月別アーカイブ: 12月 2020

賃貸物件をお借りの方必見!ゴミ出しのマナーを解説!

ゴミ出しのルールをきちんと守っていますか。地域によってゴミの出し方は違うけれども、きちんとしたマナーがありますよね。守らないことによって、多くの人に迷惑をかけてしまいます。そこで今回は賃貸にお住まいの方に向けてゴミ出しのマナーを解説します。 □ゴミ出しのルールについて ゴミ出しのルールをご存知ですか。地域によってルールは違いますよね。そこでゴミ出しのルールをきちんとみておきましょう。 まずはじめにゴミの分類はその地域の自治体に従うことです。ゴミの分別がたくさんあるのでわかりにくくなりがちですが、そこは自治体のルールにしっかり則りましょう。分別を間違えて、再度分別し直すのは面倒くさいですよね。きちんとはじめから分別するようにしましょう。 また夜のゴミ出しについてもよく間違えられています。自治体によって異なりはしますが、夜のゴミ出しを不可にしている地域が多いのが事実です。また不可にはしていないかもしれませんが、マナーとしては良くないです。早く出しすぎると、臭いに悩まされることもあるので周りに住んでいる方のことも考えて出すようにしましょう。 □賃貸物件でのゴミ出しについて どこにでもゴミ出しにはマナーがありますよね。先ほどは大まかにルールについて説明しました。ここからはより詳しくゴミ出しのマナーについてみていきましょう。 ゴミの分別についてです。燃えるゴミと燃えないゴミは分けるといった一般的な分別を怠らないようにしましょう。また資源ごみは自治体の方法によってそれぞれ違います。自治体のルールはしっかり把握するとともにきちんとした分別が大切でしょう。 管理人さんがゴミを分別し直してくれることはほとんどありません。それはプライバシーの侵害になり、トラブルのもとになってしまうからです。自分で分別をして他の方にも迷惑をかけないように心がけましょう。 粗大ゴミや資源ごみの処分方法は専門の業者が直接担当する場合と自治体を通して委託業者に依頼する場合があります。いずれにしてもそのままでは出せないものが多くあるので、処分方法はきちんと確認しましょう。大型ゴミは有料なものがほとんどです。あらかじめ電話もしくはインターネットで予約して収集してもらうことも忘れないでください。 □まとめ 今回は、賃貸にお住まいの方に向けてゴミ出しのマナーを解説しました。ゴミ置き場にもマナーは存在します。そのルールをしっかり守って気持ちよく過ごせるようにしましょう。この記事がゴミ出しのマナーを守るきっかけになれば幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

効果的な空室対策をするために!賃貸管理業務についてご紹介します!

空室対策で何をしたら良いかわからないため、具体的な方法を教えてほしいとお考えの方はいらっしゃいませんか。効果的な空室対策をするためには、賃貸管理が欠かせないでしょう。そこで今回は、賃貸管理業務について紹介します。 □賃貸管理業務について 賃貸オーナー様によっては賃貸管理業務が何かわからない方もいらっしゃるかもしれません。そのため、ここでは賃貸管理業務について詳しく紹介します。 簡単に賃貸管理業務といってもその内容は様々です。主にハード面の管理とソフト面の管理の2つに分けられるため、それぞれについてみていきましょう。 ハード面の管理とは、建物や土地などの不動産そのものの管理のことを指します。例えば、建物の外観を整備したり、消防の点検をしたり、リフォーム工事をしたりといった活動がハード面の管理と言えるでしょう。 次はソフト面の管理についてです。こちらは、不動産に入居している契約者に対する管理業務のことを指します。賃貸借契約書の作成をしたり、家賃の回収をしたり、設備の不具合の対応をしたりすることが含まれます。人と話す機会が多いため、不動産に関する知識だけでなく、コミュニケーションスキルも大切になるでしょう。 □賃貸管理会社を変える? ここまでは賃貸管理業務について紹介しました。それでは実際に空室対策をするためにはどのような方法があるのでしょうか。空室対策としては、賃貸管理会社を変えるという手段があります。 現在の管理会社が熱心な宣伝をしてくれない場合や、契約している管理会社が賃貸の管理や集客が苦手な場合は、管理会社ごと変えてしまうことをおすすめします。 不動産会社の中には建売住宅を得意とする会社や、賃貸の広告を得意とする会社があります。このように会社ごとに得意とする分野は異なることが多いでしょう。 仮に、担当者の対応が親切で不満を感じていないため、変えにくい方もいらっしゃいますよね。しかし、空室を埋められなければ、本末転倒でしょう。目に見える結果がない場合や管理会社の得意分野にあっていない場合は、思い切って管理会社を変えてみることをおすすめします。 □まとめ 今回は、賃貸管理業務と空室対策の手段を紹介しました。賃貸管理業務は、ハード面とソフト面の2つに分けられることをご理解いただけたでしょか。また、空室が埋まらずに困っている場合は、思い切って管理会社を変えてみると良いでしょう。管理会社を変えたいとお考えの方は、是非当社までお気軽にご相談ください。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で設備の故障にお困りの方に!対処法を解説!

