月別アーカイブ: 6月 2021

賃貸にお住まいの方へ!電気がつかない場合の原因について解説!

賃貸物件で突然、電気がつかなくなった経験はないでしょうか?様々な原因で電気の供給が止まってしまうことがあります。中には、使用可能な容量を超えたときにブレーカーが落ちるケースもあります。そこで今回は、電気がつかない場合の原因について解説します。 □電気がつかない原因について 賃貸住宅では何らかの原因でつかないことがいくつかあります。 特定の照明器具がつかないというケースがあります。蛍光灯やLEDシーリングライト、白熱電球など、器具そのものが故障している場合や寿命が原因と考えられます。 ブレーカーが落ちたことにより、電気がつかないケースもあります。賃貸住宅では電気容量がそれほど大きくないため、家電製品を同時に使用するとブレーカーが落ちることがあります。また、台風や落雷、地震など、自然災害を原因とする停電もあります。この場合は、電線や電柱の部品が破損している可能性もあり、復旧に時間がかかるケースも見られます。 システム等のトラブルも原因として考えられます。建物全体で電気がつかない場合は、送配電設備のトラブルかもしれません。夜間であれば、窓から外を見ることで町全体の停電なのか、この建物全体の停電なのか、自室だけの停電なのか確認ができます。 また、近くで電線に関する工事を行っている場合は、電力の供給がストップしていることがあります。事前に書面でポスティングされていることがほとんどなので、日頃からポストを確認しておきましょう。 □ブレーカーの見方とは? 自分の部屋だけ電気がつかない場合は、ブレーカーが落ちている可能性があります。ここでは、ブレーカーの見方について解説します。 まずは、分電盤(ブレーカーボックス)の中を見ると、電気の接続などの仕組みが理解できます。 分電盤とは、電気を分配するための装置で、アンペアブレーカー 、安全ブレーカー、漏電ブレーカーの3つの種類があります。電気がつかない場合は、落ちているブレーカーを確認します。 アンペアブレーカーは、契約しているアンペア数を超えると「バチッ」という音がします。これが「ブレーカーが落ちる」という状態で自動的に電気の供給が遮断されます。「契約ブレーカー」「サービスブレーカー」とも呼ばれています。 アンペアブレーカーがない場合は、電気使用量をデジタルで計測できる「スマートメーター」に切り替わっている可能性が高いです。 安全ブレーカーは、各部屋(回路)の電力を管理している小さなブレーカーです。「サーキットブレーカー」「分岐ブレーカー」などとも呼ばれています。電気の供給量を超えたときやショートしたときに遮断されます。 漏電ブレーカーは、その名の通り、漏電が発生したときに落ちるブレーカーです。感電や火災などを察知し、漏電を防ぐために安全装置が作動します。電気を大量に使っていないのに、電気がつかない場合は、漏電ブレーカーが作動している可能性があります。 □まとめ ここでは、電気がつかない原因やブレーカーの見方について解説しました。まずは電気がつかない場所や範囲を確認し、どのブレーカーが落ちているかも合わせてチェックしてみましょう。これらのポイントを押さえておくことで、電気がつかない原因がわかるケースも多くあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営では計画を立てることが重要!詳しくご紹介します!

