月別アーカイブ: 12月 2020

入居者トラブルでお悩みの方へ!管理会社の役割について解説します!

「入居者がトラブルを起こして困っている」という悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。入居者がトラブルを起こした時に、どう対応したら良いかわからないという方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、入居者トラブルでお困りの方へ、管理会社の役割について紹介します。 □管理会社の役割とは 賃貸オーナーの方の中には、管理会社の役割を詳しくご存知ない方もいらっしゃるでしょう。ここでは管理会社の役割を紹介するので、参考にしてください。 管理会社は、入居者が心地よく過ごすために物件を管理します。例えば、給湯器が壊れてしまったり、電球が切れてしまったりした際には、管理会社の方が対応するでしょう。また、入居者同士でトラブルが発生した際にも管理会社が対応します。このように建物の管理をしたり、入居者の管理をしたりすることが管理会社の主な仕事です。 □入居者トラブルが起こった際の対処法とは? 賃貸オーナー様が管理会社と契約を締結していれば、入居者の間でトラブルが起きた際に、オーナー様の代わりに問題を解決させていただきます。賃料を滞納している入居者がいれば請求するだけでなく、場合によっては保証人へ連絡して取り立てまで対応いたします。 何らかのトラブルが発生した場合、管理会社は基本的にオーナー様の代わりにトラブルを対処すると考えていただいて構わないでしょう。そのため、何かトラブルが起きた際は、信頼できる管理会社に任せていただけると幸いです。 当社には、管理戸数4000戸以上の管理実績があり、確かなノウハウがあります。入居募集から退去までの全てをお任せしていただいて構いません。オーナー様を全面的にサポートさせていただきます。 また、当社では定期的なパトロールを行っており、問題がある場合は速やかに報告、対処させていただきます。マナー違反に対しては、看板告知や掲示板、各部屋に文書配布などの対応を実施しています。 入居者トラブルでお困りの方はぜひ当社の賃貸管理システムを一度検討してみてください。オーナー様にお力添えできるよう、全力でサポートさせていただきます。 □まとめ 今回は、入居者トラブルでお困りの方へ、管理会社の役割について紹介しました。管理会社の役割についてご理解いただけたでしょうか。入居者トラブルが起こった際は、信頼できる管理会社に任せるようにしてくださいね。賃貸管理システムに関してのご相談やご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方必見!雨漏りが起きたときは?

賃貸住宅にお住まいの方で雨漏りについて知りたい方はいらっしゃいませんか。雨漏りはなかなか起きないから他人事と思いがちですよね。しかし、自分がいざその場に出くわすと何をすれば良いかわからなくなるでしょう。そこで今回は賃貸住宅で雨漏りが起きたときにどう対応すれば良いかを解説します。 □雨漏りが起きたときにまずやるべきこととは 雨漏りにあったことがない方は雨漏りが起きたら何をすれば良いかわからずパニックになりますよね。そこでもし雨漏りが起きても対応できるようにはじめに何をすれば良いかみていきましょう。 まずはじめに二次災害を防ぐための応急処置を行います。天井が破損して雨漏りが起きたのに、雨漏りのせいでフローリングや壁などの他のところまで濡らしてしまうのは嫌ですよね。被害を最小限にとどめるためにも、雨漏りしている床の部分にバケツを置き、その下にビニールシートや新聞紙を敷いて被害が拡大しないようにしましょう。 次に雨漏りの場所と被害状況を撮影することです。管理会社や大家さんに状況を伝えるときに言葉で伝えるのには限界があります。写真や動画を撮っておくことで何が原因なのかを早く突き止められるため、写真を撮る、もしくは動画を撮ることは頭に入れておいてください。 ここまでできたら大家さんもしくは管理会社に連絡しましょう。小さい被害なら大丈夫だと安心せず、小さな被害でも大きな被害につながるかもしれないという気持ちでいてください。 □責任はどこにいくのか 雨漏りの被害で気になるのは責任は誰のもとに行くかですよね。雨漏りを自分から起こしてしまったという方はほとんどいないと思います。そこで責任がどこに行くのかをみていきましょう。 先ほどわざと起こす方はいらっしゃらないとは言いましたが、故意ではないものの自分から天井を傷つけてしまった場合は自己負担です。また雨漏りをしていたけれども、管理会社に報告せずに勝手に直してしまった場合も自己負担になる可能性があります。費用もかなりかかるので、なるべくこのようなことがないように気をつけましょう。 災害による雨漏りは火災保険が適用されます。火災保険は火災の被害だけではなく、雨漏りの被害も保険の範囲内となっています。どのような被害が保険の対象となるのか一度確認しておいてください。 □まとめ 今回は、賃貸住宅の方に雨漏りが起きたときにどう対応すれば良いかを解説しました。雨漏りが起きたときにどうすれば良いかしっかり理解できたと思います。まずは雨漏りが起きないようにすることが重要です。今回の記事を参考にして、万が一雨漏りが起きたときに対応していただければ幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室対策にリノベーションは効果的?空室対策について解説します!