「借りているアパートの設備が故障してしまった。」このような出来事にあった方もいらっしゃるのではないでしょうか。賃貸で設備が故障したときにどうすれば良いかわからない人は多いと思います。そこで今回は賃貸で設備が故障したときにどう対応すれば良いかについて説明します。 □故障したときの対処法について 賃貸の設備が故障したとき、「修理するのがめんどうだ。」と思いがちですよね。そこで、いろいろなやり方をみて、何が一番良いのかを確認してみましょう。 まずは自分で勝手に修理をしてもらった場合です。故障に関する対応や修理は大家さんもしくは管理会社が判断することです。管理会社への連絡はできますよね。それにも関わらず、自分が大丈夫だと思って勝手に修理を呼んでしまうと、費用を大家さんにもらえないということもあり得るので注意してください。 次に故障したものを放置しておいた場合です。賃貸を借りるときに契約を結んだことを覚えていますか。最初の設備は大家さんが修理する必要がありますが、その異常を発見したのが入居者であれば、それを伝える必要があるというものです。だから放置してさらなる悪化をさせてしまった場合は、入居者も責任を負うことを覚えておいてください。 よって、故障が発生したときにはまず、大家さんもしくは管理会社に連絡しましょう。この方法が一番安全で、確実なものとなっています。くれぐれも自分の判断で行動して、他のトラブルを起こさないようにしましょう。 □修理費用の負担は誰がするのか 修理費用は誰が負担するのかは気になるところですよね。一般的に、経年劣化や普通に使用していて故障が起こったときは所有者である大家さんの負担です。しかし、使用者が故意や過失で故障させたり、故障しているのに放置していたりすると使用者(入居者)の責任です。不注意で破損させてしまった場合は使用者の責任というのはわかりやすいですよね。 賃貸についている設備も借りているものです。借り物を扱っているということを自覚して、設備を正しく使うことで設備の修理に関するトラブルも避けられるでしょう。 □まとめ 今回は、賃貸で設備を壊したときにどう対応すれば良いか説明しました。対処法はいろいろ考えられますが、一番は管理会社もしくは大家さんに連絡することです。また費用がかなりかかってしまうこともあるので自分では修理しないようにしましょう。何かわからないところがあれば、ぜひお気軽に当社にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

【年末年始休業のお知らせ】

誠に勝手ながら 2020年12月28日(月) ~ 2021年1月3日(日) まで年末年始休業とさせていただきます。 皆さまにはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

入居率向上のために!空室対策のアイデアをご紹介します!

「入居率が優れないため、空室対策を考えている」「どのような空室対策を実施すれば良いかわからない」このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。空室対策は重要ですが、空室の原因を特定することも重要です。そこで今回は、入居率向上をお考えの方へ、空室対策のアイデアと原因特定の重要性を紹介します。 □空室対策のアイデアについて 実際に空室対策を行う際のアイデアを4つ紹介しますので、是非参考にしてみてください。 1つ目は、ターゲットの見直しをすることです。現在は物件の供給が需要を上回っているため、差別化を図ることが必要になっています。ターゲットを見直して、今までとは異なる入居者を狙ってみてはいかがでしょうか。 2つ目は、入居者の負担を減らすことです。家賃を減額したり、更新料や敷金、礼金を値下げしたりを廃止することです。負担を軽減すれば、入居希望者は増えるでしょう。 3つ目は、内見を増やすことです。ネット上でサイトを使って内見する場合、ほとんどが写真によって判断されるでしょう。そのため、入居者の気持ちを考えることが重要です。 4つ目は、内覧が決まり次第、共用部分の清掃をすることです。第一印象を良くするために、エントランスやゴミ置き場、駐車場を整備しましょう。 □原因特定も重要 ここまでは空室対策について詳しく紹介しました。しかし、対策以外にも重要なことがあることをご存知でしょうか。それは、空室の原因を特定することです。 空室になる場合は必ず原因があると言えるでしょう。原因を解消できるような対策を施さない限りは、空室は減らないといっても過言ではありません。 そのため、競合している物件の特徴や市民の特徴を調査すると良いです。さらに、成約事例を集めることもおすすめします。成約事例を参照することで、ご自身の空室対策に活かせますね。加えて、現地調査を行うことで、周辺環境を把握し、集客に活かせます。 これらの活動を積極的に行うことで、空室の原因が明らかになるでしょう。当社では豊富なネットワークや広告活動によって安定した入居率を実現しています。空室でお困りの方は是非ご連絡ください。 □まとめ 今回は、入居率向上をお考えの方へ、空室対策のアイデアと原因特定の重要性を紹介しました。しっかりと対策を施すことはとても大切ですが、それと同じくらい空室の原因を解明することも重要です。空室ができて困っている方は、ぜひ当社に管理をお任せください。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の床を傷つけてしまったときはどうする?

