月別アーカイブ: 1月 2021

賃貸の不満にはどのようなものがあるのかご紹介します!

賃貸に住んでいる方が、どのような不満を感じているのか、知りたい方はいらっしゃいませんか。実際には、多少なりとも不満のある方はいるでしょう。そこで今回は、賃貸の不満にはどのようなものがあるのか紹介します。 □賃貸住宅の不満とは 賃貸住宅の不満を2つ紹介します。賃貸住宅にお住みの方や住む予定のある方は、ぜひ参考にしてください。 1つ目は、足音や声が響くことです。これは、最も多くの方が不満として挙げていました。 上の階や隣の部屋からの大きな音に、イライラしてしまうことはよくあります。年末や年始の時期は、部屋に多くの人が集まりやすいため、うるさくなることはあります。このようなときは、多めにみてあげても良いかもしれません。 しかし、毎日騒がしいのであれば、管理会社に伝えた方が良いでしょう。おうちでくつろぎたいときに、騒音のせいでゆっくりできないのは嫌ですよね。 2つ目は、トイレにシャワートイレが付いていないことです。シャワートイレとは、ウォシュレットのことです。シャワートイレが付いていなくて、不満に思っている方は多くいらっしゃいます。シャワートイレを利用する快適さを一度知ってしまうと、無いことが苦痛に感じる方も多いかもしれません。 このように、賃貸住宅に不満を感じている方が多くいらっしゃいます。 □改善方法とは 先ほど説明した不満点を改善する方法を紹介します。 足音や声が響くことは、完璧に改善することは簡単ではありません。それは、遮音機能を高めるには、床や壁の厚み、サッシの遮音性能を変える必要があるからです。 したがって、個人で建物の改修をすることはできません。どうしても気になる方は、管理会社に相談してみてはいかがでしょう。共用部に貼紙を出すなど対策を講じてくれるはずです。 シャワートイレの不満を解消するには、トイレの便座を温水洗浄便座に交換すると良いでしょう。後付けが可能であることを知っておいてください。自分で取り付けたいときは、管理会社に話してみましょう。 このように不満を改善する方法はあります。個人で回収できない場合には、管理会社に相談して対策をしてもらいましょう。 □まとめ 今回は、賃貸の不満にはどのようなものがあるのか紹介しました。紹介したものの中には、「当てはまっているな」と思うものもあったのではないでしょうか。どうしても不満は出てくるものなので、少しずつでも対策をしておきましょう。賃貸で困っていることがあれば、お気軽に当社にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室になってしまう理由とは?賃貸オーナー様に向けてご紹介します!

賃貸経営で一番難しい問題は空室対策です。空き室期間が長くなってしまうと、賃貸経営が苦しくなってしまうオーナー様も多いのではないでしょうか。そんなオーナー様に向けて、今回は空室が埋まらない理由とその対策についてご紹介します。 □空室が埋まらない主な理由 所有物件の空室が長期に渡って埋まらない場合、考えられる理由がいくつかあります。 まず、主な理由として物件の状態と賃料が釣り合っていないことが挙げられます。築年数が経過すればするほど、物件の魅力はどうしても薄れてしまうでしょう。そのため、築年数が経過していて状態が良くないにもかかわらず、高い賃料であれば空き室が埋まらない可能性があります。 ただ家賃を値下げするのは最終手段です。家賃を値下げしてしまうと、結果として家賃収入が低下し、経営が苦しくなってしまいます。 そのため、値下げよりも先に考える対策として、リフォームやリノベーションなどが挙げられます。古くなった箇所を綺麗にするだけでも物件の印象は大きく変わるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 次の理由としては、仲介会社に物件の魅力をアピールできていないことが挙げられます。新規の入居者を集める場合、仲介会社に依頼されるオーナー様は多くいらっしゃいますよね。仲介会社では様々の物件を取り扱っていることが多くあります。そのため、一部の物件だけを優先して、紹介してくれることはほとんどありません。 この仲介会社に紹介してもらうためには、物件の魅力をしっかりとアピールする必要があります。ご自身の所有する物件の魅力を再確認し、アピールポイントを押さえて売り込むようにしましょう。 □満室の賃貸経営を実現するために 空室を減らし、満室の賃貸経営を実現するためにやっておきたい対策がいくつか存在します。 まず、挙げられるのがターゲットを絞るという対策です。先ほどご紹介したリフォームやリノベーションで、ターゲットを絞った設備を追加すれば高い効果が期待できます。例えば、大学が近くにあるなら若者が喜びそうな壁紙にしたり、設備を追加したりすると良いでしょう。また女性が多く住まれている物件であれば、部屋干し用のフックを取り付けることもおすすめです。 また、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、インターネット通販を利用される方が増えています。宅配ボックスがあると通販を利用されている方々にきっと喜んでもらえるので、導入を検討してみても良いでしょう。 次に挙げられるのは管理会社の見直しです。オーナー様が努力しても改善が見られない場合は、物件の管理をしている管理会社に問題があることが考えられます。そのため、日ごろの清掃、管理をきちんとしているか、空室対策に真剣に取り組んでいるかということを確認するようにしてください。もしこれらがきちんと行われていないようであれば、管理会社を変更すべきといえるでしょう。 □まとめ 今回は、空室が埋まらない理由とその対策についてご紹介しました。空室対策はオーナー様だけでは限界のある問題も多いので、管理会社がしっかりと機能していない場合は、変更すべきでしょう。当社ではオーナー様に寄り添った物件管理を行います。空室対策でお悩みの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方に駐車場のマナーを徹底解説します!

