賃貸在住の方へ!エアコンに関するトラブルの対処法と費用負担について解説!

マンションやアパートの賃貸でエアコンが故障した経験はないでしょうか?猛暑日に突然エアコンが故障すると対処方法がわからず、不安になる方もいると思います。中には、備え付けられてあるエアコンが故障するケースもあります。今回は、エアコンが故障したときの対処方法や備え付けのエアコンが故障した場合の費用負担について解説します。

□エアコンが故障したときの対処方法
*本当に故障しているのかをチェックする
まずは、本当に故障しているかをチェックしましょう。コンセントの異常やブレーカーが落ちていないか周辺を確認します。また、リモコンの電池交換が必要かどうか、エアコン本体の電源ボタンが入るかどうかもチェックします。
続いて、フィルターにホコリが詰まっていないかも確認し、必要に応じて定期に掃除しなければなりません。
一方、エアコンがあまり冷えない場合は、室外機の周りも確認します。室外機周辺に物を置いていないか、直射日光に当たっていないかを見てみましょう。

*管理会社や大家さんに連絡する
エアコン本体の電源、リモコン、フィルターなどを確認しても、エアコンの故障原因がわからない場合は、管理会社や大家さんに連絡しなければなりません。このときに賃貸物件の名称や部屋番号、氏名、電話番号などの個人情報やエアコンがどのような状況になっているのか具体的に説明すると、スムーズに修理が進められます。
説明した後は、管理会社や大家さんが修理業者を手配します。

□備え付けのエアコンが故障した場合の費用負担
備え付けのエアコンが故障した際の費用については、一般的に管理会社や大家さんの負担になります。とはいえ、入居者が勝手に修理を行ったり、修理業者を呼んでいた場合は入居者が費用を負担しなければならない場合もあります。
また、入居者が何らかの不注意で故障させてしまった場合や故障を放置し悪化させてしまった場合は、入居者負担となる可能性が極めて高いです。
加えて、エアコン修理の費用負担については、賃貸借契約書も確認しましょう。
賃貸物件に備え付けではなく、前の入居者が置いていった残置物である場合は、エアコンの修理費は、入居者負担になる可能性もあります。

□まとめ
エアコンが故障したときの対処方法として、エアコン本体の電源、リモコン、フィルターなどを確認します。それでも、エアコンの故障原因がわからない場合は、管理会社や大家さんに連絡しましょう。備え付けのエアコンが故障した場合の費用は、管理会社や大家さんの負担になることが多いです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>