作成者別アーカイブ: yutaka

賃貸住宅にお住まいの方へ!雪が降った際に起こりやすいトラブルを紹介

北海道や東北では雪が降ることが多いですが、賃貸住宅では雪かきで悩まされる人も多いのではないでしょうか。中には除雪しない住人がいるなど、入居者同士でトラブルになることもあります。そこで今回は、雪かきで起こるトラブルや雪かきの範囲などを解説します。 □雪かきで起こるトラブルとは? ここでは、賃貸住宅で起こる雪かきトラブルについて解説します。 *雪かきの時間に関するトラブル 雪かきで気になることのひとつが、音の問題です。早朝から雪かきを行うのは近隣に迷惑がかかってしまいます。時間帯を考慮せずに行うと、雪かきの問題に加えて騒音トラブルにも発展します。 また、夜の暗い時間帯に行うと事故のリスクがあります。車が通ったときに気がつかず自動車事故の原因にもあるので危険です。 力仕事でもあるので、高齢の方や一人暮らしの女性は、入居者のみなさんに協力してもらって作業することが大切です。雪かきを手伝ってもらった住人は、必ずお礼を伝えましょう。 *雪の寄せ場所に関するトラブル 雪を置く場所については、入居者同士「どこに置きましょうか?」など、一声かけながら決めるのもひとつの方法です。共用スペースに雪を放置したり、隣人の家の前や駐車場に置くことはトラブルの原因になるので避けましょう。また、雪かきを全くやらない住人がいると、今後の入居者同士の関係が悪化することが予想されます。 □雪かきの範囲について 賃貸物件で問題となるのが雪かきの範囲です。どこまでが入居者が行わなければならない雪かきの範囲なのでしょうか? *借用スペース 雪かきは、入居者自ら行うものという暗黙のルールがあるとされています。そして、自分の借用スペースは必ず行います。例えば、自分の部屋の周辺や契約している駐車場は必ず自分で行いましょう。 *共用スペース 共用スペースでは、誰かが行わなければ解決しないので、できるだけ協力しながら率先して行うことが望ましいです。階段や駐輪場、通路の共有スペースを積極的に行うことで「あの人は雪かきをちゃんと行っている」という良い印象を受けます。今後の入居者同士の関係性も良くなることでしょう。 とはいえ、法律上、誰がどこまでの範囲をしなければならないといったルールは存在しません。しかし、率先して行うことでトラブルを回避することができます。 □まとめ ここでは、雪かきで起こるトラブルや雪かきの範囲などを解説しました。雪かきでは、騒音や雪寄せ場所によるトラブルが起こりがちです。お互いが協力しながら、気持ち良く生活できるように雪かきを積極的に行いましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理のやり方にお悩みの方必見!2つの管理方法を紹介します!