「駐車場のマナーがわからない。」「賃貸の駐車場のマナーについて知りたい。」 賃貸にお住まいで、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。駐車場のマナーについて知っておかないと、トラブルの原因になりますよね。そこで今回は、賃貸の駐車場のマナーについて解説します。 □駐車場のマナーとトラブルの事例とは 賃貸物件を借りて駐車場を利用するときのマナーは、いくつかあるので見ていきましょう。 まず、契約した駐車場にきちんと駐めることです。契約したところ以外に駐めると、その場所の利用者に迷惑になります。 次に、出入り口や通路には駐めないようにすることです。出入り口や通路は、車を駐める場所ではありません。 また、車を駐める以外の目的で駐車場を利用するのはやめましょう。友達や知り合いが車で自宅に訪れたとしても、駐めるのは良くありません。 自分だけではなく、他の方も駐車場を利用します。マナーを守って、トラブルを起こさないようにしましょう。 ここからは、トラブルの事例を見ていきましょう。よくあるトラブルとして、無断駐車と駐車場に自転車やバイクが駐めてあることが挙げられます。無断駐車はとても迷惑であるため、注意しましょう。 また、駐車場に自転車やバイクが駐まっていることもよくあります。契約者がきちんと利用料を払って借りているところに、車以外のものを駐めるのはやめましょう。 □対策法とは 先ほど紹介した無断駐車のトラブルの対策を紹介します。 無断駐車はよくあるトラブルです。その中でも、来客者が来客用の区画と間違えて駐車してしまうケースが多いです。 このような場合には、事前に車両データがないものが多く、車両を特定するのが難しいでしょう。そのため、警察に電話して、無断駐車車両の所有者へ連絡を取ってもらうように依頼します。しかし、警察でも対応できない場合があるので、解決には時間がかかってしまうかもしれません。 それ以外には、悪意のある無断駐車をされることがあります。このような無断駐車がある場合には、事前にポールを設けて対策する方法もあります。また、管理会社に連絡して掲示板に注意文の掲示をしてもらうことも一つの手段です。 できれば、無断駐車されないように、事前から防止しておくことをおすすめします。 □まとめ 今回は、賃貸の駐車場のマナーについて解説しました。紹介した方法で対策をしておきましょう。賃貸についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の管理会社選びのポイントとは?オーナー様に向けて解説します!

