カテゴリー別アーカイブ: 未分類

厳しい時代を乗り切るために!賃貸経営のポイントをご紹介します!

賃貸経営のポイントとしてあげられるのは、空室対策です。空室リスクを避けなければ資金繰りの悪化で不安な状態が続いてしまいます。しかし、空室対策を行っていてもなかなか改善されないことはないでしょうか?そこで今回は、賃貸経営で失敗しないためのポイントや賃貸経営の今後について解説します。 □賃貸経営の今後について 賃貸経営の中でも気になるのが空き家率です。少子高齢化の影響により、空き家率が上昇し、全国的に社会問題化しています。総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」によると、空き家数は848万9千戸と過去最多となり、全国の住宅の13.6パーセントを占めています。2040年には、日本の空き家率が43パーセントに達すると言われています。 空き家率上昇の原因として、人口の減少が挙げられます。日本の人口は、2008年をピークに減少傾向になり、​​総務省統計局「人口推計」によると、令和3年8月1日現在で総人口は、1億2530万人で,前年同月に比べ減少 しています。また、東京都の発表では、2021年8月1日時点の推計人口は1404万3239人となり、3カ月連続で減少しています。 しかし、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」の世帯数で見ると、2015年は5,333万と増加傾向にあり、2023年に​​増加のピークが予想されています。世帯数が増加する理由として、1世帯あたりの人数は減るものの、単独世帯が増加すると考えられているためです。 □賃貸経営で失敗しないためのポイント *空室で失敗する賃貸経営 空室で失敗する賃貸経営の特徴として、不動産会社の選定がポイントとなります。実績もなく、空室対策に積極的ではない不動産会社を選ぶといつまでも空室が改善されません。実績が豊富な不動産会社であれば、地域性を考慮したターゲット選定や入居者の属性に合わせた間取り、設備環境など、さまざまな客付けのための工夫を行っています。 しかし、賃貸物件では、築年数が経つにつれて空室が多くなる可能性もあります。空室が長く続くようであれば、適切なアドバイスをいただける不動産会社の変更を検討するのもひとつです。 *管理で失敗する賃貸経営 管理業務は、入居者募集や家賃の回収、​​​​クレーム(トラブル・ご要望含む)など、幅広い業務と専門的な知識が必要です。中には、入居者の問い合わせや修繕の依頼、​​​​クレーム(トラブル・ご要望含む)などをすぐに行わない業者も存在します。 したがって、管理会社の対応によって空室が多くなる可能性も十分にあります。管理会社の選定は、複数を比較しながら実績のある管理会社を選びましょう。 □まとめ ここでは、賃貸経営で失敗しないためのポイントや賃貸経営の今後について解説しました。少子高齢化の影響により空き家率が上昇する中、賃貸経営においては、空室リスクと管理業務が重要となります。実績のある不動産会社を選ぶことが成功するポイントのひとつです。さまざまな不動産会社を比較検討しながら、最適な会社を選びましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で子育て中の方へ!子供の騒音問題の対策方法を解説します!