賃貸経営で空室リスクを下げて満室を維持するためには、適切な管理業務がカギとなります。しかし「自主管理や管理委託どちらがいいの?」などと、管理方法について疑問に思うこともあるでしょう。ここでは、賃貸管理の2つの管理方法や管理会社を変更検討するタイミングなどについて解説します。 □賃貸の2つの管理方法 賃貸管理は、大きくわけて自主管理と管理委託の2種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。 自主管理とは、オーナー自らが賃貸管理をすることです。どこまで管理業務を行うかはオーナーによって異なります。一方、管理委託は、管理会社に業務を委託することです。全部を任せる場合と一部を任せることも可能です。 *自主管理のメリット 自主管理の最大のメリットは、管理費用が抑えられることです。自分で管理業務を行うので管理の委託費用がかかりません。 また、入居者とのコミュニケーションが直接取れることもメリットです。オーナーと入居者がコミュニケーションを取ることにより、信頼関係が築くことができ、長く入居してもらえる可能性が高まります。交流が活発になれば、セキュリティ面も向上するでしょう。 *自主管理のデメリット 一方、時間と手間がかかるのが自主管理のデメリットです。管理業務は、入居者募集や物件の維持・管理、クレーム(トラブル・ご要望含む)対応など多岐にわたります。これらをオーナーがすべて行うと時間も手間もかかります。しかし、その分学びも多く、今後の賃貸経営の課題解決に活かすことができるでしょう。 また、常に専門知識が求められるのも大変な点です。物件のトラブルによっては、専門的な知識が必要な場合もあります。法律に関わることや設備・機械の細かいことまで対応しなければなりません。トラブルの種類によっては、1人では対応が難しいこともあります。常に新しいことを学び続けなければならないので、それが苦になる方には難しいかもしれません。 *管理委託のメリット 管理会社に委託する最大のメリットは、専門的な知識があるプロに任せられることです。先述したように、管理業務は専門的な知識が必要となります。専門的知識をあらかじめ持っている管理会社に委託することで、安心して管理業務を任せられます。 また、早期に問題解決ができるのもメリットと言えるでしょう。実績が豊富で専門のノウハウを持っている管理会社を選ぶことで、入居者の不満に早期に対応できる可能性があります。 *管理委託のデメリット 1番のデメリットは、コストがかかることです。管理委託費用がかかりますが、トラブルの対応や修繕に関するノウハウがあるので、管理委託するケースが増えています。 □管理会社の変更を検討するタイミング 管理会社の変更を検討する場合は、以下のタイミングが良いでしょう。 ・空室が改善されない・担当者の対応に不満・入居者トラブルが解決しない・家賃の滞納が続いている 特に家賃の滞納や空室が改善されないケースでは、賃貸経営が赤字になる場合もあるので早期に解決を図るべく、管理会社の変更を検討してみましょう。また、入居者トラブルを放置すると、今後も空室が続く可能性があり、できるだけ早い管理会社の変更が望ましいです。 □まとめ ここでは、賃貸経営のやり方にお悩みの方へ、賃貸管理の2つの管理方法や管理会社を変更検討するタイミングについて解説しました。賃貸管理は自分の物件や状況に合う管理方法で行い、管理委託する場合は、現状の問題を洗い出し変更するタイミングを考慮しながら実績のある管理会社を選びましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方に向けて!水回りで起こりやすいトラブルとその対策を紹介

「家に帰ってきたら水浸しだった。」「突然の水漏れはどうすればいいの?」と不安になった経験はないでしょうか?賃貸住宅で水漏れすると、最悪の場合下階まで水漏れ被害が及ぶこともあり、損害賠償請求されるケースもあります。ここでは、水回りで起こりやすいトラブルや水回りの修理負担について解説します。 □水回りで起こりやすいトラブル ここでは、賃貸物件の水回りで起こりやすいトラブル事例を紹介します。 *上階から風呂の水を出しっぱなしによる水漏れ 上階の入居者がお風呂の水を出しっぱなしにしていたことが原因で起きる水漏れです。下の階まで被害が及ぶと、多大なる迷惑がかかってしまいます。長期間家を不在にする際には、家中の水栓が閉まっているのか必ず確認しましょう。 *トイレタンクの水が止まらない トイレタンクの水が止まらなず、水漏れが発生することもあります。タンク周辺の部品が劣化していることが原因かもしれません。 早めに対処しないと被害も拡大していきます。バスタオルを敷くなどの応急処置をしてから、管理会社や大家さんに至急連絡をしましょう。 しかし、深夜に水漏れが起きた場合は、大家さんや管理会社と連絡が取れないこともあります。この場合は、水道業者へ依頼することになります。24時間緊急対応してくれる業者もあるので、深夜対応してくれる業者にすぐに来てもらい応急処置してもらいます。 ただし、設備については貸主が所有者であるため、勝手に修繕・交換することはできません。自分の判断で修繕・交換した費用は、貸主に負担してもらえないことがほとんどですので注意しましょう。 □水回りの修理負担について ここでは、水回りの修理について貸主・借主どちらが負担をするのかを解説します。 *原則貸主負担 水回りの修理負担については、一般的に貸主負担となっています。水回りに限らず、賃貸設備の故障や不具合でも同様とされています。 ただし、明らかに借主による無理な使用方法で故障してしまった場合や、不注意により修理が必要となったとき、明らかに過失によって故障させたと判断される場合は、借主負担となる可能性が高いです。 *賃貸借契約書に特約が付されているケース 賃貸借契約書に「軽微な修理の負担は借主とする」という特約が認められているケースがあります。この場合は、軽微な修理の範囲がどこまでになるのか、貸主・借主の間で了承を得る必要があるでしょう。 いずれにしても、経年劣化による比較的大きな金額がかかる修理では、貸主負担になることが多いです。 □まとめ ここでは、水回りで起こりやすいトラブルや水回りの修理負担について解説しました。水漏れや設備の故障が発生したら、すみやかに大家さんや管理会社に連絡することが重要です。費用負担については、賃貸借契約書を確認してみましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸オーナー様必見!空室が埋まらない際の対策について解説します!

