賃貸経営は難しい!よくある悩みの対処法について詳しくご紹介します!

安定した賃貸経営を持続するのはとても難しいことです。社会経済情勢の変化や資金繰りの悪化、施工会社・管理会社選びの失敗など、さまざまな原因で賃貸経営が悪化することもあります。その一方で、オーナーは空室対策を常に考えなければなりません。そこで今回は、賃貸経営を難しくする要素やその対策などを解説します。

□賃貸経営を難しくする要素
賃貸経営がうまくいかず、想定した家賃収入が得られない場合もあります。賃貸経営を難しくする要因はどこにあるのでしょうか?
1つ目の要因として考えられるのは、家賃滞納が続くケースです。家賃滞納が続くと、賃貸経営に大きな影響を及ぼします。昨今の新型コロナウイルス感染拡大で収入が激減し、家賃滞納者が増えています。しかし、法律上はすぐに退去させることができないため、滞納が長期化すると経営が悪化する場合もあります。
2つ目は、空室が目立つケースです。空室が多くなればなるほど、賃貸経営が難しくなります。空室が増えるのは、経年劣化以外にも何らかの原因があると考えられます。物件の全体の見直しや付加価値の提供など、常に空室対策を考えなければなりません。
3つ目は、想定以上に費用がかかることです。建物の劣化で、外壁塗装や防水工事、配管工事など、さまざまな費用がかかります。また、10〜15年周期で大規模修繕を行うこともあります。賃貸経営を始めた頃から、家賃収入の一部を修繕費に充当するなどの対策が必要です。

□賃貸経営のリスクを回避する対策
賃貸経営においては、家賃滞納リスクや空室リスクなどを対策が必要です。どのような対策が必要なのでしょうか?

*保証会社を活用する
家賃滞納リスクとして、保証会社を活用するのも方法のひとつです。保証会社は、借主の家賃滞納について、代わりに立て替えて支払います。保証会社を利用すれば、連帯保証人を立てることが難しい人や収入が安定していない人でも部屋を借りることができます。

*賃貸管理は管理会社に任せる
賃貸の管理業務は、入居者募集や家賃の回収、督促、清掃、設備点検、入居者のクレーム対応、退去時の立会いなど、多岐にわたります。中には、専門的な知識が必要な業務もあるため、自主管理では行き届かない場合もあります。したがって、空室リスクを軽減できる実績豊富な管理会社に任せることが大切です。

□まとめ
ここでは、賃貸経営を難しくする要素やその対策などを解説しました。賃貸経営を難しくする要素として、家賃滞納や空室が多くなることが挙げられます。これらのリスクを回避するためには、保証会社を活用したり、管理業務は専門家である管理会社に任せるなどの対策が望ましいです。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>