月別アーカイブ: 2月 2021

築古物件のオーナーの方へ解説!空室対策についてご紹介!

「築古物件のためなかなか入居者が集まらない。」このような悩みをお持ちのオーナー様はいらっしゃいませんか。築古物件は新築物件よりも注目は集まりにくいですが、適切な空室対策を行えば、入居者を集められます。そこで今回は、築古物件の空室対策について解説します。 □築古物件でやるべき空室対策とは? 築古物件の空室対策で、まず重要となってくるのは清潔感です。そのため、エントランスやゴミ置き場、駐輪場など外部の人からも見える箇所は綺麗にしておきましょう。 これらは築古物件でなくても綺麗にしておく必要がありますが、築古物件であればより一層注意しておくことをおすすめします。例えば築古物件のゴミ置き場や自転車が整然としていなかったり、周囲に雑草が生えていたりすると、物件の中身が良くても外観だけで敬遠されてしまう恐れがあります。そのため、清掃や外回りの整備を徹底するようにしましょう。 次に、現在のニーズに合った設備が整っているかということも重要です。最新の設備を無理に導入する必要はありませんが、近年ほとんどの物件に導入されている設備が整っているかを確認しましょう。 その設備の具体例としては無料のインターネット環境が挙げられます。近年、インターネットの普及により、ネット環境は生活に欠かせないものとなっています。このように、無料のネット環境は需要が高いので、まだ導入されていない方はぜひ導入を検討してみてくださいね。 □3点ユニットは工事すべき? 築30年以上のマンションやアパートでは、バス・洗面・トイレが一体となっている3点ユニットが主流でした。しかし、近年ではバスとトイレが別になったものが人気になっています。さらに築古物件は最近の物件に比べて部屋が狭いことが多いため、3点ユニットと重なると不利な条件になるように感じますよね。 そのため、リフォームを考えられるオーナー様も多くいらっしゃいます。ただ、近年では広さよりも家賃の安さを重視する若者も少なくありません。家賃が適正な価格になっていれば、3点ユニットは特に問題にならない可能性があります。 また、3点ユニットをユニットバス、トイレ、洗面化粧台に変えるには、かなりのスペースを必要とします。1DKや1LDKのお部屋ではスペース的に困難な場合も多いでしょう。無理なリフォームを行わず、それ以外の設備を充実させて適切な家賃設定にすれば、3点ユニットは必ずしも不利な条件とはならないでしょう。 □まとめ 今回は、築古物件の空室対策について解説しました。築古物件は不利な条件が多いと思われがちですが、必ずしも不利になるとは限りません。今回ご紹介した空室対策をぜひ参考にしてみてください。また、当社には空室対策に関して豊富なノウハウが存在するため、空室対策でお悩みの際はぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で電気がつかない!その原因は?

家に帰ってきて電気をつけようとしたのに、電気がつかないというトラブルに見舞われることがあります。電気がつかないと何も見えなくて危険ですし、なるべく早くなんとかしたいですよね。対処するためには、原因を知ることが重要です。そこで今回は、賃貸で電気がつかなくなる原因について解説していきますので、参考にしてください。 □賃貸に引っ越してすぐに電気がつかない場合は? 賃貸に引っ越してきてすぐのタイミングで、電気がつかないことに気がつくことがあると思います。引っ越ししたタイミングには電気、ガス、水道などの生活インフラは使用できるようになっています。しかし、最初はブレーカーがオフになっていたり、水道の元栓が閉まっていることもよくあります。それを確認せずに、電気がつかないと誤認するケースが多いです。そのため、引っ越ししてすぐ電気がつかないときは、まずブレーカーと水道の元栓を確認するようにしましょう。 しかし、まれにブレーカーをオンにしたり、水道の元栓を開けたりしても使用できないケースはあります。そのような場合は、管理会社か大家さん、もしくは電気会社や水道会社に連絡してみましょう。 □急に電気がつかなくなる原因は? 普通に暮らしていても、「昨日はついたのに今日急につかなくなった」ということもあるかもしれません。ここでは考えられる原因ごとに見ていきましょう。 *災害によるもの 台風や雷によって停電してしまうケースがあります。自然災害が原因の時は、復旧にも時間がかかることが多いです。 このような時は、落ち着いて状況を把握しましょう。まずは、近隣も同じような状況なのかどうかを確認してください。