月別アーカイブ: 4月 2021

賃貸でよくあるトラブルと対応方法を解説します!

マンションやアパートの賃貸物件に住んでいると、様々なトラブルが発生します。1度借りるとすぐに引っ越しができないため、悩まれている方も多いのではないでしょうか。「設備」「水漏れ」「騒音」「におい」など、生活の中でよくある起きやすいトラブルについて、どう対応すれば良いか解説します。 □賃貸の建物に関するトラブルをご紹介 1つ目は、水漏れです。賃貸の建物で多く発生するトラブルの1つは、この「水漏れ」です。その原因は、経年劣化に伴うものや借主の過失であることが多いです。 経年劣化については、排水管、配管、給水管に起きやすいでしょう。特に排水管が原因である場合には、下の階に漏れている可能性もあり、早急な対応が求められます。 借主の過失としては、洗濯機のホースが外れる、蛇口やお風呂の水の止め忘れなどが挙げられます。 どちらにしても、まずは管理会社へ連絡するようにしましょう。提携先の水道業者へ連絡してくれるケースが多いです。管理会社へ連絡がつかない場合で緊急を要するときは、水道業者へ直接連絡しましょう。 修繕費用に関しては、経年劣化の場合は大家さん負担で、借主の過失では借主負担となります。 2つ目は、カビなどの汚れの発生です。漏水がカビなどの汚れの発生につながるケースもあります。シューズボックスや押入れ、クローゼット、窓際の壁、浴室、部屋の結露など、カビが発生しやすい場所には、日頃から埃や汚れ、水気を取ったり、晴れてる日は換気したりするなどの対策が必要です。 3つ目は、設備の故障です。代表的なのはエアコン、給湯器、換気扇などです。特にエアコンの場合は、フィルターを長期間一度も掃除していなかったことが故障原因となれば、修理費が借主負担になる可能性もあります。 □賃貸の生活に関するトラブルをご紹介 *騒音 入居者同士で一番多いとされるのが「騒音」トラブルです。日常で発生する扉や窓の開閉音、掃除機や洗濯機の音、子どもの足音、楽器演奏などが原因として挙げられます。時間帯では、早朝や深夜の騒音がトラブルになるケースが多いです。 まずは、自分が音を出すときに気をつける必要があります。近隣の継続した騒音が気になる時は、いつ・どこで・何時に・どんな音がしたかをメモに残し、音声や動画も証拠として記録することが大切です。証拠を揃えた上で管理会社に相談してみましょう。 *においとマナー違反 近年、マナー違反に伴う苦情も多く発生しています。具体的には、ベランダや窓から発生するタバコの臭いや焼肉の煙、ペット禁止物件でのペットの飼育があります。気になる場合は、まず管理会社に連絡し、ポスティングや貼り紙で注意喚起してもらいましょう。 □まとめ 今回は、賃貸の建物や生活にまつわるトラブルを具体例とともに解説しました。賃貸トラブルが発生しても当事者同士で解決しようとせず、まずは管理会社や大家さんに相談しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸オーナー様必見!自主管理の内容についてご紹介します!

