賃貸オーナー様に向けて!空室の多い時期と空室対策について詳しく解説します!

賃貸経営では、空室が多くなる時期があります。空室をいかに減らすかが大切ですが「どんな対策を行えばいいのか?」などと悩むオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、空室が多くなってしまう時期や繁忙期にもかかわらず空室がある場合に考えられる原因について解説します。

□賃貸経営をしていく上で空室が多くなってしまう時期
賃貸物件の中でも空室が埋まらないアパートやマンションがあるのはなぜでしょうか?賃貸経営では埋まりにくい時期も知っておく必要があります。それぞれ理由を解説します。

*賃貸物件の繁忙期について
賃貸経営での繁忙期は、人の移動が活発になる時期です。例えば、新社会人や大学生が新学期を迎える準備期間の​​1月から3月です。この時期は、4月からの新生活に向けて物件を探す方が多くなります。
4月からは人の移動が減っていくので、空室を埋める機会が少なくなります。とはいえ、7月、10月は一般的に転勤や異動が多くなる時期なので、空室がまったく埋まらないとは限りません。
しかし、繁忙期と閑散期を把握した上でそれぞれの空室対策が必要です。入居希望者が多くなる繁忙期は、内見時の鍵の手配や問い合わせなどに迅速な対応が必要です。あらかじめ、繁忙期の対策について管理会社と打ち合わせを行うことが大切です。

*賃貸物件の閑散期について
閑散期は空室の原因を考え、入居条件の改善や見直しについて管理会社と話し合うことも検討しましょう。また、必要に応じて設備の劣化による交換、リフォーム、リノベーションなども検討しなければなりません。

□繁忙期にもかかわらず空室が埋まらない場合に考えられる原因
物件によっては、繁忙期でも空室が埋まらない場合も考えられます。それぞれ解説します。
まず、相場より家賃が高いことが考えられます。近隣の物件と比べ、家賃の設定が高いケースです。築年数が古く​​設備の劣化が目立つ物件は、家賃の見直しや設備の新調・交換が必要になるでしょう。
また、競合物件が多いことも原因として考えられます。周辺に築年数が浅く、人気の物件が多数ある場合は、空室が埋まりにくくなります。競合物件が多い地域は、物件の付加価値を提供し、魅力的な部屋作りが大切です。
管理会社の対応が行き届いてないこともあります。入居者からの苦情や修繕の依頼があっても、すぐに対応しない管理会社であれば、入居者からも不満が多く出るので、管理会社の変更を検討しましょう。

□まとめ
ここでは、空室が多くなってしまう時期や、繁忙期にもかかわらず空室がある場合に考えられる原因について解説しました。賃貸経営では繁忙期や閑散期があります。いずれの場合も空室リスクを抑えるためには、競合物件の調査や物件の設備や契約条件の見直しを検討しましょう。このときに不動産会社との連携も必要です。管理会社に不満がある場合は、管理会社に変更するのもひとつです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>