賃貸に在住の方へ!すぐできる防犯対策やおすすめの防犯グッズを紹介します!

賃貸にお住まいの際に気になるのがセキュリティ面です。特に女性の場合は、アパートやマンションで「防犯対策をしっかりとしたい」と思う方が多いでしょう。外出中の空き巣被害も増えているため、対策をしていきたいところです。ここでは、賃貸物件ですぐできる防犯対策やおすすめの防犯グッズを紹介します。

□賃貸ですぐできる防犯対策

*施錠の徹底や補助鍵を設置する

まずは施錠を徹底することが大切です。玄関の扉の閉め忘れがないようすぐに施錠する習慣をつけるようにしましょう。また、通常の鍵に加えて補助錠を設置することも効果的です。玄関の補助錠は、外付けタイプや内付けタイプがあります。ただし、賃貸マンションで補助鍵を取り付ける際には、大家さんや管理会社の許可を得なければならないので、事前に確認しておきましょう。

*表札の氏名は控える

玄関の表札に氏名を出しておくと、不審者が現れた際に覚えられる可能性があります。特に一人暮らしの女性はストーカー被害に遭う可能性もあり注意しなければなりません。その他、郵便ポストや自転車にも氏名を記載しないようにしましょう。

*洗濯物やカーテンに注意する

女性が住んでいるとわかる洗濯物はできるだけ避ける必要があります。また、カーテンの色も明らかに女性が選ぶようなものは避けた方がよいでしょう。男性用の洗濯物も一緒に干して、男性も同居していることを示すのもひとつの方法です。

*SNSの写真掲載に注意する

SNSで場所が特定されるような写真を掲載しないように注意しましょう。背景にお店の名前や住所等が記載されている看板が写っているときは、特定されやすくなります。

□賃貸でも使える防犯グッズ

ここでは、賃貸物件でも使える防犯グッズを紹介します。
まず、防犯フィルム・防犯ブザーです。侵入を防ぐたまに防犯フィルムを使用することや窓から侵入された場合に防犯ブザーを利用するなどが効果的です。防犯ブザーは、周囲に緊急性が伝わるので大音量で威嚇することができます。

次に、サムターンカバーです。空き巣の手口としてサムターン回しがありますが、サムターンカバーを設置することで、工具を入れられても簡単にサムターンに届かなくなるので、防犯対策に役立ちます。

次が、ドアスコープカバーです。外から見えないようにドアスコープカバーを取り付けると効果的です。玄関の内側に貼るだけで覗き見対策となります。

最後に、人感センサー付きライトです。人や明るさに反応して自動的に点灯する人感センサー付きライトです。賃貸物件でも使用可能な、電気工事不要のものもあります。

□まとめ

ここでは、賃貸ですぐできる防犯対策やおすすめの防犯グッズを紹介しました。空き巣や不審者の侵入を防ぐためには、周辺環境や物件などに合った防犯対策が必要です。日頃から防犯を意識しながら、賃貸でも使用できる防犯グッズも準備しておきましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸オーナー様必見!賃貸管理でリスクを回避する方法を解説します!

不動産の賃貸経営は安定した家賃収入を得られますが、その一方で空室リスクや、家賃滞納リスクなど、さまざまなリスクを伴います。不動産オーナーは、それぞれのリスクにどのように対応すれば良いのでしょうか?ここでは、賃貸経営で失敗してしまう理由や失敗を回避するための方法などを解説します。

□賃貸経営で失敗してしまう主な理由
*自己資金が不足している
賃貸経営を始めるにはすべてを自己資金でまかなうのではなく、金融機関からの融資で調達するケースがほとんどです。しかし、自己資金がほとんどない状態で賃貸経営を行うと、急な修繕費や入居者のトラブルにかかる費用に対応できなくなる可能性があります。
例えば、共用部の修繕費や入居者トラブルによる立ち退き料などです。
さまざまなトラブルを常に想定しながら、ある程度の自己資金を準備しておく必要があります。

*施工業者選びのリスク
アパートやマンションを建てた後に手抜き工事の発覚や施工不良など、施工業者選びによるリスクもあります。例えば、壁が薄く騒音トラブルが起きやすい、悪臭がする、階下に漏水が発生するなど。悪質な業者が建てた物件を選んでしまうと、このようなトラブルも後になって判明するケースも少なくないです。

