月別アーカイブ: 5月 2021

5/31 社内研修の為、営業時間は12時~となります。

誠に勝手はございますが 2021.5.31 の営業時間は 12時~とさせて頂きますので よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で臭いにお困りの方へ!原因と取り方について解説します!

賃貸物件に住んでいると、お部屋の臭いが気になることがあります。しかし「掃除をしても臭いがとれない」「対策がわからない」など、解決方法がわからず悩むこともあるでしょう。今回は、賃貸物件の臭いの原因と取り方について解説します。 □賃貸物件のよくある臭いについて *賃貸物件の排水口からの臭い対策 よくある臭いの原因として、台所などの排水口からの悪臭があげられます。台所では、一般的に食材の切れ端や残飯が流れないように水切りカゴを設置しています。ところが、残飯などがそのまま流れると、排水口が詰まり悪臭を放つ原因になります。そのまま使い続けると、臭いが充満し、部屋全体に広がっていく可能性があります。 対策として、まずは蛇口から水を出してトラップに水を溜めましょう。排水トラップは、臭いや害虫などを防ぐための役割を果たしています。さらに換気扇を回し、窓も開けて空気の入れ替えなども行ってみましょう。また、シンクの掃除を行い、詰まりの原因となる生ゴミなどを取り除きます。 それでも解決しない場合は、設備の故障などが考えられます。 *部屋のカビ臭さ対策 築年数が長い物件や空室が続いているお部屋などは、湿度が高くなりやすいです。特に床下や押入れ、靴箱、壁などは、カビが発生している可能性が高いです。 対策としては、窓や扉を開けて換気を頻繁に行いましょう。こまめに換気することがカビ臭さの解決への第一歩となります。 □賃貸物件で臭いをためこまない工夫とは? *布製品の臭い対策 布製品は臭いが付きやすいです。カーテンは掃除機でホコリを取り、季節の変わり目に洗濯するなどの対策が必要です。室内のクッションやカーペットなどは、ファブリックミストなどを使用するか、洗剤を含んだタオルで拭きましょう。 *エアコン内部の洗浄 エアコンの内部は、湿度も上がりやすくカビが発生しやすいため、掃除をする必要があります。まずはフィルターなど、できるところから掃除をしてみましょう。また、エアコンの分解洗浄は、洗浄後の取り付けでうまくいかない場合もあるため、プロの業者に依頼するのがおすすめです。 *十分な換気を行う 賃貸住宅や一戸建てを含め新築住宅には、24時間換気システムが導入されました。シックハウス症候群の予防として、2003年建築基準法で改正されたものです。カビ対策にも効果的なので、換気は十分に行いましょう。 また、換気扇は、料理を始める前から使用することをおすすめします。お料理を始める約10分前から回すと、効率的に油の臭いなどが排出されます。また、セスキソーダ水で拭き掃除をするなど、こまめな手入れも必要です。 □まとめ ここでは、賃貸物件の臭いや原因、対策までを解説しました。お部屋によって様々な臭いが発生する可能性があります。日頃からこまめな換気や掃除、対策が必要です。これから賃貸物件に住む方は、内見時から臭いもチェックしてみましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不動産の管理会社を変える理由について詳しくご紹介します!

