月別アーカイブ: 10月 2021

賃貸在住の方へ!ペットの飼育に関するトラブルと対策を紹介します!

ペットとの暮らしは、癒し効果で毎日楽しく過ごすことができます。最近では、賃貸物件でペット可物件のニーズも高まっています。しかし​​賃貸物件では、ペット飼育に関するトラブルが起こりがちです。ここでは、賃貸でのペット飼育に関するトラブルやその対策について解説します。 □賃貸でのペット飼育に関するトラブル例 ここでは、具体的なペット飼育に関するトラブル事例を紹介します。 *騒音トラブル ペットに関する苦情で多いのが騒音トラブル。特に犬や猫を飼っている場合は、鳴き声や走り回る音で他の入居者が悩まされているというケースも少なからずあります。また、飼い主の言うことを聞かない場合やしっかりとしつけができていないことが騒音の原因になっていることもあります。 *ニオイに関するトラブル 飼い主は慣れているため、意外と気づいていないかもしれません。しかし他の入居者には、​​独特の臭いに不快感を与えることもあります。ペットのニオイは、​​排泄物と体臭に気をつけなければなりません。こまめに掃除を行い、清潔に保つことが大切です。 *共用部分に関するトラブル 共用部分では、他の入居者とすれ違うことがあります。ペットが吠えたり、排泄物が放置されていたりすると入居者に迷惑がかかり、トラブルに発展するケースもあります。ペットが噛み付いたりすると、被害者から損害賠償請求される可能性もあります。共用部分では、特に配慮しながらマナーを守る必要があります。 □ペットに関するトラブルの対策方法 ペットに関するトラブルを防ぐためには、飼い主があらかじめ考え、対策することが大切です。 賃貸物件のペットによる騒音が増えています。飼い主は、他の入居者に配慮した対策をとらなければなりません。クロスや床材、防音カーペットを敷くなどの足音に関する対策や防音カーテンを使用した防音対策などが効果的です。 ニオイ対策としては、ユーカリの香りや塩素のニオイなどの消臭スプレーや消臭剤なども効果が期待できます。また、空気清浄機や消臭機能のある壁紙なども合わせて使用すると良いでしょう。トイレはこまめに掃除し、消臭効果のあるトイレシーツを利用するものひとつです。 共用部分でのトラブルも対策が必要です。噛みつきや飛びかかりは、他の入居者がケガするおそれもあります。リードを短く持ち、飼い主自身が日頃からペットのしつけを徹底しましょう。 □まとめ ここでは、賃貸でのペット飼育に関するトラブルやその対策について解説しました。ペットに関する騒音やニオイ、噛みつきなどのトラブルが増えています。飼い主が自覚を持ち、あらかじめ対策を講じておくことが大切です。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室の割合を知っておくことは大切?空室率について詳しくご紹介します!

賃貸経営において空室率を抑えることが大切です。しかし、空室が目立つと家賃収入が激減することもあり、赤字になる可能性もあります。安定した賃貸経営を維持するには、部屋の総数に対し、空室の割合を把握しておくことが大切です。そこで今回は、空室率の考え方や空室対策のポイントについて解説します。 □空室率の考え方について 賃貸物件の空室率とは、部屋の総数に対して空室が何%であるかを示す割合ですが、短期的な目線で見るものではありません。たとえば、10部屋あるマンションで空室が4部屋なら、空室率は40パーセントとなります。しかし、賃貸経営は長期的な視点で見ていかなくてはなりません。 空室率を計算する際は、​​年単位で計算することが重要となります。年間の空室率は、ここでは以下の計算式を使用します。 (空室の数×空室の月数)÷(部屋の総数×12ヵ月)×100 10部屋のマンションで3部屋が3ヵ月間空室、1部屋が1ヵ月間空室だった場合、(3部屋×3ヵ月分+1部屋×1ヵ月分)÷(10部屋×12ヵ月分)×100=8.3パーセントの空室率となります。 一般的には、5~10パーセントの空室率が適正と言われていますが、計算する際は、適切な負荷をかけるのが望ましいです。一方、空室率の状況は、算出方法によって異なる場合があるので注意しましょう。 ​​□空室対策のポイント ここでは、具体的な空室対策をそれぞれ解説します。 *入居者の費用負担を減らす 初期費用の敷金・礼金を値下げする、またはゼロゼロ物件にするなど、入居者の費用負担を減らすことが空室対策につながります。安易に下げるべきではないですが、状況に応じて家賃や更新料の値下げも検討するとよいでしょう。 *ターゲット層を見直す 競合物件が多い地域は、差別化を図らなければなりません。単身赴任や学生の一人暮らし向けの物件、ペット可物件、高齢者向けなど、空室対策にはターゲット層の見直しも大切です。 *募集資料を見直す 空室が長引いている場合、募集資料や募集ページの見直しを行いましょう。物件情報サイトや不動産会社の店舗で、募集資料の写真や掲載されている情報が非常に重要となります。写真や情報は、常に最新のものに更新されている必要があります。 □まとめ ここでは、空室率の考え方や空室対策のポイントについて解説しました。空室率は、長期的な視点で算出することが大切です。空室対策は、ターゲット層や募集資料の見直し、入居者の費用負担を減らすことを検討しましょう。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!雨漏りトラブルが起きた場合の対処法と費用負担を解説!