*立地選びの失敗
賃貸物件の需要がない場所や土地勘のないエリアにマンション等を建てて経営することです。例えば、駅から離れている、周囲に商業施設がない、役所や医療機関が近くにないなど。立地選びを間違うと、空室リスクが高くなります。

*管理業務を怠る
賃貸物件の管理は、一般的に管理会社に手数料を支払って管理委託しますが、コスト削減のため自主管理するオーナーさんもいらっしゃいます。しかし、管理業務は清掃、修繕、クレーム(トラブル・ご要望含む)など多岐にわたるので、どうしても管理をおろそかにしてしまうことがあります。

□失敗を回避するための方法
1つ目は、空室対策をしっかり行うことです。入居者に長く住んでいただけるように、敷金・礼金、仲介手数料などの初期費用の見直し、家賃や更新料の見直し、ペット可の検討など、常に時代のニーズに合った対応が求められます。
2つ目は、老朽化による修繕対策を行うことです。築年数が古い物件を放置していると、空室リスクにもつながります。古くなっている設備はすぐに改善し、リノベーションやリフォームなども検討するのもひとつです。
3つ目は、入居者のクレーム(トラブル・ご要望含む)対応を行うことです。入居者同士のクレームは、すぐに対応することが大切です。管理会社がクレームに対応しない場合は、管理会社の変更を検討しましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸経営で失敗してしまう理由や失敗を回避するための方法などを解説しました。賃貸経営は、さまざまなリスクを想定した上で柔軟な対応が求められます。常に入居者の立場で考えることが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!ゴミの出し方やルールについて解説します!

賃貸物件でゴミ出しのルールが定められていますが、ルールを守らないケースが多くあります。しかし、誰が出したゴミなのかを特定することは難しく、トラブルが解決しない場合もあります。ゴミ出しは地域によってルールも異なります。ここでは、ゴミの出し方のルールや夜のゴミ出しの注意点などを解説します。

□ゴミの出し方やルールは住んでいる地域や賃貸物件により異なる

ゴミ出しのルールは、住んでい地域や物件によりルールが異なります。それぞれ見ていきましょう。

*自治体のルールがある

自治体によってゴミ出しのルールが異なる場合があります。収集曜日や何時までと時間が決められているケースやゴミの分類(燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミ)のルールなどがあります。
また、指定のゴミ袋を使用しなければならない地域もあります。分別されていない、粗大ゴミが放置されている、悪臭が発生しているなどさまざまな原因がトラブルに発展することがあります。

*賃貸物件のルール

アパートやマンションでゴミ出しのルールが決められているところもあります。路上型ゴミ置き場、開放型ゴミ置き場、密閉型ゴミ置き場など、ゴミ置き場の種類も様々です。

*粗大ゴミや大型ゴミのケース

粗大ゴミの受付は、各自治体の電話やインターネットで事前申し込みを行うケースがほとんどです。特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)で定められた家電4品目(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン)は、販売店等に引取り義務があります。

□夜にゴミ出しをすることの注意点

ゴミ出しのルールは地域によって異なることがわかりましたが、夜のゴミ出しは可能なのでしょうか?注意点を解説します。
自治体によってゴミ出しの時間は異なりますが、夜のゴミ出しは基本的にNGとしているところが多くあります。法律上、禁止されているわけではありませんがマナー的にNGとしていることが主な理由です。
夜にゴミ出しをすると長時間放置されることにより、早朝にカラスや野良猫がゴミを荒らすことがあるためです。場合によってはゴミが散乱し、道路の真ん中までゴミが散らばってることもあります。
さらに、長時間ゴミが放置されることで悪臭が広がり、近隣から苦情が入るケースもあるので注意が必要です。

□まとめ

ここでは、ゴミの出し方のルールや夜のゴミ出しの注意点などを解説しました。集合住宅では、お互いがゴミ出しのマナーを守り、各自治体のルールなどに従う必要があります。トラブルにならないよう一人ひとりが気をつけていくことが大切です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営で抱えやすい悩みについて詳しくご紹介します!

