賃貸にお住まいの方へ!賃貸でも気軽にできる防音対策を紹介します

賃貸物件で増えている騒音問題。コロナ禍においては、在宅ワークも急増しているため、騒音トラブルが発生しやすくなっています。こうしたトラブルを防ぐためにも事前に防音対策を講じておくことが大切です。そこで今回は、防音対策をする前に知っておくべき騒音の種類や気軽にできる防音対策について解説します。

□防音対策をする前に知っておくべき騒音の種類
住まい空間で発生る音には「空気音」と「固体音」があります。

*「空気音」
外部の屋外や隣室からの音が空気中を伝わり、壁や窓を通じて入ってくる音です。マンションやアパートの集合住宅では、隣人のテレビの音や話し声、ペットの鳴き声、楽器の音などです。
空気音は、空気を遮断するようにドアや窓のすき間を防ぐことが大切です。遮断することができれば、隣人から発する音や自分の部屋から音が漏れることも軽減できます。

*「固体音」
床や壁、天井などの振動や衝撃となって伝わる音を指します。​​​​「固体伝搬音」「固体伝送音」とも呼ばれています。たとえば、上階の足音、ドアの開け閉め、椅子を引く音、ピアノの音、洗濯機の振動音などです。このような固体音は、騒音トラブルに発展するケースが多くなっています。

□気軽にできる防音対策
賃貸物件に住んでいると、かなりの確率で騒音問題が発生しています。コロナ禍で家にいる時間が増えるため、騒音問題が深刻化するケースがあります。ここでは、お金をかけずにできる防音対策を紹介します。
まず、ベッドの配置を変える方法です。壁から離してベッドを配置する、頭と足の向きを逆にするなど、いつもとは違ったベッドの配置をすることで多少の改善がみられます。
また、ダンボールを使用するのも簡易的ですが効果はあります。ダンボールは音を吸収してくれる素材です。壁にダンボールを貼り付けることで防音効果が期待できます。
おすすめなのは、防音・防振マットを敷くことです。リビングやフローリングに防音マットを敷くことで、音が響くのを防ぎます。滑り止め効果やクッション性にも優れています。洗濯機の振動音は、​​防振マットで振動や音を減らしてくれます。
防音カーテンにも音を吸収したり、遮る効果があります。密度が濃いほど防音効果が期待できます。それ以外にも遮光性・遮熱性に優れています。
また、ホームセンターで防音壁や遮音ボード、吸音パネルというものも販売されています。賃貸物件では、ワンタッチで簡単に設置できる防音壁が最適です。

□まとめ
ここでは、防音対策をする前に知っておくべき騒音の種類や気軽にできる防音対策について解説しました。騒音トラブルを防ぐためには、ダンボールを使用したり、防音・防振マット、防音カーテン、防音パネルの設置を検討してみましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>