賃貸経営では、管理業務が重要な位置づけとなっています。管理方法は大きくわけて「自主管理」と「管理委託」に分けられます。主に管理委託の方が多くなっていますが「自主管理」はどのような管理を行っているのでしょうか。今回の記事では、自主管理と管理委託の内容について解説します。 □自主管理の業務内容 自主管理の業務内容は主に3つあります。 1つ目は、入居者募集業務です。入居者の募集については、仲介会社にまかせている方が多いかと思いますが、自身で行う場合には、入居者の募集(募集図面の作成・配布)から契約締結(契約書の作成)までを行います。自身で作成したホームページに物件情報を掲載するなど、何らかの広告手段を使って入居者の募集を行う必要があります。しかし、ノウハウがない場合、空室のリスクは高まるでしょう。 2つ目は、入居者管理業務です。契約更新の手続きや退去時の立ち会い、家賃滞納に関する対応まで行います。滞納者には、いつまでに支払うかなどの調整や支払われなかった場合の督促、内容証明書の送付、賃貸借契約の解除などの対応も行わなければなりません。 3つ目は、不動産管理業務です。共用部分の清掃(エントランス、駐車場・駐輪場、ゴミ置場)や設備の更新とメンテナンス、消防点検、建物全体から室内の修繕とリフォームまで幅広く行います。 □管理委託の内容 *そもそも「管理委託」とは 賃貸管理をすべて不動産管理会社に委託することをいいます。 「自主管理」では、管理費用のコストを抑えられますが、管理会社と同じようなノウハウを持っていることはないでしょう。「管理委託」では、知識や経験、ノウハウがある業者が対応するので、安定した管理体制が敷かれます。 「自主管理」では経験が浅く、法的知識も豊富ではないので、トラブルが増えることも考えられます。「管理委託」をすれば、日常から緊急まで迅速かつ丁寧な対応が期待できます。 *「管理委託」のデメリット 管理委託のデメリットを2つ紹介します。 1つ目は、管理委託費がかかることです。毎月の家賃の数パーセントが管理委託費として徴収されます。また、希望する管理会社を探す手間や時間がかかってしまうこともあります。 2つ目は、管理会社選びが重要となることです。信頼と実績がある管理会社であれば、賃貸経営をスムーズに行えますが、対応や評判が悪い管理会社を選んでしまうと、空室率や退去率などに影響します。 このように、管理委託には費用や管理会社選びの点でデメリットがあります。しかし、専門的な業務を任せられるため、賃貸に関するノウハウが少ない方や経営が不安な方には非常におすすめです。 □まとめ 自主管理の内容や管理委託の内容を解説しました。賃貸経営には、管理会社選びや管理方式が重要となります。どちらが適しているのか、コストや業務内容を十分検討しながら決めましょう。賃貸についてお困りのことがありましたら、お気軽に当社までご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸のエアコンを掃除する方法とは?専門家が解説します!

釧路でもエアコン付きの新築物件が増えてきました。賃貸に住んでいる場合、エアコンクリーニングを自分でやるか業者に依頼をするか、迷うことがあります。備え付けのエアコンでは、最初から「カビで中が真っ黒だった」「風のニオイが臭い」などといったケースもあります。こうしたエアコンの掃除では、どれくらいの費用がかかり、どちらが負担となるのか解説します。 □エアコンの掃除をする際のポイントとは? まずは、業者にエアコンクリーニングを依頼するケースをみていきましょう。 賃貸物件では、勝手にエアコンクリーニングを業者に依頼せず、まずは管理会社や大家さんに連絡しましょう。備え付けのエアコンは、管理会社や大家さんにメンテナンス義務があるとされています。しかし費用は、入居間もない時期に正常に動かない場合などを除き、原則は自己負担のケースが多いです。 自分で設置・購入したエアコンクリーニングの場合も、業者に依頼するときは事前に管理会社や大家さんへ連絡しましょう。エアコンクリーニング費用については、入居者負担となります。 一方、業者に依頼せずに簡単な清掃を自分で行う場合ケースもあると思います。日頃のお手入れでフィルターの清掃や吹き出し口や枠の汚れを拭く作業については、管理会社や大家さんへの連絡は必要ありません。 □エアコンを自分で手入れする方法を解説 *エアコンフィルターを掃除する まず、コンセントから電源プラグを抜きます。そのあとにフィルターを取り外し、掃除機でホコリを吸い取り、水洗いするとキレイになります。掃除機は表面から裏面の順にかけましょう。最後はカビの原因になるため、完全に乾燥させることが大切です。 *エアコンの前面パネル・本体を掃除する 布やタオルなどで前面パネルを拭いてから、水やお湯に濡らして再び拭きます。取り外しができるものは、全面パネルも水洗いが可能とされています。 *エアコン吹き出し口(ルーバー)を掃除する このときも予めコンセントを抜いておきましょう。ルーバーを手動で開ける場合は、内側と外側を乾拭きします。機種によっては、ルーバーの操作をリモコンでできます。ルーバーは取り外しができないので、届く範囲で無理のないように掃除しましょう。 □まとめ エアコンの掃除をする際のポイントから自分で手入れする方法まで解説しました。エアコンが汚れたままですと、カビによる異臭やアレルギー症状を引き起こす可能性があります。賃貸物件であっても、自分で掃除できるところは定期的にチェックしお手入れをしましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室が埋まらない理由とは?賃貸オーナー様に向けて解説します!