賃貸経営に関する業務は多岐にわたるので、管理会社との連携やコミュニケーションが重要となります。しかし、管理会社とのやり取りがうまくいかず、他の会社に変更したいと考えたことはないでしょうか?ここでは、管理会社を変える理由などについて詳しく解説します。 □不動産の管理会社を変える理由 管理会社の担当者とは相性や信頼関係が大切です。しかし、さまざまな理由で管理会社を変更する大家さんもいます。ここでは、その理由について4つご紹介します。 *費用が高い 大家さんは、管理会社に対し毎月の管理手数料を支払っています。他の管理会社と比較して割高である場合、賃貸経営にも影響を及ぼします。経営状態が悪ければ、管理会社の変更を検討するケースもあります。 *担当者の対応が遅い 管理会社の担当者とは、何らかの用件でコミュニケーションを取ることがあります。しかし、対応が遅かったり、なかなか返事がないことが続くと、信頼関係が崩れる原因となります。 *担当者と意見が合わない 賃貸物件の管理に意見が合わない、方向性が違う、担当者との考え方が合わないなど、相性が悪い場合が考えられます。担当者の変更が可能であれば、担当者のみを変更して管理会社とは継続する可能性もあるでしょう。しかし、担当者の変更が難しいのであれば、管理会社ごと変更を検討するケースも出てきます。 *管理が行き届かない 日々の清掃や設備の維持管理が行き届いていない場合は、空室がいつまで経っても改善されません。このようなケースでは、管理会社の変更を検討する必要があります。 □管理会社を変えるメリット 1つ目のメリットは、入居者への対応が改善されることです。入居者同士のトラブルやクレームなどで、すぐに対応することなく退去が多い物件では、管理会社を変更することで苦情対応が改善されることもあります。トラブルやクレームが減ると、安定した賃貸経営が実現できます。 2つ目のメリットは、管理委託費を削減できることです。管理会社をいくつか比較することで、管理委託費を削減できる可能性があります。しかし、極端に安い業者の場合は、最低限の管理業務のみとなっているケースもあるので、価格のみで判断するのは控えましょう。 3つ目のメリットは、管理の質が上がることです。優秀な営業担当がいる管理会社であれば、的確かつスピーディに対応してくれる可能性も高いため、管理の質が上がります。 最後に、入居率アップが期待できる可能性があります。問い合わせに素早く対応する、管理がしっかり行き届いているなど、現在より優れた管理会社であれば、入居率アップも期待できます。 □まとめ ここでは、賃貸経営で管理会社を変える理由や管理会社を変更するメリットを解説しました。変更理由は大家さんによって様々ですが、管理会社によって入居率アップや担当者の対応など、改善が期待されます。一度、いまとは違う管理会社も視野に入れてみるといいかもしれません。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方必見!テレビが映らない場合の対処法をご紹介!

「テレビを見ていたら急に映らなくなった!」「入居してテレビを接続したが、なぜか映らない!」このようなトラブルを経験したことはないでしょうか?そんな時は、まずはいくつかチェックする項目があります。ここでは、テレビが映らない場合の原因と対処法を紹介します。 □テレビが映らない場合の対処法 *地デジに対応してないケース そもそも、地デジに対応していない場合はテレビは映りません。2011年に、アナログからデジタルに完全移行されました。古い建物でない限り、テレビを見るための設備は設置されているはずです。 しかし、テレビによっては、地上デジタルチューナーに対応していない場合があります。地上デジタルチューナーが内蔵されていないテレビでは、外付けの地上デジタルチューナーを購入し、取り付ける必要があります。 *周辺機器に問題があるケース 地デジ対応しているにもかかわらずテレビのモニターが映らない場合、周辺機器に問題がないかチェックする必要があります。 例えば、アンテナケーブルがアンテナ端子にしっかり接続されていないと、テレビは映りません。テレビの電波を受信するには、入力端子とテレビジャックを接続する必要があります。差し込みがゆるくなり、しっかり接続されていない場合もあります。テレビの入力端子を間違って差し込んでいないかも確認しましょう。 また、一般的にはテレビの背面にB-CASカードを差し込まないと、テレビを見ることができません。何らかの原因で抜け落ちてしまったケースも考えられます。こちらも、しっかり差し込み口に挿入されているか確認しましょう。 それでも改善されない場合は、B-CASカード自体の不具合も考えられます。 *エラーコードが画面に表示されるケース テレビのモニターは映っているが、アルファベットと数字のエラーコードが表示される場合があります。 E202のコードは、アンテナが電波を受信していない可能性があります。「アンテナレベル」を調べることで確認できます。 E203のコードは、放送を休止しているなどの理由でチャンネルによって表示されます。放送中のチャンネルに切り替えて映るか確認してましょう。 E200・E201のコードは、アンテナの受信レベルが低下することで表示されます。雨や台風などの天候の影響も考えられます。一度、管理会社などに連絡してみましょう。 E100・E101・E102・E103のコードは、B-CASカードに何らかの問題があるときに表示されます。 □共聴アンテナの賃貸でテレビが映らない場合の対処法 共聴アンテナの賃貸物件でテレビが映らない場合、個人では対処できないケースがほとんどです。そのため、業者による調査や工事が必要となります。工事完了までは時間がかかるので、応急処置として、室内アンテナを用意する方法もあります。 室内アンテナは、家電量販店などで購入することができます。しかし、通常のアンテナと比較すると受信能力が低い場合が多いです。 □まとめ ここでは、賃貸物件でテレビが映らない場合の対処法や、共聴アンテナの賃貸物件でテレビが映らない場合の対処法を解説しました。まずは自分で基本的な原因を確認し、共聴アンテナが原因の場合は、管理会社や大家さんなどに相談してみましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不動産管理を行う管理会社の役割とは?詳しくご紹介します!

