ペット可にすれば入居者は集まる?賃貸経営にお悩みの方必見です!

賃貸経営で空室についてどのように対策すればよいのかお悩みのオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?その空室対策や物件の付加価値の提供として「ペット可物件」「ペット共生物件」が増えています。そこで今回は、ペット可にするメリットやペット可物件にする際の注意点について解説します。

□ペット可にするメリット
「ペット可物件」が増えていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか?それぞれ解説します。

*ペットを飼いたい入居者を募ることができる
ペット飼いたいと思っていても、賃貸物件では飼えないところが多いと諦める人もいらっしゃいます。しかし、ペット可物件にすることでペットを飼いたいと思う人をターゲットにした客付けを行うことができます。
ペット可物件であれば、立地がよくなかったとしても入居付けがしやすくなるかもしれません。また、周囲に競合物件があってもペット可物件がない場合は、物件の差別化を図れるでしょう。さらに、家賃が多少高くても交渉を有利に進めることができます。

*「ペット共生物件」ではトラブルが起きづらい
ペット共生物件とは、​ペットと一緒に暮らす​ことを目的とした物件です。こちらは、もともとペットを飼っている人が多いため、賃貸物件のマナーを守り、比較的トラブルが起きづらい傾向にあります。一日雨、ペット共生物件ではない物件で隠れてペットを飼うと、鳴き声や異臭などでトラブルになる可能性が高いです。

□ペット可の物件にする際の注意点
ペット可物件に変更する際には、どのような注意点があるのでしょうか?事前に準備することや契約書に関する内容まで解説します。

*敷金設定の確認
ペット可物件では、どうしても床や壁の損傷が生じるケースが多くなります。そのため、退去時の修理費やリフォーム費用が高くなる可能性があります。ペット可物件では、ペット保証金として家賃1ヶ月分を設定するのが一般的です。ペット可物件での建物損傷リスクやペット保証金の設定を確認しておきましょう。

*契約書の特約を見直す
入居者の間でトラブルが起きた場合や退去時の原状回復について、ペットに関する内容を含めた特約を検討します。たとえば、飼育するペットの種類、排泄物の管理、予防注射の義務、原状回復による室内の消臭や消毒などを明記しましょう。

*​​入居者への変更通知
ペット可物件に変更した際には、変更通知を行いましょう。通知しない場合は、入居者同士のトラブルやペットに関するクレームが予測されます。

□まとめ
ここでは、ペット可にするメリットやペット可物件にする際の注意点について解説しました。「ペット可物件」は、家賃が多少高くしても、競合物件との差別化を図ることができます。ペット可物件に変更した際は、契約書の特約を見直す、敷金設定の確認、​​入居者への変更通知を忘れないようにしましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>