賃貸管理会社はオーナー様と共に賃貸経営を行うパートナーです。そのため、管理会社選びは非常に重要といえるでしょう。ただ、管理会社選びで後悔されているオーナー様も少なくありません。そこで今回は、賃貸管理会社選びのポイントについて詳しくご紹介します。 □賃貸管理会社選びを失敗してしまう理由 管理会社選びで失敗してしまう理由はいくつか考えられます。まず挙げられるのが、知名度だけで選んでしまうということです。 大手の管理会社は一般的に知名度が高いため、入居者を募集する際に有利に働くというメリットが存在します。 ただ、大手の管理会社が必ずしも丁寧な管理ができるとは限りません。大手であるがゆえに管理業務が組織化、単純化されていることが多く、スピード感に欠けたり細かいところに対応できなかったりする可能性があります。また、担当者が変わることも多く、個人的な信頼関係を築きにくいという問題点もあるでしょう。 次に、営業担当者との相性だけで管理会社を決めてしまったということが挙げられます。もちろん、管理会社は賃貸経営のパートナーとなるため、営業担当者との相性は重要です。ただ、その時に説明をしてくれた営業担当者が必ずその物件の担当者になるとは限らないため、注意が必要です。 □管理会社選びのポイント 先ほどご紹介した失敗してしまう理由を踏まえて、管理会社選びのポイントをここでご紹介します。 まず、管理会社を規模だけで選ばないということがポイントとして挙げられます。先ほどご紹介したように、大手は入居者を募集する際に有利に働きます。 一方で、中小規模の管理会社であれば、細かな要望にも対応してくれ、トラブルがあった際に手厚いサポートが受けられることが多くあります。このように、それぞれにメリットがあり、大手がだから良いというわけではありません。そのことをしっかりと理解しておきましょう。 次のポイントとしては、目的を明確にしておくことが挙げられます。管理手数料の負担を減らすことが目的であれば、部分的な管理を行う管理会社がおすすめです。一方、手厚いサービスや効果的な空室対策を求めている場合は、オーナー様に寄り添った賃貸管理会社を選ぶ必要があります。 このように目的によっても選ぶべき管理会社が異なるため、事前にご自身の希望を明確にしておきましょう。 □まとめ 今回は賃貸管理会社選びのポイントについてご紹介しました。管理会社を選ぶ際は、規模や人柄だけでなく、会社としての考えもしっかりと見極めるようにしましょう。当社ではオーナー様を第一に考えた賃貸管理を行っております。管理会社選びに迷われている方は、当社までお気軽にご相談ください。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいでカビについて困っている方に対処法をご紹介!

賃貸でカビが発生したときに、どう対処すれば良いかご存知ですか。カビが発生したら何かと面倒ですよね。放置をせずに、きちんと対処をする必要があります。そこで今回は、賃貸物件でカビが発生したときの対処法を紹介します。 □大家さん、入居者それぞれの義務とは まずは、お部屋を貸している側と借りている側の義務を見ていきましょう。 大家さんの義務は、家賃を対価として、入居者に基本的な生活ができるお部屋を提供することです。建物に欠陥があったり、設備の不具合が起こっていたりしたら、大家さんの責任です。カビのトラブルに関しても、お部屋自体にカビが生えやすくなっていたら、大家さん側に責任があるということです。 入居者の義務は、家賃を払うことと借りたお部屋を適切に利用することです。家賃は払っていますが、所有者は大家さんであるので、常識の範囲内で住む必要があります。カビを発生させてしまうような過ごし方をしていたら、それは入居者の責任です。 □カビの対応策と現状把握について ここからは、カビが発生したときに有効な対応策を見ていきましょう。 賃貸の室内にカビが発生するのは、地域や湿度、気温、築年数といったさまざまな理由が考えられます。普段生活するうえで、カビが発生することがないとは言い切れません。また、カビが発生したとしても、理由がわからないとまた起こるかもしれません。 それを解決するために、まずは現状を把握しましょう。カビの程度がどのくらいかを把握することで対処法が変わってきます。 状況がひどくないときは、カビ取り用洗剤でカビを取りましょう。「換気をしっかりしていない」といった心当たりがある方は、対処後からきちんと換気を行いましょう。 また、寒冷地である北海道では冬場窓に結露が起きやすく、放置することによりカビの原因となることが多いです。まめにふき取るなどしましょう。 カビの発生は、湿気がたまることによって起こることがほとんどなので、こまめな換気は忘れず行うことが重要です。何度も発生してしまったり、状況がひどかったりする場合は、専門の方に連絡して見てもらうことをおすすめします。 □まとめ 今回は、賃貸物件でカビが発生したときの対処法を紹介しました。カビが発生したときに、どのような対策をしたら良いか理解できたと思います。カビを発生させないようにすることも重要です。不明点や疑問点があればお気軽に当社までお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営で起こるトラブルとは?その解決策をご紹介します!

