賃貸で子育て中の方へ!子供の騒音問題の対策方法を解説します!

賃貸物件で子育てされている方は騒音に不安を感じることはないでしょうか。コロナ禍で在宅ワークも増え「子供の足音で集中できない。」「ドンドンと床が響いて仕事にならない。」などと入居者から不満の声が寄せられるケースもあります。そこで今回は、子供が出す騒音の例や子供の騒音を抑える対策方法を解説します。

□子供が出す騒音の例
まず、子供の足音です。最も多く苦情が寄せられる騒音になります。「ドンドン」「バンバン」と走り回る音、ジャンプする音、ハイハイする音などです。あまりに回数が多いとトラブルに発展するケースがあります。
次に、大声や泣き声です。赤ちゃんの夜泣き、少し大きくなった子供の泣き声、子どもが機嫌が悪いときの大声、テンションが上がり、走り回っている際の奇声などです。声だけでなく、ジャンプしたり、走り回ったりするケースも多く、足音と声が合わさって騒音になってしまいます。
その他の騒音としては、子供の生活音が挙げられます。子供は加減が分からず、ドアや窓の開閉音や椅子を引く音、壁を叩く音が強くなったりします。それらが振動として隣室に届いて、騒音となってしいまうことがあります。

□子供の騒音を抑える対策方法
子供の騒音問題は、あらかじめ対策をしなければトラブルに発展するケースが多くなります。ここでは、騒音を抑える対策をご紹介します。
まず、家具の配置を変える方法があります。壁に沿って大きいサイズの家具を配置すると、音の伝わりを抑える効果が期待できます。
次に、壁に布を張ったりカーペットを敷いたりすることもおすすめです。壁に厚手の布を貼り、全体を覆うことで音を吸収して騒音を抑制します。また、足音の対策として、厚手のカーペットや​​マットを敷くことも効果的です。
また、子供が騒ぎ出したらドアや窓を閉めることも効果的です。換気などで窓を開けておくと、大声や泣き声が隣人に聞こえやすくなります。特にコロナ禍では、積極的に換気を行っているため、ドアや窓が開いているケースが多いです。しかし、子供が騒いでいるときは一時的でも閉めておくと効果的です。
さらに、窓とともに防音効果のあるカーテンを閉めるとより対策が期待できます。床まで届く防音(遮音)カーテンであれば、騒音対策がより効果的になります。
最後に、窓を二重サッシにするのも効果的です。二重サッシを設置すると遮音性が高くなるだけでなく、遮熱性も高くなります。しかし、賃貸物件の場合は、管理会社やオーナーさんの承諾が必要となります。

□まとめ
ここでは、子供が出す騒音の例や子供の騒音を抑える対策方法を解説しました。子供の騒音には、​​​​足音や大声、泣き声などさまざまです。子育て中の方は、先述した家具の配置変更、カーペット、防音カーテンなどであらかじめ対策を行いましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>