月別アーカイブ: 3月 2021

賃貸にお住まいの方へ!隣人トラブルについて解説します!

マンションやアパートの需要が増える中、賃貸住宅でよく発生する「隣人トラブル」。「管理会社に連絡するべきか」「注意するべきか」このように悩む方も多いはず。よくある隣人トラブルには、どのようなものがあるか見ていきましょう。 □よくある隣人トラブルとは? *騒音・生活音のトラブル 隣人トラブルの中でもっとも多いのは「騒音・生活音」の問題。夜中や早朝に大きな声で話す、大音量で音楽を聴く、楽器を演奏するなど、入居者や管理会社が頭を悩ます事項です。生活音では、窓の開閉音、掃除機や洗濯機の機械音、上階から子どもが走り回る音などがあり、こうした問題でメンタルに支障をきたすケースもあります。 *ペットに関するトラブル 犬や猫の鳴き声やルール違反、ムダ吠え、トイレの始末など、ペットを飼ってない人や動物アレルギーの住民からの苦情があるようです。 *臭いのトラブル 臭いには、腐敗臭、生活臭などがあり、トラブルも多くみられます。例えば、ベランダからタバコの臭いや匂いの強い食べ物、柔軟剤の匂いなどです。臭いは人によって感じ方が違うので、トラブルになりやすいとも言われています。 □近隣トラブルは、どのように解決するべきか? まずは、大家さんや管理会社に相談することです。賃貸住宅の近隣トラブルは、まず大家さんや管理会社に相談しましょう。担当者に電話をして、トラブルの具体的な状況や時間を説明します。事前にメモを取っておくと、状況をスムーズに伝えることができます。 相談後は、掲示板への張り紙や書面をポストに投函していただくことが期待できます。しかし、逆恨みされるリスクもあるため、相談者は匿名にしてもらいましょう。 それでも解決しない場合は、弁護士や警察に相談します。騒音では「騒音規制法」、臭いのトラブルは「悪臭防止法」に規定があり、法律のプロである弁護士に相談するのも一つの方法です。緊急性のある場合は、警察に通報するのも有効な手段となります。警察相談専用電話「#9110」があり、犯罪等による被害の未然防止に関する相談が可能です。 □まとめ 賃貸住宅の隣人トラブルや解決方法について解説しました。トラブルは、前々から抱えていた怒りが爆発し、大きな事件に発展するケースもあります。早めに大家さんや管理会社に相談することをおすすめします。弁護士や警察に相談することも検討しましょう。お住まいの各自治体の役所や役場の生活課へ相談するのもひとつです。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理をお考えの方必見!賃貸管理の目的について解説します!

不動産経営において、賃貸管理は入居者の事情や法令が複雑に入り組むため解決しづらく、頭を悩ませるものです。そういうときは、思い切って不動産管理会社へ業務委託するとピントがあった経営が可能になります。なぜ賃貸管理をする必要があるのか、管理会社はどのように手助けできるのかをご紹介します。 □賃貸管理は入居者の生活を守り、利益を得ることが目的 アパート・マンションのオーナー様には、入居者が快適な暮らしができるように物件を維持し、賃料を適切に管理することが常に求められます。そもそも賃貸管理は、建物管理と契約管理、資金管理の3つに大きく分類されます。 ・建物管理 日々の清掃や警備、外壁や設備の修繕・リフォームにより清潔で便利な暮らしを可能にする。 ・契約管理 入居者情報や契約内容の管理、新規契約や更新・解約などの手続きを滞りなく行う。 ・資金管理 賃料および敷金、手数料等の適切な徴収や保証会社への連絡。 この多岐にわたる賃貸管理を綿密に行うことで入居率が安定し、オーナー様も安定した賃料収入を得るかつ大きな出費が不要になります。つまり、オーナー様と入居者様、双方がメリットを得る状況が実現可能です。 □プロ視点で管理業務のナビゲーションをする賃貸管理業者 オーナー様、特に一棟のアパート・マンションには多彩なライフスタイルの入居者様が共同で暮らしているため、満足度の高い賃貸管理をするのはとても骨が折れます。不安や煩わしさを感じたら、管理会社に賃貸管理を任せるのがオススメです。管理会社には法令などの知識が豊富で、経験やノウハウに優れている人材がそろっています。万が一、オーナー様が不動産の運用に自信が無くても健全な経営を支えます。 