大家さんに代わって、賃貸物件を管理する管理会社の業務は多岐に渡ります。実際にどのような業務を行っているか意外と知られていないのではないでしょうか?ここでは、不動産管理を行う管理会社の役割について詳しく解説します。 □不動産管理会社の役割 不動産管理会社は、大家さんに代わって賃貸物件の管理を行います。大家さんが管理業務の全部又は一部を管理会社に委託します。その代わりに大家さんは、毎月の管理手数料を管理会社に支払います。 不動産管理会社と不動産仲介会社は役割が異なります。不動産仲介会社は、物件の情報を賃貸情報サイトに掲載したり、入居希望者からお部屋探しの相談受け、物件の紹介や内見の立会いなどの業務を行います。また、宅建業法で定められている重要事項説明や契約手続きなども行います。 不動産管理会社は、入居審査から物件の管理業務、賃貸契約の更新・退去までの手続きを行います。 □不動産管理会社の業務内容 一般的には、大きく分けて「 賃貸管理」と「建物管理」に分けられます。 *賃貸管理について ・入居者募集入居者募集(インターネットでの広告など)や入居者の選定までを行います。 ・内見の対応最近では、新型コロナウイルス感染症対策のため、「オンライン内見」「オンラインお部屋探し」など、オンラインを使った内見を始めているところもあります。 ・契約締結・更新手続き入居が決まった場合の賃貸借契約やすでに入居されている方への更新手続きを行います。 ・入居者のトラブル・苦情対応入居者から報告されたトラブルや苦情の対応(騒音、 悪臭、ゴミ出し、ペットの問題、水漏れなど)を行います。 ・家賃集金・督促毎月の家賃の回収や滞納時の督促などを行います。 *建物管理について ・建物の維持管理外壁、屋上、共用廊下、階段、エントランス、駐車場、駐輪場など、共用スペースの管理を行います。 ・設備の維持管理(法定点検)設備の維持管理では、「法定点検」と「任意点検」があります。消火器具、スプリンクラー、火災報知機、浄化槽、貯水槽、昇降機、換気設備・排煙設備・非常照明・給水設備・排水設備などの設備を中心に維持管理を行います。これらは、建築基準法や消防法、電気事業法などで点検が義務化されています。 □まとめ ここでは、不動産管理を行う管理会社の役割から実際の業務内容までを解説しました。賃貸物件を管理する管理会社の業務は多岐に渡り、中には、法律で義務付けられている点検業務もあります。これからは罰則の規定があるものが含まれているので、貸主・貸主どちらも知っておく必要があるでしょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸でブレーカーが落ちる?原因と対処法を解説します!

