賃貸にお住まいの方へ!電気がつかない場合の原因と対処法を解説

アパートやマンションの賃貸物件に住んでいると、急に電気がつかなくなった経験はないでしょうか?ライフラインに関する急なトラブルで焦ってしまうことも多いです。電気がつかなくなるのは、さまざまな原因が考えられます。そこで今回は、電気がつかない時に考えられる原因やつかない場合の対処方法について解説します。

□電気がつかない時に考えられる原因
電気がつかない時に考えられる原因は複数あります。
1つ目の原因は、ブレーカーが落ちていることです。賃貸物件では、いくつかの電化製品を同時に使用するとブレーカーが落ちることがあります。各部屋の電気容量はあまり大きくないために賃貸物件でたまに発生します。特にドライヤーは、消費電力が一気に上がるため、他の家電製品も同時に作動していると、ブレーカーが落ちやすくなる傾向があります。
賃貸物件のブレーカー容量は、20アンペアから30アンペアが一般的です。スイッチが下りて、オフになっている場合は、スイッチを上げて、オンにしてみましょう。
2つ目は、工事による停電です。近隣で電気工事を行っているため、停電することがあります。工事を行う際には、業者が各部屋に書面をポスティングすることがほとんどです。
3つ目は、建物全体の停電です。何らかの配電システム等の障害により、建物全体が停電することがまれにあります。
4つ目は、自然災害による停電です。落雷や大雨、台風などの自然災害により、停電が発生する場合があります。

□電気がつかない場合の対処方法(ケース別)
*特定の部屋で停電
特定の部屋で停電が起きた場合、使用中の家電製品の電源を切り、個別のブレーカーを確認します。メインブレーカーのスイッチがオフ「切」になっていれば、オン「入」にします。漏電遮断機がオフになっている場合は、電気が漏れている可能性もあります。原因特定のため、管理会社や電力会社に相談することが大切です。

*建物全体の停電
外などを確認し建物全体が停電しているのであれば配電トラブルなどの可能性があります。電力会社の復旧を待つことになります。

*自然災害や工事の停電
その地域内で停電している可能性が高く、復旧まで待つことが必要になります。なかなか復旧しない場合は、電力会社のホームページやサポートセンターに問い合わせをしてみましょう。

□まとめ
ここでは、​​電気がつかない時に考えられる原因やその対処方法について解説しました。停電の原因として、各部屋のみが停電、建物全体が停電、自然災害・工事の停電などさまざまです。電気がつかない場合は、家電製品の電源を切り、ブレーカーを確認してみましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>