カテゴリー別アーカイブ: 未分類

不動産の管理会社の仕事内容とは?詳しくご紹介します!

賃貸経営の管理・運用の役割を担っているのが管理会社です。管理会社と言っても仕事内容は多岐に渡ります。また、大手から地域密着型まで様々な特徴があります。ここでは、管理会社の仕事内容を詳しく解説します。 □管理会社の種類とは? *仲介兼業管理会社 不動産仲介業者が賃貸管理業を兼業しているケースが多いです。不動産仲介業を行うには宅地建物取引士の資格が必要です。中には、管理部門を作るケースや別の管理会社を作る場合もあります。 不動産仲介と賃貸管理を兼業する仲介兼業管理会社は、リスク分散が可能になるでしょう。 *ハウスメーカー系の管理会社・管理部門 ハウスメーカーや建設会社などで、建物の企画や施工までを行っている=管理会社となっているケースです。建築に関する構造や設備のノウハウがあるので、安心して管理を任せることができます。また、大手ハウスメーカーの会社は、子会社に賃貸管理部門を置いていることも多くあります。 *コンサルティング系の管理会社コンサルティング業からマンション管理に参入するケースもあります。 □不動産管理会社の仕事内容 1つ目の仕事内容は、入居者募集です。仲介業務を行っている不動産会社や不動産ポータルサイトに客付け依頼を行います。大家さんは、仲介手数料の他に広告料を支払うケースもあります。 一般的に入居者が退去の意思を管理会社に伝えると、入居者募集が始まります。 2つ目は、内見の対応、賃貸借契約の手続きです。入居希望者から部屋を見たいという問い合わせの後、物件を案内し説明をします。その他、賃貸借契約や更新に関する一連の手続きを行います。 3つ目は、入居者トラブル・苦情の対応です。入居者から報告されたトラブル(水漏れ、設備不良)や、寄せられたクレーム(騒音、ゴミ出し、ペットの問題)の対応を行います。 4つ目は、家賃の回収・督促です。毎月の家賃回収や滞納時の督促を行います。最近では、家賃滞納の督促業務を専門に行う会社が増えています。 5つ目は、退去時の立会いです。大家さんに代わり、退去時の立会いを行います。部屋の状況を確認の上、退去者に原状回復費を請求します。 □まとめ 不動産の管理会社の種類や仕事内容について解説しました。不動産の管理会社には、仲介兼業管理会社、ハウスメーカー系の管理会社など様々な種類があります。管理業務を依頼する場合には、業務範囲や担当者などの詳細も確認しながら比較検討しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸でネット回線を工事する際のポイントとは?

アパートやマンションなどの賃貸物件で、インターネットの回線を引きたいと考えているものの「工事はどうすればいいの?」「大家さんに許可が必要?」などと、わからないこともあるかと思います。ここでは、ネット回線を工事する際のポイントを解説します。 □ネット回線の工事をする前に確認するべきポイント まずは、インターネット対応状況を確認する必要があります。 中には、インターネット使用が無料の物件があります。インターネットの回線が完備され、プロバイダ契約などが済まれている物件です。Wi-FiやLANを用いてすぐに接続ができます。集合住宅では、一括契約をしているケースも多く、割引が適用されていることがあります。実際には家賃や物件によっては、モデムやルーターが部屋に備え付けられているケースもあります。 また、インターネット使用が無料ではない物件の中には、インターネット対応の物件と非対応の物件があります。対応している物件は、建物の共用部分までインターネットの回線工事が完了している物件です。部屋で使用するには、別途プロバイダとの契約が必要です。入居前からインターネットを利用する予定の方は、早めに申込みを完了しておきましょう。 一方、建物にインターネット回線が通っていないのが非対応の物件です。小規模のアパートやマンションでは、インターネット回線が通っていないところがあります。契約前に、ネット環境を確認しておくようにしましょう。 □ネット回線の工事について *インターネット回線が導入されている場合 賃貸物件では、インターネット回線が導入されているか、されていないかで工事が変わってきます。