賃貸経営で最も避けたいのが、長引く空室です。継続的に家賃収入を得るには空室改善が不可欠ですが、なかなか空室が埋まらずに悩まれているオーナーもいるのではないでしょうか?場合によっては、新築の賃貸物件であっても空室になることがあります。ここでは、なぜ空室対策が必要なのかと具体的な空室対策について解説します。 □なぜ空室対策が必要なのか *賃貸住宅の着工数が回復傾向にある 国土交通省「建築着工統計調査」によると、賃貸住宅の着工戸数(全国合計)は2018年の半ばからマイナスが続いていましたが、2021年3月に31カ月ぶりのプラスに転じています。新築アパートやマンションが増えていくにつれ、中古物件が不利となり空室対策が課題となります。(参考:国土交通省「建築着工統計調査」)https://www.mlit.go.jp/report/press/content/kencha205.pdf *人口減少の歯止めがかからない 厚生労働省が発表した2020年の人口動態統計によると、出生数は84万832人と過去最低を記録しています。また、高齢者の人口は増加傾向で、総務省の推計によると65歳以上は3617万人となっています。これは総人口の28.7%と過去最高を更新しています。(2020年9月15日時点) さらに、平成30年住宅・土地統計調査住宅数概数集計によると、空き家の内訳として「賃貸用の住宅」が431万戸(50.9%)となっています。出生数の減少と高齢者の増加でますます空室対策が重要となっているのです。 □具体的な空室対策 ここでは、具体的な空室対策をそれぞれ紹介します。 *家賃、敷金・礼金を見直す 家賃は、競合物件がどのように設定されているのか調べて設定しましょう。周辺の競合物件より高めに設定されていれば、家賃の値下げを検討しなければなりません。 一方、敷金・礼金については、ゼロゼロ物件が増えています。加えて仲介手数料を無料とするトリプルゼロ物件なども登場しています。 *物件の清掃を強化する 共用部分の階段や駐輪場、ゴミ捨て場が汚れていて、掃除が行き届いていない場合は、内見時に悪い印象を与えます。定期的に掃除を行い、常に清潔な建物であることが重要となります。 *無料インターネットの完備 インターネットは生活する上で必須の時代になりました。高速回線や無線LANの導入で入居者の満足度を高められるでしょう。 *リノベーションで付加価値の提供 老朽化している物件では、リノベーションを行うことでスタイリッシュでおしゃれな建物となり、ニーズに合った集客が期待できます。 □まとめ ここではなぜ空室対策が必要なのかと具体的な空室対策などを解説しました。少子高齢化社会では、入居者にとって満足できる物件にすることが最優先となります。時代に合ったサービスや付加価値の提供を行い、常に空室対策の改善に努めましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!ゴミに関するトラブル事例を紹介します!