賃貸物件に住んでいて突然、ブレーカーが落ちた経験はないでしょうか?特に、いくつかの電化製品を同時に使うと、ブレーカーが頻繁に落ちてしまうケースもあります。ここでは、ブレーカーが落ちる原因や対処法を解説します。 □ブレーカーが落ちる原因と対処法 ブレーカーには、3つの種類があります。 1つ目は、アンペアブレーカーです。電力会社と契約しているアンペア数(契約電力量)以上に電力を使用していた場合、ブレーカーが落ちます。アンペアブレーカーが落ちると 住戸内全体の電気が停電します。 これは、一度に電気を使いすぎるために起こります。具体的には、「30A」で31A以上の電気が流れるとブレーカーが落ちるということです。 本体は、「30A」「40A」など数字で表示され、契約アンペア数によって色分けされています。対処法は、使用していない電化製品のコンセントを抜いて使用電気量を減らしてみましょう。 2つ目は、漏電ブレーカーです。漏電を防止するための装置です。漏電によってブレーカーが落ちる仕組みになっています。また、漏電によって発生した火花が周囲のものに燃え移り、火災の原因になることもあるため注意が必要です。 漏電を起こしている可能性がある場所には近づかず、コンセントにも触れないようにしましょう。対処法は、安全ブレーカーを全て切り、漏電ブレーカーを入れ直し、安全ブレーカーをひとつずつオンに切り替えます。 3つ目は、安全ブレーカーです。配線用遮断器で、家庭の各コンセントまでの電気回路ごとに取り付けられています。回路ごとに容量が決まっており、特定のエリアで電力を停止させます。 各部屋、トイレ、キッチン、廊下など細かく分けられています。各エリアで容量を超えた電気が流れた場合にブレーカーが落ちます。対処法は、ブレーカーが落ちたエリアで電化製品のスイッチ切り、安全ブレーカーを入れ直すことです。 □ブレーカーを落ちないようにする工夫 *同時に使用する電化製品を減らす ドライヤー、電子レンジ、洗濯機など、消費電力の大きい電化製品を同時に使用すると、ブレーカーが落ちやすくなります。どうしても同時に使用しなければならいないときは、違う回路のコンセントに振り分けて使うようにしましょう。 *こまめに電気を消す 使用していない電化製品は、こまめに電源を消すようにしましょう。契約アンペア数が少ないと、消費電力が小さいものでも、同時に使用するとブレーカーが落ちる可能性もあります。 *契約アンペア数を見直す 何度もブレーカーが落ちる場合には、契約アンペア数を見直すことも検討しましょう。家族が増えると、電力の使用も増えることになります。家の状況に応じて見直すことも方法のひとつです。 □まとめ ここでは、賃貸物件でブレーカーが落ちたときの原因と対処法、落ちないようにする工夫までを解説しました。家の人数や状況により電力の使用量も変わりますので、家庭にあったアンペア数を検討してみましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理をお考えの方へ!自主管理についてご紹介します!

賃貸管理では、管理会社に物件の管理を委託することが多いです。しかし、毎月の支出を抑えるために自主管理を行う大家さんもいます。そもそも自主管理には、どのような管理業務があるのでしょうか?ここでは、自主管理について具体的に解説します。 □賃貸業務の自主管理 *「自主管理」とは? 大家さんの中には、管理委託費用を抑えるため「自主管理」を選択する人がいます。自主管理とは、入居者対応や建物管理、業者の手配などを大家さん自身が行う管理方法です。その管理業務は多岐に渡ります。 入居管理・入居者募集、入居者の選定・契約更新手続き・入居者トラブル・苦情 建物管理・建物の維持管理(日常清掃、保守点検、修繕)・設備管理・退去後のクリーニング・リフォーム 事務管理・家賃の集金・督促・修繕費の積立・預り金の管理・納税の準備 *「自主管理」のメリット まず、不動産管理のノウハウが身につくことがあげられます。入居者募集や建物管理には、様々な専門知識が必要となります。これらを学びながら、賃貸経営のノウハウが蓄積されるのです。 次に、自主管理だからこその信頼関係が入居者と築けることです。自主管理は、すべての管理において大家さんが窓口となります。日常からコミュニケーションを取りやすくなり、入居者からの不満にすぐ対応できるなど、賃貸経営の参考にもなります。 最後に、直接客付けを依頼できることもメリットです。様々な不動産会社に依頼することができ、入居者募集や空室リスクの対策に柔軟な対応が可能となります。 このようにメリットの多い自主管理ですが、管理業務をすべて自分で行うのは大変です。自主管理以外の方法として、賃貸業務の「管理委託」があります。賃貸管理には様々な専門知識が必要となるため、費用がかかっても管理委託を選択するケースが増えているのです。 □賃貸業務の管理委託 *「管理委託」とは? 入居管理、建物管理、事務管理など、すべての賃貸管理を管理会社に委託する方式です。管理委託の中に「一括委託型」や「一部委託型」などがあります。 入居者と大家さんとの間に入り、クレーム対応や業者の手配など、すべての管理業務を委託することができます。管理委託手数料は、「家賃×○パーセント」で計算されるのが一般的です。委託する内容により、パーセンテージが上がる場合もあります。 *「管理委託」のメリット 1つ目のメリットは、賃貸管理で時間的な拘束がないことです。管理会社に管理業務を委託すると、大家さんの時間的な拘束が大幅に削減されます。管理業務の時間を他のことに使えることが、賃貸経営のメリットとなります。 2つ目は、賃貸経営がスムーズに行えることです。専門知識のある管理会社に管理業務を委託するため、修繕の手配やクレーム対応をスムーズに行うことができます。適切な管理によって安定した賃貸経営が実現することで、空室リスクの低下にもつながります。 □まとめ ここでは、賃貸物件の自主管理の内容とメリット、管理委託の内容とメリットを解説しました。まずは、大家さんの賃貸経営に関する能力や費用などを考慮する必要があります。その上で、どちらを選択するか検討してみましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で給湯器が故障したらどうする?専門家が詳しく解説します!

