賃貸管理会社が行う仕事の内容とは?オーナー様必見です!

賃貸管理会社は、幅広い業務を行わなければなりません。しかし、管理業務を委託していると、具体的にどのような業務を行っているのかわからないオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、賃貸管理の主な内容や不動産管理会社に賃貸管理を任せるメリットについて解説します。

□賃貸管理の主な内容
賃貸の管理業務は多岐にわたります。ここでは、具体的な業務内容をそれぞれ解説します。
1つ目は、家賃の回収・督促です。毎月の家賃が入金されているのか確認します。入居者が滞納した場合は、管理会社が督促を行いますが、家賃保証会社が対応することもあります。家賃の滞納は、入居者とトラブルになることがあるので、オーナー側も慎重に対応しなければなりません。
2つ目は、契約の更新です。契約更新の時期になると再度契約を行わなければなりません。新しい賃貸借契約条件が記載された更新合意書で締結します。
3つ目は、解約の手続きです。退去時の解約手続きを行います。退去日までの残家賃の計算や原状回復にかかる修繕やクリーニング費用などの精算を行います。
精算する費用は、管理会社が保管している場合もあり、​​送金明細を作成することもあります。最近では、クラウド賃貸管理ソフトで効率よく管理業務を行う業者も少しづつ増えています。

□不動産管理会社に賃貸管理を任せるメリット
オーナー様が自主管理をすると、どうしても行き届かない部分が出てきます。一般的に管理会社に管理業務を委託することが多くなっていますが、ここでは、賃貸管理を任せるメリットをご紹介します。
まず、家賃回収の手間が省けることです。オーナー様の中には、複数の物件を所有している場合や会社員をしながら不動産を所有しているケースもあります。家賃の回収で滞納が生じたときは、回収する時間がかかってしまいます。管理会社に委託することで家賃回収の手間を省けることができます。
次に、集客アップにつながることです。管理会社によっては、客付けを得意とする場合もあります。自社サイトに物件を紹介したり、積極的に集客を行うことで空室対策にもつながります。
そして、トラブルに対応してもらえることも大きなメリットです。賃貸物件では、入居者トラブルがつきものです。共用スペースが汚れている、設備不良がある、騒音トラブルが起きるなど、さまざまな苦情や不満に対応しなければなりません。管理会社に任すと、解決が難しいトラブルにもすぐに対応してもらえます。

□まとめ
ここでは、賃貸管理の内容や不動産管理会社に賃貸管理を任せるメリットについて解説しました。賃貸管理は、幅広い業務があり、専門的な知識を学ぶ必要があります。時間を割くことができな人は、管理会社に管理業務を委託することを検討しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>