賃貸経営で空室が埋まらないことがあります。「空室の対策がわからない」「空室の原因がわからない」など、空室に悩まれている方は多いのではないでしょうか。空室が埋まらない理由はどこにあるのでしょうか。また、継続的に家賃収入を得るには、どのような対策が必要なのでしょうか。不動産の専門家が詳しく解説します。 □空室が埋まらない際に確認しておきたい項目 空室が埋まらない際は、5つの項目をチェックしましょう。 1つ目は、立地条件です。やはり立地は、入居率を左右する重要な要素です。騒音や治安などの周りの環境、交通の便(物件から駅までの距離、坂道の有無、医療施設、商業施設までの距離)など、利便性がとても重要となります。 2つ目は、物件の情報が認知されているかです。仲介を依頼している不動産業者のホームページや不動産ポータルサイトに掲載されているか確認しましょう。情報が出てこない場合は当然、入居する確率がひくくなります。 3つ目は、競合物件と比べて適切な条件であるかです。最寄り駅や建物の規模、広さなど、同じような物件で家賃が高めになっていないかどうかの確認が必要です。さらに、リノベーションやリフォームなどの差別化を図ることもひとつの方法です。 4つ目は、共用部分が清潔であるかです。廊下、階段、駐輪場などでゴミが散乱していると、内見時に印象が悪くなります。また、古いポストにチラシがたくさん入っている場合も、良い印象を与えられません。 5つ目は、募集条件が厳しくないかです。募集条件が厳しすぎると、空室が多くなる可能性があります。ペット可や連帯保証人不要など、ある程度の改善が求められます。 □管理会社選びの重要性 賃貸経営を成功させるためには、管理会社選びが重要になります。適切な管理がなされていない物件は、空室も多く、退去率も高くなってしまうでしょう。管理会社を選ぶ際のポイントについて解説します。 *入居者募集に素早い対応 空室が発生しても素早く改善点や対策を考え、提案していただける管理会社であることが大切です。安心して管理業務を任せられるでしょう。 *地域の情報をよく知っている その地域の情報や特徴を知っていると、賃貸管理がスムーズに行えるため、入居者からの不満も少なくなります。したがって、管理が行き届いていれば、集客力も自然と高くなります。 *家賃設定に工夫がある 家賃を下げて管理費や共益費を上げたり、敷金・礼金なしなど、入居者のニーズに合わせた提案をすることも重要です。空室率がまったく改善しない場合には、管理会社に原因があるのかもしれません。管理会社の対応が素早くなかったり、返答に遅れたり、空室に関する提案がなかったりなど、長期間つづくようであれば管理会社の変更も考えなければならないでしょう。 □まとめ 空室が埋まらない理由や管理会社選びの重要性について解説しました。長期間の空室が続けば、原因を特定するか、お早めに管理会社を変更することも検討しましょう。賃貸経営に関してお困りのことがありましたら、当社までご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方必見!水道のトラブルが起きたらどうする?