もし近隣も全体的に同じような状況であれば、電力会社による復旧を待つことになります。 一方で、自分の家だけ電気がつかないという状況であれば、まずブレーカーを確認してください。ブレーカーがオフになっている場合は、入れ直すだけで復旧できることがほとんどです。分電盤の個別のブレーカーについても、オフになっている場合はオンにしましょう。 もしブレーカーをオンにしても復旧できない場合は、早急に管理会社か電力会社に連絡しましょう。 *アンペア超過によるもの 例えば、ドライヤーと電子レンジ、パソコンなど多数の電気製品を一度に起動させると、アンペアが超過してしまい、安全のためにブレーカーが落ちるようになっています。このような場合は、ブレーカーを入れ直すことで復旧が可能です。 ブレーカーを入れ直す際は、あらかじめ電化製品の電源をオフにしてください。ブレーカーをオンにしてから、電化製品の電源を入れていきます。アンペアを超過したということは、一度にたくさん電化製品を使いすぎているので、同時に使う数を減らしてください。 *漏電遮断機によるもの 漏電遮断機は、家の中で漏電していると見られる箇所があると、電気を切ってくれるという役割を果たしています。漏電遮断機を外して電気を通すことは可能ですが、電気が切れたということは漏電している恐れがあるということです。安全を鑑みて自分で電気を通す前に、電力会社に問い合わせてみることをおすすめします。 □まとめ 今回は、賃貸で電気がつかないトラブルについて解説してきました。電気がつかない際には、様々な原因が考えられることがおわかりいただけたかと思います。トラブルの際はまず原因を知り、適切に対処することが重要です。電気がつかないトラブルがあったときには、ぜひ本記事を参考にしてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

家賃滞納があった場合の対応とは?賃貸管理をしている方へ

賃貸経営を続けているとさまざまなトラブルが発生します。 中でも家賃滞納の問題はトラブルに発展する恐れがあります。 ただ、このようなトラブルの対処法についてはあまり知られていません。 そこで今回は、賃貸管理をされている方に向けて家賃滞納があった場合の対応についてご紹介します。 □契約解除事由について 通常の契約であれば、相手方が規約に反すれば契約を解除できます。 しかし、家賃滞納の場合は一度遅れただけでは賃貸契約の解除事由にならない可能性が極めて高いです。 例えば、特別な事情があり家賃が納められなかった場合でも、契約が解除されてしまうと借主が困ってしまいす。 そのため、契約解除事由とするためには家賃滞納が3カ月以上続いている必要があると考えられます。 この3か月という期間に明確な基準はありませんが、過去の裁判例を参照すると多くの事例で、3か月以上の家賃滞納が契約解除事由とされています。 また、家賃滞納による契約解除では、貸主と借主との間の信頼関係破壊が認められる必要があります。 つまり、3か月以上家賃の滞納が続いた場合、貸主と借主の信頼関係が破壊されたとされ、契約解除事由になるということです。 □家賃滞納の対処法 先ほどは家賃滞納の契約解除事由についてご紹介しました。 ただ、契約解除できるまで時間がかかることが多いため、先にできることはやっておきたいところです。 そこでここでは契約解除以外の対処法についてご紹介します。 まず、家賃の滞納が発覚した場合、すぐに滞納した入居者に連絡をしておきましょう。 何かの理由があって遅れているのだろうとお考えになるかもしれませんが、家賃の滞納を見逃してしまうとそのまま継続して滞納してしまう恐れがあります。 事情を確認するためにも、すぐに本人に確認をとるようにしてください。 次の対処法としては滞納者へ内容証明を送付することが挙げられます。 先ほどご紹介したように直接連絡できれば良いですが、連絡できない場合は、滞納者に対してその滞納の旨を記した内容証明郵便を送付しましょう。 これを送付することで、相手に伝えたことが証明できるため、相手方の反応がない場合は内容証明を送付しておきましょう。 □まとめ 今回は、賃貸管理をされている方に向けて家賃滞納があった場合の対応についてご紹介しました。 今回ご紹介したようなトラブルの対処が難しい場合は、管理会社に任せるのも一つの手です。 当社では、トラブル対応に関して豊富なノウハウがありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸でもし子供が壁に落書きしてしまったら?