書類作成では法令に則った契約書面の作成代行や、確定申告にも使える送金明細書を送付いたします。巡回清掃の代行やご報告をはじめ、入居者様とオーナー様の間を折衝するため無用なトラブルが避けられます。修繕や資金の計画のアドバイスをもらうことも可能です。 また、企業に委託することでオーナー様はあらゆるライフスタイルを取れるようになります。より複数人かつ幅広い時間帯で対応できるので、本業をお持ちのオーナー様でもフレキシブルに迅速な対応が可能です。オーナー様にとってきっと頼りがいのあるパートナーとなってくれるでしょう。 □まとめ 手数料の支払いや、企業の選別の手間から敬遠されがちな管理会社ですが、手間や出費以上の働きが期待できる管理会社が確実に存在します。弊社ユタカコーポレーションでも賃貸管理業務を契約から退去、賃料や建物管理まで一括でお請けしております。お電話やメールで、まずご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の壁に穴が空いたらどうする?専門家が解説します!

急に訪れる、賃貸物件での壁の穴トラブル。・壁に穴を空けてしまったらどうすれば良いか・キレイな壁を保つために注意するポイント上記について、専門家がお話します。壁に穴が空いて困っている人、今後不安な人はぜひ参考にしてください。 □賃貸物件の壁に穴を空けてしまったときの対処法は? 日常生活の中で、故意または過失により部屋の壁に穴を空けてしまった場合。穴のサイズによって対処法や補償面が変わってきます。 *画鋲サイズの穴の場合 「壁の穴=居住者負担」という印象があるかもしれませんが、この場合は例外となる可能性があります。壁に画鋲やピンで穴を空けることは、日常生活での想定範囲内。国土交通省のガイドライン内に、修繕費は賃貸人(大家さん)が負担するとの記載がされているのです。とはいえ、ガイドラインはあくまでも一般的な目安であり、最終判断は大家さんです。賃貸契約書に画鋲の禁止が記載されている物件もあるので、契約書を確認しましょう。すでに穴を空けてしまった場合、さほど目立つ穴ではないのならすぐに対処する必要はありません。 *釘やねじサイズの穴の場合 釘やねじで部屋の壁に穴を空けた場合、修繕費は原則入居者負担となります。特に、壁紙後ろの「石膏ボード」まで穴が貫通している場合には費用が高くつく可能性も考えられます。市販品に石膏ボード用のパテがありますが、むやみにご自身で修繕すると穴が悪化することもあり危険です。自己判断で修繕するのはやめておきましょう。 *こぶしサイズの穴の場合 例えば子供のケンカなどでによる不注意により、壁にこぶしサイズの穴が空いてしまった場合。こちらも、修繕費用は原則入居者の負担となってしまいます。最悪の場合には、石膏ボードごと入れ替える作業が必要となってしまうかもしれません。 釘やねじサイズの穴よりも割高な修繕費となってしまうことは免れないでしょう。大きな穴があると見るたびに落ち込みますし、来客もびっくりです。ポスターやマスキングテープなどで、見えないように一旦隠しておきましょう。 □賃貸物件で穴のないキレイな壁を保つために 穴や汚れひとつない、キレイな壁を維持するためのポイントをご紹介します。 1つ目は、まめに掃除をすることです。日々の掃除をぬかりなく行うことで、きれいな壁を維持できます。特にキッチンの壁は非常に汚れやすいため、事前に汚れ防止シートを貼っておけば普段の手入れがラクになりますよ。それでも防げない油汚れや、たばこのヤニ汚れには”重曹スプレー”がおすすめです。重曹と水を混ぜて霧吹き容器に入れ、吹きかけたあと拭き取ってください。 2つ目は、冷蔵庫の排熱に注意することです。冷蔵庫の背面が壁にくっついていると、排熱で壁が黒ずむことがあります。壁から少し離して設置しましょう。 最後は、カビが生えないように対策することです。湿気が高いと、カビの温床となってしまいます。壁がカビてしまわないよう、除湿剤を置いておきましょう。特に、お風呂や洗面所など水気の多い場所は要注意です。 □まとめ 今回は、賃貸物件の壁の穴についてお話しました。壁の穴や汚れについてお悩みの方の参考になれば幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営で重要な管理会社選びについて解説します!