賃貸物件で雨漏りが発生すると、突然の出来事で焦ってしまうことがあります。特に築古物件では、経年劣化の影響で雨漏りしやすい場合もあります。とはいえ、早めに対処しないと、被害が広がる可能性があります。そこで今回は、賃貸で雨漏りした時にするべき行動や雨漏りが発生した場合の修理費用負担について解説します。 □賃貸で雨漏りした時にするべき行動 雨漏りした際は、被害が拡大しないためにどのような行動を取るべきでしょうか。 まずは、被害を最小限に抑えるために応急処置を行わなければなりません。なぜなら、床や壁が​​雨漏りにより被害を受けると、修理費用を負担しなくてはならないことがあるためです。応急処置としては、電化製品のコンセント抜いて、床にタオル敷く、天井からの雨漏りにバケツを置くなどの対策を行いましょう。 次に、管理会社や大家さんに連絡します。応急処置を行ったあとは、必ず管理会社や大家さんに雨漏りについて伝えておきましょう。そのまま放置すると、被害が拡大して修理費が高くなってしまうことがあります。大家さんにお伝えするときは、雨漏りの具体的な状況を説明し、修理に関する日程を確認することが重要です。 また、掃除や片付けをする前に、雨漏りしている箇所の証拠写真を撮っておきましょう。証拠写真がないと、修理費用を負担してもらえない可能性もあります。また、家財が雨漏りで使えなくなった際は買い直す必要があります。証拠写真があれば、管理会社や大家さんと交渉できる場合があります。 □賃貸で雨漏りが発生した場合の修理費用負担 賃貸で雨漏りが発生した場合は、一般的に管理会社や大家さんが修理費用を負担するケースが多いです。雨漏りで家電製品が故障したり、布団などが使えなくなった場合は、交渉次第で管理会社や大家さんが補償をしてくれる可能性もあります。その際に雨漏りの証拠写真や動画を撮影しておくことが望ましいです。 補償する金額は、新品の家電製品や布団ではなく、使用していた同程度のものを購入できる金額になります。 ただし、入居者が負担するケースとして、天井や壁を傷つけていた影響で雨漏りが発生した場合や不注意で窓を閉め忘れていたときです。つまり、入居者に何らかの過失があり、雨漏りが発生した場合には、入居者の負担になるということです。 □まとめ 賃貸で雨漏りした時は、​​応急処置や​​証拠写真を撮影した上で管理会社等に連絡しましょう。雨漏りの発生は、一般的に管理会社や大家さんが修理費用を負担しますが、入居者に過失がある場合は、入居者負担になることもあるので注意しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

今後空室は増える?賃貸経営を成功させるために知っておきたいことをご紹介します!