賃貸で子供と一緒に暮らしている中で、「子供が壁に落書きしてしまった」「こういう時はどうしたら良いの」と思ったことはないでしょうか。借りている物件なのに、汚してしまったら困惑してしまいますよね。そこで今回は、子供と暮らしている方によくあるトラブルである、壁の落書きについて説明します。 □子供の壁の落書きは誰の責任? あくまでも賃貸は借りている住まいです。そのため、仮に子供が知らないうちに壁に落書きをしていても、入居者の責任になります。そうなった場合は慌てずに管理会社に報告して、修繕費用に対していくら負担するべきなのかを確認すると良いです。 □修繕費用はいくら負担するべきなのか? 子供が落書きしたため、自分が100%悪いと感じて、修繕費用を全額支払わなければいけないと判断すると思います。 しかし、「誰の責任かどうか」と「修繕費用を全額支払わなければいけない」という点は切り分けて考えることができます。なぜなら、賃貸住宅を普通に使っていれば、クロスなどが日焼けしたり、賃貸住宅内の様々なものが古くなっていきます。賃貸住宅を普通に使っていて、新品の状態を継続的に保つことは難しく、物の価値は少しつづ下がっていきます。いわゆる「減価償却」というものです。 そこで、入居者がいくら負担するべきなのかを計算するときは、この「減価償却」を考慮した上での金額となります。仮に「減価償却」部分を無視して、新品同様の金額を入居者が負担する場合、その分、大家さんがお得になるということです。*国土交通省からのガイドライン「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」にも「減価償却」の考え方が記載されております。 この点を理解すると、仮に子供が壁に落書きしたとして、大家さんからクロスの張り替えなどを全額請求された場合、その請求額は過大である可能性が高いと言えます。しかし、冒頭でもお伝えしましが、あくまでも賃貸は借りている住まいなので、子供の落書きなどは十分に注意してください。仮に子供が落書きした場合は必ず管理会社に連絡を入れましょう。 □まとめ 今回は、賃貸で自分の子供が壁に落書きしてしまった時に「責任は誰にあるのか?」「修繕金額はどうなるのか?」について説明しました。責任は入居者ですが、修繕金額については「減価償却」を考慮した上での金額となります。他にも賃貸で発生しそうなトラブルについての記事を書いておりますので、参照してみてくださいね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理でよくあるお悩みとは?解決するポイントをご紹介します

賃貸経営を続けていると、さまざまなお悩みを抱えることがあります。経営されている物件によって入居者さんも異なるため、全てのお悩みを解消することは難しいものです。 そこで今回は賃貸管理に関してよくあるお悩みとその解決のポイントをご紹介します。 □賃貸経営ではどういうお悩みを抱えやすいのか? オーナーさんご自身で賃貸物件の管理をされていると、やらなければならない業務が多く、それに伴い抱えるお悩みも多くなっていきます。 入居者さんに住居を提供し、家賃収入を得ることだけが賃貸経営ではありません。 下記のようなそれぞれのシチュエーションで起こりうるトラブル(クレームやご要望も含みます)に関するお悩みがあります。 1つ目は、物件の設備の故障に関するお悩みです。物件の設備が故障した際に、オーナーさんか入居者さんどちらが負担するのか? どちらが負担するべきだと思いますか? これは契約内容にもよりますし、故意なのかどうかで変わります。そして、入居者さんが負担する場合も、入居者さんへの伝え方によってオーナーさんの印象が変わりますので、どうすればいいのかと悩まれる方がおられます。 2つ目は、家賃の回収に関するがお悩みです。入居者さんからの口座から引き落としの場合は余程のことがない限り家賃を回収することができると思いますが、残高不足だったり、振込の場合は期限になっても入金されていないこともしばしばございます。たまたま遅れていただけだと良いですが、状況によっては法的な手段を取ることになるかもしれません。このような負担を億劫に感じて悩まれることがあります。 3つ目は、入居者さん同士のトラブルに関するお悩みです。オーナーさんにとってはどちらも大切な入居者さんなので、問題なく解決したいところですが、対応によっては取り返しがつかなくなりかねません。 4つ目は、空室が埋まらないお悩みです。空室が多くなると、収入も減ってしまうため、退去されたとしてもコンスタントに新たな入居者さんに来てもらえる状況が理想です。 ・空室が増えないように入居者さんに満足してもらえるにはどうすればいいのか? ・退去されたとしても新たな入居者さんに問い合わせてもらいやすくするためにはどうすればいいのか? この点を悩まれていることが多いです。 