賃貸物件で子育てされている方は騒音に不安を感じることはないでしょうか。コロナ禍で在宅ワークも増え「子供の足音で集中できない。」「ドンドンと床が響いて仕事にならない。」などと入居者から不満の声が寄せられるケースもあります。そこで今回は、子供が出す騒音の例や子供の騒音を抑える対策方法を解説します。 □子供が出す騒音の例 まず、子供の足音です。最も多く苦情が寄せられる騒音になります。「ドンドン」「バンバン」と走り回る音、ジャンプする音、ハイハイする音などです。あまりに回数が多いとトラブルに発展するケースがあります。 次に、大声や泣き声です。赤ちゃんの夜泣き、少し大きくなった子供の泣き声、子どもが機嫌が悪いときの大声、テンションが上がり、走り回っている際の奇声などです。声だけでなく、ジャンプしたり、走り回ったりするケースも多く、足音と声が合わさって騒音になってしまいます。 その他の騒音としては、子供の生活音が挙げられます。子供は加減が分からず、ドアや窓の開閉音や椅子を引く音、壁を叩く音が強くなったりします。それらが振動として隣室に届いて、騒音となってしいまうことがあります。 □子供の騒音を抑える対策方法 子供の騒音問題は、あらかじめ対策をしなければトラブルに発展するケースが多くなります。ここでは、騒音を抑える対策をご紹介します。 まず、家具の配置を変える方法があります。壁に沿って大きいサイズの家具を配置すると、音の伝わりを抑える効果が期待できます。 次に、壁に布を張ったりカーペットを敷いたりすることもおすすめです。壁に厚手の布を貼り、全体を覆うことで音を吸収して騒音を抑制します。また、足音の対策として、厚手のカーペットや​​マットを敷くことも効果的です。 また、子供が騒ぎ出したらドアや窓を閉めることも効果的です。換気などで窓を開けておくと、大声や泣き声が隣人に聞こえやすくなります。特にコロナ禍では、積極的に換気を行っているため、ドアや窓が開いているケースが多いです。しかし、子供が騒いでいるときは一時的でも閉めておくと効果的です。 さらに、窓とともに防音効果のあるカーテンを閉めるとより対策が期待できます。床まで届く防音(遮音)カーテンであれば、騒音対策がより効果的になります。 最後に、窓を二重サッシにするのも効果的です。二重サッシを設置すると遮音性が高くなるだけでなく、遮熱性も高くなります。しかし、賃貸物件の場合は、管理会社やオーナーさんの承諾が必要となります。 □まとめ ここでは、子供が出す騒音の例や子供の騒音を抑える対策方法を解説しました。子供の騒音には、​​​​足音や大声、泣き声などさまざまです。子育て中の方は、先述した家具の配置変更、カーペット、防音カーテンなどであらかじめ対策を行いましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営は難しい!よくある悩みの対処法について詳しくご紹介します!

安定した賃貸経営を持続するのはとても難しいことです。社会経済情勢の変化や資金繰りの悪化、施工会社・管理会社選びの失敗など、さまざまな原因で賃貸経営が悪化することもあります。その一方で、オーナーは空室対策を常に考えなければなりません。そこで今回は、賃貸経営を難しくする要素やその対策などを解説します。 □賃貸経営を難しくする要素 賃貸経営がうまくいかず、想定した家賃収入が得られない場合もあります。賃貸経営を難しくする要因はどこにあるのでしょうか? 1つ目の要因として考えられるのは、家賃滞納が続くケースです。家賃滞納が続くと、賃貸経営に大きな影響を及ぼします。昨今の新型コロナウイルス感染拡大で収入が激減し、家賃滞納者が増えています。しかし、法律上はすぐに退去させることができないため、滞納が長期化すると経営が悪化する場合もあります。 2つ目は、空室が目立つケースです。空室が多くなればなるほど、賃貸経営が難しくなります。空室が増えるのは、経年劣化以外にも何らかの原因があると考えられます。物件の全体の見直しや付加価値の提供など、常に空室対策を考えなければなりません。 3つ目は、想定以上に費用がかかることです。建物の劣化で、外壁塗装や防水工事、配管工事など、さまざまな費用がかかります。