賃貸にお住まいの方へ!よくある騒音トラブルの事例と対処法の流れを紹介!

賃貸物件に住んでいるとよく発生する騒音トラブルの問題。「隣の部屋から毎日大きな音がする」「騒音のストレスで眠れない」などと、騒音で悩まされる方も多いのではないでしょうか?そのまま放置しておくと、入居者同士でトラブルが深刻化する可能性があります。そこで今回は、よくある騒音トラブルや基本的な対処法を解説します。

□よくある騒音トラブル
1つ目は、テレビや音楽の音です。テレビは配置や音量によってうるさく聞こえるケースがります。また、早朝や深夜の時間帯に通常の音量で観ていても隣人から苦情がくる場合もあります。音楽も同様で、音量やスピーカーの位置によって周囲に音が伝わりやすくなることもあります。
2つ目は、日常的な生活音です。生活音としては、掃除機や洗濯機の音、ドアや窓の開閉音があります。生活家電は早朝や深夜に使用するとトラブルの原因にもなります。
最近では、​​自動ロボット掃除機による振動音も騒音問題となっています。また、ドアや窓の開閉は建物の構造により意外と響くケースもあります。ドアの開閉が荒っぽい人は、無意識で行っているのかもしれません。
3つ目は、子どもの足音です。子どもが走り回る音や騒ぐ声が騒音問題としてトラブルになることがあります。特に足音は、何も対策していないと案外響きわたります。
4つ目は、楽器の演奏です。ピアノやギターなどの楽器の演奏も騒音トラブルの原因になります。賃貸物件では、楽器の演奏を禁止しているケースもあるので、賃貸借契約書を確認しておきましょう。
5つ目は、ペットの鳴き声です。ペット可物件では、ペットの鳴き声や走り回る音で騒音問題に発展することがあります。ペット禁止の物件では、そもそも飼うことが認められていません。

□賃貸で騒音トラブルが起きた場合の基本的な対処法
入居者から騒音問題のクレームがあった際は、管理会社が対処することになります。ここでは基本的な対処法をご紹介します。

*全部屋に注意喚起する
まずは入居者全員の部屋に周知するため、郵便ポストに騒音トラブルが起きている旨を記載した書面を投函します。このときに部屋番号や入居者の名前は伏せますが、騒音が発生している時間帯や音の種類などを具体的に記載されている方が望ましいです。

*当事者に直接連絡してもらう
書面を投函しても騒音が改善されない場合は、管理会社や大家さんが当時者に直接連絡することになります。騒音で悩まれている方は、いつ・どこで・どんな音がするのか・回数なども詳しく報告しておきましょう。当事者が明確にならないと直接連絡するのが難しいため、詳細な情報が求められます。

□まとめ
ここでは、よくある騒音トラブルや基本的な対処法を解説しました。日常的な生活音や家電製品の音量、子どもの足音など、身近な音でもトラブルになることがあります。入居者の一人ひとりが音に配慮しながら生活することが大切です。騒音が改善されない場合は、管理会社や大家さんに具体的に説明することが大切です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>