賃貸経営ではこのようなお悩みを抱える方が多くおられます。 □賃貸経営のお悩みを解決するためのポイント オーナーさんご自身で解決できれば一番ですが、必ずしもそういうわけにはいきません。抱える悩みもどんどん積み上がってしまうと身動きが取れなくなってしまうので、早め早めの解決が効果的です。 そこで、管理・経営をプロである管理会社に任せてみることをおすすめします。 単純に管理業務を委託するだけではなく、お悩みの原因を未然に防ぐために、新たな入居者さんの審査や入居者さんへのマナー改善要求など、管理物件自体の品質の向上につながります。 そして、当社のように長年携わっていると、様々な対応実績がございますので、入居者さんだけでなくオーナーさんのご要望に応えることが可能です。 このようにその道のプロにお任せいただくことが、安心してお悩みを解決していただけるポイントです。 □まとめ 今回は賃貸管理に関するお悩みと解決のポイントをご紹介しました。短期的にお悩みを解決するだけでなく、長期的にお悩みを解決でき、改善し続けることも必要になりますので、当社のような管理会社へご相談いただくことも選択肢の一つにご検討ください。 当社では、今回ご紹介したお悩みにもしっかりと対応いたします。賃貸管理でお悩みのオーナー様はぜひ一度ご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸のお風呂でお湯が出ない時はどうしたら良い?

お風呂に入ろうとして、お湯を出そうとしたら水しか出てこないというトラブルで困ったことのある方はいませんか。せっかくお風呂に入ろうとしていたのに、お湯ではなく水がでてきたら困りますよね。そこで今回は、賃貸でお湯が出ない時の対処法について解説していきます。 □賃貸でお湯が出ない時のチェックポイントは? まずはじめに賃貸でお湯が出ない場合のチェックポイントを紹介します。 一番初めに水やガスの元栓が閉まっていないかを確認してください。自分が閉めた訳ではなくても、道路などに露出している場合は、手違いやいたずらで閉められているかもしれませんので注意しましょう。 次に、使用している水の量が少なすぎないかを確認してください。ほとんどの場合、お湯が出るには最低の水量が設定されています。この水量を超えないと、お湯が出ませんので水量が少なすぎないかを確認してください。 また給湯器にエラーコードが表示されていないかどうかも重要です。エラーコードによってエラーの内容が違うので、どのエラーを示しているのか確認するようにしましょう。エラーコードを見る際に取扱説明書が手元になくわからない場合は、ウェブ検索をしていただくことで問題が解決することもありますので、自宅にある給湯器のメーカー公式ホームページを確認してみてください。給湯器の電源を一度切り、もう一度電源を入れ直してみるだけで直る場合もありますので、一度試してみるとよいでしょう。 □上記を行ったうえでお湯が出ない場合はどうする? 上記で紹介した手順を試してもお湯が出ないこともあります。その場合は、無理せず管理会社に問い合わせてください。間違っても自分で、給湯器やガス栓・水栓を修理しようとしないことです。間違った方法で修理を行ってしまうことは、後々のトラブルにつながります。起きている問題を管理会社に問い合わせ、指示を待つようにしましょう。 *修理費用の負担に関して基本的には、入居者が故意に起こしたトラブルでない限り、大家さんが修理費用を負担することになっています。通常通りの使い方をしている限りは、入居者に責任は問えないので、トラブルが起きた際は最初に管理会社に相談するとよいでしょう。 □まとめ 今回は賃貸に住んでいる方に向けて、お風呂でお湯が出ない時はどう対処したら良いのかについて解説しました。突然このようなトラブルに陥った際には焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて管理会社に相談するようにしてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営に必要な視点!差別化について詳しく解説します