賃貸経営において気になるのが空室対策です。予期せぬ空室増加で家賃収入が減ると、とても不安な気持ちになります。空室は、社会経済情勢や人口減少などさまざまな原因が挙げられます。賃貸経営を成功させるためには、どのような対策が必要なのでしょうか。ここでは、最近空室が増えた理由やコロナ禍のニーズについて解説します。 □最近空室が増えた理由 最近空室が増えた理由として、東京などの都心でマンションの供給が増えていることです。不動産経済研究所が発表した「首都圏・近畿圏マンション市場予測」では、2021年新築マンション供給は、首都圏3.2万戸・近畿圏1.9万戸となっています。 不動産業者が建てる新築マンション・アパート増加の背景には、投資家へ販売する目的で金融機関の融資も積極的に行われていたことが挙げられます。スルガ銀行の不正融資問題がありましたが、それ以外の地銀・信金も積極的に融資が行われていました。一般的には「法定耐用年数-経過年数」で融資が決まりますが、当時は法定耐用年数をオーバーした中古物件への融資も受けられました。しかし、スルガショック以降は、中古物件への融資が厳格化され、耐用年数以内の融資となり、赤字になる物件も増えていきました。 一方、新築の鉄筋コンクリート(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC造)であれば、金融機関から借入期間30年以上の融資を受けられるのが一般的です。不動産業者はこれに目をつけ、都心部を​​中心に新築マンション・アパートを大量供給を行ったという背景があります。 今後は、新型コロナウイルス感染拡大の収束がまだ見えていないため、空室の増加に歯止めがかかるのかは予測できません。とはいえ、テレワークやオンライン講義は感染予防の観点から増え続けていくとみられています。 □コロナ禍のニーズについて コロナ禍で人々のライフスタイルが変化しつつあります。自宅で過ごす時間も多くなり、賃貸経営においてもそれらの新たなニーズに応えなければなりません。 たといえば、インターネットやWi-Fiの設置です。テレワーク、オンライン授業、オンラインセミナーなどの活用が増えていきます。インターネットの利用料を無料にすることで空室リスク対策となるでしょう。 また、巣ごもり需要でネットショッピングの利用者が増えています。物件に​スペースがあれば、​​​​宅配ボックスの設置も入居者に喜ばれます。 □まとめ ここでは、最近空室が増えた理由やコロナ禍のニーズについて解説しました。不動産投資家に向けた新築マンション・アパートの供給が増えています。空室増加を回避するためにもコロナ禍のニーズに応えていかなければなりません。具体的には、テレワーク、オンライン授業を行うインターネットやWi-Fi設備の導入、巣ごもり需要でネットショッピングが増える中での宅配ボックス設置などが考えられます。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸在住の方へ!エアコンに関するトラブルの対処法と費用負担について解説!

マンションやアパートの賃貸でエアコンが故障した経験はないでしょうか?猛暑日に突然エアコンが故障すると対処方法がわからず、不安になる方もいると思います。中には、備え付けられてあるエアコンが故障するケースもあります。今回は、エアコンが故障したときの対処方法や備え付けのエアコンが故障した場合の費用負担について解説します。 □エアコンが故障したときの対処方法 *本当に故障しているのかをチェックする まずは、本当に故障しているかをチェックしましょう。コンセントの異常やブレーカーが落ちていないか周辺を確認します。また、リモコンの電池交換が必要かどうか、エアコン本体の電源ボタンが入るかどうかもチェックします。 続いて、フィルターにホコリが詰まっていないかも確認し、必要に応じて定期に掃除しなければなりません。 一方、エアコンがあまり冷えない場合は、室外機の周りも確認します。室外機周辺に物を置いていないか、直射日光に当たっていないかを見てみましょう。 *管理会社や大家さんに連絡する エアコン本体の電源、リモコン、フィルターなどを確認しても、エアコンの故障原因がわからない場合は、管理会社や大家さんに連絡しなければなりません。このときに賃貸物件の名称や部屋番号、氏名、電話番号などの個人情報やエアコンがどのような状況になっているのか具体的に説明すると、スムーズに修理が進められます。 説明した後は、管理会社や大家さんが修理業者を手配します。 □備え付けのエアコンが故障した場合の費用負担 備え付けのエアコンが故障した際の費用については、一般的に管理会社や大家さんの負担になります。とはいえ、入居者が勝手に修理を行ったり、修理業者を呼んでいた場合は入居者が費用を負担しなければならない場合もあります。 また、入居者が何らかの不注意で故障させてしまった場合や故障を放置し悪化させてしまった場合は、入居者負担となる可能性が極めて高いです。 加えて、エアコン修理の費用負担については、賃貸借契約書も確認しましょう。 賃貸物件に備え付けではなく、前の入居者が置いていった残置物である場合は、エアコンの修理費は、入居者負担になる可能性もあります。 □まとめ エアコンが故障したときの対処方法として、エアコン本体の電源、リモコン、フィルターなどを確認します。それでも、エアコンの故障原因がわからない場合は、管理会社や大家さんに連絡しましょう。備え付けのエアコンが故障した場合の費用は、管理会社や大家さんの負担になることが多いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

満室経営を実現するための空室対策について詳しくご紹介します!