賃貸管理をする中で何らかのトラブルが発生するでしょう。もし、このトラブルの対処法を間違えると、入居者の方の満足度を低下させ、退去者がでてしまう恐れがあります。そのような事態を避けるためにも、今回はトラブルの事例とその対処法についてご紹介します。 □賃貸経営で生じやすいトラブルと対処法 賃貸経営で起こりやすいトラブルとして入居者間のトラブルがあります。例えば入居者の誰かが、深夜に楽器を演奏したり、音楽を聴いたりする騒音トラブルや、ゴミをきちんと処分しないことによる異臭トラブルなどが挙げられます。 これらが原因で入居者間のトラブルが発生した場合は、適切な対処をしなければ退去者がでてしまう恐れがあります。実際に退去者がでると賃貸経営にも悪影響がでますよね。そのため、早急に事実確認を行い、トラブルの原因になっている入居者に改善を求めましょう。 また、管理会社に物件の賃貸管理を任せているが、きちんと機能していないというトラブルも存在します。例えば清掃業務を依頼しても、きちんと清掃されていなかったり、建物のメンテナンスがきちんとされていなかったりすることがあります。清掃が行き届いていない物件は、入居者の満足度を低下させる恐れがあります。また、メンテナンスをしっかりと行わなければ、劣化が進み、大規模な修繕が必要となることがあります。 このような場合は、まずは管理会社に改善を求め、それでも改善されない場合は変更を検討しましょう。 □管理会社選びのポイント 先ほどご紹介したトラブルが大きな問題に発展した場合は、弁護士や専門家に依頼するといった手段があります。ただ、しっかりとした管理会社を選べば対処できることも多いため、ここでは管理会社選びのポイントについてご紹介します。 まずポイントとして挙げられるのは対応力と提案力です。しっかりとした管理会社は、相談した際に丁寧に対応し、適切な対処法を提案してくれます。これは当社でも大切にしていることの1つであり、管理会社選びのポイントといえるでしょう。 次に、具体的な経営戦略があるかどうかもポイントの1つです。経営戦略は、安定した賃貸収入を得るための空室対策で必要になる要素です。これが明確に定まっていないと、効果的な宣伝ができず、長期間にわたり空室がでてしまう恐れがあるでしょう。 このポイントにおいても、当社では長年の業務経験を活かした戦略がございます。ご興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。 □まとめ 今回は賃貸経営で起こるトラブルの事例とその対処法についてご紹介しました。トラブルを適切に対処するためには、トラブルの対応に優れた管理会社にサポートを依頼することが大切です。当社では、オーナー様に寄り添った丁寧で迅速な対応を心がけております。賃貸経営やトラブル対応に不安のある方は、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の防音について気になる方へ!対策方法をご紹介!

