賃貸在住の方へ!ペットの飼育に関するトラブルと対策を紹介します!

ペットとの暮らしは、癒し効果で毎日楽しく過ごすことができます。最近では、賃貸物件でペット可物件のニーズも高まっています。しかし​​賃貸物件では、ペット飼育に関するトラブルが起こりがちです。ここでは、賃貸でのペット飼育に関するトラブルやその対策について解説します。

□賃貸でのペット飼育に関するトラブル例
ここでは、具体的なペット飼育に関するトラブル事例を紹介します。

*騒音トラブル
ペットに関する苦情で多いのが騒音トラブル。特に犬や猫を飼っている場合は、鳴き声や走り回る音で他の入居者が悩まされているというケースも少なからずあります。また、飼い主の言うことを聞かない場合やしっかりとしつけができていないことが騒音の原因になっていることもあります。

*ニオイに関するトラブル
飼い主は慣れているため、意外と気づいていないかもしれません。しかし他の入居者には、​​独特の臭いに不快感を与えることもあります。ペットのニオイは、​​排泄物と体臭に気をつけなければなりません。こまめに掃除を行い、清潔に保つことが大切です。

*共用部分に関するトラブル
共用部分では、他の入居者とすれ違うことがあります。ペットが吠えたり、排泄物が放置されていたりすると入居者に迷惑がかかり、トラブルに発展するケースもあります。ペットが噛み付いたりすると、被害者から損害賠償請求される可能性もあります。共用部分では、特に配慮しながらマナーを守る必要があります。

□ペットに関するトラブルの対策方法
ペットに関するトラブルを防ぐためには、飼い主があらかじめ考え、対策することが大切です。
賃貸物件のペットによる騒音が増えています。飼い主は、他の入居者に配慮した対策をとらなければなりません。クロスや床材、防音カーペットを敷くなどの足音に関する対策や防音カーテンを使用した防音対策などが効果的です。
ニオイ対策としては、ユーカリの香りや塩素のニオイなどの消臭スプレーや消臭剤なども効果が期待できます。また、空気清浄機や消臭機能のある壁紙なども合わせて使用すると良いでしょう。トイレはこまめに掃除し、消臭効果のあるトイレシーツを利用するものひとつです。

共用部分でのトラブルも対策が必要です。噛みつきや飛びかかりは、他の入居者がケガするおそれもあります。リードを短く持ち、飼い主自身が日頃からペットのしつけを徹底しましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸でのペット飼育に関するトラブルやその対策について解説しました。ペットに関する騒音やニオイ、噛みつきなどのトラブルが増えています。飼い主が自覚を持ち、あらかじめ対策を講じておくことが大切です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>