満室経営を実現するためには、空室対策がとても重要になります。空室が多くなると、資金調達が計画通りに進まなくなります。また、管理業務をすべて管理会社に任せている場合もうまくいかないケースがあります。空室対策はどのような点に注意しなければならないのでしょうか。今回は、空室リスクと具体的な空室対策について解説します。 □空室対策と空室リスクについて *空室対策とは? 満室経営を実現するために、空室対策が重要になります。ポイントとしては、賃借人のニーズを把握することです。間取りや内装、設備の中で改善する点はないか、どのように改善すれば魅力的な賃貸物件になるのかを考えることが大切です。 たとえば、インターネットの利用が無料、エアコンの設置、家具家電付きの部屋、不動産テックを活かしたスマートロックの導入、防犯カメラの設置など、さまざまな工夫で競合物件との差別化を図りましょう。 また、仕事帰りのOLが多く通る、共働きの世帯が多いなど、地域の特性を考慮したターゲット選定なども重要となります。 *空室リスクについて 賃貸物件の経営において空室が多く発生すると、それだけ家賃収入が見込めなくなります。家賃収入が減ったとしても、管理業務を委託している際に支払う管理委託費やアパートローンなどの支払いは続くので、空室の増加を避けなければなりません。 つまり、空室リスクが上昇すると、収益が低下し賃貸経営が悪化するので、空室対策をあらかじめ講じておくことがポイントとなります。 □具体的な空室対策 賃貸経営をされているオーナーさんにとっては、具体的な空室対策が必要です。 例えば、インターネット環境の充実が挙げられます。今やインターネットは生活で欠かせない存在です。インターネット回線の導入やWi-Fi環境の構築が必要です。​​Wi-Fiの利用が無料になれば、スマホやタブレットでインターネットを自由に利用することができます。 また、防犯性を高めることも大切です。オートロックやカメラ付きインターフォンの設置で、一人暮らしの女性でも安心できる防犯対策が必要です。また、小さなお子様が1人で留守番しなければならないときも、防犯性が高ければ安心です。 人気の設備を導入するのも良いでしょう。追い炊き機能や温水洗浄便座など、あると嬉しい設備を導入することが入居者の満足度につながります。 最後に、オーナーさんと管理会社の信頼関係を高めることが空室対策として重要です。日頃から物件についてどのような課題、苦情があるのかなど、解決方法をともに考えられる関係性が望ましいです。 □まとめ 今回は、空室リスクと具体的な空室対策について解説しました。空室が多くなると、収益悪化に伴い、賃貸経営が成り立たなくなります。空室対策は、入居者に求められる設備の導入や管理会社との信頼関係を構築するなど、さまざまな対策を講じていくことが大切です。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!賃貸物件の壁に穴あけしても大丈夫?

賃貸物件に住んでいると、ポスターを貼ったり、絵画などを壁に飾りたいと思ったことはないでしょうか?持ち家であれば自由に壁に穴をあけたりできますが、賃貸物件ではどのようにすればいいのか、意外と知らない方も多くいると思います。そこで今回は、賃貸物件の壁の穴あけに関する注意点や壁に穴を開ける方法を解説します。 □賃貸の壁に穴あけしても大丈夫なのか? 賃貸物件の壁に穴あけする場合は、修理費用について気になる方も多いと思います。ポスターを貼ったり、絵画などを飾るために壁に穴をあける、または不注意で子どもが壁に穴をあけてしまったりするケースもあります。 賃貸物件の場合は、借りた部屋を明け渡す際の原状回復でルール化されていることが多いです。 根拠としては、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記載されています。国土交通省のガイドラインでは、ポスターやカレンダー等を壁に貼る際に生じた画びょう、ピン等の穴は、通常の生活において行われる範疇のものであり、通常損耗と考えられています。したがって、修繕費は賃貸人(オーナー)が負うこととされています。 通常のポスター貼りやカレンダー等を貼る際に画びょうやピンを使って壁に穴を開けたとしても、原則、入居者が修繕費を支払う必要はありません。しかし、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」は、法的義務ではなく、あくまでも一般的な基準を示しているにすぎないので、賃貸借契約書に記載されている内容を確認しましょう。 □部屋の壁に穴を開ける方法 賃貸物件でどうしても壁に穴を開ける場合は、あるべく壁穴が目立たない対策をしなければなりません。ここでは、部屋の壁に穴を開ける方法を解説します。 まず、壁穴が目立たないグッズを用意しましょう。 ・画鋲(針が細いもの) 小さな力で簡単に刺すことができるものがおすすめです。 ・ホッチキス 180度開くものがおすすめです。ネジ止めなどの大きな穴が残らないので便利です。 ・ニンジャピンピン 跡が目立たない壁にやさしいピンとして人気の商品です。針の先端がV字になっているのが特徴です。 □まとめ ここでは、賃貸物件の壁の穴あけに関する注意点や壁に穴を開ける方法を解説しました。賃貸物件の壁の穴あけは、国土交通省「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記載されています。通常、ポスター貼りやカレンダー等を貼る際に生じる壁穴は、通常損耗であり、貸主が修理費を負担します。壁穴が目立たないグッズとして、ホッチキスや画鋲(針が細いもの)、ニンジャピンなどがおすすめです。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

厳しい時代を乗り切るために!賃貸経営のポイントをご紹介します!