「賃貸に住んでいるけど、騒音が気になる。」「騒音が気になるので、防音対策について詳しく知りたい。」 賃貸に住めば、騒音が気になる場合もあるかもしれません。騒音が聞こえれば快適な生活を送るのは難しくなってしまいます。そこで今回は、賃貸の防音対策について詳しく解説します。 □騒音は分類される 生活をしていく中で、騒音が聞こえると、やはり気になってしまいますよね。生活の中で聞こえる騒音は、分類できることはご存じでしたか。騒音には、2種類あると言われています。 *空気音について 1つ目に紹介するのは、空気音です。建物の外部で生じた音が空気中を伝達して、外壁や窓を通過して聞こえてくるもののことを指します。よくある例を挙げると、隣人が話す声や、テレビの音、音楽が当てはまります。 *固体音について 2つ目に紹介するのは、固体音です。固体音とは、壁や床が直接震えて動くことで伝わってくるもののことを指します。よくある例を挙げると、上の階に住んでいる人が、床に何か落とした際に響き渡る音、エアコンの室外機の音や洗濯機が揺れる音が当てはまります。 □防音対策のためにできることについて 騒音は1種類だけではないということはお分かりいただけましたか。それを踏まえた上で、よくある防音の対策方法についていくつか解説します。 1つ目に解説するのは、エアコンの室外機の防音対策方法です。エアコンの室外機による騒音に関する悩みは多いですが、これは自分一人で解決するのはとても難しいです。管理会社に連絡して、防震対策を施してもらうか、故障が原因なのであれば修理や交換をしてもらうことによって対応しましょう。 2つ目は、テレビやオーディオ機器の防音対策方法です。こちらは、大前提として、適切な音量で使用することが一番重要になってきます。隣人が出す音が気になるという場合は、一度話し合うか、管理会社に仲介してもらい、解決することをおすすめします。 自分が知らずのうちに隣人に迷惑をかけてしまっている場合もあるので、壁際への配置を避けたり、深夜帯はヘッドホンを使用したりして配慮しましょう。集合住宅では、近隣に住んでいる方と協力しながら信頼関係を築くことがとても重要です。 □まとめ 騒音には2種類あることを押さえておくことが重要です。快適な生活を送るためには、静かな環境を作り出すことは欠かせないでしょう。騒音が気になる場面がありましたら、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営にかかる費用について詳しくご紹介します!

賃貸経営をしようとお考えの方がよく不安に思われることの1つとして経営にかかる費用が挙げられます。賃貸経営になじみのない方にとっては、特にイメージが掴みにくいですよね。そこで今回は、賃貸経営にかかる費用と安定経営のポイントについてご紹介します。 □賃貸経営にかかる費用とは? 賃貸経営をする際には、当然のことながら建物が必要になります。そのため、まず建物に関わる費用が必要になるでしょう。 それに加えて、駐車場を設ける場合は駐車場代、その他にも植栽やフェンスなど、建物以外にも費用がかかります。また、その建物を建てる前に、別の建物が存在している場合は、解体費用も必要となります。 次に、不動産取得税や印紙税といった税金がかかります。不動産取得税はその名の通り、土地や建物といった不動産を取得した際にかかる税金です。この税金は購入時ではなく、半年以上経過してから請求されるため、注意しておきましょう。 この他にも物件の保険料やローンの手数料などが必要となります。保険の加入は必須ではありませんが、大事な資産を守るためにも加入しておくことをおすすめします。 このように賃貸経営では様々な費用がかかることが良く分かりますね。安定した賃貸経営を行うためにも、事前にできる限り把握しておきましょう。 □安定した賃貸経営をするためのポイント 安定した賃貸経営を行うためには、やはり資金計画が重要になってきます。先ほどご紹介したように、賃貸経営では様々な費用が必要になります。たとえ家賃収入が黒字であっても、ゆとりのない資金計画であれば、予想外の出費が発生した場合に対応できない恐れがあるため注意しておきましょう。 また、一般的に10年から20年に一度、大規模な修繕工事を行う必要があり、そのための資金を準備しておくことも大切です。 そして、安定した賃貸経営を行うためには管理会社の働きも重要になります。管理の行き届いている物件は入居者の満足度が高くなるため、入居率も安定しますよね。 また、トラブルがあった際にも、管理会社がしっかりと対応してくれればオーナー様は安心して賃貸経営を行えます。そのため、管理会社選びは、安定した経営をするために必要不可欠といえるでしょう。 □まとめ 今回は賃貸経営にかかる費用と、安定経営のポイントについてご紹介しました。無理のない賃貸経営をするためには、初期費用の把握が重要であるため、必ず確認しておくようにしましょう。当社では、賃貸経営に関するご相談を受け付けております。賃貸経営にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸のエアコンが壊れてしまった場合の対処法とは?

