空室のリスクを回避するためのポイントを詳しくご紹介します!

安定した賃貸経営を維持するためには、空室リスクを回避することが重要です。満室を維持し、入居者に少しでも長く住んでいただけるのが理想です。しかし、空室対策についてどのような対策をすればいいのか悩まれるオーナーもいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、借り手市場の今は空室がリスクであるということ、空室リスクを回避するためのポイントを解説します。

□借り手市場の今は空室がリスクである
人口が増加傾向にあった高度経済成長期は、賃貸住宅の需要が供給を上回っていましたが、近年では、少子高齢と人口減少が深刻化しています。
​​総務省の「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」の調査では、日本の人口は、前年に比べて42万8617人(0.34)減少%となり、1億2384万2701人、2009年から12年連続の減少となっています。(参考サイト:総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」令和3年1月1日現在)https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/jinkou_jinkoudoutai-setaisuu.html
また、2018年の土地統計調査によると、空き家は846万戸と、2013年に比べ26万戸(3.2%)の増加となっています。一方、​​​​総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と,2013年から0.1ポイント上昇し,過去最高となっています。(参考サイト:総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査住宅数概数集計 結果の概要」)https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/g_gaiyou.pdf

□空室リスクを回避するためのポイント
空室リスクを回避するためには、できるだけ今の入居者を退去させない、次の入居者を決めるための対策が必要です。それぞれポイントを解説します。
まず、入居者を退去させないような対策が必要です。特に​​夏場は空室が埋まりにくい傾向にあります。コロナ禍で引っ越しが難しくなっている状況なので、今の入居者を退去させない対策が必要です。
次に、更新前に交渉も試みてください。入居者が退去するタイミングとして、賃貸借契約の更新時が考えられます。更新料を支払うくらいなら、敷金・礼金ゼロゼロ物件に引っ越しをするといったケースもあります。
契約更新月より少し前に、入居者へ連絡をしてみるのもひとつです。このときに家賃の減額や更新料の免除を提案すると、更新に応じる可能性も高くなります。
最後に、退去希望者には退去理由を聞いておくようにしましょう。どうしても退去する入居者がいる場合は、退去理由を聞いておくことで次の改善につながります。例えば、結婚や転職などで退去せざるを得ない理由や、騒音や設備、入居者の迷惑行為など、物件が原因となるケースもあります。

□まとめ
ここでは、借り手市場の今は空室がリスクであるということ、空室リスクを回避するためのポイントを解説しました。人口減少が深刻化している日本では空室対策が必要です。入居者ができるだけ長く住んでいただける対策や改善点を見つけながら、空室リスクを抑えることが大切です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>