マンションやアパートの集合住宅で起こりがちなゴミに関するトラブル。マナー違反として入居者が管理会社に報告することがあります。中でも暑い日が続く夏場はゴミの臭い問題が深刻になり、近隣住民の迷惑となるので注意しなければなりません。そこで今回は、ゴミのトラブル事例やゴミ捨て場を利用する際のポイントをご紹介します。 □よくあるゴミトラブル事例について ここでは、よくあるゴミトラブル事例を紹介します。 1つ目は、ゴミ置場が汚れていることで発生するトラブルです。ゴミ置場そのものが汚れていて、管理が行き届いていないケースです。汚れが取り除かれないことで、利用者が不快な思いをする上、虫が寄ってきやすくなりトラブルに発展します。不衛生なアパートやマンションでは退去者が増えたりするなど、空室の原因につながる可能性もあります。 2つ目は、ゴミ捨ての時間を守らないことによるトラブルです。ゴミ捨ての収集日や時間を守らないトラブルは多くあります。特に仕事の都合上、どうしても収集日と異なる日や時間帯に捨てることもあります。夜にゴミを出して朝までゴミが放置れている場合は、カラスやハト、野良猫が集まり、ゴミが散乱しているケースも見受けられます。また、収集日がまだ先にもかかわらずゴミを出すと、ゴミの長時間放置で汚れが取れなくなったり、後の掃除で手間がかかります。 ゴミの回収日は自治体によって異なるので、お住まいの地域に適したルールを守りましょう。 3つ目は、ゴミの分類がされていないことによるトラブルです。ゴミの回収日と同じく、ゴミの分類も自治体によってルールが異なります。缶や瓶、紙など、あらゆるゴミが未分類であれば、回収してもらえない場合もあります。 また、家電製品などの粗大ゴミは、自治体やリサイクル業者に引き取ってもらわなければならないものがあります。ゴミ置場が鍵がないタイプであれば、不法投棄される可能性もあり、トラブルの原因となります。 □ゴミを捨てる際のポイント これらのトラブルを避けるためにも、入居者はゴミを捨てるにあたり最低限のルールを守る必要があります。ゴミの分類や収集日のルールを守ることは大前提ですが、その他にもポイントが2つあります。 *ゴミを捨てる前に臭い対策を行う 夏場のゴミ捨て場は、特に臭いトラブルが発生しやすくなります。古紙や包装紙、新聞紙などを利用しながら水を吸収させておくとよいでしょう。特に魚の骨や肉脂などの生ゴミは、ビニール袋に密閉してからゴミ袋に入れると効果的です。野菜くずは水分を吸収させながら、冷凍庫で保存するという方法もあります。 *個人情報が記載されているものに注意する ゴミの中には、不要になったハガキなどの郵便物や宅配便の伝票が含まれていることがあるでしょう。これらには住所や電話番号、氏名が印字されていることがほとんどです。半分に破っただけでは個人情報が残る可能性もあるので、マジックで塗りつぶすかシュレッダーで細かくしてから捨てるようにしましょう。 □まとめ ここでは、ゴミのトラブル事例やゴミを捨てる際のポイントをご紹介しました。入居者は、ゴミ捨ての収集日や時間を守り、捨てる前には臭いが発生しないように配慮することでトラブル回避にもつながります。一人ひとりがマナーを守り、入居者同士で協力していくことが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

入居者の騒音を注意するためには?対策を詳しくご紹介します!

