賃貸経営は戦略を立てることが重要!賃貸オーナー様必見です!

賃貸経営において、戦略を立てることが重要とされています。特にコロナ禍においては、満室を維持することが難しく、新たな戦略を立てることが求められます。賃貸オーナーにとって、どのような戦略が必要なのでしょうか?ここでは、賃貸経営とその他のビジネスの大きな違いと賃貸経営に使える戦略の立て方について解説します。

□賃貸経営とその他のビジネスの大きな違い
賃貸経営は、一般的なビジネス戦略と同じようにするわけではありません。賃貸経営独自のノウハウが必要となり、他のビジネスと比較しても難しい部分があります。

*売上の上限が決まっている
一般的なビジネスでは、地道な営業活動を行い、その小さな積み重ねを繰り返した結果、大口の取引先が決まる場合もあります。少しずつ種を蒔き、大切に会社を育ててきた成果が突然、現れることがあります。
しかし、賃貸経営では、ある程度の売上の上限が決まっており、急に伸びることはほとんどありません。なぜなら、満室が売り上げの上限であり、それ以上に売り上げが増えることはないからです。
また、賃貸経営においては、賃貸物件全体が空室ということもありえます。つまり、場合によっては売り上げゼロになる可能性もあります。賃貸経営では、いかに空室率を抑えていくのかがポイントとなります。

□賃貸経営に使える戦略の立て方
賃貸経営における、差別化を図る戦略としてSWOT分析があります。SWOT(スウォット)分析とは、競合や市場トレンドなどの外部環境やプロジェクト、製品などの内部環境を分析していく効果的な​​フレームワークのことです。
Sは、​​強み(Strength)、Wは、弱み(Weakness)Oは、機会(Opportunity)、Tは、​​脅威(Threat) とそれぞれ頭文字を取った略称となります。強みや弱みは、企業の内部に関することですので「内部環境」に該当します。立地や治安が良い、入居率が高い、築古物件、家賃が高いなどです。
機会や脅威は、企業の外部に関することであり「外部環境」に該当します。景気の動向や人口減少、競合物件が多いなどです。
強み×機会=強みを活かしてチャンスを掴む強み×脅威=脅威を最小限に抑える弱み×機会=機会を掴むため、弱みを強みに変える対策を行う弱み×脅威=目標達成の障害と市場縮小の可能性で撤退を考慮する

□まとめ
ここでは、賃貸経営とその他のビジネスの大きな違いと賃貸経営に使える戦略の立て方について解説しました。賃貸経営では、売上の上限があっても下限がありません。いかに空室率を抑えていくのかがポイントとなります。差別化を図る戦略としてSWOT分析を行うことも検討しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>