ネット回線が導入されていれば、工事にかかる時間は約30分〜1時間程度で完了します。光回線では、共用部分まで来ている光ファイバーケーブルを部屋内まで引き込みます。 *インターネット回線が導入されていない場合 ネット回線が導入されていない場合は、開通工事が必要です。ネット回線が導入されていない賃貸物件で回線を引くには、管理会社や大家さんの許可が必要となります。 インターネット回線の契約プランには、一般的にマンションプランと戸建てプランに分けられます。自分の部屋だけに回線を引き込む場合は、戸建てプランとなります。 流れとしては一般的には、インターネットか電話で申し込みします。工事には立ち会う必要があり、共有部分から部屋までの開通工事の日程を調整します。電柱から光回線を建物へ引き込む屋外工事を行います。その後、回線を部屋の中にまで引き込み、回線終端装置を設置します。開通工事が完了すると利用開始します。 この工事は、全行程で1~2カ月程度かかります。一方、光回線の導入が難しい場合は、工事が不要なモバイルルーターサービスを利用する方法があります。 □まとめ ここでは、賃貸物件のネット回線を工事する際のポイントや工事の流れを解説しました。開通工事を行う前には対応状況を確認し、ネット回線を導入していない賃貸物件では、管理会社や大家さんに開通工事の許可を取りましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

和室は洋室に変えたほうが良い?空室対策にお悩みの方必見です!

古い物件には和室を中心としたお部屋が多くあります。しかし、畳のカビやダニが目立ち洋室に変えたいと思うことはないでしょうか?賃貸物件では洋室を好む入居者が増えています。ここでは、和室は洋室に変えるメリットなどを紹介します。 □和室を洋室に変えるメリット *空室の改善が期待できる 和室の部屋は、空室が目立つ傾向にあります。特に若い世代にとっては、畳は敬遠されがちです。和室では、立地条件や設備が良くても空室が改善されないこともあり、洋室に変えることで入居率アップが期待できます。 *部屋の模様替えができる 洋室の場合はフローリングが中心となっており、好みのマットやフローリングシート、テーブルを置くことができるので、壁に穴をあけるなどを除き、自分好みな空間を演出することができます。 *掃除がスムーズにできる フローリングではホコリやゴミが付着しにくく、カビの発生も抑えやすいです。畳は日頃の掃き掃除、拭き掃除だけでなく、定期的な天日干しなどが必要です。また、和室にカーペットを敷くと湿気もたまりやすくなるので、洋室にリフォームすることで、清潔な環境が期待できます。 *バリアフリーに対応できる フローリングだと車椅子でもスムーズに通ることができるので、バリアフリーの観点からでもメリットとして挙げられます。 *原状回復時の費用が抑えられる 和室の場合、畳は傷みやすく、ふすま紙も汚れや傷みが目立ちます。そのため、原状回復工事が伴いやすいので費用負担があります。洋室であれば、このような費用を負担することがなくなります。 □和室をそのままにした空室対策 最近では、和室をそのままにした空室対策も徐々に増えつつあります。 例えば、和室はそのままにデザインリフォームを行うことで「和モダン」なオシャレな空間を演出することができます。部屋の照明にこだわり、オシャレな襖紙を使用することで、若い世代にも気に入っていたたける物件となるでしょう。 デザインリフォームとは、内装や家具、インテリアなど、デザイン力を活かしたリフォーム方法です。ライフスタイルに合わせて好みの住まい環境を実現できます。最近では、リフォームプランナーが細やかな提案を行っているところもあります。 「和モダン」とは、畳や障子、襖など自然に近い素材を使い、和家具を中心としたテイストを指します。代表的なのが「昭和レトロ」のようにノスタルジックな雰囲気を漂わせるイメージです。 □まとめ ここでは、和室を洋室に変えるメリットや、和室をそのままにした空室対策などについて解説しました。洋室に変える、和室のまま、それぞれメリットがありますが、空室対策には費用対効果を考慮しながら、検討してみましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の備品が破損した場合の対処法とは?