また、10〜15年周期で大規模修繕を行うこともあります。賃貸経営を始めた頃から、家賃収入の一部を修繕費に充当するなどの対策が必要です。 □賃貸経営のリスクを回避する対策 賃貸経営においては、家賃滞納リスクや空室リスクなどを対策が必要です。どのような対策が必要なのでしょうか? *保証会社を活用する 家賃滞納リスクとして、保証会社を活用するのも方法のひとつです。保証会社は、借主の家賃滞納について、代わりに立て替えて支払います。保証会社を利用すれば、連帯保証人を立てることが難しい人や収入が安定していない人でも部屋を借りることができます。 *賃貸管理は管理会社に任せる 賃貸の管理業務は、入居者募集や家賃の回収、督促、清掃、設備点検、入居者のクレーム対応、退去時の立会いなど、多岐にわたります。中には、専門的な知識が必要な業務もあるため、自主管理では行き届かない場合もあります。したがって、空室リスクを軽減できる実績豊富な管理会社に任せることが大切です。 □まとめ ここでは、賃貸経営を難しくする要素やその対策などを解説しました。賃貸経営を難しくする要素として、家賃滞納や空室が多くなることが挙げられます。これらのリスクを回避するためには、保証会社を活用したり、管理業務は専門家である管理会社に任せるなどの対策が望ましいです。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!電気がつかない場合の原因と対処法を解説

アパートやマンションの賃貸物件に住んでいると、急に電気がつかなくなった経験はないでしょうか?ライフラインに関する急なトラブルで焦ってしまうことも多いです。電気がつかなくなるのは、さまざまな原因が考えられます。そこで今回は、電気がつかない時に考えられる原因やつかない場合の対処方法について解説します。 □電気がつかない時に考えられる原因 電気がつかない時に考えられる原因は複数あります。 1つ目の原因は、ブレーカーが落ちていることです。賃貸物件では、いくつかの電化製品を同時に使用するとブレーカーが落ちることがあります。各部屋の電気容量はあまり大きくないために賃貸物件でたまに発生します。特にドライヤーは、消費電力が一気に上がるため、他の家電製品も同時に作動していると、ブレーカーが落ちやすくなる傾向があります。 賃貸物件のブレーカー容量は、20アンペアから30アンペアが一般的です。スイッチが下りて、オフになっている場合は、スイッチを上げて、オンにしてみましょう。 2つ目は、工事による停電です。近隣で電気工事を行っているため、停電することがあります。工事を行う際には、業者が各部屋に書面をポスティングすることがほとんどです。 3つ目は、建物全体の停電です。何らかの配電システム等の障害により、建物全体が停電することがまれにあります。 4つ目は、自然災害による停電です。落雷や大雨、台風などの自然災害により、停電が発生する場合があります。 □電気がつかない場合の対処方法(ケース別) *特定の部屋で停電 特定の部屋で停電が起きた場合、使用中の家電製品の電源を切り、個別のブレーカーを確認します。メインブレーカーのスイッチがオフ「切」になっていれば、オン「入」にします。漏電遮断機がオフになっている場合は、電気が漏れている可能性もあります。原因特定のため、管理会社や電力会社に相談することが大切です。 *建物全体の停電 外などを確認し建物全体が停電しているのであれば配電トラブルなどの可能性があります。電力会社の復旧を待つことになります。 *自然災害や工事の停電 その地域内で停電している可能性が高く、復旧まで待つことが必要になります。なかなか復旧しない場合は、電力会社のホームページやサポートセンターに問い合わせをしてみましょう。 □まとめ ここでは、​​電気がつかない時に考えられる原因やその対処方法について解説しました。停電の原因として、各部屋のみが停電、建物全体が停電、自然災害・工事の停電などさまざまです。電気がつかない場合は、家電製品の電源を切り、ブレーカーを確認してみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営は戦略を立てることが重要!賃貸オーナー様必見です!