賃貸住宅の経営をする上で重要となるが「収支計画」。なぜ「経営計画」「収支計画」を立てていく必要があるのでしょうか?ここでは、その重要性や収支計画を立てる上で留意したい点などをそれぞれ解説します。 □計画を立てる重要性 総務省が発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査(https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_02000220.html)では、2020年1月1日時点の全国の人口は1億2713万8033人です。前年から50万5046人減少しています。このような人口減少化の中、空室率を下げ賃貸経営を成功に導くには「経営計画」を立てることが重要となります。 賃貸住宅の経営は長期にわたる事業です。将来の「収支計画書」を作成し、シミュレーションしながら計画を立てて、その物件の収益が見込めるかどうかを検討しなければなりません。 では、そもそも「収支計画書」とはどのようなものでしょうか。長期間の事業計画で「収入」から「支出」を差し引いた「収益」が出ているかどうか、年単位で目標数値をあらわしたものです。 「収入」とは、賃料、共益費、礼金、駐車場料金、更新料、その他の収入などのことです。「支出」とは、修繕費、維持費、借入金返済額、税金、諸経費などを指します。「収入」ー「支出」=「収益」となり、収益がマイナスにならないようにバランスの取れた計画を立てることが大切です。 □収支計画を立てるうえで留意するべきこと 収支計画では、収入を控えめに見積もり、支出は多めに計上しなければなりません。なぜなら、賃貸経営は事業であり、様々なリスクがあるからです。 ここでは、収支計画の注意点を見ていきましょう。 *家賃設定や滞納リスク 収入の中でもっとも重要な家賃ですが、常に満室であるとは限りません。空室が続く時期が出てくることもあります。長期的な視点から適切な家賃設定を心がけ、将来的に家賃の値下げも検討しなければなりません。 一方、家賃の滞納リスクについては、入居者の経済状況が大きく影響します。コロナ禍において滞納リスクが高くなることも考慮しましょう。 *入居率・空室率 相場より家賃を高く設定すると、空室率が高くなる可能性もあります。近隣の物件を参考にしながら、家賃の下落率を厳しめに設定します。 また、退去後すぐに新しい入居者が決まるとは限らないので、入居率を○%と徐々に下げながら設定してみましょう。 □まとめ ここでは、賃貸経営の重要性や収支計画の留意点などを解説しました。収入を控えめ、支出は多めを意識しながら、長期的な収支計画を立てることが大切です。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸在住の方に向けて!部屋干しに関する悩みとポイントを紹介します!

賃貸物件で部屋干しする場所がなく、スペース確保に困っている方も多いのではないでしょうか?花粉の時期や梅雨の時期になると、外に干すことが難しくなります。また、部屋干しでは、乾きにくく様々な悩みが出てきます。ここでは、部屋干しに関する悩みとポイントを紹介します。 □賃貸の洗濯・部屋干しでありがちな悩みとは? 1つ目の悩みは、自然乾燥が難しいことです。部屋干しとなると、乾くまでにどうしても時間がかかり、カラッと乾かないと言った悩みが多いです。これは、洗濯物の水分が部屋の湿度を高める原因となっているためです。 2つ目の悩みが、生乾き臭が気になるというものです。部屋干しは雑菌(モラクセラ)が増え、カビの発生により生乾き臭が広がってしまいます。また、洗濯槽の裏などに湿気がこもり、 雑菌が発生しやすくなる環境もあります。 3つ目が、洗濯槽からの臭いが気になるというものです。洗濯槽の中に洗濯物を放置していると、カビが繁殖して臭いが発生しやすくなります。さらに、濡れた物と乾いた物を一緒に入れていると、菌が繁殖しやすい状況になります。洗濯が終わると早めに部屋干しするように心がけましょう。 最後が、室内に干す場所がないという悩みです。壁や天井を傷つけることができない、部屋干しのスペース確保も難しいなど、賃貸物件で物干しの設置が困難なことも悩みのひとつです。 □上手に室内干しをするポイント *空気を循環させる 部屋の空気を循環させ、風通しを良くすることが大切です。換気扇を回したり、扇風機やサーキュレーター等を利用して、効果的に部屋全体の空気を循環させると比較的カラッと乾燥できます。 *カーテンレールには干さない 洗濯物がカーテン等に触れてしまうとホコリや汚れが付着するため、カビやダニの繁殖につながる可能性があります。また、周辺の窓や網戸のほこりが付着することも考えられます。そのため、洗濯した清潔な洗濯物をカーテンレールに干すのは避けましょう。 *干し方に工夫する 両端に長い衣類、内側に短い衣類を干していく「アーチ干し」ピンチハンガーを使い、ジグザグに干す「ジャバラ干し」ピンチハンガーを使い、空気を通りやすくする「筒状のつり干し」これらの干し方を工夫しながら状況に応じて使い分けましょう。 *便利なアイテムを使用する コンパクトなスチール物干しや、窓枠にかけて使用する室内物干しかけなどの便利グッズは、部屋のスペースを残しつつ、部屋干しも実現できます。 □まとめ ここでは、賃貸の部屋干しでありがちな悩みや上手に室内干しをするポイントなどを紹介しました。部屋干しで気になる臭いや設置場所は工夫次第で解決できることがあるので、今回のポイントを実践してみるのもひとつです。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営をお考えの方に向けて!押さえておきたいポイントを解説します!

