管理会社を変更したい方必見!選び方のポイントをご紹介します!

建物の維持管理として重要とされる管理業務。幅広い業務があり、管理委託をされているオーナーは、どのような業務が行われているのか詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?管理会社選びに失敗すると空室にもつながります。そこで今回は、管理会社の業務についてと管理会社を選ぶ際のポイントなどを解説します。

□管理会社の業務について
管理業務には、入居者管理と建物管理があります。

*入居者管理
入居者管理の業務は、入居者募集や契約の手続きに関する業務、家賃の回収や督促、入居者からの​​​​クレーム(トラブル・ご要望含む)、対応退去時の手続きや立会いなどがあります。
入居者募集は、空室が生じた場合に行います。入居者希望者が見つかれば、内見の連絡や案内等も行います。契約が決まると、賃貸借契約書についての手続きや初期費用にかかる前家賃、敷金・礼金などの受け取りがあります。入居者からの​​​​設備不良や故障などの修繕依頼、騒音、ゴミ出しのマナーに関するクレーム(トラブル・ご要望含む)などにも対応しなければなりません。
また、入居者から家賃の回収、滞納している場合は、督促なども行います。入居者が退去する場合には、原状回復を行う範囲についての確認、立会いなども入居者管理業務のひとつです。

*建物管理
建物管理は、設備の点検や修繕による維持管理、物件の清掃など、建物の劣化を防ぐことを目的に行う業務です。
特に階段、エントランス、自転車置き場などの共用部分は、内見に来られる入居希望者からも目立つ場所であります。掃除が行き届いていなければ、よい印象を与えることができません。定期的な清掃を行うことで、建物の劣化を防ぐこともできます。どうしても汚れが落ちにくい部分は、専門の業者に委託するのもひとつです。

□管理会社を選ぶ際のポイント
1つ目は、管理費の相場が適切であることです。管理委託費用は、一般的に月額の家賃×5パーセント程度です。これより相場からかけ離れていると、金額に見合わない賃貸管理をされる可能性があるため注意しましょう。
2つ目は、地域密着型の会社であることです。その地域に詳しい管理会社であることもポイントとなります。たとえば、夜に人通りが少ない、街灯が少ないなどを把握していれば、防犯カメラの設置を行い、すぐに対応できます。
3つ目は、集客に強いことです。集客に強い管理会社であれば、空室対策にも対応することができます。空室を避けるためには、集客力は非常に重要です。
4つ目は、入居者対応が早いことです。入居者からの修繕依頼やクレーム(トラブル・ご要望含む)対応には、素早く対応しなければなりません。連絡が遅い、放置している状況であれば、信頼を失ってしまいます。

□まとめ
ここでは、管理会社の業務と管理会社を選ぶ際のポイントなどを解説しました。管理業務には、入居者管理と建物管理があり、どちらも空室対策として重要となります。集客に強く、入居者対応が早い管理会社を選ぶことがポイントとなります。いまの管理会社に少しでも不満をお持ちの方は、管理会社を変更するのもおすすめです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>