空室が目立ってきたのでしっかりと対策をしようと思い、リノベーションを考えているという方はいませんか。リノベーションが本当に効果的なのか不安を感じている方も多いでしょう。そこで今回は、空室対策としてのリノベーションについて紹介します。 □空室対策の必要性とは ここでは空室対策の必要性を紹介します。まずはそもそも空室対策とは何なのかについて紹介します。空室対策とは賃貸住宅の空室を作らないように、オーナー様が行う対策のことを指します。 具体的な方法としては、退去後の部屋に次の入居者を決めるための対策や、できる限り長い期間入居し続けてもらうための対策が挙げられるでしょう。 もし空室が増えたり、空室期間が長引いたりすると、オーナー様は経済的に打撃を受けることになりますよね。空室対策を徹底して、満室状態を実現して維持することは大切でしょう。 今までは賃貸住宅の需要が高かったため、建てるだけで入居者がいました。しかし、少子高齢化の影響で全国的に住宅のストックが過剰になり、賃貸住宅の空室が増えています。こうした理由からも空室対策を怠らないようにしてくださいね。 □リノベーションは効果があるのか 今までは住宅に空室ができれば原状回復リフォームを行うだけで、新しい入居者を獲得できたかもしれません。しかし、最近では原状回復リフォームだけでは、なかなか入居者を得ることは難しいでしょう。 そのため最近では空室対策として、リノベーションを行う方が増えています。しかし、リノベーションまでする必要があるのかと疑問に思う方もいらっしゃいますよね。状況から考えるとリノベーションは空室対策の一環としては効果的であると言えます。 リノベーションを考えている方は、しっかりと費用について考える必要があります。決してコストは安くないため、十分に検討した上で始めるようにしてくださいね。 当社は豊富なネットワークと広告活動で安定した入居率を実現しています。リノベーション自体は効果的な空室対策ではありますが、まずは一度管理会社と相談すると良いでしょう。そのほかにも困っていることがあれば、まずは管理会社と話し合ってから行動に移すようにしてくださいね。 □まとめ 今回は、空室対策としてのリノベーションについて紹介しました。空室対策の必要性をご理解いただけたでしょうか。また、近年の状況を考えると、リノベーションは効果的な空室対策と言えるでしょう。空室対策で困っている場合は、当社までご連絡ください  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方に水漏れの対処法を説明します!