賃貸物件には、もともと備え付けてある暖房器具や給湯器があります。その他、窓や床、水回りなど、自分で購入しているもの以外はすべて借り物です。このような設備が破損した場合は、貸主と借主のどちらの費用負担となるのでしょうか?ここでは、備え付けのものを破損してしまった場合の対処法を解説します。 □付属設備は、書類に明示されている 民法606条によれば「貸主は賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う」と規定されています。賃貸物件の設備や付属物についての詳細は、賃貸借契約書や重要事項説明書に記載されています。 賃貸借契約書は、宅地建物取引業法37条の規定に基づき、貸主と借主で2通作成します。借主と貸主(もしくは貸主代理人)が記名捺印し、1通ずつ保管します。重要事項説明書は、契約が成立する前に借主に重要事項説明が義務づけられています。宅地建物取引業法第35条の規定に基づき、不動産会社が発行します。1通もしくは2通で作成されます。 そのためまずは、賃貸借契約書の内容を確認しておきましょう。設備や備品の破損について貸主の修繕に関する記載があれば、貸主が費用を負担します。付属設備については、賃貸借契約の別紙や重要事項説明書に記載している場合があります。 □付属設備であっても大家さんの負担にならないことがある? 賃貸借契約書や重要事項説明書に貸主の修繕に関する記載について説明しましたが、付属設備の使用方法、対処法が間違っていると、費用の負担が認めれられないことがあります。 *借主に故意・過失がある 入居者も「善管注意義務」を負っています。善管注意義務とは、通常の要求される程度の注意義務を負うことで、民法400条に規定されています。 つまり、借主に故意・過失があれば、借主が修理費用を負担することになります。一方、災害時の破損によるケースは、不可抗力であるため貸主負担となります。 *借主が勝手に業者を手配した場合 設備が故障した際に、管理会社や大家さんに連絡することなく入居者が勝手に業者を手配して修理した場合は、修繕費用を負担してもらえない可能性が高いです。馴染みのない業者となれば、相場より高額な請求をされるケースもあるため、必ず大家さんや管理会社に連絡しましょう。 *設備の不良を放置していた場合 設備不良を放置したことにより、悪化するケースもあります。そのような場合は、借主の費用負担となることもあります。 □まとめ ここでは、賃貸物件の設備の故障について、修繕費用の負担がどちらになるのかを解説しました。貸主側に修繕義務があるにも関わらず、修繕を行っていただけない場合は家賃の減額を請求できる場合もあります。まずは、賃貸借契約書や重要事項説明を確認しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不動産経営をお考えの方へ!管理会社の選び方についてご紹介します!