賃貸経営のポイントとしてあげられるのは、空室対策です。空室リスクを避けなければ資金繰りの悪化で不安な状態が続いてしまいます。しかし、空室対策を行っていてもなかなか改善されないことはないでしょうか?そこで今回は、賃貸経営で失敗しないためのポイントや賃貸経営の今後について解説します。 □賃貸経営の今後について 賃貸経営の中でも気になるのが空き家率です。少子高齢化の影響により、空き家率が上昇し、全国的に社会問題化しています。総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」によると、空き家数は848万9千戸と過去最多となり、全国の住宅の13.6パーセントを占めています。2040年には、日本の空き家率が43パーセントに達すると言われています。 空き家率上昇の原因として、人口の減少が挙げられます。日本の人口は、2008年をピークに減少傾向になり、​​総務省統計局「人口推計」によると、令和3年8月1日現在で総人口は、1億2530万人で,前年同月に比べ減少 しています。また、東京都の発表では、2021年8月1日時点の推計人口は1404万3239人となり、3カ月連続で減少しています。 しかし、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」の世帯数で見ると、2015年は5,333万と増加傾向にあり、2023年に​​増加のピークが予想されています。世帯数が増加する理由として、1世帯あたりの人数は減るものの、単独世帯が増加すると考えられているためです。 □賃貸経営で失敗しないためのポイント *空室で失敗する賃貸経営 空室で失敗する賃貸経営の特徴として、不動産会社の選定がポイントとなります。実績もなく、空室対策に積極的ではない不動産会社を選ぶといつまでも空室が改善されません。実績が豊富な不動産会社であれば、地域性を考慮したターゲット選定や入居者の属性に合わせた間取り、設備環境など、さまざまな客付けのための工夫を行っています。 しかし、賃貸物件では、築年数が経つにつれて空室が多くなる可能性もあります。空室が長く続くようであれば、適切なアドバイスをいただける不動産会社の変更を検討するのもひとつです。 *管理で失敗する賃貸経営 管理業務は、入居者募集や家賃の回収、​​​​クレーム(トラブル・ご要望含む)など、幅広い業務と専門的な知識が必要です。中には、入居者の問い合わせや修繕の依頼、​​​​クレーム(トラブル・ご要望含む)などをすぐに行わない業者も存在します。 したがって、管理会社の対応によって空室が多くなる可能性も十分にあります。管理会社の選定は、複数を比較しながら実績のある管理会社を選びましょう。 □まとめ ここでは、賃貸経営で失敗しないためのポイントや賃貸経営の今後について解説しました。少子高齢化の影響により空き家率が上昇する中、賃貸経営においては、空室リスクと管理業務が重要となります。実績のある不動産会社を選ぶことが成功するポイントのひとつです。さまざまな不動産会社を比較検討しながら、最適な会社を選びましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸で子育て中の方へ!子供の騒音問題の対策方法を解説します!

