満室経営を実現するための空室対策について詳しくご紹介します!

満室経営を実現するためには、空室対策がとても重要になります。空室が多くなると、資金調達が計画通りに進まなくなります。また、管理業務をすべて管理会社に任せている場合もうまくいかないケースがあります。空室対策はどのような点に注意しなければならないのでしょうか。今回は、空室リスクと具体的な空室対策について解説します。

□空室対策と空室リスクについて
*空室対策とは?
満室経営を実現するために、空室対策が重要になります。ポイントとしては、賃借人のニーズを把握することです。間取りや内装、設備の中で改善する点はないか、どのように改善すれば魅力的な賃貸物件になるのかを考えることが大切です。
たとえば、インターネットの利用が無料、エアコンの設置、家具家電付きの部屋、不動産テックを活かしたスマートロックの導入、防犯カメラの設置など、さまざまな工夫で競合物件との差別化を図りましょう。
また、仕事帰りのOLが多く通る、共働きの世帯が多いなど、地域の特性を考慮したターゲット選定なども重要となります。

*空室リスクについて
賃貸物件の経営において空室が多く発生すると、それだけ家賃収入が見込めなくなります。家賃収入が減ったとしても、管理業務を委託している際に支払う管理委託費やアパートローンなどの支払いは続くので、空室の増加を避けなければなりません。
つまり、空室リスクが上昇すると、収益が低下し賃貸経営が悪化するので、空室対策をあらかじめ講じておくことがポイントとなります。

□具体的な空室対策
賃貸経営をされているオーナーさんにとっては、具体的な空室対策が必要です。
例えば、インターネット環境の充実が挙げられます。今やインターネットは生活で欠かせない存在です。インターネット回線の導入やWi-Fi環境の構築が必要です。​​Wi-Fiの利用が無料になれば、スマホやタブレットでインターネットを自由に利用することができます。
また、防犯性を高めることも大切です。オートロックやカメラ付きインターフォンの設置で、一人暮らしの女性でも安心できる防犯対策が必要です。また、小さなお子様が1人で留守番しなければならないときも、防犯性が高ければ安心です。
人気の設備を導入するのも良いでしょう。追い炊き機能や温水洗浄便座など、あると嬉しい設備を導入することが入居者の満足度につながります。
最後に、オーナーさんと管理会社の信頼関係を高めることが空室対策として重要です。日頃から物件についてどのような課題、苦情があるのかなど、解決方法をともに考えられる関係性が望ましいです。

□まとめ
今回は、空室リスクと具体的な空室対策について解説しました。空室が多くなると、収益悪化に伴い、賃貸経営が成り立たなくなります。空室対策は、入居者に求められる設備の導入や管理会社との信頼関係を構築するなど、さまざまな対策を講じていくことが大切です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>