長期間にわたって安定した収入が得られることが魅力の賃貸経営。しかし、空室が長く赤字になるリスクも考えなければなりません。賃貸経営では長期的な計画や適切な対策が重要です。ここでは、賃貸経営に関する押さえておきたいポイントを解説します。 □賃貸経営をする上で覚えておきたいこと *賃貸経営のメリット 最大のメリットは、長期的に家賃収入を得られることです。健全で安定的な賃貸経営を実現できれば。長期間にわたり収入が得られます。更地を借地として貸すよりも、賃貸アパートやマンションを建てて貸す方が収入を増やすことができるでしょう。 2つ目のメリットは、初期投資少額でも始められることです。一般的には金融機関の融資を受けて賃貸経営を行うので、初期投資が少なくても始めることができます。 3つ目のメリットは、節税対策になることです。サラリーマンの方は、不動産所得で赤字が出た場合、事業所得と給与所得を相殺することができます。これを「損益通算」といいます。また、更地などと比較すると、固定資産税は1/6、都市計画税は1/3(1戸当たり200平方メートル以下) に軽減できます。 4つ目のメリットは、生命保険の代わりになることです。アパートやマンションを購入する際に住宅ローンとして「団体信用生命保険」に加入することが一般的です。契約者に万一のことがあったとしても、ローンの残額は保険から支払われます。そして、賃貸を継続すれば家族は無借金で家賃収入を得ることができ、売却となれば売った利益が得られます。 最後のメリットは、インフレに強いことです。インフレ時にはお金の価値が下落しますが、現物資産の不動産は価値の変動により上昇が見込まれます。このため、インフレ対策として有利にはたらきます。 □初めて賃貸経営をするために何をすべきか 初めての賃貸経営では、何から始めるべきでしょうか? *徹底的にリサーチする まずは、土地や物件のマーケットリサーチが重要です。土地の広さや日照、地盤、騒音などの居住環境やアクセスなどの立地、人口動態や世帯数などの統計データを総合してリサーチします。 *事業計画を立てる 「収入」から「支出」を差し引き、どれだけの「収益」が見込まれるのか、シミュレーションしながら計画を立てることが重要です。コスト、借入金、修繕費、空室リスク、家賃滞納リスクなどを考慮しながら書き出します。 □まとめ ここでは、賃貸経営をする上で押さえておきたいポイントや、初めて賃貸経営をする際にまず行うことなどを解説しました。最初は、事前のマーケットリサーチや事業計画を行い、無理のない範囲で健全な賃貸経営を目指すことが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸在住の方へ!暮らしの中でのルールやマナーを解説します!

