入居者募集をしたいオーナー様に向けて!空室対策について詳しく解説します!

安定した賃貸経営を行うには、入居者募集と空室対策が重要となります。しかし「賃貸の客付けがうまくいかない」「空室の改善が進まない」などと、悩まれてるオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、入居者の主な募集方法や空室の原因が管理会社にある可能性について解説します。

□入居者の主な募集方法
1つ目は、看板の設置です。入居者募集の看板を建物の敷地内に設置します。壁面や窓面、立て看板などがあります。物件のイメージに合った看板を設置することが大切です。
レインズへの登録もひとつの方法です。客付け業者がレインズに物件を登録します。登録すると、​​加入している不動産業者が物件情報を見ることができます。
同じく、大手の物件情報サイトに登録することでも募集できます。有名サイトであれば、物件をたくさん見てもらえる確率も上がります。
また、マイソクの作成も大切です。マイソクとは、物件の概要、間取り図などが記載された資料です。このマイソクを不動産会社へ定期的に配布します。
一斉にメール・FAXの送信をするのも効果的なことがあります。自社の​​物件資料をメールやFAXで一斉送信する手法です。メールではデータを送ることができるので、Webサイト用の写真を合わせて送ることができます。同じく、物件のターゲットとなる入居希望者に直接ダイレクトメールを送る手法も募集を集められる可能性があります。
そして、ポスティングも効果的です。エリアを絞ってポスティングを行います。すぐに捨てられてしまう可能性があるため、目に留まるようなデザインや借りたいと思うような魅力的なキャッチコピーにする必要があります。

□空室の原因が管理会社にある可能性
賃貸経営を成功するには、オーナーさんをサポートする管理会社が重要となります。空室がなかなか埋まらない場合は、築年数や設備の劣化、入居者のトラブルなど、さまざま原因が考えられますが、管理会社の対応も影響します。
例えば、対応が遅く、入居者からの不満や要望について、すぐに対応しないと退去する方が増えるかもしれません。良い管理会社はその日のうちに修繕の手配やトラブルについて対応します。
また、共用部の清掃が行き届いていないのも問題です。ポストが錆びていて郵便物もたまっていたり、廊下や階段が掃除されていない場合です。共用部が汚れていると、内見時に良い印象を与えられなくなります。
客付けを積極的に行っていない管理会社も、なかなか空室を埋められないでしょう。設備の交換やリフォームなどを検討したり、敷金・礼金の見直しなど、物件を改善する点は多数あります。物件に合わせて積極的な提案がなければ、空室は改善されません。
最後に、空室が多くなっているにも関わらず、管理委託費が高い場合は、管理会社の見直しが必要です。複数の管理会社を比較しながら、物件に最適な業者を選びましょう。

□まとめ
ここでは、入居者の主な募集方法や空室の原因が管理会社にある可能性について解説しました。入居者募集は、看板の設置やインターネットでの集客、テレアポ営業までさまざま方法があります。物件に合った最適な方法で集客を続けることが大切です。また、管理会社の対応が不満であれば、複数の会社を比較しがなら変更するのもひとつの方法です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>