マンションやアパートで多くなっている生活音などの騒音問題。コロナ禍で在宅ワークが増える中、トラブルが深刻化するケースも多くなっています。ここでは、騒音トラブルの概要や騒音問題の対処法を解説します。 □騒音トラブルの概要 賃貸経営の中でオーナーを悩ませるのが騒音問題です。苦情が多くても解決しにくいのが現状です。放置するとトラブルが深刻化して訴訟に発展するケースもあります。 *近隣騒音による迷惑を受けた人は全体の60%超 環境庁等が行ったアンケート調査結果によると、近隣騒音による迷惑を受けた人は、全体の60%を超えていることがわかりました。 住居形態別では、集合住宅在住者が約80%が近隣騒音に悩まされているという実態が明らかになっています。 集合住宅で起こる騒音の発生源は、洗濯機や掃除機などの生活家電、トイレやお風呂などの給排水設備、扉や窓の開閉音、テレビやピアノなどの音響機器、人の声や床を歩く足音、ペットの鳴き声など、多岐に渡ります。 上記の騒音は、生活の中で欠かせない行動により発生するものも多く、気づかずに迷惑かけていることがあります。そのため、何らかの注意を受けて気が付いて、入居者が意識することで騒音の解決につながるケースもあります。 貸主は、これらの騒音問題についてどのように対処するのか、トラブルの責任はどこまで負うのかを事前に決めておく必要があります。 □騒音問題の対処法 騒音問題が解決しなければ、退去する方が増えるかもしれません。早期解決のために適切な対応を進めていきましょう。 *騒音問題解決までの流れ まずは、いつ頃から騒音が始まったのか、どのような音がするのかをオーナーが被害者からヒアリングします。聞こえる場所や時間帯、部屋の位置(上階など)や音の頻度なども細かくヒアリングしましょう。 騒音の現状を把握するためにも、入居者には記録を取ってもらうことが重要になります。被害を訴えている方が感情的であるケースがあり、事実よりも大きく伝えている可能性もあるので、騒音の記録で事実確認することが大切なのです。また、証拠の保全をしておくと、騒音の当事者が否定した場合などに重要な資料となります。 次に、ヒアリングや事実確認などの事前調査で騒音問題が発覚すると、入居者全員に注意喚起を行います。書面をポストに投函したり、掲示板で知らせる方法があります。この時点では、騒音の発信源がわかっていたとしても、トラブル防止の観点から加害者を特定しないようにするとよいでしょう。 それでも解決しない場合は、入居者に直接注意を行います。 *管理会社に任せると安心 自主管理であれば、オーナー自らが騒音問題に対処しなければなりません。その反面、管理会社が管理しているのであれば、騒音問題に関する知識や経験もあるので適切に対処していただけるでしょう。オーナーの精神的負担も少なくなり安心です。 □まとめ ここでは、騒音トラブルの概要や騒音問題の対処法を解説しました。騒音問題は、適切な対応をしないとトラブルに発展する可能性があります。できるだけ早く対処することを心がけ、管理委託している場合は、管理会社に対応を任せましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!ウォシュレットが壊れた場合の対処法を紹介します

賃貸物件で突然ウォシュレットが壊れることがあります。トイレで当たり前に使用していたものが急に壊れてしまい、「使えなくなると困る。」「すぐに改善する方法はないの?」などと思ったことではないでしょうか?そこで今回は、賃貸物件でウォシュレットが動かない場合の対処法やウォシュレットの交換費用は誰もちなのかなどを解説します。 □ウォシュレットが動かない場合の対処法 ウォシュレットが作動しなくなると不便です。ここでは動かなくなったときの対処法をご紹介します。 *停電の有無を確認する 停電しているとウォシュレットは作動しません。漏電保護プラグが作動して動かないケースも考えられます。通常、赤いランプが点灯していると、漏電保護プラグが作動している可能性があります。 *電源やリモコンをチェックする まずは、ウォシュレットにあるリモコンの電源やウォシュレットの電源スイッチなどを確認してみましょう。このときに、プラグとコンセントがしっかり差し込こまれているかもあわせて確認します。ウォシュレットの故障ではなく、リモコン自体の故障や電池切れも考えられます。機種によってリモコンが異なりますので、電池切れの場合は取扱説明書に従って電池交換します。 *温水洗浄便座とベースプレートが固定されているか 温水洗浄便座とベースプレートが固定されていない場合は作動しません。しっかり固定されているか差し込みをチェックしましょう。 *運転ランプを確認する ウォシュレットが作動している場合は、本体に表示されている運転ランプが点灯しているはずです。ランプが点灯していないときは「運転入/切」ボタンを押してみましょう。また、ウォシュレット以外の電気が流れていない場合はブレーカーが落ちている可能性もあります。 □ウォシュレットの交換費用は誰もちなのか ウォシュレットの交換費用は貸主と借主どちらが負担になるのか気になるところです。入居前から設置されているウォシュレットは、一般的に貸主が負担になります。ただし、賃貸借契約書に借主負担との記載があった場合、貸主に請求できるか確認しましょう。 また、入居前から設置されているウォシュレットは貸主の所有物であるため、勝手に修理することはできません。ウォシュレットが故障した場合は、大家さんや管理会社に早めに連絡をしましょう、伝え方としては、メーカーや品番、どのような原因で故障したのかなどを伝えるとスムーズに対応してもらえます。 □まとめ ここでは、ウォシュレットが動かない場合の対処法や、ウォシュレットの交換費用は誰もちかについて解説しました。まずは、スイッチや電池切れなどを確認し、故障していた場合はすみやかに管理会社や大家さんに連絡することが大切です。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

入居者の探し方とは?入居者募集のポイントについて解説します!