「アパートで水漏れしたときにどうすればいいのだろうか。」「水漏れの責任はどこにいくのだろう。」 賃貸住宅にお住まいでこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。水漏れが起こったら、何かと面倒ですよね。そこで今回は水漏れが起こったときにどのように対処すれば良いかを説明します。 □水漏れが起こったときにどう対応すれば良いのか 水漏れが起こったときに何をすれば良いかわからない人もいらっしゃるのではないでしょうか。それでは、水漏れが起こったときにどうすれば良いかみていきましょう。 まずは、管理会社もしくは大家さんに連絡をすることです。自分が起こした場合でも、自分が起こした場合でなくとも、水漏れを発見したらすぐに管理会社か大家さんに連絡するようにしましょう。他のトラブルを引き起こしかねないので、くれぐれも自分で直そうとはしないでください。 管理会社との連絡がつながらないことも考えられます。24時間365日対応のコールセンターのサービスが付いているお部屋であれば安心ですね。 管理会社と連絡がつながらないときには、電気会社への連絡も必要かもしれません。水漏れが原因で電気系のコードに水が入り込んでしまった場合、漏電が起こる可能性があるでしょう。また、電気が漏れている場合があり危険ですので、むやみにコードに触らないようにしましょう。 これらのことが終わったら、加入済みの火災保険の内容を確認しましょう。自分の過失の場合は火災保険の内容によっては補償されることがあるので頭に入れておいてください。 □原因を突き止めることについて 水漏れを起こしてしまった場合、何が原因だったのかが大切です。また水漏れの修理費用を払うときもこの原因によって、支払いをする人が変わってきます。管理会社もしくは大家さんに伝えると、そのまま対応してくれるケースもありますが、自分で対処する必要がある場合もあります。もし業者に修理を依頼したならば、だれの負担になるのかをはっきりさせる必要があるので原因をきちんと聞き出し、写真を撮って証拠としましょう。 □まとめ 今回は、水漏れが起こったときにどのように対処すれば良いかを説明しました。まずは、自分だけで直そうとはせずに管理会社もしくは大家さんに連絡をすることです。また、原因を突き止めることは、費用を支払う人を決めることにもなるので重要です。この記事を参考に水漏れが起きたときの対処を行っていただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不動産賃貸オーナーの方必見!賃貸経営に欠かせない空室対策についてご紹介します!

不動産賃貸のオーナーの方で空室が気になっている方は多いでしょう。賃貸を経営する上では、空室対策が欠かせません。しかし、一体どのような対策から始めたら良いかがわからないですよね。そこで今回は、不動産賃貸オーナー様に向けて、今すぐに取り組みたい空室対策について紹介します。 □空室対策が欠かせない理由とは? 不動産賃貸のオーナー様はなぜ空室対策が欠かせないのでしょうか。空室対策を怠ることで、オーナー様には様々なデメリットが生じます。その理由として3つ考えられるので、それぞれについてみていきましょう。 1つ目は、収益が下がることです。空室が増えたり空室の期間が長引いたりすると、それがそのまま収益ダウンにつながるでしょう。大きな痛手になる前にしっかりと対策をしておいてくださいね。 2つ目は、資産価値が下がることです。賃貸経営では、家賃収入からローンの返済や補修、修繕を行うでしょう。これらの費用を家賃収入から工面しようとすると、空室対策を怠れません。 3つ目は、物件を手放すことになる可能性があることです。もし空室の状態を改善できなければ、最終的には物件を手放すことになるかもしれません。ローンの返済が滞り、延滞情報が残ってしまうことも考えられるでしょう。最悪の場合は自己破産の可能性もあるため、気をつけてくださいね。 □今すぐ始めたい空室対策とは ここまでは空室対策が欠かせない理由を紹介しました。空室対策の必要性についてはご理解いただけたかと思います。しかし、実際にどのような対策を行えば良いかがわからない方が多いですよね。ここからは今すぐ始めたい空室対策について紹介します。 1つ目は、良い第一印象を与えることです。しっかりと掃除をして生活感のある部屋を演出することで、空室を減らせるでしょう。 2つ目は、入居条件です。需要に適さない条件を設定していると、人は集まらないでしょう。また、家賃が相場よりも高い場合も同様です。 3つ目は、立地条件です。交通の便が悪かったり、騒音があったり、防犯上の穴があったりすると、空室になる可能性も高くなります。そのため、立地条件を今一度確認してみてください。 □まとめ 今回は、不動産賃貸オーナー様に向けて、今すぐに取り組みたい空室対策について紹介しました。空室対策はオーナー様にとって欠かせません。紹介した対策方法を参考にして、空室を防いでいただければ幸いです。当社では賃貸管理に関する相談を受け付けているため、お気軽にご利用ください。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の騒音でお悩みの方に!騒音トラブルについて説明します!