ビジネスで利益を得ようと考えると差別化は重要な視点となってきます。そしてこれは賃貸経営においても同様で、差別化は重要です。また、安定した入居率を維持するためにも、差別化についてしっかりと考えておく必要があります。そこで今回は、物件の差別化について詳しく解説します。 □物件を差別化する上で考慮すべきポイント まず、ある程度のマーケットが見込めることです。差別化を行う場合、ある程度のマーケットが見込めるターゲットに向けた物件にする必要があります。例えば、高齢者向けや女性向け、ペットを飼っている人向けといったような物件です。これらは釧路でもニーズがあるため、差別化した上で一定の入居者を集められます。 一方ニッチなターゲットに絞り込んでしまうと、入居者が集まりにくい傾向があります。例えば、大学が近くにないのに学生向けという差別化をしても、学生は集まりません。そのため、マーケットがある程度見込めるかどうかを考慮しましょう。 次に、ある程度の参入障壁が存在することを考慮しましょう。誰でも簡単にできるようなものであると、効果的な差別化にはなりにくい傾向があります。最初は差別化ができていても、すぐに競合物件に真似をされて類似物件になってしまうからです。 例えば、ペット可物件にする場合は、犬だけじゃなく猫も可にしたり、1匹だけではなく2匹まで可にしたりすることでより効果的な差別化となります。このように、差別化で高い効果を出したい場合は、他の物件が簡単に真似できないような工夫を凝らすことをおすすめします。 □物件を差別化するためのアイデア 先ほどは効果的な差別化をするために考慮すべき点をご紹介しました。ここでは物件を差別化するための具体的なアイデアをいくつかご紹介します。 まず、ダブルゼロ物件にすることが挙げられます。ダブルゼロ物件とは、敷金と仲介手数料を0円にした物件のことを指します。入居者の初期費用の負担を減らせるので、入居希望者に喜ばれる傾向にあります。 次にカスタマイズ賃貸にすることが挙げられます。カスタマイズ賃貸には、ある程度の選択肢の中から入居者に好みの内装を選んでもらい、入居するまでにカスタマイズしておくものと、入居後に入居者が自由にリフォームやリノベーションするものとがあります。前者はオーナー様がカスタマイズ費を負担し、後者は入居者がリフォーム費を負担します。 他にも、内装にアクセントクロスや北欧風照明器具を使うなど、デザインによる差別化もアイデアのひとつです。これらのアイデアを試すことで、地域の競合物件と差別化できる可能性があります。入居率を上げたいという方は、これらのアイデアの導入を検討してみてはいかがでしょうか。 □まとめ 今回は、賃貸経営に必要な視点である差別化について解説しました。効果的な差別化ができれば、地域で安定した入居率を維持できます。当社では、今回ご紹介した以外にも「ゼロ円賃隊ゼロボくん」という入居時初期費用・退去時費用0円という商品があります。安定した入居率を維持したいというオーナー様は、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸でタバコのトラブルにあったらどうする?

賃貸住宅にお住いの方の中で、タバコのトラブルにお悩みの方はいらっしゃいませんか。近隣の方がタバコを吸うことにストレスを感じたり、ご自身がタバコを吸っていて近隣の方から苦情を受けたりと、タバコが原因のトラブルは少なからず存在します。ここではタバコが原因のトラブルを防ぐ方法について、詳しく解説していきます。 □賃貸でタバコのトラブルにうまく対処するには? 賃貸でタバコのトラブルに発展しそうな時は、どのように対処すればよいのでしょうか。近隣住民のタバコに悩まされている場合と、自分がタバコを吸いたい場合に分けて解説していきます。 *近隣住民のタバコに悩まされている場合 賃貸で暮らしていると、タバコの匂いがどこからともなく漂ってくることは少なくありません。しかし近隣住民がタバコを吸っているとわかっても、どうすればいいのかわからないですよね。 この場合は、タバコを吸っていると考えられる住民との直接やり取りして解決しようとするのではなく、管理会社や大家さんを通して間接的に解決することが望ましいです。なぜなら、生活に関わる問題は価値観の違いが顕著に現れやすく、トラブルになるリスクが高いためです。折り合いがつかずにただの言い合いになるようなことも珍しくないので、管理会社や大家さんを通して解決を図りましょう。 *自分がタバコを吸いたい場合 タバコを吸いたいけど、「近隣住民の方に苦情を言われないだろうか」と考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。自宅でタバコを吸う場合、まずベランダでの喫煙は避けた方がいいでしょう。ベランダには直接タバコの匂いが通りますし、洗濯物に匂いがつくことをとても嫌がる方も多いです。トラブルを避けるためには、ベランダでの喫煙は避けるべきです。 近隣トラブルが起きにくい喫煙場所は、部屋の中です。しかし、部屋にタバコの匂いがついてしまうという問題があります。 そこで部屋にタバコの匂いをつけないために、喫煙する際は空気清浄機やタバコ用の消臭剤、消臭クロスや換気扇などの消臭効果のあるものを併用しましょう。そのまま喫煙するよりも、はるかに匂いが軽減されます。 もし可能であれば、臭いや煙が少ない加熱式タバコに変えるという方法も効果的です。