賃貸経営でオーナーを悩ませるのが入居者募集です。空室期間をできるだけ短くして、できれば常に満室を維持していきたいものです。しかし、空室が埋まらず入居者募集の「改善策がわからない」などと不安になることはないでしょうか。ここでは、入居者募集の手段や入居者を集めるためのポイントなどを解説します。 □入居者募集の手段 入居者募集はオーナー自ら行う場合や管理会社に委託する場合があります。それぞれ解説します。 *不動産仲介業者に依頼する 不動産仲介業者に入居者募集を依頼する方法です。多くの賃貸オーナーが仲介業者に募集活動を依頼しています。 仲介業者の入居者募集には2種類があり、一般媒介契約と専任媒介契約があります。一般媒介契約は、複数の不動仲介産会社に依頼をする形態です。専任媒介契約は、特定の一社に入居者の募集を依頼する形態です。 オーナーが直接仲介業者に依頼した場合は、仲介業者に直接手数料を支払うことになります。仲介手数料は一般的に家賃の1ヶ月分です。 *管理会社に依頼する 管理会社に入居者募集を依頼する方法です。入居者募集以外にも家賃の回収、苦情の対応など、管理業務全般にワンストップサービスを提供します。 オーナーは、管理会社に管理委託手数料を支払う必要があります。管理会社によっては入居者募集を得意としないところもあるので、実績が豊富な管理会社を選ぶことが大切です。 *知人や親戚に聞いてみる 不動産仲介業者や管理会社に依頼せず、知人や親戚に入居希望者がいるか聞いてみるのもひとつです。とはいえ、簡単に複数の希望者が見つかるわけではないので他の方法とあわせて検討しましょう。 □入居者を集めるためのポイント オーナーが安定した満室経営を行うには、入居者を集めるための最低限のポイントを押さえる必要があります。 1つ目は、求められる立地であることです。賃貸経営で重要なのが立地です。駅から離れている、周りに商業施設や医療機関、コンビニがなくて不便な地域は空室率が高くなります。入居者の年齢や家族構成など、ライフスタイルを考慮しながら必要な環境が整っているかをチェックしましょう。 2つ目は、近隣の家賃動向を調べることです。築年数や間取りが似ている同じような競合物件の家賃を調べます。その他、敷金・礼金、仲介手数料、管理費、駐車場代など、費用負担からも競合物件と比較します。 築年数、外観、内装、設備、費用などさまざまな観点から比較すること、自分の所有する物件の強みや弱み、アピールポイントが見つかるでしょう。その強みやアピールポイント分は家賃を上乗せできる可能性はありますが、高く設定しすぎると需要がなくなってしまいます。 □まとめ ここでは、入居者募集の手段や入居者を集めるためのポイントを解説しました。入居者の募集は知識や実績が豊富な管理会社に任せることで空室の改善が期待できます。また、できるだけ長く入居してもらえるように、物件の魅力をオーナー自身がしっかり把握し、わかりやすく伝えることが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸に在住の方へ!網戸を交換したい場合の対処法を紹介します!

