賃貸にお住まいの方へ!賃貸物件の壁に穴あけしても大丈夫?

賃貸物件に住んでいると、ポスターを貼ったり、絵画などを壁に飾りたいと思ったことはないでしょうか?持ち家であれば自由に壁に穴をあけたりできますが、賃貸物件ではどのようにすればいいのか、意外と知らない方も多くいると思います。そこで今回は、賃貸物件の壁の穴あけに関する注意点や壁に穴を開ける方法を解説します。

□賃貸の壁に穴あけしても大丈夫なのか?
賃貸物件の壁に穴あけする場合は、修理費用について気になる方も多いと思います。ポスターを貼ったり、絵画などを飾るために壁に穴をあける、または不注意で子どもが壁に穴をあけてしまったりするケースもあります。
賃貸物件の場合は、借りた部屋を明け渡す際の原状回復でルール化されていることが多いです。
根拠としては、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記載されています。国土交通省のガイドラインでは、ポスターやカレンダー等を壁に貼る際に生じた画びょう、ピン等の穴は、通常の生活において行われる範疇のものであり、通常損耗と考えられています。したがって、修繕費は賃貸人(オーナー)が負うこととされています。
通常のポスター貼りやカレンダー等を貼る際に画びょうやピンを使って壁に穴を開けたとしても、原則、入居者が修繕費を支払う必要はありません。しかし、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」は、法的義務ではなく、あくまでも一般的な基準を示しているにすぎないので、賃貸借契約書に記載されている内容を確認しましょう。

□部屋の壁に穴を開ける方法
賃貸物件でどうしても壁に穴を開ける場合は、あるべく壁穴が目立たない対策をしなければなりません。ここでは、部屋の壁に穴を開ける方法を解説します。
まず、壁穴が目立たないグッズを用意しましょう。

・画鋲(針が細いもの)
小さな力で簡単に刺すことができるものがおすすめです。

・ホッチキス
180度開くものがおすすめです。ネジ止めなどの大きな穴が残らないので便利です。

・ニンジャピンピン
跡が目立たない壁にやさしいピンとして人気の商品です。針の先端がV字になっているのが特徴です。

□まとめ
ここでは、賃貸物件の壁の穴あけに関する注意点や壁に穴を開ける方法を解説しました。賃貸物件の壁の穴あけは、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記載されています。通常、ポスター貼りやカレンダー等を貼る際に生じる壁穴は、通常損耗であり、貸主が修理費を負担します。壁穴が目立たないグッズとして、ホッチキスや画鋲(針が細いもの)、ニンジャピンなどがおすすめです。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>