。まずは、排水口に設置されている排水トラップに付着した食材のカスや油汚れなどを取り除かなければなりません。シンクを清潔に保つには、排水トラップの手入れが必要です。

*洗面台の臭いトラブル
洗面台では、歯磨き粉のカスや排水口の汚れなどが悪臭の原因となります。また、下水から悪臭が上がってくることもあります。この場合は、排水管や排水トラップが破損している可能性もあります。破損の場合は、管理会社などに連絡して修理を依頼しましょう。

*お風呂からの臭いトラブル
お風呂は、湿度が高くカビや汚れが発生しやすい場所です。また、ザラザラとした湯垢が浴槽に付着したままであれば、臭いが発生するケースもあります。排水口に残る髪の毛や石鹸カスなどの汚れに雑菌が繁殖し臭いが発生している場合もあります。さらに、​​排水トラップやヘアキャッチャーの汚れや破損が原因で臭いを発していることも考えられます。

□簡単にできる臭い対策
こまめに換気することで臭いは軽減されます。最近では、コロナ対策などでも換気が必要となっていますので、健康のためにも家中の換気を定期的に行いましょう。
臭いのあるものは捨てる場所を決めておくことも大切です。例えば、生ゴミや食べカスは、台所の生ゴミ専用のゴミ箱に捨てるようにしましょう。いくつかのゴミ箱に捨てると臭いが家全体に広がる原因になります。また、生ゴミはできるだけビニール袋に入れて捨てるか、冷蔵庫に入れることで臭い対策にもなります。
さらに、カーテンを定期的に洗濯することでも気になる臭い対策になります。カーテンの布は、生活臭がつきやすいという特徴があります。定期的に洗濯して嫌な臭いを取り除きましょう。

□まとめ
ここでは、排水口の臭いトラブルの原因と対策、簡単にできる臭い対策について解決しました。キッチンや洗面台、お風呂の排水口は、臭いが発生しやすい場所です。排水トラップや排水口を定期的にチェックし、清潔に保つようにしましょう。排水トラップの破損があれば、管理会社に連絡しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>