賃貸物件は、共同住宅なので様々なルールや入居者同士のマナーを守ることが大切です。しかし、一部の入居者にルールやマナー違反があり、トラブルに発展することも多くあります。お互いが気持ちよく生活するためには、どのようなルールを守るべきでしょうか?ここでは、暮らしの中でのルールやマナーを解説します。 □お部屋でのマナーとルール ・音のマナー 集合住宅でもっとトラブルが多いとされる騒音問題。床を歩く足音、掃除・洗濯に関する音、ドアや窓の開閉音、音楽や楽器の演奏など、様々な騒音が問題となっています。 最近では、敷地内のカエルの鳴き声が訴訟に発展したケースもあります。また、部屋からの騒音で下階の住人が上階の住人を殺害するといった事件も発生しており、深刻な問題となっています。 ・ペットの飼育について ペット可物件またはペット相談可物件でない限り、ペット禁止の賃貸住宅がほとんどです。ルールを守らずペットを飼っていた場合、契約違反となり退去時に原状回復費用を支払わなければなりません。 ペット可物件であっても鳴き声や悪臭をめぐり、入居者から苦情の報告がされるケースもあります。 ・ゴミ出しのマナー ゴミ出しのルールは各自治体により異なりますが、指定された日以外のゴミ出し、分別しないままでゴミを出すマナー違反もみられます。 ・駐車場について エンジンのかけっぱなしや夜に騒ぐといった行為は、近隣住民に迷惑をかけます。盗難や事故などのトラブルは自己責任となるので注意が必要です。 □共有スペースのマナー ・エントランス ホールエントランスにゴミが落ちている、郵便ポストにチラシがたくさん入ったまま、駐輪場にタバコの吸い殻が大量に落ちているなど、これらのマナー違反は、賃貸物件の空室が続く原因にもなります。 ・ベランダ 通常は避難路として確保されている共有スペースであるため、物置や植木鉢の備え付け、ゴミの放置は避難の妨げとなります。また、喫煙やバーベキューなどの行為は、入居者同士のトラブルになるケースが多くあります。 ・廊下 廊下は、玄関前であっても共有スペースです。古新聞や雑誌、自転車、ベビーカーなどを放置することはマナー違反となります。 □まとめここでは、賃貸住宅のルールやマナーについて解説しました。部屋の中や共有スペースなどは、お互い気持ち良く住み続けるためにルールを守ることが大切です。トラブルに発展しないためにもひとりひとりがマナーを意識をしていきましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

お悩みのオーナー様に向けて!賃貸管理を依頼するメリットを解説します!

不動産オーナーになると、安定した収入を得ることができます。しかし、常に満室で賃貸経営がうまくいくとは限りません。経済状況やコロナ禍で空室が増えることも考えられます。ここでは、不動産オーナーが抱える悩みや賃貸管理を依頼するメリットなどを解説します。 □不動産オーナーが抱える悩み *空室の増加 もっとも多い悩みのひとつが空室の増加です。空室が増えればそれだけ家賃収入が減少してしまいます。一度退去すると、長期間にわたり空室が続く、入居者募集をしているのになかなか新規の入居者が決まらないといった悩みもあるようです。 *入居者のクレームやトラブル 共同住宅で多い入居者同士のトラブル。特に騒音問題は深刻化しており、最近ではカエルの鳴き声で訴訟にまで発展したケースも。さらに、マンションの生活音をめぐるトラブルで女子大学生が殺害される事件も発生しています。それ以外にも夜に騒ぐ、ペットの鳴き声、悪臭、ゴミ出しマナーなども苦情が多くなっています。 *家賃滞納 コロナ禍で解雇や雇い止め、給与カットが増えています。その結果、収入が減り家賃を滞納する人が増加しています。滞納が繰り返されると長期にわたり家賃収入が入らなくなり、新たに入居者を募集することもできないので、悪循環に陥ります。 *物件の老朽化 大規模修繕が必要な物件では費用がかかり、どこをどのように修繕するべきか悩むところです。管理委託をしていても大規模修繕に何ら提案がない場合、空室率も改善しない状況になります。 □賃貸管理を依頼するメリット 1つ目のメリットは、管理・運営に時間を取られないことです。賃貸物件の管理業務は幅広く、中には専門知識やノウハウが必要になる場合もあります。管理委託することで、複雑な業務も全て任せることができます。 2つ目のメリットは、豊富な実績でノウハウが提供されることです。豊富な実績のある管理会社に管理委託すると、その会社のノウハウが提供されるので、よりよい賃貸経営が期待できます。 3つ目は、客付けに強いことです。あらゆる媒体で入居者募集を積極的に行っていただける業者であれば、安心して管理業務も任せることができます。 4つ目のメリットは、入居者トラブルの早期解決です。入居者同士のトラブルはつきものですが、管理会社が間に入ることで解決する事案もあります。オーナーにとっては、苦情対応も任せることができるので手間を省くことができます。 □まとめ ここでは、不動産オーナーが抱える悩みや賃貸管理を依頼するメリットなどを紹介しました。オーナーが抱える悩みは、管理委託することで解決できることもあります。まずは、適切な管理会社を比較検討し、実績ある業者に管理業務を任せてみるのもひとつです。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!騒音の具体例と防音対策について解説します

マンションやアパートの賃貸住宅でトラブルが多い騒音問題。最近では、裁判になった事例や事件に発展したケースもあります。コロナ禍において、在宅勤務や学校のオンライン授業の増加により、騒音トラブルが深刻化しています。ここでは、騒音の具体例と防音対策について解説します。 □賃貸で気になりやすい騒音とは? 集合住宅では、様々な生活騒音でトラブルになるケースがあります。それぞれ解説します。 まず、床を歩く足音です。上階や隣人から聞こえてくる足音。特に子どもの足音が原因でトラブルに発展し、引っ越しせざるを得ないというケースも多くあります。かかと歩きやスリッパを履かずにバタバタと床を歩くと、振動音が下階に伝わります。 つぎに、ドアや窓の開閉音です。玄関の扉や窓を強く開けたり閉めたりすると、思いのほか上下左右に響くことがあります。本人が自覚していないケースも多く、トラブルの原因になることが多いです。 つぎは、掃除や洗濯の生活音。仕事の都合上、深夜に掃除や洗濯をする住人もいます。しかし、夜に音が聞こえると近隣住民のストレスとなり、管理会社や大家さんへ苦情の報告が増えます。 テレビや楽器の音もトラブルにつながりやすいです。大音量でテレビを付けている場合や楽器の演奏は、上下左右に伝わり住人に迷惑となります。長時間続くと、警察に通報されるケースもあるので注意しましょう。 また、時間問わずペットの鳴き声が続くと入居者同士のトラブルになります。ペット禁止の物件では、契約違反となります。 最後は、夜に騒ぐことでトラブルになるケースです。部屋の中で友人たちとの飲み会や話し声が近隣住民にとって迷惑になります。大人数になればなるほど、笑い声や酔った勢いで騒ぐケースが多くなります。 □手軽に用意できる防音グッズ 騒音問題は、防音グッズで解決できる場合があります。 *防音マット・カーペット 敷くだけで簡単に防音対策ができるアイテムです。床を傷つけることなく敷くだけで効果が期待できます。シートタイプや切り売りタイプ、パネルタイプなどの種類があります。 *防音カーテン 外からの騒音や音漏れを防ぐことができるカーテンです。断熱効果やUVカット効果が施されているカーテンもあります。カーテンが重たいほど、防音効果が期待できます。 *遮音テープ・隙間テープ 音漏れなどの隙間を埋めることができるテープです。合成ゴムやウレタンなどの種類があります。エアコンの節電として使用されるケースもあります。 □まとめ ここでは、騒音の具体例と効果的な防音グッズについて解説しました。賃貸物件では、トラブルが多くなる騒音ですが、ひとりひとりがルールやマナーを守り、日頃から防音グッズを使用するなど工夫をしてみましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理を任せてからの流れとは?詳しくご紹介します!