賃貸マンションなどの集合住宅でよく起こりがちなのが、水道などの水漏れですよね。軽微なものであれば簡単に修理が可能ですが、大規模な修理が必要なケースは多大な費用が発生することもあります。また、水のトラブルは緊急性を要するものもあります。今回は、水道から発生する水のトラブルの対処法をご紹介します。 □水道のトラブルが起きた際の対処法とは *管理会社や大家さんへ連絡 まずは、管理会社や大家さんへ連絡するようにしましょう。自分の判断で勝手に修理をすると、さらに悪化するケースも考えられます。 水の流れが悪い場合は、上水道のつまりや下水道に通じる排水口のつまりなどが考えられます。時間が経ってしまうと、カビなどの他の原因にもなりかねないので、すぐに連絡をすることが大切です。 *連絡が取れない場合は水道業者へ 深夜に水道トラブルが発生した場合には、管理会社と連絡がつかないことも考えられます。そのようなときは、自分で水道業者へ連絡して修理を依頼しましょう。 修理後は、必ず水漏れ原因を特定してもらうことが重要です。経年劣化の場合は、費用を請求できるケースが多くあるためです。 *業者が来るまでに時間がかかるケース 水道業者が到着するまで時間がかかる場合には、応急処置を施しておきます。作業をする前に水道の元栓を閉めます。お部屋の元栓は、洗面所やキッチン横に設置されていることが多いので確認してみてください。事前にビニールシートやタオルを敷いて、水滴をバケツで受けるようにしましょう。 □水道のトラブルを防ぐポイントをご紹介 まずは、水道の排水管のトラブルをみていきましょう。経年劣化で水漏れが起こる可能性があります。油汚れや食材カスなどでつまりが発生するので、接合部から水漏れが起こります。下の階に浸水してしまうと、損害賠償請求されるケースもあり、早めの対策が必要です。 給水管も水道でよくトラブルが発生する箇所になります。継ぎ目のパッキンが経年劣化により水漏れを起こし、蛇口を捻っていなくても水が漏れていきます。 給湯管は、普段見えないところにあるので劣化具合がわかりにくいですよね水漏れを防ぐポイントとして、接合部のパッキンなどの劣化状況を確認しておく必要があります。 水道以外にも家の中で水漏れの被害を被りやすい場所に、エアコンがあります。エアコンからの水漏れは、多くはドレンホースの詰まりやたるみ、劣化が原因と考えられます。ドレンホース用のサクションポンプというものもあるので、定期的に詰まりを確認しましょう。 □まとめ 水道のトラブルや事前に防ぐポイントなどを解説しました。水漏れの被害を拡大させないために早めの対処が必要でしたね。また、水漏れしやすい箇所を事前に確認しておきましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理をお考えの方必見!サブリースと管理委託の違いを解説します!

賃貸経営をはじめるには、どのような管理をするのかを検討する必要があります。中でも自分で賃貸物件を管理しない方式では「サブリース」「管理委託」があります。しかし、この2つの区別がつかない、違いを知らないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、具体的な違いを解説します。 □「サブリース」と「管理委託」の違い *「サブリース方式」とは 不動産業者が、オーナーが所有しているマンションやアパートなどの建物を一括借り上げする契約方式です。オーナーと不動産業者(サブリース業者)の賃貸借契約を「マスターリース契約」といいます。 入居者募集、物件管理、苦情対応まで業者が行います。マンションやアパートのオーナーに対しては、不動産業者から賃料が支払われることになります。したがって、オーナーは入居率や家賃滞納などに悩まされることなく、安定した収入を得ることが期待できます。 *「管理委託」とは 賃貸物件の管理のみを不動産業者へ委託することです。業務内容は、入居者募集から賃貸借契約業務、苦情対応、退去の手続きなど多岐に渡ります。不動産業者によって委託する内容は異なり、管理料も契約内容によって変わります。 空室であれば管理手数料は入りませんが、満室になると全額を得られます。管理手数料は、一般的に家賃の約5〜10パーセント程度と言われています。