賃貸経営において、戦略を立てることが重要とされています。特にコロナ禍においては、満室を維持することが難しく、新たな戦略を立てることが求められます。賃貸オーナーにとって、どのような戦略が必要なのでしょうか?ここでは、賃貸経営とその他のビジネスの大きな違いと賃貸経営に使える戦略の立て方について解説します。 □賃貸経営とその他のビジネスの大きな違い 賃貸経営は、一般的なビジネス戦略と同じようにするわけではありません。賃貸経営独自のノウハウが必要となり、他のビジネスと比較しても難しい部分があります。 *売上の上限が決まっている 一般的なビジネスでは、地道な営業活動を行い、その小さな積み重ねを繰り返した結果、大口の取引先が決まる場合もあります。少しずつ種を蒔き、大切に会社を育ててきた成果が突然、現れることがあります。 しかし、賃貸経営では、ある程度の売上の上限が決まっており、急に伸びることはほとんどありません。なぜなら、満室が売り上げの上限であり、それ以上に売り上げが増えることはないからです。 また、賃貸経営においては、賃貸物件全体が空室ということもありえます。つまり、場合によっては売り上げゼロになる可能性もあります。賃貸経営では、いかに空室率を抑えていくのかがポイントとなります。 □賃貸経営に使える戦略の立て方 賃貸経営における、差別化を図る戦略としてSWOT分析があります。SWOT(スウォット)分析とは、競合や市場トレンドなどの外部環境やプロジェクト、製品などの内部環境を分析していく効果的な​​フレームワークのことです。 Sは、​​強み(Strength)、Wは、弱み(Weakness)Oは、機会(Opportunity)、Tは、​​脅威(Threat) とそれぞれ頭文字を取った略称となります。強みや弱みは、企業の内部に関することですので「内部環境」に該当します。立地や治安が良い、入居率が高い、築古物件、家賃が高いなどです。 機会や脅威は、企業の外部に関することであり「外部環境」に該当します。景気の動向や人口減少、競合物件が多いなどです。 強み×機会=強みを活かしてチャンスを掴む強み×脅威=脅威を最小限に抑える弱み×機会=機会を掴むため、弱みを強みに変える対策を行う弱み×脅威=目標達成の障害と市場縮小の可能性で撤退を考慮する □まとめ ここでは、賃貸経営とその他のビジネスの大きな違いと賃貸経営に使える戦略の立て方について解説しました。賃貸経営では、売上の上限があっても下限がありません。いかに空室率を抑えていくのかがポイントとなります。差別化を図る戦略としてSWOT分析を行うことも検討しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!賃貸でも気軽にできる防音対策を紹介します

賃貸物件で増えている騒音問題。コロナ禍においては、在宅ワークも急増しているため、騒音トラブルが発生しやすくなっています。こうしたトラブルを防ぐためにも事前に防音対策を講じておくことが大切です。そこで今回は、防音対策をする前に知っておくべき騒音の種類や気軽にできる防音対策について解説します。 □防音対策をする前に知っておくべき騒音の種類 住まい空間で発生る音には「空気音」と「固体音」があります。 *「空気音」 外部の屋外や隣室からの音が空気中を伝わり、壁や窓を通じて入ってくる音です。マンションやアパートの集合住宅では、隣人のテレビの音や話し声、ペットの鳴き声、楽器の音などです。 空気音は、空気を遮断するようにドアや窓のすき間を防ぐことが大切です。遮断することができれば、隣人から発する音や自分の部屋から音が漏れることも軽減できます。 *「固体音」 床や壁、天井などの振動や衝撃となって伝わる音を指します。​​​​「固体伝搬音」「固体伝送音」とも呼ばれています。たとえば、上階の足音、ドアの開け閉め、椅子を引く音、ピアノの音、洗濯機の振動音などです。このような固体音は、騒音トラブルに発展するケースが多くなっています。 ​ □気軽にできる防音対策 賃貸物件に住んでいると、かなりの確率で騒音問題が発生しています。コロナ禍で家にいる時間が増えるため、騒音問題が深刻化するケースがあります。ここでは、お金をかけずにできる防音対策を紹介します。 まず、ベッドの配置を変える方法です。壁から離してベッドを配置する、頭と足の向きを逆にするなど、いつもとは違ったベッドの配置をすることで多少の改善がみられます。 また、ダンボールを使用するのも簡易的ですが効果はあります。ダンボールは音を吸収してくれる素材です。壁にダンボールを貼り付けることで防音効果が期待できます。 おすすめなのは、防音・防振マットを敷くことです。リビングやフローリングに防音マットを敷くことで、音が響くのを防ぎます。滑り止め効果やクッション性にも優れています。洗濯機の振動音は、​​防振マットで振動や音を減らしてくれます。 防音カーテンにも音を吸収したり、遮る効果があります。密度が濃いほど防音効果が期待できます。それ以外にも遮光性・遮熱性に優れています。 また、ホームセンターで防音壁や遮音ボード、吸音パネルというものも販売されています。賃貸物件では、ワンタッチで簡単に設置できる防音壁が最適です。 □まとめ ここでは、防音対策をする前に知っておくべき騒音の種類や気軽にできる防音対策について解説しました。騒音トラブルを防ぐためには、ダンボールを使用したり、防音・防振マット、防音カーテン、防音パネルの設置を検討してみましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ペット可にすれば入居者は集まる?賃貸経営にお悩みの方必見です!