賃貸の騒音で困っている方はいらっしゃいませんか。騒音トラブルは最もよく揉めるトラブルのひとつです。どういった対処をすれば騒音のトラブルを解決できるでしょうか。そこで今回は賃貸の騒音トラブルについて説明します。 □トラブルが起こる原因とは 騒音トラブルはよくあることですよね。なぜ起こってしまうのか、さまざまな原因をみていきましょう。 まず最初に季節的な要因が挙げられます。季節的な要因とは、春の新人歓迎会や年末の忘年会の二次会などを家で行い、それが夜通し続くので騒音となってしまうものです。学生が住んでいるアパートはよく起こるので気をつけてください。 次にあげられるのが新しい入居者のマナーが足りないことです。賃貸に初めて住む人はマナーを知らないことがありますよね。その結果、マナーがわからず、大音量で音楽を流したり、夜中まで友達と話したりしてしまいます。 3つ目は、本人の感覚による要因です。今まで閑静な場所に住んでいた方にとっては、あまりうるさくはない場所でも、うるさく感じることもあります。しばらくすると慣れることが多いので、我慢することも必要でしょう。 □騒音問題の解決策について 騒音問題の解決策を知っていますか。ここからは騒音問題の解決策をみていきましょう。 最も大事なのは「お互い様の気持ち」を大切にすることです。先ほど紹介した要因には相手が原因のこともありますが、自分が原因のことも少なからずあります。 騒音が理由で壁を叩いてきたり、インターホンを使って苦情を言いにきたりする方までいらっしゃいます。感情的になり、直接やりとりを行うのは一番危険な行為なので、そのときは我慢をして、まずは第三者である管理会社を利用しましょう。管理会社が全てを解決できるものではありませんが、相談も多くこなしているので解決方法を提案してくれます。基本的なことですが、管理会社は調整をしてくれますが、騒音の問題は起こした当事者と被害者の2人の問題なので、管理会社に連絡をしても全てが解決するわけではないことは知っておきましょう。 賃貸住宅は同じ場所に住んでいるので、必ずしも迷惑をかけないとは言い切れませんよね。自分がされたときには相手を許してあげようという寛容な気持ちを持って生活するようにしましょう。 □まとめ 今回は、賃貸の騒音トラブルについて説明しました。騒音のトラブルはさまざまな要因があります。要因がどのようであれ、まずは落ち着いて対処することが重要です。何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オーナー様必見!賃貸管理物件の騒音問題への正しい対処法とは?

賃貸経営では、住人が住みやすい環境を提供し続けて、空室を作らないようにする必要があります。 住人が生活環境でストレスを受けやすいのが、騒音です。 騒音は、加害者が騒音を出していることを自覚していないことも多々ありますよね。 そこで今回は、賃貸物件で騒音が発生した場合の対処法を説明します。   ※クレームという表記ですが、トラブルや入居者様のご要望も含みます。   □ 騒音が最もクレーム(トラブル・ご要望含む)が多い   アパートやマンションといった賃貸住宅に住んでいる人は、近隣住民の方とのトラブルが起きやすいです。 その中でも、最も住民が不満を募らせるものは騒音です。 特に隣の部屋との壁が薄く、防音性能が低い場合はちょっとした音でも聞こえてしまい、騒音にならない音量でも騒音と扱われる可能性が高いです。 オーナーが騒音問題に対処しないでいると、知らぬ間に騒音の被害者が退去してしまうという恐れもあるでしょう。   □騒音問題への対応   騒音は住人にとっては非常に大きなストレスとなるため、退去させないためにも迅速な対応が求められます。 主な騒音の種類には以下のものが挙げられます。   ・音楽や楽器の演奏 ・子供が室内で遊ぶ音 ・喧嘩による大声 ・飲み会やパーティの大声 ・掃除機や洗濯機の音   *初期対応について   騒音のクレームを受けた場合、まずは被害者のところへ行き、騒音の種類と時間などの詳細情報を確認します。 さらに周辺の部屋の住人にも確認し、情報が信頼できるかどうか判断します。 騒音が確認できた場合は、共有フロアに注意文を掲示して、部屋をあえて特定しないまま注意喚起します。   それでも騒音が続く場合は、騒音元に騒音が出ていることを伝える必要があるでしょう。 騒音元が騒音を認めず改善しない場合には専門家に相談することが必要です。   *ふだん気を付けておくこと   賃貸住宅の場合、苦情を言うことで気まずくなったりトラブルになったりすることを恐れ、我慢する人も多く、被害にあった入居者がクレームを言う前に退去してしまうこともあります。 退去した人が騒音被害を口コミやネットで拡散してしまうと、なかなか空室が埋まりません。   … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