マンションやアパートなどの賃貸経営の中で、大切な役割を担っている管理業務。管理会社に委託すると長い付き合いとなるため、管理会社選びが重要になります。ここでは、管理会社の選び方について詳しく解説します。 □ 管理会社は何をする会社なのか? 不動産賃貸の管理会社は、幅広い業務を行っています。大きく「賃貸管理」と「建物管理」に分けられます。 *賃貸管理の内容 入居者の募集入居者の募集には、複数の不動産業者に入居募集を依頼する「一般募集」や1社の不動産業者に入居募集を依頼する「専任募集」があります。 ・賃貸借契約の手続き賃貸借契約や更新に関する一連の手続きを行います。 ・入居者トラブル・苦情の対応入居者の騒音トラブルやゴミ出し、苦情の対応を行います。 ・修繕の手配水漏れやドア、窓、風呂、あらゆる場所の修繕について、業者の手配を行います。 ・家賃の回収・督促毎月の家賃に関する口座振込や引き落としを確認します。入金が確認できない場合に入居者へ督促を行います。 ・退去管理退去の受付や立会い、敷金の精算などを行います。退去時の原状回復は、国土交通省が取りまとめた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に沿って行われます。 *建物管理の内容 ・建物の維持管理建物は、日常的なメンテナンスが大切です。階段、エントランス、駐車場、駐輪場など、日常の清掃を行います。 ・設備の維持管理消火器具、スプリンクラー、火災報知機、浄化槽、昇降機など、点検が義務化されている設備を中心に維持管理を行います。 □管理会社の選び方 管理業務の内容は理解できたとしても、どの管理会社が最適であるか迷うことがあります。管理会社の選び方として、以下の4つの判断基準を参考にしてみてください。 1つ目に、実績や集客力があるかを確認しましょう。空室のリスクを下げるには、管理会社の知名度や集客力も重要です。店舗数が多い業者であれば、集客力が期待できます。また、社歴が長く、実績のある管理会社であれば、費用対効果の高い広告戦略も熟知しており、安心して業務を任すことができます。 2つ目は、専属の担当者がいて、レスポンスが早いことです。問い合わせなどへのレスポンスが早いと、スムーズな賃貸経営を行うことができます。また、入居者からのクレームに素早く対応する会社であれば、退去率も低くなります。 3つ目に、その地域に詳しい会社であることが大切です。特定の地域で治安や特殊性を知っていれば、賃貸経営の失敗リスクが軽減されます。 4つ目は、管理費が相場とかけ離れていないことです。管理委託手数料は、一般的に「月額家賃×5〜6パーセント」とされています。管理会社によっては、手数料以外に更新手数料やシステム料を設定しているところもあります。 □まとめ ここでは、管理会社の業務や管理会社の選び方について解説しました。信頼できる管理会社を選ぶには、実績やエリアに詳しいなど様々な角度から比較検討し、慎重に選ぶ必要があります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で床を変えたい?その方法を紹介します!

賃貸物件に住んでいて「おしゃれな床色にしてみたい。」「部屋の雰囲気を変えたい。」などと、床の色が気になることはありませんか?SNSでは、素敵なお部屋がたくさん掲載されているため、憧れる方も多いことでしょう。では、賃貸でも床の色を変えることができるのでしょうか?ここでは、その方法を解説します。 □賃貸で床を変える方法 賃貸物件に住んでいる場合、物件によっては床の色が気になり、DIYやリフォームでお部屋のイメージを変えたいと思うことがあります。ただし、賃貸物件においてリフォーム工事などを伴いような模様替えは、禁止されている場合がほとんどです。しかし、床を傷つけることなく簡単に床の色を変えられる方法があります。詳しくみていきましょう。 *ラグカーペット気軽に床の模様替えをできるのがラグカーペットです。床の一部に敷く厚手のものですが、デザインやカラーが豊富にあり、敷くだけで部屋の雰囲気ががらっと変わります。 通常のカーペットは、部屋全体にぴったり敷くものですが、ラグカーペットは、部屋の一部に使用するタイプです。一般的には、3畳くらいのものが多く販売されています。最近では、デザインや形の異なるラグカーペットを重ねてアレンジするのも人気です。 *ウッドカーペットその名の通り、木製のカーペットでフローリングに近いイメージとなります。最近では「低ホルマリン」もあり、放散量を抑えたタイプも登場しています。お部屋のサイズに合わせて選びましょう。 *ジョイントマットクッション性があり、お部屋の模様替え以外にも子どもやペットのケガ防止としても使用されています。また、集合住宅では騒音対策にも利用され、多方面で活躍するアイテムです。 □床の色ごとの部屋のイメージ 黒の床は、かっこよくクールなイメージが特徴です。黒は引き締める効果を持った色で、部屋全体が高級感・重圧感のある落ち着いた雰囲気を演出します。一方、部屋が狭く見えてしまうといったデメリットもあります。 茶色(ミディアムブラウン)の床は、木の質感や温かさを感じることができ、濃さと明るさのバランスが取れてるのが特徴です。モダンテイストで落ち着きのある空間を演出します。傷や汚れ、ほこりなどは、ほとんど目立ちません。また、さまざまな家具とも相性が良いです。 ホワイトの床は、光が反射しやすく、部屋が明るく広く見える特徴があります。スタイリッシュで柔らかい空間を演出します。一方、傷や汚れ、ほこりなどが目立ちやすいといったデメリットもあります。 □まとめ ここでは、賃貸物件の床を変える方法や床の色の特徴を解説しました。リフォームを行う場合は、大家さんや管理会社の許可が必要ですが、カーペットなどを使用すれば、床を傷つけることなく簡単に床の色を変えることができます。お部屋の雰囲気に合わせて床を選びましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不動産経営を管理会社に任せるメリットとは?詳しくご紹介します!

