家賃収入を安定させるためには空室対策が重要?詳しくご紹介します!

賃貸物件では、長く住み続ける人もいれば何らかの理由で退去する人もいます。退去するとすぐに入居するとは限りません。中には、何年も空室のままといった物件もあります。そのため、家賃収入を安定させるには空室対策が重要となります。そこで今回は、空室対策の意味、空室対策とは何か具体的な空室対策の方法などを解説します。

□空室対策とは何か?
オーナーさんにとって最も避けたいのが物件の空室です。多くの部屋が空室になると、場合によっては、賃貸経営が成り立たなくなります。そのため、空室対策をいかに工夫するかが重要となります。
まずは、入居者に少しでも長く住んでもらえるよう、退去させない住まいづくりが必要です。現在は、少子高齢化で賃貸物件も供給が需要を上回っている状態です。
具体的には、国土交通省「住宅着工統計」の調査では、​​貸家の新設住宅着工戸数(首都圏)が2009年に一度下ったものの、その後は、増えています。(参考:国土交通省「住宅着工統計」2007年発表)https://www.mlit.go.jp/statistics/details/t-jutaku-2_tk_000002.html
このように、借り手市場の中でオーナーさんがするべきことは、少しでも長く住んでいただけるように物件の見直しや付加価値の提供を行うことが不可欠となります。

□具体的な空室対策の方法
空室対策は、退去した原因を知ることと日頃から退去する人が出ないようにする対策が重要となります。ここでは、具体的な空室対策をご紹介します。

*入居者募集を見直す
近年は、インターネットの物件情報サイトから物件を探す人がほとんどです。空室が出ると入居者募集の見直しを行わなければなりません。したがって、Webサイトの入居者募集が正しくわかりやすい内容になっているかを確認する必要があります。
また、競合物件と比較しながら、条件を緩和するのもひとつの方法です。ペット可物件にする、単身高齢者を可能とする、事務所可物件にするなどがあります。

*相場に合った賃料の見直し
近隣の物件と比べて、家賃が高く設定していると空室が増える可能性もあります。エリアと家賃が適正であるか見直しが必要です。

*ニーズに合った設備の提供
入居者のニーズに合った空室対策が大切です。具体的には、エアコンや​​宅配BOXの設置、インターネット無料、エントランスのオートロックなど、さまざまな設備の導入が必要とされます。

*入居者へのスピーディーな対応
急な修繕や入居者トラブルは、すぐに対応することが重要です。放置すると、入居者が退去する可能性もあります。管理会社に管理業務を委託する際は、スピーディーな対応がポイントとなります。

□まとめ
ここでは、空室対策の意味、空室対策とは何か具体的な空室対策の方法などを解説しました。少子高齢化で賃貸物件が借りて市場の中、入居者に長く住んでもらう対策が必要です。相場に合った賃料の見直しやニーズに合った設備の提供を行うことで空室対策にもつながります。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>