賃貸に住んでいて床が傷ついて困ったという方はいらっしゃいませんか。賃貸で床を傷つけたときにどのような対応を取ればいいかわかりにくいですよね。そこで今回は、賃貸で床を傷つけたときにどのように対応すれば良いのかを解説します。床を傷つけて対応に困っている方は参考にしてみてください。 □床が傷ついた、剥がれたときの対処法について 賃貸で床が傷ついたり、剥がれたりしたら、「どのように対処すれば良いのだろう。」と焦ってしまいますよね。では、そのようなときにどう対応すれば良いかをみていきましょう。 まず、目立たない傷なら大丈夫な場合がほとんどです。一般的にはフローリングに傷をつけた場合は、その部分の補修を入居者が負担することになっています。しかし、目立たない傷で、はっきりと傷だとわからないときはほとんど費用を請求されません。 目立たない傷なら問題ないかもしれませんが、はっきりとわかる傷ならどうなるのでしょうか。その場合は、退去時に修繕費用が請求されます。自分で補修した場合はどうでしょう。自分で補修するといってもしょせん素人です。よけいに傷が目立ってしまうかもしれません。傷がひどくなったらどうしようと不安のある場合には、やはりまずは、管理会社に連絡しましょう。 □床を傷つけたときにかかる費用について では、補修が必要になる傷の種類やかかる費用はどのくらいなのでしょうか。きちんと確認して、万が一床を傷つけた場合に役立てるようにしましょう。 一般的な補修が必要になる傷は、飲み物をこぼしたときのしみやカビ、物を運ぶときに壁に当ててしまってできたへこみ傷やひっかき傷などが当てはまります。その一方で、日照による変色やクッションフロアーについた洗濯機の足の跡などは入居者が負担を抱えるケースはほとんどありません。 フローリングの張り替えとなってしまいますと6畳で15~20万円程となってしまうので、費用も結構かかってきます。いずれにせよ、高い修繕費用がかかってきますので、なるべく床を傷つけないようにしましょう。 □まとめ 今回は、賃貸で床を傷つけたときにどのように対応すれば良いのかを解説しました。床が傷ついたときにはまず誰が起こしてしまったのかが重要です。また自分でで補修するのはやめて、不安な場合は管理会社に連絡するのが良いでしょう。お住まいの住宅において、何かご不明な点がありましたら、お気軽に当社にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オーナーさん必見!賃貸管理を委託するメリットについて解説します!

