空室の割合を知っておくことは大切?空室率について詳しくご紹介します!

賃貸経営において空室率を抑えることが大切です。しかし、空室が目立つと家賃収入が激減することもあり、赤字になる可能性もあります。安定した賃貸経営を維持するには、部屋の総数に対し、空室の割合を把握しておくことが大切です。そこで今回は、空室率の考え方や空室対策のポイントについて解説します。

□空室率の考え方について
賃貸物件の空室率とは、部屋の総数に対して空室が何%であるかを示す割合ですが、短期的な目線で見るものではありません。たとえば、10部屋あるマンションで空室が4部屋なら、空室率は40パーセントとなります。しかし、賃貸経営は長期的な視点で見ていかなくてはなりません。
空室率を計算する際は、​​年単位で計算することが重要となります。年間の空室率は、ここでは以下の計算式を使用します。
(空室の数×空室の月数)÷(部屋の総数×12ヵ月)×100
10部屋のマンションで3部屋が3ヵ月間空室、1部屋が1ヵ月間空室だった場合、(3部屋×3ヵ月分+1部屋×1ヵ月分)÷(10部屋×12ヵ月分)×100=8.3パーセントの空室率となります。
一般的には、5~10パーセントの空室率が適正と言われていますが、計算する際は、適切な負荷をかけるのが望ましいです。一方、空室率の状況は、算出方法によって異なる場合があるので注意しましょう。

​​□空室対策のポイント
ここでは、具体的な空室対策をそれぞれ解説します。

*入居者の費用負担を減らす
初期費用の敷金・礼金を値下げする、またはゼロゼロ物件にするなど、入居者の費用負担を減らすことが空室対策につながります。安易に下げるべきではないですが、状況に応じて家賃や更新料の値下げも検討するとよいでしょう。

*ターゲット層を見直す
競合物件が多い地域は、差別化を図らなければなりません。単身赴任や学生の一人暮らし向けの物件、ペット可物件、高齢者向けなど、空室対策にはターゲット層の見直しも大切です。

*募集資料を見直す
空室が長引いている場合、募集資料や募集ページの見直しを行いましょう。物件情報サイトや不動産会社の店舗で、募集資料の写真や掲載されている情報が非常に重要となります。写真や情報は、常に最新のものに更新されている必要があります。

□まとめ
ここでは、空室率の考え方や空室対策のポイントについて解説しました。空室率は、長期的な視点で算出することが大切です。空室対策は、ターゲット層や募集資料の見直し、入居者の費用負担を減らすことを検討しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>