空室が多い賃貸の特徴とは?空室対策について詳しくご紹介します!

賃貸経営は、常に満室を維持することが理想ですが、中には空室がなかなか埋まらない物件もあります。その違いはどこにあるのでしょうか?空室対策は、長く住んでもらうためのさまざまな工夫が必要になります。ここでは、空室が多くなっている理由や空室の原因が管理会社である可能性について解説します。

□空室が多い賃貸の特徴とは
長期にわたり空室が続く場合は、何らかの原因があります。それぞれ解説します。
1つ目は、相場より家賃が高いケースです。周辺の物件と比較すると、家賃が高く設定されているところがあります。特に築年数が古くなっている物件で相場より高くなると、空室がなかなか埋まらないケースもあります。
しかし、空室を埋めるために家賃をその都度下げることは、賃貸経営の悪化につながります。家賃の値下げは最終手段として検討しましょう。
2つ目は、賃貸管理が行き届いていないケースです。入居者の要望やクレームに対応していない、共用部の清掃が行き届いてない、修繕の連絡をしても放置しているなどといったことが原因として考えられます。
このような物件は、入居者から不満が出るため、立て続けに退去する可能性もあります。また、清掃が行き届いていなければ、内見時からイメージが悪くなり、この物件に住みたいという気持ちにはなりません。
3つ目は、仲介業者に物件をアピールできていないケースです。仲介業者に客付けを依頼しているケースでは、物件のアピールが乏しい可能性もあります。オーナーさんはすべて任せきりにするのではなく、物件のアピールポイントを仲介業者に伝えておく必要があります。

□空室の原因が管理会社である可能性について
オーナーさんは、一般的に管理業務を管理会社に委託しています。しかし、管理業務が行き届いていない場合は、管理会社が空室の原因になっているのかもしれません。その原因について解説します。

*管理費用が高い
管理委託費は、不動産売買と異なり上限がありません。一般的に管理委託手数料は家賃の5パーセント程度ですが、相場より高ければ、他の管理会社に依頼することも検討しましょう。その他、修繕費用や法定点検などの費用もかかります。外部に委託しているケースもありますが、割高であれば管理会社の見直しも必要です。

*空室期間が長い
空室の改善に積極的ではなく、入居者がなかなか現れない場合は、競合物件の調査やリフォームなどを行う管理会社に変更を検討しましょう。

*こまめに連絡を取らない
入居者から修繕依頼や苦情などがあるにも関わらず、賃貸管理会社の担当者から連絡なかったり、すぐに対応しないケースです。その他、日頃からオーナーさんと管理会社がコミュニケーションを取りながら、相談できる環境が必要です。こまめに連絡を取れないとなると、信頼関係が破綻してしまい、適切な空室対策が行えなくなる可能性が高まります。

□まとめ
ここでは、空室が多くなっている理由や空室の原因が管理会社である可能性について解説しました。相場より家賃が高い場合や管理が行き届いてない物件などは、空室率が高くなります。管理業務を委託している場合は、管理費用や担当スタッフの対応などを確認し、空室が改善されなければ管理会社の見直しも必要です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>