マンションやアパートの賃貸経営を行うには、管理会社に委託するケースが増えています。不動産に関する賃貸経営は、様々なノウハウが必要となり、賃貸に関する法律知識が前提となります。ここでは管理会社に委託すると、どのようなメリットがあるのかを解説します。 □そもそも管理会社とは? 賃貸の管理会社とは、アパートやマンションの管理を行う管理会社を指します。管理会社の賃貸管理業務は、多岐に渡ります。 ・入居者募集、選定入居者募集から選定、契約締結まで、入居に関する一連の業務が含まれます。 ・入居者トラブル・苦情入居者の騒音トラブルや隣人のマナーなど、苦情の対応を行います。 ・建物の維持管理日常の清掃や各設備の保守点検、修繕などの維持管理を行います。 ・事務管理家賃の集金、督促、保証会社への求償などの対応、入居者からの預り金管理などを行います。 ・退去管理退去の受付・立会い、原状回復費用の請求・工事などを行います。 □管理会社と不動産仲介会社の違い 不動産仲介会社は宅地建物取引業者を指し、土地や建物を仲介する会社です。・自ら売買、交換・代理して売買、交換、貸借・媒介して売買、交換、貸借を業として行います。 具体的な業務内容は、不動産売買業、不動産仲介業、賃貸業などがあります。不動産仲介会社には、5人に1人は「宅地建物取引士」を置かなければなりません。 一方、管理会社は、管理業務に特化した会社です。賃貸管理と建物管理を行います。不動産屋が管理業務を兼業して行っているところもあります。 □管理会社に委託するメリット マンションやアパートなどの賃貸管理業務を、管理会社に委託するケースが多くなっています。ここでは、管理会社に委託するメリットを解説します。 1つ目のメリットは、賃貸経営がスムーズに行えることです。専門知識のある管理会社に管理業務を委託するため、管理に特化したノウハウで効率的に適切な賃貸経営を実現することができます。 2つ目は、空室リスクにも対応できることです。入居者募集や選定などの客付けも行っていただけるため、経験を活かした集客が期待できます。 3つ目は、遠方の物件を所有することができることです。遠方の物件では、自主管理を行うことが難しくなります。管理委託をすれば、場所を問わず複数の物件を所有することができます。 管理委託は、管理手数料が発生します。管理業務全般を委託した場合の相場は、賃料の約5~6%程度とされています。部屋の家賃が高く、部屋数が多いほど、手数料の負担が大きくなります。 □まとめ ここでは、管理会社について、不動産経営を管理会社に任せるメリットについて解説しました。管理会社のメリットは、それぞれの会社によって異なる場合があります。管理手数料をふまえ、いくつか比較しながら検討しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で隣人の騒音にお悩みの方へ!対策法をご紹介します!