マンションやアパートなどの管理業務は、管理会社に委託して行うのが一般的です。大家さんが自主管理すると、専門の知識や迅速な対応が求められるため、行き届かないケースもあります。管理委託の場合は、どのような流れで管理業務を行うのでしょうか?詳しくご紹介します。 □管理業務を任せてからの流れ 市場調査・現地確認賃料の相場や周辺の状況、賃貸物件の需要などをマーケティング調査・分析を行います。さらに入居者募集の提案、現地調査などを行います。 管理委託契約を締結するまずは管理委託契約を締結します。 入居者募集自社ホームページや不動産ポータルサイト、新聞広告など、物件に応じた入居者募集を行います。 入居審査賃貸物件はすぐに誰でも借りられるわけではなく、入居審査が必要です。家賃の支払い能力や連帯保証人の支払能力、入居形態などを審査します。 賃貸借契約の締結管理会社が借主に対し、重要事項説明や契約締結などの手続きを進めます。 入居者の苦情、トラブル対応入居者からのクレーム、入居者同士のトラブルなどに対応します。主に騒音、悪臭、ペット、ゴミ出しマナーの問題が多く寄せられます。 集金代行毎月の家賃回収や滞納時の督促などを大家さんに代わり行います。 原状回復の立会い退去時にどのくらいの原状回復費用がかかるのか、退去立会を行って確認します。 □管理会社に管理業務を任せるメリット 1つ目は、適切な管理と運営の実現が可能なことです。豊富な経験と的確なアドバイスやノウハウで、適切な管理・運営が実現可能となります。空室があれば、入居者募集の提案も行っていただけます。 2つ目は、入居者トラブルに迅速に対応できることです。共同住宅では、どうしても多くなる入居者のクレームやトラブル。管理会社が迅速に対応してくれると、安心して管理を任すことできます。 3つ目は、遠方の物件を所有できることです。大家さんに代わり、物件の維持・管理やトラブルなどを全て任すことができます。その結果、遠方に物件を所有していても安心して管理委託することができます。 最後が、業者への手配が可能なことです。経年劣化や設備不良、故障、水漏れなどで、すぐに業者を呼ぶ必要があります。管理委託の場合は、提携先の業者を手配していただけるのでスムーズな対応で手間が省けます。 □まとめ ここでは、賃貸管理を任せてからの流れや管理会社に管理業務を任せるメリットなどを解説しました。自主管理と比べ、あらゆる業務の手間を省くことができます。ただし、管理委託手数料はかかるので、適切な管理会社選びも重要となるでしょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸に住まわれる方へ!電球の交換は入居者が行うべき?

アパートやマンションの賃貸物件で電球が切れて交換することがあります。中には、備え付けの照明器具を交換するケースもありますが、誰に交換義務があるのでしょうか?また、その交換費用は誰が負担するのでしょうか?ここでは、電球交換について解説します。 □賃貸物件の照明器具交換・費用について 最初から照明器具が設置されている賃貸物件では、照明器具それ自体の破損で明かりがまったく点かない状態であれば、大家さんや管理会社等へ連絡するのが一般的です。しかし、部屋の中の電球や蛍光灯は賃貸借契約上、入居者が交換すると明記されているケースが多いです。つまり、大家さんや管理会社は電球・蛍光灯の費用を負担する必要がなく、入居者が費用を負担します。 □部屋の電球等の交換を入居者が行う理由 *「消耗品」の扱いになる室内の電球や蛍光灯は「消耗品」であり、入居者が交換する必要があります。しかし、入居後すぐに電球や蛍光灯が切れていた場合は、大家さんや管理会社に連絡しましょう。前の入居者が使用していたことにより、経年劣化とみなされる可能性が高いです。 *室外・共用スペースの交換は大家さん又は管理会社が行う 室外・共用スペースの電球や蛍光灯が切れていた場合は、大家さんや管理会社が交換・費用負担するケースがほとんどです。賃貸物件では管理費や共益費を毎月支払っているケースもあり、そこから修繕費として交換することになります。 室内、室外のいずれにしても、蛍光灯、LED電球など種類は問われません。白熱電球の寿命は1,000~3,000時間程度、LED電球が20,000~60,000時間程度と言われています。新しく交換する場合は、LED照明が消費電力が低く、交換頻度も少ないためオススメです。 □電球を交換するときの注意点 電球などを交換するには、いくつかの注意点があります。間違うと設置することができない場合もあるので気をつけましょう。 まず、対応ワット数を必ず確認するようにしましょう。蛍光灯や電球には、白熱球、電球型蛍光灯、LED電球など、様々な種類がありますが、それぞれにワット数があります。ワット数には、〇〇W(消費電力)と〇〇W型(明るさ)の表示があります。間違うと設置ができないので十分注意しましょう。 つぎに、電球の色を確認します。昼光色・昼白色 ・電球色など、様々な種類の色があります。前についていたものと電球色を変えてしまった場合、退去時にもとの電球色に交換する費用を請求されることがあるので注意しましょう。 最後に、口金(くちがね)のサイズを確認します。電球の根元にある金属部分で「E〇〇」と表記されており、直径〇〇mmのことです。サイズが違うと、電球が入らないので、事前にサイズを確認した上で電球を買いに行きます。 □まとめ ここでは、賃貸物件の電球交換を入居者が行う理由や電球等を交換するときの注意点などを解説しました。部屋の電球などは、消耗品となり入居者が交換しますが、電球の種類やサイズなどに注意しながら、適切に交換しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営の注意点とは?失敗しないために知っておきたいことをご紹介します!