賃貸の管理を面倒に感じている方はいらっしゃいますか。実は、賃貸の管理は業者に委託できます。委託できることを知っていても、どのようなメリットがあるのかわからない方もいますよね。そこで今回は、不動産オーナー様に向けて、賃貸管理を委託するメリットを紹介します。 □賃貸管理の種類について 賃貸管理を委託しようとお考えの方の中は、賃貸管理には3つの種類があることをご存知でしょうか。ここでは賃貸管理の3つの種類について紹介するので、参考にしてください。 1つ目は、自己管理です。こちらは不動産のオーナー様が賃料を回収したり、保守の管理をしたりします。管理業務の全てをオーナー様自身が行います。今まではこの形態が一般的でしたが、近年ではこの賃貸管理の形態は変化しているでしょう。 それが2つ目の委託管理です。こちらは、賃貸の管理を業者に委託します。委託会社によって様々なプランがあるので、依頼する会社のプランをよく確認しておきましょう。 3つ目は、サブリースです。こちらは耳にしたことがない方も多いのではないでしょうか。一括借上げと呼ばれることもあります。保証会社が不動産のオーナー様から借り上げて、それを第三者へ貸すという形態です。 会社がオーナー様の代わりに賃貸経営を行うため、空室があるかどうかに関わらず収入を保証するという特徴があります。 □賃貸管理を委託するメリットとは ここまでは賃貸管理の形態を3種類紹介しました。では実際に賃貸管理を委託する場合のメリットとは何があるのでしょうか。ここからは3つのメリットを紹介するので、委託を検討中の方は是非参考にしてください。 1つ目は、手間が省けることです。賃貸の管理には、様々な業務があります。特に、仕事をしながらオーナーとして賃貸を管理している方には、かなり大変でしょう。賃貸管理の手間を省けることは大きなメリットですね。 2つ目は、委託会社にはノウハウがあることです。初めて賃貸管理をする方は、何から手をつけたら良いかがわからないですよね。賃貸管理を委託することで、空室対策もうまくいくでしょう。 3つ目は、トラブルに対応してくれることです。賃貸の管理をしていると、必ずと言って良いほどトラブルが発生します。賃貸管理を委託すれば、それらのトラブルを全て解決してくれます。 □まとめ 今回は、不動産オーナー様に向けて、賃貸管理を委託するメリットを紹介しました。賃貸管理には3つの種類があることをお分かりいただけたでしょうか。また、賃貸管理を委託するメリットを見て、委託してみようかなとお考えの方は、是非当社までお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸のルールについてきちんと理解しよう!

賃貸のルールをはっきりと理解していない方もいるのではないでしょうか。ルールがわかっていないと自分が迷惑をかけてしまいますよね。きちんと理解して周りの人に迷惑をかけないようにしましょう。そこで今回は賃貸のルールについて説明します。 □共用場所でのマナーとルールについて 自分で使う部屋にもルールはありますが、共用場所の方がルールは厳しいですよね。共用部のマナーとルールにはどのようなものがあるのかをみていきましょう。 まず廊下・階段・エントランスホールに私物を置かないことです。廊下・階段・エントランスホールはもちろん共用場所ですよね。たとえ一時的に置くだけだとしても無断で場所をとってしまうことは禁止されています。もし災害が起きたときに避難する必要が出たら、通行の妨げになるので絶対に物を置かないよう心がけましょう。 次にベランダの使用についてです。ベランダは災害時の避難経路となっています。ベランダも避難をするときの妨げになるので、なるべく物を置きすぎないようにしてください。 続いて駐輪場の使用についてです。駐輪場を使用する場合はきちんと管理会社に連絡するようにしてください。無断で置いていると、誰のものかわからず撤去される可能性もあります。 また利用者のスペースを奪ってしまうことになり、そこでトラブルが起きてしまうかもしれません。そのため、駐輪場を使用するときは必ず事前に申し込むようにしてください。 □賃貸でやってはいけないことについて ここからは、賃貸に住んでいる方でやってはいけないルールについてみていきましょう。ほとんどの賃貸物件ではペットの飼育を禁止しています。ペットといえば、犬や猫などだと思いがちですが、金魚などの魚類もペットになることがあります。どこまでの範囲かはそれぞれの物件によって違いますので、契約前にしっかり確認しましょう。 また楽器の持ち込みを不可にしている賃貸も多いです。騒音は賃貸でのトラブルで最もよく起きる原因であり、それをなくすための対策が楽器の持ち込み不可だと思うと良いでしょう。 楽器が持ち込み可のところもありますが、そのようなところでは演奏できる時間が決まっています。時間をきちんと守って演奏するようにしてください。トラブルを避けるためには、このルールは大事なことがわかりますね。 □まとめ 今回は、賃貸のルールについて説明しました。共用場所はみんなが使う場所なのでルールをきちんと守るようにしましょう。何かご不明な点があればお気軽に当社に相談してください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室対策に効果的!オーナーさんが持つべきマーケティングの視点について!