賃貸物件で上の階や隣の部屋から大きな音が聞こえ、近隣同士でトラブルに発展することがあります。騒音といっても様々なケースがあり、放っておくと事態が深刻化する可能性もあります。ここでは、隣人の騒音に悩む方への対策法を解説します。 □賃貸における騒音の種類について *人の移動の音 上階から大きな足音が聞こえてきたり、隣の部屋からの話し声が気になったりすることがあります。特に足音は、スリッパを履かずにかかとからバタバタと歩くと大きな音が鳴ります。また、子供の足音で下の階から苦情がくるといった騒音トラブルも多くなっています。 *人の生活音 テレビや楽器の音も、トラブルになりやすいです。大音量でテレビを見ている場合やピアノやギターなどの楽器の音漏れがうるさく、近隣に伝わるケースがあります。中には、楽器の演奏が禁止されている物件にもかかわらず知らずに演奏を続け、トラブルになることもあります。 また、ペットの鳴き声もトラブルになりやすい傾向があります。 さらに、ドアや窓、網戸の開閉をあえて大きな音を立てる方がいます。これらも継続して行うと、トラブルの原因となるので注意が必要です。 *家電製品などの音 特に早朝や夜の時間帯は寝ている人もいるため、洗濯機を回す音や掃除機の音が大きく苦情がくるケースがあります。トイレやお風呂などの排水音でも近隣に響く場合があります。いずれにしても、当事者の自覚がないことが多いのでトラブルになりやすいです。 □隣人の騒音への対処法について 入居後に騒音トラブルが発生した場合は、まず騒音の元となる場所を確認するようにしましょう。上階からの騒音なのか、斜め上の階なのか、騒音の元となる場所を確認します。もし間違って苦情を報告すると、後で不要なトラブルに発展することがあるからです。 騒音元がはっきりしたら、大家さんや管理会社に連絡します。直接住民に苦情を言いにいくのではなく、まずは必ず大家さんか管理会社へ連絡して相談してみましょう。このときにどこの住民からの苦情なのかわからないように配慮してもらいましょう。そして、大家さんや管理会社を通して注意喚起してもらいます。 □まとめ ここでは、賃貸物件で起こる隣人の騒音についての対処法を解説しました。騒音問題は当事者同士ではなかなか解決することが難しいため、まずは必ず大家さんや管理会社に相談するようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営はどうすれば良い?具体的なやり方についてご紹介します!

賃貸経営では、長期的に安定的な収益が得られます。他にも、節税対策になるなどと、メリットが大きいでしょう。しかし、初めての方にとっては「専門知識が必要で難しい」など、不安に感じる方もいると思います。これからマンションやアパートなどを運営していくためには、どのような賃貸経営を行っていくのでしょうか。 □賃貸経営の準備の流れ 賃貸経営の準備の際は、次のような流れで行いましょう。 1つ目に、土地や物件をリサーチします。物件情報を扱うホームページや物件資料を見ながら現地調査も行います。利便性(通勤、通学)、安全性(治安)、周辺環境(スーパー、コンビニ、交番、公園、医療機関)、建築条件(日当たり、地盤)などをしっかりリサーチする必要があります。 2つ目に、収益性を考えます。投資資金の回収がスムーズに行えるように、収益を上げる物件を選ぶことが大切です。賃貸経営では、投資した金額に対して得られる収益割合の「利回り」がポイントです。 利回りには大きくわけて「表面利回り」と「実質利回り」があります。「表面利回り」とは、年間の家賃収入を物件購入価格で割った数値です。「実質利回り」とは、年間の家賃収入から諸経費・手数料を引き、投資金額(物件価格)で割ったものです。 3つ目に、分譲マンションの一室を収益物件として検討する場合には管理組合の機能を調査します。マンションの場合は、区分所有者によって組織された管理組合が主体となって管理を行っています。管理組合の機能や修繕積立金の蓄えなどをチェックします。 4つ目に、資金調達の手段を考えます。すべて自己資金で賄うのか、金融機関による融資を検討しなければなりません。