賃貸物件で子育てされている方は騒音に不安を感じることはないでしょうか。コロナ禍で在宅ワークも増え「子供の足音で集中できない。」「ドンドンと床が響いて仕事にならない。」などと入居者から不満の声が寄せられるケースもあります。そこで今回は、子供が出す騒音の例や子供の騒音を抑える対策方法を解説します。 □子供が出す騒音の例 まず、子供の足音です。最も多く苦情が寄せられる騒音になります。「ドンドン」「バンバン」と走り回る音、ジャンプする音、ハイハイする音などです。あまりに回数が多いとトラブルに発展するケースがあります。 次に、大声や泣き声です。赤ちゃんの夜泣き、少し大きくなった子供の泣き声、子どもが機嫌が悪いときの大声、テンションが上がり、走り回っている際の奇声などです。声だけでなく、ジャンプしたり、走り回ったりするケースも多く、足音と声が合わさって騒音になってしまいます。 その他の騒音としては、子供の生活音が挙げられます。子供は加減が分からず、ドアや窓の開閉音や椅子を引く音、壁を叩く音が強くなったりします。それらが振動として隣室に届いて、騒音となってしいまうことがあります。 □子供の騒音を抑える対策方法 子供の騒音問題は、あらかじめ対策をしなければトラブルに発展するケースが多くなります。ここでは、騒音を抑える対策をご紹介します。 まず、家具の配置を変える方法があります。壁に沿って大きいサイズの家具を配置すると、音の伝わりを抑える効果が期待できます。 次に、壁に布を張ったりカーペットを敷いたりすることもおすすめです。壁に厚手の布を貼り、全体を覆うことで音を吸収して騒音を抑制します。また、足音の対策として、厚手のカーペットや​​マットを敷くことも効果的です。 また、子供が騒ぎ出したらドアや窓を閉めることも効果的です。換気などで窓を開けておくと、大声や泣き声が隣人に聞こえやすくなります。特にコロナ禍では、積極的に換気を行っているため、ドアや窓が開いているケースが多いです。しかし、子供が騒いでいるときは一時的でも閉めておくと効果的です。 さらに、窓とともに防音効果のあるカーテンを閉めるとより対策が期待できます。床まで届く防音(遮音)カーテンであれば、騒音対策がより効果的になります。 最後に、窓を二重サッシにするのも効果的です。二重サッシを設置すると遮音性が高くなるだけでなく、遮熱性も高くなります。しかし、賃貸物件の場合は、管理会社やオーナーさんの承諾が必要となります。 □まとめ ここでは、子供が出す騒音の例や子供の騒音を抑える対策方法を解説しました。子供の騒音には、​​​​足音や大声、泣き声などさまざまです。子育て中の方は、先述した家具の配置変更、カーペット、防音カーテンなどであらかじめ対策を行いましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営は難しい!よくある悩みの対処法について詳しくご紹介します!

安定した賃貸経営を持続するのはとても難しいことです。社会経済情勢の変化や資金繰りの悪化、施工会社・管理会社選びの失敗など、さまざまな原因で賃貸経営が悪化することもあります。その一方で、オーナーは空室対策を常に考えなければなりません。そこで今回は、賃貸経営を難しくする要素やその対策などを解説します。 □賃貸経営を難しくする要素 賃貸経営がうまくいかず、想定した家賃収入が得られない場合もあります。賃貸経営を難しくする要因はどこにあるのでしょうか? 1つ目の要因として考えられるのは、家賃滞納が続くケースです。家賃滞納が続くと、賃貸経営に大きな影響を及ぼします。昨今の新型コロナウイルス感染拡大で収入が激減し、家賃滞納者が増えています。しかし、法律上はすぐに退去させることができないため、滞納が長期化すると経営が悪化する場合もあります。 2つ目は、空室が目立つケースです。空室が多くなればなるほど、賃貸経営が難しくなります。空室が増えるのは、経年劣化以外にも何らかの原因があると考えられます。物件の全体の見直しや付加価値の提供など、常に空室対策を考えなければなりません。 3つ目は、想定以上に費用がかかることです。建物の劣化で、外壁塗装や防水工事、配管工事など、さまざまな費用がかかります。また、10〜15年周期で大規模修繕を行うこともあります。賃貸経営を始めた頃から、家賃収入の一部を修繕費に充当するなどの対策が必要です。 □賃貸経営のリスクを回避する対策 賃貸経営においては、家賃滞納リスクや空室リスクなどを対策が必要です。どのような対策が必要なのでしょうか? *保証会社を活用する 家賃滞納リスクとして、保証会社を活用するのも方法のひとつです。保証会社は、借主の家賃滞納について、代わりに立て替えて支払います。保証会社を利用すれば、連帯保証人を立てることが難しい人や収入が安定していない人でも部屋を借りることができます。 *賃貸管理は管理会社に任せる 賃貸の管理業務は、入居者募集や家賃の回収、督促、清掃、設備点検、入居者のクレーム対応、退去時の立会いなど、多岐にわたります。中には、専門的な知識が必要な業務もあるため、自主管理では行き届かない場合もあります。したがって、空室リスクを軽減できる実績豊富な管理会社に任せることが大切です。 □まとめ ここでは、賃貸経営を難しくする要素やその対策などを解説しました。賃貸経営を難しくする要素として、家賃滞納や空室が多くなることが挙げられます。これらのリスクを回避するためには、保証会社を活用したり、管理業務は専門家である管理会社に任せるなどの対策が望ましいです。  

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