契約年数は、一般的に2年となっています。 □管理委託をおすすめする理由 ここでは、管理委託をおすすめする理由を3つご紹介します。 1つ目は、サブリース契約は家賃収入が減少する可能性があるからです。サブリース契約では賃料保証型がありますが、家賃収入がいつまでも保証されるわけではなく、契約期間中に家賃を減額する場合があります。なぜなら、借主はサブリース業者であり、借地借家法32条の借賃増減請求権が認められているからです。 このため、オーナーが泣き寝入りするケースが多く、家賃減額を不当と訴える場合には裁判で争うことになります。また、サブリース業者が倒産すると家賃収入が止まってしまいます。一方、管理委託であれば、倒産しても別の業者に依頼できるでしょう。 2つ目は、サブリース契約では工事内容や施工業者を選べないからです。修繕やリフォームを行う場合には、自由に業者を選べないため、工事費が大幅に高くなる可能性があります。 3つ目は、管理委託で効率的に運営ができるからです。管理会社に委託すれば、賃貸経営に必要な知識やノウハウがあり、管理のプロフェッショナルとして効率的な運用が期待できます。 □まとめ 「サブリース」と「管理委託」の具体的な違いや、管理委託をおすすめする理由まで解説しました。はじめて賃貸経営をされる方は、両者のメリットとデメリットを比較検討しながら、信頼のおける会社を選ぶことが大切です。他にも疑問点などがありましたら、ぜひ当社にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の防音対策におすすめの方法を紹介します!

賃貸で騒音問題に悩む方は多いですよね。コロナ禍で自宅にいる時間が長くなり、隣室や上階の生活騒音が気になり始めた方もいらっしゃるでしょう。こうした騒音がトラブルに発展しないために、あらかじめ防音対策をすることが大切です。本記事では、おすすめの防音対策を解説します。 □賃貸の防音対策に使えるおすすめアイテムとは 1つ目にご紹介するのが、防音マットです。様々な生活音特に、楽器やダンスの練習、お子様の足音に活躍します。床に敷くだけで簡単に使えます。シートやパネルのタイプ、素材、厚み、価格など様々な種類があるので、一人暮らしや家族など生活環境に応じて適切なものを選びましょう。 2つ目のおすすめアイテムは、防音カーテンです。騒音や音漏れを防いでくれる防音カーテンには、音を吸収しやすい「吸音」タイプと外からの音を防ぐ「遮音」タイプがあります。 最後におすすめするのが、防音パネルと吸音材になります。色々なタイプの防音パネルがありますが、壁を傷つけることなく取り付けられ、簡単に音を軽減してくれる「ワンタッチ防音壁」が便利です。設置環境などによって異なりますが、3〜6割程度の音の軽減が期待できます。 防音室などと比べると、費用を抑えられます。また、音を吸収する吸音材と音を遮断する遮音材を組み合わせることで、防音効果が高くなります。 □賃貸で騒音トラブルを起こさないための注意点を解説 *生活音を減らすためにできること ドアや窓の開閉を静かにしましょう。どうしても音が大きくなる場合は、隙間テープなどの緩衝材で音を抑えることも可能です。 家の中では、壁に手足や物がぶつからないように注意します。歩き方にも気をつけながら、スリッパを履くなど足音にも気をつけましょう。 テレビやオーディオ機器は、早朝や深夜の使用を控え、音量調整にも配慮することが大切です。 *楽器をよくひく人の注意点 電子楽器があれば音量を調節することができ、ヘッドホンを接続できるものが多くあります。しかし、ピアノは、床を通して振動や音が伝わりやすいために使用禁止のお部屋がほとんどです。 *子供がいる家庭の注意点 子どもが走り回る時の足音で苦情が寄せられることが多くあります。ジョイントマットや防音マットを使用して、できるだけスリッパを履かせるなど、生活音を少しでも抑えるようにしましょう。 □まとめ このように賃貸の防音対策に使えるおすすめのアイテムから騒音トラブルの注意点までを解説しました。長期で生活騒音が続く場合には、管理会社や大家さんに相談することをお勧めします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理を自分でやるのは難しい?自主管理について解説します!