管理会社は、賃貸経営をするオーナー様にとってパートナーとも言える存在です。入居者や建物の管理、トラブル対応をオーナー様に代わってするからこそ、信頼できる会社を選ぶことが賃貸経営の明暗を分けると言っても過言ではないでしょう。本記事では、管理会社の主な業務内容と、会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。 □管理会社の業務内容とは 管理会社が請け負う業務は主に以下の2つです。1) 入居者の管理やトラブル対応2) 建物の維持管理やメンテナンス 尚、管理会社には、「入居者の募集や契約」といった仲介業務から管理業務までをワンストップで請け負う会社と、「集金代行や建物の修繕」といった入居後の管理業務だけを請け負う会社がありますが、本記事では前者を例に解説いたします。 まず1つ目の「入居者管理」は、入居者の募集から退去までの一連の業務を指し、この中に家賃の集金代行やトラブル対応が含まれます。例えば、水漏れや設備の不具合が生じた際は、入居者から管理会社に直接連絡が行き、管理会社が対応します。また、家賃滞納が発生した際には、管理会社が対策を講じたり滞納保証をしたりと、オーナー様にとってはリスクヘッジにも繋がるでしょう。 2つ目の「建物の管理やメンテナンス」は、定期的なパトロールによる建物の維持管理や補修、退去後の清掃や修繕を指します。これにより、例えば共用部分に入居者の私物が散乱している、階段の蛍光灯が切れたままになっている、といったことを防止できます。上記以外のサービスや細かな取り決め、費用負担については個別に管理会社へ問い合わせましょう。 □管理会社選びにおいて重要なこと ご自身のパートナーとして管理業務を任せるからには、以下に挙げられるような「オーナー様のニーズに寄り添うサービスを提供しているか」が最も重要なポイントです。 1つ目は「営業力が高い」ことです。管理業務は入居者を募集するところからスタートします。自社ネットワークが強かったり、インターネット上を含む営業力が高かったりする会社を選ぶことは集客力のアップに繋がり、空室率を下げられます。 2つ目は「トラブル対応の早さと対策が万全」であることです。トラブルが発生すると、その対応次第では入居者が退去してしまう可能性があります。何より、レスポンスの早さや対応の早さは顧客満足度に直結します。より良い賃貸経営を目指すためにも、知識や経験が豊富でトラブルへの対応力が強い管理会社を選ぶようにしましょう。 □まとめ 賃貸経営をする上で、管理会社選びは非常に重要です。信頼できる会社を選び、安心して賃貸経営に臨みましょう。当社では、入居者募集から一連の業務をワンストップで請け負うのみならず、豊富な経験を活かしてオーナー様が安心して賃貸経営ができるサービスを提供しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸オーナーの方必見!効果的な空室対策について解説します

賃貸経営をしていく上で多い悩みは、空室が出ることです。空室が長期間にわたり出てしまうと、収入が減ってしまいます。また、空室対策に費用を投入しても空室が埋まらない場合は、その分も損失になってしまいますよね。そこで今回は効果的な空室対策についてご紹介します。 □具体的な空室対策 効果の出やすい空室対策がいくつか存在するため、ここではその具体的な内容についてご紹介します。 *ターゲットの見直し 日本には数多くの物件が存在します。釧路のエリアでも数多くの賃貸住宅が空室となっており、入居者募集をしています。そのため、その他と似たような物件では差別化ができず、入居希望者が集まりにくくなってしまいます。 ただ、ターゲットの見直しをすることで差別化できる可能性があります。例えばペットを飼っている人や女性、高齢者といったようにターゲットを絞ることで、目指すべき物件像が明確になります。 