一般的には、金融機関から融資を受けることがほとんどです。 5つ目に、管理会社を選びます。管理業務は、一般的に管理会社に委託します。管理会社選びは、後の賃貸経営に影響してきます。 □管理会社選びの失敗例 ここでは、管理会社選びの失敗例を4つ紹介します。 1つ目は、会社の知名度で選ぶことです。CMに登場する大手賃貸管理会社が必ずしも管理に優れているとは限りません。大手の特徴として、担当者の移動や変更も頻繁になる可能性が高くなります。 2つ目は、管理会社を比較せずに選ぶことです。一度も調査せずに知り合いの賃貸管理会社を選ぶケースもあります。調査や比較をせずに選んでしまうと、管理委託費が高めの管理会社を選んでしまっている可能性もあるでしょう。 3つ目は、空室のままになっていることです。管理会社選びで失敗すると空室増となり、空室が続いているのに一向に改善しないといったケースもあります。 4つ目は、空室に対する提案力がないことです。家賃の値下げを提案するだけで他にアドバイスはなく、常に受身のような対応であれば、管理会社に委託する意味がなくなってしまいます。 □まとめ 賃貸経営の準備や流れから管理会社選びまでを解説しました。賃貸経営では、事前のリサーチや準備をしっかり行うことが重要です。管理会社選びに失敗しないためには、目的を明確にし、提案力のある会社を選びましょう。当社は賃貸経営のサポートを行っていますので、ぜひご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で害虫トラブルに困ったら!解決策を紹介!

賃貸物件に住んでいると、ゴキブリやハチ、アリ、ムカデ、ワラジムシなどの害虫に遭遇することがあります。北海道の気候は比較的涼しいため、ゴキブリは発生しにくい環境ではありますが、万が一害虫が発生すると平穏で快適な生活は送れませんよね。そこで今回は、賃貸で害虫トラブルが発生した際の解決策をご紹介します。 □賃貸で害虫が発生した際の解決策とは まずは、害虫の侵入経路をふさぐことがポイントです。数ミリのわずかな隙間や破れた網戸からも侵入することがあります。 害虫の侵入経路とは、窓、換気扇、排水口・排水溝、エアコンの開口部、エアコン室外機のドレンホースなどです。侵入経路をふさいでいない場合は、駆除後も新たな害虫が侵入してくる可能性が高くなります。 次に、部屋の中の害虫をすべて駆除するのもポイントです。有効成分が隅々まで行き渡るくん煙剤・くん蒸剤が効果的とされています。使用する際は、部屋にある衣類や家電をビニールシートや新聞紙でカバーし、ペットは部屋の外に出しておきましょう。 害虫の侵入を予防するためには、虫よけスプレーを使用しましょう。スプレーを害虫が侵入してくる場所に事前に吹き付けておきます。効果がずっと続くわけではないので、散布は定期的に行いましょう。また、害虫を捕獲するトラップや置き型の駆除剤も効果が期待できます。 □害虫駆除の費用は誰が負担するのか? *場合によっては管理会社が負担をする 賃貸物件の経年劣化や水回りの老朽化による原因で害虫が発生した場合には、管理会社が費用を負担する可能性が高いです。一方、入居者の過失で害虫が発生してしまった場合には、入居者が負担することになります。 *居住者は虫の発生を予防する義務がある? 賃貸物件の賃借人には善管注意義務があり、入居中の設備や建具などについて、社会通念上要求される程度の注意を払って建物を使用しなければなりません。つまり、賃借人が管理を怠ったことや不注意で害虫が発生した場合は、賃借人が駆除費用を負担します。 ゴミの放置などにより、害虫が多く発生したような事案があった場合には、善管注意義務違反となります。 □まとめ 賃貸物件の害虫トラブルやその予防策、解決策までを解説しました。入居者の不注意で害虫を大量発生させると、隣人などにも迷惑がかかる可能性が十分あります。入居者の皆さんは、日頃から衛生面に注意しながら、予防方法も覚えておく必要があるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