マンションやアパートの管理業務は、入居者募集から建物対応など多岐にわたります。また、専門的な知識も必要であるため、多くの場合は管理会社に「管理委託契約」として依頼します。しかし、管理費用のコスト改善を目的として「自主管理」という管理方式もあります。今回は自主管理の管理方法について解説します。 □そもそも「自主管理」とは? 賃貸経営の場合は、大家さんなどが管理業務を自分で行うことを指します。しかし、管理業務は幅広く、専門的な知識が必要となり、管理会社に委託するケースが多くなっています。 *管理業務の内容 主な管理業務を3つご紹介します。 1つ目は、入居募集業務です。入居の募集から契約締結までを行います。管理会社では、不動産情報の掲載サイトなどを活用できますが、自主管理では、何もない状態からのスタートになります。 2つ目は、契約更新や解約、苦情対応です。契約更新や解約などの手続き関係も管理業務のひとつです。契約書の作成には、法的知識が必要です。また、生活騒音などの苦情報告にも自ら対応することになります。 3つ目は、不動産管理です。水漏れや設備に関する不具合や故障があれば業者を手配します。他にも、外壁塗装やクリーニングなど、建物の維持、管理、修繕などを行います。 *自主管理のメリット 大きなメリットとして、コストを抑えられる点があげられます。毎月支払う管理委託の手数料がかからないので、利回りが高くなります。また、大家さんは、賃貸経営のスキルが身につきます。日頃からあらゆる箇所を点検することで、物件の状況を細かく把握できます。 □管理委託がおすすめな理由 管理委託がおすすめな理由を2つ紹介します。 1つ目は、豊富な専門的知識があるからです。豊富な知識や経験、ノウハウがあるので、賃貸物件を適切に維持・管理できるといったメリットがあります。よって、時間や精神的な負担が軽減され、賃貸経営をスムーズに行えるでしょう。一方、自主管理では、自分ですべて対応するのが難しいと考えられます。 2つ目は、提案力があるからです。今後の課題や問題点などを改善でき、柔軟な対応が期待できます。例えば、空室率の問題や家賃滞納があった場合など、早期に解決や改善点が提案されるでしょう。 □まとめ 本記事は、自主管理についての特徴や業務内容、管理委託との比較について解説しました。それぞれメリットとデメリットはありますが、中には管理業務の一部を委託する方式を採用している管理会社もあります。それぞれ状況に応じて検討していきましょう。賃貸経営についてお困りの点がありましたら、ぜひ当社までご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!ゴミのトラブルについて解説します!

アパートなどの集合住宅でクレームが発生しやすいのが、ゴミのトラブルですよね。地域によってルールがあることに加え、ゴミ置き場にはさまざまなタイプがあります。場所によっては、入居者のマナー違反が目立つところもあるでしょう。ゴミ置き場には、どのようなタイプがあり、どのような問題が生じるのでしょうか? □賃貸のゴミ置き場のタイプを解説 1つ目は、路上型です。アパート周辺の路上に用意されたスペースに置くタイプのゴミ置き場です。 賃貸物件の住人や近隣住民が利用します。中には、猫やカラス除けにネットを被せている場合があるでしょう。また、ゴミを出す日は、ゴミ収集日に限られるケースが多いです。費用がかからず土地を最大限活用できますが、路上が汚れやすいといった点があります。 2つ目のタイプは、開放型です。ブロック塀など、仕切られたスペースに置くタイプのゴミ置き場です。このタイプには、屋根がある場合とない場合があります。 猫やカラスにゴミを荒らされる可能性がありますが、設置費用が安いというメリットもあります。自治体が管理しているケースやマンション敷地内に設けているケースがあるでしょう。 3つ目のタイプは、密閉型です。大きなボックス型から小型まで、プラスチック製・スチール製・アルミ製など、さまざまな種類があります。猫やカラスにゴミを荒らされないことに加え、においを防げます。設置費用は、路上型や開放型に比べ高くなります。 □賃貸のゴミのトラブルをご紹介 *ゴミ捨ての時間を守らない ゴミ出しのルールは、自治体ごとで大きく異なり、知っているにもかかわらず時間を守らない人もいるようです。時間を守らないと、次の収集日までゴミが放置されることになり、においなどの問題も新たに発生します。 *ゴミ置き場が汚い 管理会社がゴミ置き場を清掃していないケースも考えられます。また、収集された後でも残ったゴミが放置されている場合もあるでしょう。一方で、退去した人がゴミを置いたまま引っ越してしまったということもありえます。 *ゴミ置き場のにおいが部屋まで届く 部屋の前にゴミ置き場があるような賃貸物件では、風向きなどによってにおいが部屋まで届くことがあります。さらにゴミ出しの日を守らない人によって、収集日以外にもゴミが放置されているケースも考えられます。長期間放置されることにより、においが染み付いている可能性もあるでしょう。 □まとめ 賃貸のゴミ置き場のタイプからゴミのトラブルまで解説しました。ゴミに関するトラブルやマナー違反などがあれば、できるだけ早く管理会社や大家さんに連絡しましょう。ルールやマナーを守る人が増えると、全体的な住環境の向上が期待できます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アパートのオーナー様必見!賃貸管理会社選びのポイントについて解説します!

賃貸経営の管理業務は、一般的に管理会社に委託します。住人が快適に暮らすためには、管理会社のサポートが不可欠でしょう。しかし「管理依託費はどのくらいかかるの」「良い管理会社の見極め方は」などと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、経営のポイントや管理会社の選び方について解説します。 □アパートを経営していく上でのポイント *需要がある立地であること 賃貸経営では、空室がなく安定した家賃収入を得ることが大切です。そのためには、需要のある立地が重要となります。安全性(治安)、交通アクセスや近隣施設の利便性などの条件がそろっていることがポイントです。 *借入金を少なくする 借入金が多ければ、それだけ返済する額も大きくなるので、利益を減らしてしまうことになります。 *賃貸経営に必要なお金の理解 表面利回り、実質利回り、修繕費、減価償却費、租税公課、収入・支出など、経営に関連する知識について理解しておくことが重要です。 □賃貸管理会社選びのポイント 管理会社選びには、どのような点に注目すべきでしょうか。ここでは、4つのポイントをご紹介します。 1つ目は、入居率です。管理会社を選ぶ際に注目すべき点は、空室率や入居率の程度です。入居率が高いと管理会社の信頼性も高く、継続した家賃収入を得られる可能性が高いでしょう。 2つ目は、滞納率です。賃貸経営で悩ますのが家賃の滞納問題でしょう。滞納が多い物件であれば、賃貸経営に大きな影響を及ぼします。家賃滞納があった場合、適切に対応をしていただける管理会社を選びましょう。 3つ目は、修繕やトラブルに迅速対応できるかです。賃貸物件は集合住宅が中心となっており、トラブルが多く発生します。よくある生活騒音や水漏れのトラブルまで、迅速に対応できるスタッフがいる管理会社を選びましょう。 4つ目は、大手か地域密着型かを考えることです。CMで有名で大手賃貸管理会社では、認知度が高く、賃貸物件が埋まりやすい傾向にあるので、空室率が低いといったメリットがあります。一般的には、管理戸数が多いことは、オーナーに信頼されているということです。 一方で管理会社の担当者の移動、変更が多くなる可能性もあります。また、トラブル発生時には、本部から各部署の引き継ぎになるケースも多く、迅速な対応が期待できないことも考えられます。地元密着型では地元の立地に詳しく、臨機応変な対応が期待できます。 □まとめ このように賃貸経営のポイントから管理会社選びまでを解説しました。空室をなくし、安定した家賃収入を得るためには、コストパフォーマンスを考え、入念なリサーチが必要です。管理会社選びについては、事前に柔軟な対応ができる会社なのか比較検討しながら決めましょう。当社でも賃貸経営のサポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