賃貸のエアコンが壊れてしまうといったトラブルは、ないことではありません。そんな時、どのような対処をすれば良いのか、詳しく知っている方は多くないですよね。そこで今回は、エアコンが壊れてしまった時の対処方法について詳しく解説します。 □エアコンの修理をする人と故障後にすべきことについて 賃貸の場合は、あらかじめエアコンが設置されているお部屋もあるかと思います。エアコンがついている部屋を借りている場合には、契約書を確認して誰がエアコンの持ち主なのかを確認しましょう。 室内のエアコンが前の入居者のものであれば、大家さんに修理や費用の負担は義務付けられていないので、自分で修理するか買い直す必要があるかもしれません。 一方で、エアコンが賃貸借の対象であれば、故障した際の修理の依頼から費用の負担まで、すべて大家さんが対処する必要があります。 また、エアコンが賃貸借の対象であれば、すぐに大家さんや管理会社に伝えることが重要です。あくまでも持ち主は大家さんなので、個人的に修理を依頼したり、交換したりすることは避けましょう。 □エアコンが壊れたときの対処法について エアコンが壊れたときは、落ち着いて対処することが重要です。以下のように対処してください。 *本当に故障なのか確認する エアコンが正常に動かなくなったからといって、必ずしも故障とは限りません。リモコンの電池がなくなっている、コンセントが外れている、ブレーカーが落ちているといった故障以外の原因も考えられるからです。 そのため、まずはエアコンが動かない故障以外の原因を確かめるようにしましょう。故障かどうかの確認を怠って管理会社や大家さんに連絡してしまい、修理業者が来たが故障ではないとなれば、手間や出張費といった費用がかかる可能性があるため注意が必要です。 *管理会社や大家さんに連絡する 本当に故障かどうかをしっかりと確認した上で、エアコンが正常に動作しないことが確認できたら、まずは管理会社か大家さんに連絡しましょう。先ほどもお伝えしましたが、持ち主が管理会社や大家さんである場合、故障時に依頼する業者が決まっているケースが多いからです。 □まとめ 今回は、賃貸のエアコンが故障した時の対処方法について解説しましたが、理解していただけましたか。最近はエアコン暖房のお部屋も多くなり、故障するとたいへん不便です。もしもエアコンが故障してしまった場合は、落ち着いて適切な対処をしましょう。何かわからないことがあれば気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理会社の業務とは?その内容について詳しく解説します!

管理会社は、空室対策や建物の管理などを担い、安定した賃貸経営をするために欠かせません。オーナー様にとって管理会社はパートナーともいうべき存在になるため、その見極めは非常に重要です。適切な会社を選ぶためにも、その種類や業務内容について知っておきましょう。 □賃貸管理会社の種類とは? 賃貸管理を行う会社は日本全国に数多くあり、強みとしている分野がそれぞれで異なります。また、管理会社にはいくつか種類が存在するため、ここでご紹介します。 まずは、管理業務に注力している会社が挙げられます。物件の管理業務に注力しているため、トラブルの対応や、清掃などの業務のノウハウが豊富にあります。ただ、新規の入居者を募集する際のサポートが薄いことが多いため、注意が必要です。 次に、仲介業務に注力している会社が挙げられます。このような会社は集客力があり、新規の入居者を集めることを得意としています。空室対策に強みがあるため、安定した賃貸収入を得るためのサポートが期待できますね。一方で、管理業務はオーナー様が行うか、別の会社に任せることになるなどのデメリットも存在します。 最後に、仲介も管理も行う会社が挙げられます。こちらは先ほどご紹介した2つの特徴を持ち合わせた会社になります。また、管理業務で物件のことをよく理解しているため、新規の入居者を内見に案内しやすいこともメリットといえるでしょう。 □管理業務の内容をご紹介します! 先ほどは管理会社の種類についてご紹介しました。そして、ここでは管理業務の内容について詳しくご紹介します。 まず挙げられるのは入金管理業務です。家賃や共益費など、入居者が支払う必要のあるお金の入金を管理します。仮に支払われなかった場合は、督促したり保証会社へ求償したりします。これは賃貸管理の基本業務といえるでしょう。 次に挙げられるのは、クレーム対応です。※クレームという表記ですが、トラブルや入居者様のご要望も含みます。具体的には騒音問題や設備の故障の対応などを行います。オーナー様で自己管理する際は、対応が難しい業務ですが、管理会社にはこのような業務のノウハウもございます。 □まとめ 今回は賃貸管理会社の業務内容についてご紹介しました。管理会社が実際にどういう業務をしているのかを知っておくことで、安定した賃貸経営につながります。当社では、オーナー様のご要望に応じた賃貸管理を行っております。ご興味のある方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