そして、ターゲットに合わせた物件にすることで、周囲の物件との差別化も図れるでしょう。反対に、ターゲットを絞りすぎている場合は、一般に向けた要素も取り入れることで、入居者の増加が期待できます。 *入居者の費用負担を減らす こちらの方法は効果が出やすいですが、賃料や更新料などを下げると収入も減少してしまいます。そのため、他の空室対策を試してみてから実施したいところですね。 費用負担を減らす際のポイントとしては、周辺物件をリサーチしておくことが挙げられます。ただ闇雲に賃料を下げるのではなく、周辺物件に合わせた適正価格にすることでオーナー様の負担を減らしながら集客できます。 *内見を増やす 物件選びをする際は、ほとんどの方は内見をしてから最終決定を下します。そのため、内見希望者を増やすことは空き室対策として非常に有効です。 近年はインターネットでの物件探しが主流となっています。つまり、物件サイトに掲載されている情報や写真が内見をするかどうかの判断材料になっていると言えます。そのため、掲載されている写真が分かりにくくないか、古い情報が掲載されていないかといったことを確認しておきましょう。 □地域によって空室対策は変化する 先ほどは効果的な空室対策の例をご紹介しましたが、効果的な対策は地域によっても変わってきます。理由としては、地域によって求められている価格帯や物件の広さが異なるからです。 そのため、地域のニーズの下調べは重要です。例えば周辺にどのような物件が多いのか、周辺にはどのような人が多く住んでいるのかといったことを把握しておきましょう。 そこで得た情報から、所有している物件の強みと弱みを考えます。そして、ここで見つかった弱みを改善できるような空室対策があれば積極的に実施していきましょう。また、人気のある周辺物件の情報を調べることで、宣伝方法や物件写真の撮り方を参考にできます。このように数多くのメリットがあるため、地域のニーズの下調べは入念にしておくことをおすすめします。 □まとめ 今回は効果的な空室対策についてご紹介しました。空室対策で効果を上げるためには、地域のニーズを把握しておくことが大切です。そして、当社ではさまざまなお悩みを抱えたオーナー様をサポートしております。空室対策でお悩みのオーナー様はぜひ当社までお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ワラジムシが発生するのはなぜ?賃貸の部屋で発生した時の対処法

賃貸で起こる問題の一つが虫の侵入問題。突然現れると、どこから入ってきたのかびっくりしますよね。今回は、賃貸物件におけるワラジムシ対策についてご紹介します。 □ワラジムシの生態とは ワラジムシとダンゴムシたいへん似ていて見分けがつきませんが、丸くなるのがダンゴムシ、丸くならないのがワラジムシです。ワラジムシが主に生息するのは北海道と東北、ダンゴムシの方が関東以南と暖かい地域を好むようです。 □室内にワラジムシが発生するのはなぜ? ワラジムシが好んで住むのは、湿気のある落葉や湿気を含んだ土などです。お部屋にベランダがついていて、プランターなどが置いてあると発生源になるかもしれません。ベランダが無くても、建物周りに雑草が生えていたり、落葉や枯れ葉あるとそこが住処になってしまいます。乾燥が苦手で湿った場所に生息するワラジムシ、建物の基礎と地面の間などどこにでも普通にいるイメージですね。もし大量に発生していたとしたらお部屋の中に侵入することもあるかもしれません。ワラジムシはわずかな隙間からも侵入してきます。窓のサッシなど家の中に隙間がないかチェックしてみましょう。 □お部屋でワラジムシを見つけた場合の対処方法 見た目が不快に感じる人もいますが、ワラジムシはとてもおとなしく無害な生き物です。他の虫に比べると動きもそれほど早くはありません。