匂いの原因をかなり大きく取り除けるので、もしトラブルにお悩みの場合は試してみるとよいでしょう。 しかし賃貸の契約によっては、部屋の中での喫煙が許可されていないこともあります。その場合は喫煙することはさらに大きなトラブルを招きますので、喫煙の許可があるかどうかは最低限確認しておきましょう。 □賃貸での喫煙に関する動向について かつてよく報告されていたタバコに関するクレームの多くは、賃貸住宅の敷地にタバコが捨てられているというものでした。しかし近年は、近隣からのタバコの臭いなどのクレームが中心となっていて、時代とともに変化していることが分かります。 また、2018年には健康増進法の改正が可決されたこともあり、屋内での喫煙が制限されることも多くなりました。賃貸に関しても、敷地内では完全に喫煙を禁止するところも増えているのが事実です。 現代は、タバコに関する拒否反応が大きくなっている時代と言えるかもしれません。そのようなことを踏まえつつ、極力匂いや煙が近隣住民に届かないよう、気を配ることが大切です。トラブルにならないよう、喫煙者としてのマナーを守るようにしましょう。 □まとめ 今回は賃貸住宅に住んでいる方に向けて、タバコが原因で起こるトラブルについて解説しました。近隣住民との関係を保つための方法について、参考にしていただければ幸いです。タバコ以外のトラブルでもお悩みがあれば、ぜひ当社の他の記事についてもチェックしていただきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理をしている方へ!入居率を上げる方法について説明します

賃貸経営で最も大切なのは安定した家賃収入を得ることです。家賃収入が少ないと賃貸経営を続けることが難しくなってしまいます。その家賃収入を考える上で重要となってくるのが入居率です。今回は、この入居率を上げる方法についてご紹介します。 □入居率の目安 賃貸経営をしていれば入居と退居が繰り返されるため、常に満室というのは難しいです。ただ、一定以上の入居率を保っておかないと、どうしても賃貸経営が苦しくなってしまいます。そのため、ここでは入居率の目安についてご紹介します。 入居率の目安としては、竣工から5年までは90%から100%の入居率を維持しておきましょう。その後の10年までは80%から90%、20年までは70%から80%の入居率を維持しておけば、一般的に利回りの確保が可能になると言われています。 この目安とされる入居率を実現するためには、長期間の空室を出さないことが重要です。退居者が出てから原状回復をする期間を考えると、その部屋に次の入居者が引っ越してくるまでに数週間ほどはかかります。また、新しい入居者を探す期間も必要であるため、数カ月は空室のままになることもあるでしょう。この空室期間が半年以上になると、全体の入居率が目安より下がってくる可能性があります。さらにそのような空室が数カ所出てしまうと、年間の収支にも大きく影響してしまうので注意が必要です。 □入居率を上げる方法 先ほどは入居率の目安についてご紹介しました。ここでは、その入居率を上げるための方法についてご紹介します。 まず、入居率を上げるためには入居者のニーズを把握しておくことが大切です。立地や家賃ももちろん重要ではありますが、お部屋探しをする際の条件はそれだけではありません。 例えば、近年はインターネット設備は欠かせないものとなっています。このような、時代やニーズに合った設備の導入も空室対策につながります。また、間取りに関しては一般的に独立したトイレやお風呂、洗面台が好まれる傾向があります。これらの入居者のニーズを取り入れておくことで入居率の向上が期待できます。 次に、室内や建物周りを美しく保っておくことも重要です。入居希望者はほとんどの場合、物件の下見や内見をしますよね。その際に共用のゴミ箱が手入れされていなかったり、水回りが汚かったりすると印象が悪くなってしまうでしょう。 特に1階の部屋は、窓から建物周りが見える場合も多いでしょう。1階は空室になると次の入居者を見つけるのが比較的難しい部屋なので、印象をよくすることがとても大切なのです。そのため、入居率を上げるためには、室内と建物周りの日々の手入れを丁寧に行いましょう。 □まとめ 今回は賃貸経営をされているオーナー様に向けて、入居率を上げる方法についてご紹介しました。入居率を上げたい方は今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。また、当社では入居率を上げるためのサポートをいたします。入居率でお悩みのオーナー様は、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オール電化の賃貸での停電が心配!どう備える?