賃貸物件では、ある日突然お湯が出なくなりお風呂に入れないなど、給湯器の故障トラブルが発生することがあります。そんな時、対処方法がわからず困ってしまったことはありませんか?まずはどこに連絡をすればよいのでしょうか?専門家が詳しく解説します。 □修理の連絡をする前にチェックすべきこと 給湯器が故障するとすぐに修理を依頼しがちですが、連絡する前に確認しておくことがあります。 *ガス給湯器の種類 ・バランス式風呂釜浴槽の隣に風呂釜があるタイプです。室外から取り入れた空気を使い、ガスを燃焼させ、発生した排気ガスを室外に排出します。蛇口やシャワーにも使用ができます。また、浴槽の追い炊きもすることができます。停電時でもお風呂に入れるメリットがあります。 ・給湯専用ガス給湯器一台でキッチン、シャワー、洗面所など、家中の給湯ができるタイプです。浴槽の追い炊き機能が付いていないことがほとんどです。 ・追い焚き機能付きガス給湯器一台でキッチン、シャワー、洗面所など、家中の給湯ができ、自動追い焚き機能が付いているタイプです。 *故障の詳細を確認 給湯器の修理を連絡する前に、前兆や症状、場所など、故障の詳細を確認しておきましょう。 ・故障した日・故障した具体的な内容(湯の温度、異音や異臭、水漏れなど)・型番・製造年月日・エラーコード給湯器はいきなり故障するのではなく、何らかの前兆があります。 また、一般的にガス給湯器の寿命は、約10年程度と言われています。各メーカーでは、設計標準使用期間を定めており、家庭用給湯器は「10年」と設定されています。 *情報をまとめたら大家さんか管理会社に連絡 給湯器本体やリモコンにメーカーへの電話番号が書かれていることがありますが、給湯器の持ち主への連絡が優先となります。故障の詳細をまとめてから、まずは大家さんか管理会社へ連絡しましょう。 その後管理会社や大家さんが修理業者を手配して、修理が行われます。業者によっては、入居者に直接連絡して給湯器の故障原因を確認する場合があります。 □賃貸住宅の給湯器の修理費用は貸主側が負担? 入居時から取り付けられている給湯器は、貸主側の持ち物です。一般的には、給湯器の修理・交換費用は、貸主側が負担します。 しかし、借主も「善管注意義務」を負っています。借主が故障を知りながら放置していた場合などは、借主が修理費用を負担することがあるので注意しましょう。また、借主側に故意・過失があれば重利費用を負担することになります。 □まとめ ここでは、賃貸物件で給湯器が故障した場合の対処方法や修理費用の負担などについて解説しました。給湯器の故障は原因を確認し、詳細をまとめてから修理を依頼しましょう。このときに、業者へ連絡をせず、大家さんか管理会社に連絡するようにしましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不動産の管理会社の仕事内容とは?詳しくご紹介します!

