厳しい時代を乗り切るために!賃貸経営のポイントをご紹介します!

賃貸経営のポイントとしてあげられるのは、空室対策です。空室リスクを避けなければ資金繰りの悪化で不安な状態が続いてしまいます。しかし、空室対策を行っていてもなかなか改善されないことはないでしょうか?そこで今回は、賃貸経営で失敗しないためのポイントや賃貸経営の今後について解説します。

□賃貸経営の今後について
賃貸経営の中でも気になるのが空き家率です。少子高齢化の影響により、空き家率が上昇し、全国的に社会問題化しています。総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」によると、空き家数は848万9千戸と過去最多となり、全国の住宅の13.6パーセントを占めています。2040年には、日本の空き家率が43パーセントに達すると言われています。
空き家率上昇の原因として、人口の減少が挙げられます。日本の人口は、2008年をピークに減少傾向になり、​​総務省統計局「人口推計」によると、令和3年8月1日現在で総人口は、1億2530万人で,前年同月に比べ減少 しています。また、東京都の発表では、2021年8月1日時点の推計人口は1404万3239人となり、3カ月連続で減少しています。
しかし、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」の世帯数で見ると、2015年は5,333万と増加傾向にあり、2023年に​​増加のピークが予想されています。世帯数が増加する理由として、1世帯あたりの人数は減るものの、単独世帯が増加すると考えられているためです。

□賃貸経営で失敗しないためのポイント
*空室で失敗する賃貸経営
空室で失敗する賃貸経営の特徴として、不動産会社の選定がポイントとなります。実績もなく、空室対策に積極的ではない不動産会社を選ぶといつまでも空室が改善されません。実績が豊富な不動産会社であれば、地域性を考慮したターゲット選定や入居者の属性に合わせた間取り、設備環境など、さまざまな客付けのための工夫を行っています。
しかし、賃貸物件では、築年数が経つにつれて空室が多くなる可能性もあります。空室が長く続くようであれば、適切なアドバイスをいただける不動産会社の変更を検討するのもひとつです。

*管理で失敗する賃貸経営
管理業務は、入居者募集や家賃の回収、​​​​クレーム(トラブル・ご要望含む)など、幅広い業務と専門的な知識が必要です。中には、入居者の問い合わせや修繕の依頼、​​​​クレーム(トラブル・ご要望含む)などをすぐに行わない業者も存在します。
したがって、管理会社の対応によって空室が多くなる可能性も十分にあります。管理会社の選定は、複数を比較しながら実績のある管理会社を選びましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸経営で失敗しないためのポイントや賃貸経営の今後について解説しました。少子高齢化の影響により空き家率が上昇する中、賃貸経営においては、空室リスクと管理業務が重要となります。実績のある不動産会社を選ぶことが成功するポイントのひとつです。さまざまな不動産会社を比較検討しながら、最適な会社を選びましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>