お住まいの賃貸住宅がオール電化の場合、停電が心配だという方がいらっしゃるかと思います。「もしもオール電化で停電が起きたら、ぜんぶ止まってしまうの?」と不安に思う方も多いでしょう。確かにオール電化住宅はすべて電気で動いているわけですから、停電してしまったら何もできなくなるのではと不安に思うのももっともなことです。そこで今回そのような不安を解消するため、オール電化の賃貸住宅での停電の対処法をご紹介します。 □オール電化の賃貸で停電が起きたら? オール電化の賃貸で停電が起きたら、まずはブレーカーがオフになっていないかを確認してください。もしもオフになっている場合は、ブレーカーが落ちただけの可能性があります。その場合は、ブレーカーを上げるだけで解決することも多いです。しかしブレーカーがオンになっているのにも関わらず電気がつかない場合は、すぐには復旧しない停電の可能性があります。すぐに身の安全のため、下記の対応を取ってください。 まず家にある電化製品の電源を切り、コンセントを抜いておきましょう。コンセントを付けっぱなしにしておくと、復旧した際に大量の電気が一気に通ることになります。これが原因となり火災に発展するケースも報告されているので、まず確認してください。 その次に電気だけでなく、水道やガスの元栓を閉めましょう。オール電化の賃貸でもガスの元栓がある場合があるので、確認しましょう。 また、オール電化住宅に限りませんが、5階建て以上のマンションになると、電気を使ったモーターで屋上の貯湯タンクに水をくみ上げて各室で使うという場合もあります。停電時にこの貯湯タンクの水がなくなり、使えなくなることがありますので覚えておいてください。 ここまでで、まず身を守るための最低限の対処はできました。ここからは、停電中に役立つ対処法について、解説していきます。 □停電したときに役立つ対処法は? 停電が起きた際は、携帯を省エネモード、もしくは電源を落としておくことをおすすめします。携帯の充電が切れてしまうと、いざという時に誰とも連絡が取れなくなります。極力使用を抑え、大事な連絡のために充電を温存しましょう。また、災害時は臨時で充電スペースが設けられることもありますので、充電が少なくなる前に確認しておきましょう。 停電するとIHのクッキングヒーターも使用できなくなります。そのため、加熱調理の必要な非常食は食べられなくなります。しかしカップ麺については、実はIHが止まっても食べられます。カップ麺は、水でも調理できるのです。お湯で作る時よりも長い時間を要しますが、15分から20分程度待てば調理できるので、カップ麺がある場合は水で戻して食べましょう。ただ停電が長期になると加熱できないのは困るので、オール電化住宅にお住まいの方はカセットコンロを常備しておきましょう。 停電時はトイレも流せなくなります。ただ、バケツ1杯の水をトイレに流し込むと、手動で流せるようになっています。緊急時は試してみてください。水がはねないように気をつけて流しましょう。またメーカーによって手動での水の流し方は異なる場合があるので、使用しているトイレのメーカー取扱説明書を確認しておきましょう。 □まとめ 今回は、オール電化の賃貸に暮らしている方に向けて、もしも停電してしまった際の対処法を紹介しました。オール電化住宅に住んでいる方は、停電になった時の不安が大きいと思います。この記事がその不安を少しでも解消できていれば幸いです。賃貸でのお困りごとは、ぜひ当社の記事を参考にしてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