賃貸経営の管理・運用の役割を担っているのが管理会社です。管理会社と言っても仕事内容は多岐に渡ります。また、大手から地域密着型まで様々な特徴があります。ここでは、管理会社の仕事内容を詳しく解説します。 □管理会社の種類とは? *仲介兼業管理会社 不動産仲介業者が賃貸管理業を兼業しているケースが多いです。不動産仲介業を行うには宅地建物取引士の資格が必要です。中には、管理部門を作るケースや別の管理会社を作る場合もあります。 不動産仲介と賃貸管理を兼業する仲介兼業管理会社は、リスク分散が可能になるでしょう。 *ハウスメーカー系の管理会社・管理部門 ハウスメーカーや建設会社などで、建物の企画や施工までを行っている=管理会社となっているケースです。建築に関する構造や設備のノウハウがあるので、安心して管理を任せることができます。また、大手ハウスメーカーの会社は、子会社に賃貸管理部門を置いていることも多くあります。 *コンサルティング系の管理会社コンサルティング業からマンション管理に参入するケースもあります。 □不動産管理会社の仕事内容 1つ目の仕事内容は、入居者募集です。仲介業務を行っている不動産会社や不動産ポータルサイトに客付け依頼を行います。大家さんは、仲介手数料の他に広告料を支払うケースもあります。 一般的に入居者が退去の意思を管理会社に伝えると、入居者募集が始まります。 2つ目は、内見の対応、賃貸借契約の手続きです。入居希望者から部屋を見たいという問い合わせの後、物件を案内し説明をします。その他、賃貸借契約や更新に関する一連の手続きを行います。 3つ目は、入居者トラブル・苦情の対応です。入居者から報告されたトラブル(水漏れ、設備不良)や、寄せられたクレーム(騒音、ゴミ出し、ペットの問題)の対応を行います。 4つ目は、家賃の回収・督促です。毎月の家賃回収や滞納時の督促を行います。最近では、家賃滞納の督促業務を専門に行う会社が増えています。 5つ目は、退去時の立会いです。大家さんに代わり、退去時の立会いを行います。部屋の状況を確認の上、退去者に原状回復費を請求します。 □まとめ 不動産の管理会社の種類や仕事内容について解説しました。不動産の管理会社には、仲介兼業管理会社、ハウスメーカー系の管理会社など様々な種類があります。管理業務を依頼する場合には、業務範囲や担当者などの詳細も確認しながら比較検討しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸でネット回線を工事する際のポイントとは?

アパートやマンションなどの賃貸物件で、インターネットの回線を引きたいと考えているものの「工事はどうすればいいの?」「大家さんに許可が必要?」などと、わからないこともあるかと思います。ここでは、ネット回線を工事する際のポイントを解説します。 □ネット回線の工事をする前に確認するべきポイント まずは、インターネット対応状況を確認する必要があります。 中には、インターネット使用が無料の物件があります。インターネットの回線が完備され、プロバイダ契約などが済まれている物件です。Wi-FiやLANを用いてすぐに接続ができます。集合住宅では、一括契約をしているケースも多く、割引が適用されていることがあります。実際には家賃や物件によっては、モデムやルーターが部屋に備え付けられているケースもあります。 また、インターネット使用が無料ではない物件の中には、インターネット対応の物件と非対応の物件があります。対応している物件は、建物の共用部分までインターネットの回線工事が完了している物件です。部屋で使用するには、別途プロバイダとの契約が必要です。入居前からインターネットを利用する予定の方は、早めに申込みを完了しておきましょう。 一方、建物にインターネット回線が通っていないのが非対応の物件です。小規模のアパートやマンションでは、インターネット回線が通っていないところがあります。契約前に、ネット環境を確認しておくようにしましょう。 □ネット回線の工事について *インターネット回線が導入されている場合 賃貸物件では、インターネット回線が導入されているか、されていないかで工事が変わってきます。ネット回線が導入されていれば、工事にかかる時間は約30分〜1時間程度で完了します。光回線では、共用部分まで来ている光ファイバーケーブルを部屋内まで引き込みます。 *インターネット回線が導入されていない場合 ネット回線が導入されていない場合は、開通工事が必要です。ネット回線が導入されていない賃貸物件で回線を引くには、管理会社や大家さんの許可が必要となります。 インターネット回線の契約プランには、一般的にマンションプランと戸建てプランに分けられます。自分の部屋だけに回線を引き込む場合は、戸建てプランとなります。 流れとしては一般的には、インターネットか電話で申し込みします。工事には立ち会う必要があり、共有部分から部屋までの開通工事の日程を調整します。電柱から光回線を建物へ引き込む屋外工事を行います。その後、回線を部屋の中にまで引き込み、回線終端装置を設置します。開通工事が完了すると利用開始します。 この工事は、全行程で1~2カ月程度かかります。一方、光回線の導入が難しい場合は、工事が不要なモバイルルーターサービスを利用する方法があります。 □まとめ ここでは、賃貸物件のネット回線を工事する際のポイントや工事の流れを解説しました。開通工事を行う前には対応状況を確認し、ネット回線を導入していない賃貸物件では、管理会社や大家さんに開通工事の許可を取りましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