賃貸にお住まいの方へ!雨漏りトラブルが起きた場合の対処法と費用負担を解説!

賃貸物件で雨漏りが発生すると、突然の出来事で焦ってしまうことがあります。特に築古物件では、経年劣化の影響で雨漏りしやすい場合もあります。とはいえ、早めに対処しないと、被害が広がる可能性があります。そこで今回は、賃貸で雨漏りした時にするべき行動や雨漏りが発生した場合の修理費用負担について解説します。

□賃貸で雨漏りした時にするべき行動
雨漏りした際は、被害が拡大しないためにどのような行動を取るべきでしょうか。
まずは、被害を最小限に抑えるために応急処置を行わなければなりません。なぜなら、床や壁が​​雨漏りにより被害を受けると、修理費用を負担しなくてはならないことがあるためです。応急処置としては、電化製品のコンセント抜いて、床にタオル敷く、天井からの雨漏りにバケツを置くなどの対策を行いましょう。
次に、管理会社や大家さんに連絡します。応急処置を行ったあとは、必ず管理会社や大家さんに雨漏りについて伝えておきましょう。そのまま放置すると、被害が拡大して修理費が高くなってしまうことがあります。大家さんにお伝えするときは、雨漏りの具体的な状況を説明し、修理に関する日程を確認することが重要です。
また、掃除や片付けをする前に、雨漏りしている箇所の証拠写真を撮っておきましょう。証拠写真がないと、修理費用を負担してもらえない可能性もあります。また、家財が雨漏りで使えなくなった際は買い直す必要があります。証拠写真があれば、管理会社や大家さんと交渉できる場合があります。

□賃貸で雨漏りが発生した場合の修理費用負担
賃貸で雨漏りが発生した場合は、一般的に管理会社や大家さんが修理費用を負担するケースが多いです。雨漏りで家電製品が故障したり、布団などが使えなくなった場合は、交渉次第で管理会社や大家さんが補償をしてくれる可能性もあります。その際に雨漏りの証拠写真や動画を撮影しておくことが望ましいです。
補償する金額は、新品の家電製品や布団ではなく、使用していた同程度のものを購入できる金額になります。
ただし、入居者が負担するケースとして、天井や壁を傷つけていた影響で雨漏りが発生した場合や不注意で窓を閉め忘れていたときです。つまり、入居者に何らかの過失があり、雨漏りが発生した場合には、入居者の負担になるということです。

□まとめ
賃貸で雨漏りした時は、​​応急処置や​​証拠写真を撮影した上で管理会社等に連絡しましょう。雨漏りの発生は、一般的に管理会社や大家さんが修理費用を負担しますが、入居者に過失がある場合は、入居者負担になることもあるので注意しましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>