健全な賃貸経営を目指すには、空室リスクや家賃滞納リスクも考慮しながら日々改善していかなければなりません。賃貸経営は「不動産投資」「事業」などの側面があります。ここでは、マンションやアパート経営についての注意点や失敗しないために知っておきたいことなどを解説します。 □賃貸経営を成功させるためのコツ *最適な土地選び まずは、土地を探すことや選び方が重要です。理想は良い土地を安く買うことです。ポイントとしては、用途地域である第一種低層住居専用地域の土地は、最も厳しい制限があり、ライバルも少なく安く購入できる可能性があります。 *ターゲットを想定する 入居者のターゲットはあらかじめ決めておきましょう。一人暮らしやファミリー層など、ターゲット層によって、部屋数や間取り、設備等も変わってきます。 第一種低層住居専用地域とは、都市計画法で定められた用途地域の一つで、建ぺい率・容積率の厳しい制限があり、大学、病院、店舗、事務所、工場、ホテルなどは建てられません。 *利便性の良い立地 周辺に商業施設が多く利便性が高いなど、立地条件の良い土地を探しましょう。土地の価格は高くなりますが、家賃も高く設定することが可能です。釧路市内であれば駅周辺は常に人気が高いので、利便性の良い土地であれば、空室率を減らすことが期待できます。 *管理会社を慎重に検討する 賃貸経営において管理会社選びも重要となります。修繕や苦情などに迅速な対応ができる実績ある管理会社を選びましょう。管理会社選びは賃貸経営に大きく影響します。 □賃貸経営の注意点 賃貸物件では、目的や条件などをしっかりと決めておかないとトラブルのもとになってしまいます。ここでは、注意点を紹介します。 1つ目は、騒音問題についてです。共同住宅のトラブルで多いのが騒音問題。楽器の演奏や深夜に騒ぐなど、以前にトラブルがあった物件では、事前の告知義務が必要です。 2つ目は、ゴミ出し問題についてです。未分別のゴミ出しやルールを守らないといったトラブルも多くあります。張り紙やポスティングなどでゴミ捨てのルールを注意喚起しておきましょう。 3つ目は、設備の修繕についてです。設備の故障や修繕について、明確に定めておかなければなりません。故障した場合の修理費が必ずしも賃貸人負担とは限らないためです。賃貸借契約書に甲(賃貸人)乙(賃借人)の各負担を明記しておきましょう。 4つ目は、ペット問題についてです。ペット可物件でも全てのペットを飼育することができるわけではありません。あらかじめペットを可能とする、種類、大きさ、数を明記しておきましょう。 □まとめ ここでは、賃貸経営を成功させるコツから注意点までを解説しました。賃貸経営は、事前のリサーチや収支計画、管理会社の選定などが満室経営を実現するために必要です。失敗しないためにも最初のうちからノウハウを学んでいきましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