「所有物件の空室率が高いためなんとか改善したい」このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。そういった方はマーケティングの視点を持ってみると良いでしょう。しかし、マーケティングの視点と言われてもいまいちわからないですよね。そこで今回は、空室対策として有効なマーケティングの視点について紹介します。 □差別化が重要である 賃貸オーナーの方で、空室があることに悩んでいる方は多くいらっしゃるでしょう。空室がある場合の対策として有効なのは、やはり他物件との差別化です。他の物件とは違う部分を売り出していくことで、入居者の獲得につながるでしょう。 最も効果的な方法は、リフォームをすることです。大規模なものであれば、水回りを新調することですね。 しかし、大規模なリフォームをしたくない方もいらっしゃるでしょう。その場合は、簡単なリフォームをすることをおすすめします。例えば、壁紙の色を変えてみたり、床の色を変えたりといったリフォームでも、十分に印象を変化させられるでしょう。 また、色を変えるだけでなく、雰囲気を変えることもおすすめです。ヴィンテージ風のお部屋にしたり、ポップなお部屋にしたり、高級感を演出してみたりしてください。他とは違った雰囲気の部屋は人気になる可能性が高いです。 こうした差別化はとても大事ですが、やはりターゲットとなる入居者のテーマにあった部屋を作ることが大切です。 □マーケティングの視点とは 空室対策をする際に考えたい3つのマーケティング視点があります。ここではその視点について紹介するので、是非参考にしてください。 1つ目は、ターゲットとなる入居者を出来る限り具体的にイメージして、重要な要素を企画に盛り込むことです。性別や年齢、年収、ライフスタイルまでを明確に考えておきましょう。 2つ目は、周辺の2〜5キロメートルの物件の家賃や住民の調査をすることです。入居者が喜ぶ立地や家賃を検討する必要があるため、この調査はかなり重要でしょう。 3つ目は、部屋選びを主導する女性を意識することです。部屋を内見する場合の多くが女性主導で部屋を選んでいます。そのため、部屋をきれいにしたり、安全性をアピールしたりすることは空室対策に有効です。 □まとめ 今回は、空室対策として有効なマーケティングの視点について紹介しました。空室対策として差別化を図ることはとても効果的です。また、3つのマーケティング視点を念頭に置きながら、空室対策を進めていきましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で起こるトラブルの事例をいくつか紹介します!

賃貸のトラブルについて知りたい方はいらっしゃいませんか。賃貸でトラブルが起きることは頻繁とはいえませんがよくあります。どのようなトラブルがあるのかを知り、起こらないように役立てるのが良いですね。そこで今回は賃貸で起こるトラブルについて紹介します。 □賃貸でのトラブルについて 賃貸でどのようなトラブルが起きているのかを知っていますか。さまざまなトラブルがありますが、今回は例を3つみていきましょう。 1つ目は、騒音についてのクレームでのトラブルです。賃貸では隣の方の部屋や上の階、下の階の方の部屋と壁や床が接しているので騒音は最も起きやすいトラブルです。洗濯機の音や音楽を流す音、楽器を弾いている音などさまざまな音がするのはわかりますよね。これらの音が騒音だと感じる方もいらっしゃいます。 はじめはあまり気にならなかったかもしれませんが、気がつけば音も大きくなって耳障りになることもあります。そしてそれが入居者同士のトラブルに発展します。トラブルが起きないようにするのはもちろんですが、起きてしまったら最小限に抑えるためにもすぐに大家さんまたは管理会社に連絡をするようにしましょう。 2つ目は、他の部屋からの臭いのクレームによるトラブルです。タバコの臭いを嫌う人はもちろんいらっしゃいますが、料理の臭いが気になる方もいらっしゃいます。隣の部屋の方の洗濯物に臭いがついてしまったということもあります。臭いでのトラブルを避けるためにも日頃から気をつけましょう。 3つ目は、ゴミ出しのルール違反によるクレームのトラブルです。自治体によってゴミ出しのルールが決められていると思います。ルールを守らず、ゴミを出してしまうと不衛生になりますし、大きなものだと邪魔になることもあります。ゴミ出しのトラブルを避けるためにもルールはきちんと守るようにしましょう。 □他のトラブルの例について ここからは意外なトラブルについて紹介します。旅行の間、友達に部屋を貸していたら退去を命じられたという例です。無断転貸は禁止事項のひとつとして国土交通省が公表している「賃貸住宅標準契約書」にも規定されています。一時的に貸すのであれば、事前に大家さんもしくは管理会社に連絡をするのが良いでしょう。 ペットは禁止だから熱帯魚を買っていたら契約違反になったという例もあります。ペットは具体的に何がダメなのかは契約時にしっかり確認しましょう。もしわからない場合は管理会社もしくは大家さんに聞くようにしましょう。 □まとめ 今回は、賃貸で起こるトラブルについて紹介しました。紹介したものだけでもさまざまなトラブルがありましたね。意外な例のトラブルも存在します。本記事を参考にしてトラブルの当事者にならないように気をつけましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