賃貸経営で空室についてどのように対策すればよいのかお悩みのオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?その空室対策や物件の付加価値の提供として「ペット可物件」「ペット共生物件」が増えています。そこで今回は、ペット可にするメリットやペット可物件にする際の注意点について解説します。 □ペット可にするメリット 「ペット可物件」が増えていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか?それぞれ解説します。 *ペットを飼いたい入居者を募ることができる ペット飼いたいと思っていても、賃貸物件では飼えないところが多いと諦める人もいらっしゃいます。しかし、ペット可物件にすることでペットを飼いたいと思う人をターゲットにした客付けを行うことができます。 ペット可物件であれば、立地がよくなかったとしても入居付けがしやすくなるかもしれません。また、周囲に競合物件があってもペット可物件がない場合は、物件の差別化を図れるでしょう。さらに、家賃が多少高くても交渉を有利に進めることができます。 *「ペット共生物件」ではトラブルが起きづらい ペット共生物件とは、​ペットと一緒に暮らす​ことを目的とした物件です。こちらは、もともとペットを飼っている人が多いため、賃貸物件のマナーを守り、比較的トラブルが起きづらい傾向にあります。一日雨、ペット共生物件ではない物件で隠れてペットを飼うと、鳴き声や異臭などでトラブルになる可能性が高いです。 □ペット可の物件にする際の注意点 ペット可物件に変更する際には、どのような注意点があるのでしょうか?事前に準備することや契約書に関する内容まで解説します。 *敷金設定の確認 ペット可物件では、どうしても床や壁の損傷が生じるケースが多くなります。そのため、退去時の修理費やリフォーム費用が高くなる可能性があります。ペット可物件では、ペット保証金として家賃1ヶ月分を設定するのが一般的です。ペット可物件での建物損傷リスクやペット保証金の設定を確認しておきましょう。 *契約書の特約を見直す 入居者の間でトラブルが起きた場合や退去時の原状回復について、ペットに関する内容を含めた特約を検討します。たとえば、飼育するペットの種類、排泄物の管理、予防注射の義務、原状回復による室内の消臭や消毒などを明記しましょう。 *​​入居者への変更通知 ペット可物件に変更した際には、変更通知を行いましょう。通知しない場合は、入居者同士のトラブルやペットに関するクレームが予測されます。 □まとめ ここでは、ペット可にするメリットやペット可物件にする際の注意点について解説しました。「ペット可物件」は、家賃が多少高くしても、競合物件との差別化を図ることができます。ペット可物件に変更した際は、契約書の特約を見直す、敷金設定の確認、​​入居者への変更通知を忘れないようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!鍵を交換する方法と費用負担について解説します

賃貸物件のセキュリティに関して気になるのが鍵の交換です。釧路では、入居前の鍵交換を行わないことが一般的です。そのため、セキュリティ面で鍵交換を希望される場合は、貸主や管理会社の許可を得て自分で行うことになります。ここでは、自分で鍵を交換する方法や鍵交換の費用について解説します。​ □自分で鍵を交換する方法 まず前提として、自分で鍵を交換する際は、管理会社や貸主の承諾が必要になります。鍵交換をすることで、前の入居者がもし鍵を複製していたとしても安心です。管理会社や貸主の許可を得たら、以下の方法で鍵を交換します。 *鍵のメーカー・型番を確認する 賃貸物件で使用する鍵は、​​メーカーや型番があり、交換できる鍵を事前に確認しなければなりません。メーカーや型番が違っていると、シリンダーの位置などが合わず、取り付けられないことがあります。鍵メーカーの​​ホームページにシリンダーの対応表が記載されているので確認しましょう。 *メーカー・型番に合致した鍵 鍵は、片側に刻みがあるピンシリンダーや両側に刻みがあるディスクシリンダーなど、さまざまな種類があります。また、防犯性の高さで価格が変わります。​​鍵は、鍵専門の販売店、ホームセンター、インターネットなどで購入することができます。 *鍵の交換方法 鍵は、プラスとマイナスのドライバーで交換することができます。 ①扉の側面プレートのネジを外す ②側面のプレートを外す ③シリンダーをとめているピンを抜く、シリンダーを外す ④新しいシリンダーを取り付ける(向きや穴の位置を確認) ⑤抜いたピンを差し込む ⑥側面のプレートを取り付ける ⑦鍵を差し込んで施錠・解錠の確認 □鍵交換の費用 自分で鍵交換をする際の費用は自己負担となりますが、鍵の種類によって交換にかかる費用は変わってきます。 ディスクシリンダーキーの交換費用の相場は、10,000円~15,000円ほどです。ディスクシリンダーキーとは、鍵の片側がギザギザした鍵で、いまはメーカーで廃盤となっています。しかし、古い賃貸住宅では、いまだに使用されていることがあります。 ピンシリンダーキーの交換費用の相場も、10,000円~15,000円ほどです。ピンシリンダーキーとは、鍵の両側面にギザギザした突起がついているタイプです。 ディンプルキーの鍵交換費用の相場は、15,000円~20,000円ほどです。これは、平たい鍵の表面に丸い凹みがあるタイプの鍵です。 また、カードキーや電子キーなどは、交換費用の相場が40,000円ほどになります。 ​​□まとめ ここでは、自分で鍵を交換する方法や鍵交換の費用について解説しました。自分で鍵を交換する際には、鍵のメーカー・型番を確認し、合致した鍵を選びましょう。鍵の交換は、必ず貸主や管理会社に許可をもらってから行うようにしてください。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理会社が行う仕事の内容とは?オーナー様必見です!

賃貸管理会社は、幅広い業務を行わなければなりません。しかし、管理業務を委託していると、具体的にどのような業務を行っているのかわからないオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、賃貸管理の主な内容や不動産管理会社に賃貸管理を任せるメリットについて解説します。 □賃貸管理の主な内容 賃貸の管理業務は多岐にわたります。ここでは、具体的な業務内容をそれぞれ解説します。 1つ目は、家賃の回収・督促です。毎月の家賃が入金されているのか確認します。入居者が滞納した場合は、管理会社が督促を行いますが、家賃保証会社が対応することもあります。家賃の滞納は、入居者とトラブルになることがあるので、オーナー側も慎重に対応しなければなりません。 2つ目は、契約の更新です。契約更新の時期になると再度契約を行わなければなりません。新しい賃貸借契約条件が記載された更新合意書で締結します。 3つ目は、解約の手続きです。退去時の解約手続きを行います。退去日までの残家賃の計算や原状回復にかかる修繕やクリーニング費用などの精算を行います。 精算する費用は、管理会社が保管している場合もあり、​​送金明細を作成することもあります。最近では、クラウド賃貸管理ソフトで効率よく管理業務を行う業者も少しづつ増えています。 □不動産管理会社に賃貸管理を任せるメリット オーナー様が自主管理をすると、どうしても行き届かない部分が出てきます。一般的に管理会社に管理業務を委託することが多くなっていますが、ここでは、賃貸管理を任せるメリットをご紹介します。 まず、家賃回収の手間が省けることです。オーナー様の中には、複数の物件を所有している場合や会社員をしながら不動産を所有しているケースもあります。家賃の回収で滞納が生じたときは、回収する時間がかかってしまいます。管理会社に委託することで家賃回収の手間を省けることができます。 次に、集客アップにつながることです。管理会社によっては、客付けを得意とする場合もあります。自社サイトに物件を紹介したり、積極的に集客を行うことで空室対策にもつながります。 そして、トラブルに対応してもらえることも大きなメリットです。賃貸物件では、入居者トラブルがつきものです。共用スペースが汚れている、設備不良がある、騒音トラブルが起きるなど、さまざまな苦情や不満に対応しなければなりません。管理会社に任すと、解決が難しいトラブルにもすぐに対応してもらえます。 □まとめ ここでは、賃貸管理の内容や不動産管理会社に賃貸管理を任せるメリットについて解説しました。賃貸管理は、幅広い業務があり、専門的な知識を学ぶ必要があります。時間を割くことができな人は、管理会社に管理業務を委託することを検討しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!よくある騒音トラブルの事例と対処法の流れを紹介!