お部屋の中にたまたま侵入してきただけならば、ティッシュなどでつまんで外に逃がしてあげましょう。ティッシュごしとはいえ、触れるのはちょっとという方は殺虫剤を使用しましょう。「アリフマキラー」は、すぐれた殺虫力をもつ天然成分の除虫菊エキス「ピレトリン」を配合しており、さらに-60度の冷却効果で速攻殺虫してくれるそうです。もちろん、ワラジムシにも効果があります。食品生まれの忌避成分のため室内でも安心して使えて、一週間ほど効果が持続するのでバリア効果も期待できますね。 □頻繁に侵入してくる場合の対処方法 お部屋の中に頻繁に入ってくるようなら、屋外で大量発生している場所があるのかもしれません。また、侵入してくる隙間もあるのでしょう。害虫用の駆除剤として、室内への侵入防止の粉剤の散布という方法もありますが、勝手に撒くのも考えもの、頻繁に入ってくるようなら大家さんや管理会社に相談してみましょう。 □まとめ 今回はワラジムシが侵入した場合の対処方法についてご紹介しました。お部屋に虫が出るなんて嫌ですよね。頻繁に出るようなら大家さんや管理会社に相談しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で鍵を紛失してしまった!対処の仕方を紹介します

「外出していて帰ってきたら鍵がないことに気がついた」賃貸で暮らしている方の中には、このようなトラブルに遭われた方も多いかと思います。この記事では、賃貸に住んでおり、家の鍵を紛失してしまった際の対処法について解説していきます。 □賃貸で鍵を紛失した時どうする? 「ポケットに入れてたはずなのに鍵がない・・・」上記のように賃貸物件の鍵を紛失してしまったという経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。鍵を紛失したことが分かった時に、どのような対処をしたらよいのでしょうか。 まず初めに紛失したことが発覚した段階で、警察署に遺失届を出すようにしましょう。理由としては、なくしてしまった鍵が警察署に届けられている可能性があったり、落ちている鍵に気がついた誰かが警察署に届けてくれる可能性があるためです。一方で落とした鍵を悪用されてしまう可能性もありますので、鍵をなくしたしまった際はまず初めに警察署に報告するようにしましょう。 次の問題として挙げられるのが、家に入れないという問題です。この問題の解決策は、管理会社もしくは大家さんに連絡することです。管理会社が24時間受け付けている場合や、大家さんが家の近くに住んでいる場合は、すぐに問題が解決することもありますが、そうでないことも多いかと思います。もしどうしてもすぐに入らなければいけない用がある際は、鍵業者に連絡し、開錠してもらうという手もあります。ただその場合もしっかりと後日管理会社か大家さんに状況を説明しておくことで後々のトラブルを防ぐことができますので、忘れずに報告するようにしましょう。 □鍵がいつまでも見つからない場合は 紛失した鍵がいつまでも見つからない状況もあるかと思います。この場合は悪い人に拾われ、悪用されてしまう前に下記対策を行っておくことをおすすめします。 その対策とは、鍵の交換です。すぐに自分で鍵業者に連絡し、交換してもらうのではなく、まずは管理会社に相談しましょう。理由としては管理会社によって鍵の紛失時の対処の仕方が変わるためです。また当然ですが、鍵の交換には費用がかかります。鍵を紛失してしまった場合、鍵をなくした住人の責任になるので、鍵をなくした住人が通常費用の負担を行うので注意しましょう。 □まとめ 今回は賃貸で鍵を紛失してしまった方のために向け、対処法について解説してきました。鍵の紛失に気がついた時は動揺してしまうかもしれませんが、落ち着いて本記事で紹介した手順を試してみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