賃貸物件では、さまざまな原因により網戸の張り替えが必要となるときがあります。しかし「交換はどうすればいいの?」「交換の費用はどちらが負担するの?」などと気になった経験はないでしょうか?そこで今回は、賃貸で網戸を交換したい場合の対処法や網戸の張り替え費用の負担について解説します。 □賃貸で網戸を交換したい場合の対処法 網戸は長く使用していれば劣化していきます。ここでは賃貸で網戸を交換したい場合の対処法を解説します。 まずは、網戸の修理や張り替えについて賃貸借契約書を確認して、管理会社や大家さんに相談しましょう。賃貸借契約書に修理についての記載があることが多いです。管理会社や大家さんには、破れている箇所や原因、いつ頃からその状態が続いているのか、具体的な内容を伝えておきましょう。 また、網戸の勝手な張り替えは避けるようにしてください。網戸の張り替えは、管理会社や大家さんが業者を手配することになります。勝手に業者を依頼した際は、本来は網戸の張り替えが貸主負担であったとしても費用を負担してもらえない可能性があり、管理会社や大家さんとトラブルになることもあります。 □網戸の張り替え費用の負担対象者について ここでは、網戸の張り替え費用の負担は誰になるのかを解説します。 *賃貸借契約書に取り決めがあるケース 通常、賃貸物件では、契約書に「設備」の費用は貸主負担で「消耗品」は借主負担であることが多いです。 賃貸借契約書に網戸の修理について、どのように書かれているか確認してみましょう。網戸は通常は消耗品扱いであるため、借主負担となっている場合が多いですが、管理会社や大家さんに相談してみるのもひとつの方法です。 *国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の記載について 国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、・網戸の張替え(破損等はしていないが次の入居者確保のために行うもの)は賃貸人の負担となるものに含まれています。(参考:原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」再改定版)https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/honbun2.pdf *賃貸借契約書に取り決めがないケース 賃貸借契約書に記載がない場合は、前述のとおり設備と消耗品の区別で費用負担が判断されます。しかし、大家さんの善意で費用を負担していただけるケースも稀にあります。 □まとめ ここでは、賃貸で網戸を交換したい場合の対処法や網戸の張り替え費用の負担について解説しました。勝手に網戸の張り替えを行わず、まずは賃貸借契約書を確認して管理会社や大家さんに相談してみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

管理会社は入居率に影響する?賃貸オーナー様必見です!

賃貸の物件管理は管理会社に委託することが多いですが、管理会社によっても得意分野がそれぞれ異なります。満室経営が理想ですが、中には管理会社に依頼しているにもかかわらず空室が埋まらず、入居者募集に苦戦しているオーナーもいらっしゃるでしょう。ここでは、入居率が低い原因や管理会社の変更手順などを解説します。 □入居率が低い原因を考えることが重要 入居率が低い物件には、どのような原因があるのでしょうか? ・ターゲット層が合っていない 高齢者が多い地域なのに、一人暮らしの若者向けの物件、学生が多い街なのにファミリー向けの物件など、ターゲットが合っていないことで入居率が低くなっているかもしれません。 ・建物が老朽化している 壁のクラックや階段が錆びている、郵便ポストはボロボロなど、建物のあらゆる部分が老朽化していると、入居率低下につながります。設備の交換やリフォームなどを検討する必要があります。 ・入居条件が厳しい 家賃の支払いが入居する条件で重視されるポイントですが、厳しすぎると入居率が低くなる原因にもなります。家族構成、年齢、人間性などさまざまな方向から入居条件の見直しを検討してみましょう。 ・家賃が割高になっている 競合物件と比較して家賃が高めに設定されているケースです。築年数や物件の外装、内装、間取りなどを比較しながら、適切な家賃設定の見直しを図りましょう。 上記の原因以外にも管理会社が原因で空室が続くこともあります。それぞれ見ていきましょう。 ・営業力が足りない 管理会社に業務委託している場合、入居者募集を任せていることもあります。しかし、管理会社の営業力が足りないため入居率が低くなってしまうケースがあるようです。 ・対応に問題がある入居者のクレーム(トラブル・ご要望含む)に素早く対応せずに放置しているケースです。管理が行き届いていないと、信頼関係が破綻し退去する人が増える可能性があります。 □管理会社の手順 管理会社に不満がある場合は、新たな管理会社に変更することを検討します。ここでは、変更する際の手順を解説します。 まず、現在の管理会社とどのような契約になっているか、解約の条件や手続きなどを確認しましょう。次に、依頼を検討している管理会社の管理内容や提案書の確認と、金額の見積もりを出してもらいます。内容や金額に納得できたら、契約に移ります。重要事項説明書や契約書の内容をしっかり確認して、オーナー側に不利な条件がないかや解約手続きが適切であるかをチェックしましょう。最後に、現在の管理会社を解約します。一般的には、新たな管理会社と家賃振込先の変更をお知らせをします。 □まとめ ここでは、入居率が低い原因や管理会社の変更手順を解説しました。賃貸オーナーは空室が多い原因を洗い出し、できるだけ早期の改善が必要です。オーナー側で解決できる原因であれば早急に対応し、管理会社に問題があると考えられる場合は管理会社の変更を検討しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