賃貸物件に住んでいるとよく発生する騒音トラブルの問題。「隣の部屋から毎日大きな音がする」「騒音のストレスで眠れない」などと、騒音で悩まされる方も多いのではないでしょうか?そのまま放置しておくと、入居者同士でトラブルが深刻化する可能性があります。そこで今回は、よくある騒音トラブルや基本的な対処法を解説します。 □よくある騒音トラブル 1つ目は、テレビや音楽の音です。テレビは配置や音量によってうるさく聞こえるケースがります。また、早朝や深夜の時間帯に通常の音量で観ていても隣人から苦情がくる場合もあります。音楽も同様で、音量やスピーカーの位置によって周囲に音が伝わりやすくなることもあります。 2つ目は、日常的な生活音です。生活音としては、掃除機や洗濯機の音、ドアや窓の開閉音があります。生活家電は早朝や深夜に使用するとトラブルの原因にもなります。 最近では、​​自動ロボット掃除機による振動音も騒音問題となっています。また、ドアや窓の開閉は建物の構造により意外と響くケースもあります。ドアの開閉が荒っぽい人は、無意識で行っているのかもしれません。 3つ目は、子どもの足音です。子どもが走り回る音や騒ぐ声が騒音問題としてトラブルになることがあります。特に足音は、何も対策していないと案外響きわたります。 4つ目は、楽器の演奏です。ピアノやギターなどの楽器の演奏も騒音トラブルの原因になります。賃貸物件では、楽器の演奏を禁止しているケースもあるので、賃貸借契約書を確認しておきましょう。 5つ目は、ペットの鳴き声です。ペット可物件では、ペットの鳴き声や走り回る音で騒音問題に発展することがあります。ペット禁止の物件では、そもそも飼うことが認められていません。 □賃貸で騒音トラブルが起きた場合の基本的な対処法 入居者から騒音問題のクレームがあった際は、管理会社が対処することになります。ここでは基本的な対処法をご紹介します。 *全部屋に注意喚起する まずは入居者全員の部屋に周知するため、郵便ポストに騒音トラブルが起きている旨を記載した書面を投函します。このときに部屋番号や入居者の名前は伏せますが、騒音が発生している時間帯や音の種類などを具体的に記載されている方が望ましいです。 *当事者に直接連絡してもらう 書面を投函しても騒音が改善されない場合は、管理会社や大家さんが当時者に直接連絡することになります。騒音で悩まれている方は、いつ・どこで・どんな音がするのか・回数なども詳しく報告しておきましょう。当事者が明確にならないと直接連絡するのが難しいため、詳細な情報が求められます。 □まとめ ここでは、よくある騒音トラブルや基本的な対処法を解説しました。日常的な生活音や家電製品の音量、子どもの足音など、身近な音でもトラブルになることがあります。入居者の一人ひとりが音に配慮しながら生活することが大切です。騒音が改善されない場合は、管理会社や大家さんに具体的に説明することが大切です。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