不動産オーナーとして賃貸経営をスタートしたものの、さまざまな悩みを抱えながら模索している方も多いのではないでしょうか?日々の業務を行いながら悩みを解決するため、いろいろな方向から調べてもなかなか解決できないこともあります。ここでは、不動産オーナーが抱えやすい悩みを詳しく紹介します。

□賃貸経営で抱えやすいお悩み
*空室対策
不動産オーナーが多く悩む空室対策。長く続くと家賃収入を得ることができなくなるので、ローンの返済や維持管理費などの諸費用で賃貸経営を圧迫する可能性もあります。
空室に関する具体的な悩みとして、退去されるとなかなか入居者が決まらず空室が長引く、管理会社に管理を委託しているものの空室が続くといったこともあります。
このように不動産オーナーが多く悩む空室対策ですが、さまざまな原因が考えられます。
1つ目が、賃料設定によるものです。相場より家賃が高めに設定されていたり、周辺の同じような物件と比べ割高になっていることが考えられます。競合物件とのリサーチ不足で空室が続いているケースもあります。
2つ目が、立地条件が悪いことによるものです。駅から離れている物件や周辺にコンビニやスーパーなども少なく利便性の悪い物件です。立地条件は、物件選びで最も優先される項目です。
3つ目が、築年数が古いことによるものです。築年数が古く、部屋の設備が老朽化していることも空室原因となります。

*入居者トラブル
入居者同士のトラブルが放置された状態ですと、次々に退去する可能性もあります。入居者トラブルの原因には、以下のようなものがあります。
1つ目は、騒音トラブルです。上階や隣人の生活騒音に関するトラブルはコロナ禍において増えています。その他、子どもの足音や窓や扉の開閉音、夜に友人たちと騒ぐなどがあります。
2つ目は、ゴミ出しのマナートラブルです。収集日や時間を守らない、分別をしないなど、ゴミ出しのマナー違反は衛生上の問題となり、物件全体のイメージも悪くなります。

□賃貸経営を成功させるためのコツ
まず、リサーチを徹底することです。賃貸物件のサービス向上や付加価値の提供、利便性、居住環境、競合物件との比較など、入居者に満足していただけるためにマーケットリサーチを徹底することが大切です。
そして、営業戦略を考えるようにしましょう。内見時からこの部屋を借りたいと思わせるきめ細やかな対応を行うことで空室対策につながります。ウェルカムボードや工夫されたPOP、清潔なスリッパなど、あまり費用がかからないサービスは積極的に行いましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸経営で抱えやすいお悩みや賃貸経営を成功させるためのコツなどを解説しました。常に借り手の立場を考えながら、リサーチ力や営業力を身に付けていくことが大切です。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸住宅にお住まいの方へ!突っ張り棒の跡がつかないようにするアイデアを紹介!

賃貸物件でも「安くて収納に大活躍」「隙間や狭いスペースで有効活用できる」など、手軽に購入できるのが「突っ張り棒」です。しかし、突っ張り棒は壁の間に固定するためどうしても跡がついてしまい、退去時に修繕費用でトラブルになるケースもあります。ここでは、突っ張り棒の跡が残った場合の修繕費用の負担についてや、跡が残らないようにするアイデアについて解説します。

□突っ張り棒の跡が残った場合の修繕費用の負担

突っ張り棒の跡が残った場合、修繕費用が誰の負担になるのかは気になるところです。ここでは、原状回復の観点からも解説します。
突っ張り棒は棒と壁の間を固定するもので、物を置いていると壁に圧力がかかり、長く住んでいると徐々に傷がついたりします。退去時に原状回復として借主側が費用負担する場合は、故意に(わざと)壁を傷つけたり、不注意で跡が残っていた場合が考えられます。

「原状回復」とは、退去時に部屋を引き渡す際に元の状態に戻すことを指します。国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、経年劣化や通常損耗により発生した修繕費用などは、貸主負担とされています。借主に故意・過失があった場合は、すべての部分を負担するのではなく、残存する価値の部分のみを負担するとされています。
突っ張り棒のへこみ跡に関しては、通常の使用範囲を超えていると判断され借主負担となります。

□突っ張り棒の跡が残らないようにするアイデア

1つ目は、合板を使用するアイデアです。木の板を挟むと跡がつきにくいだけでなく、ズレ落ちることが少なくなります。

2つ目は、壁と棒の間にダンボールを挟むアイデアです。ダンボールを使用すれば、お金をかけずに傷やへこみ対策になります。ただ、見栄えが悪くなってしまう可能性はあります。

3つ目は、衝撃吸収パッドを使う方法です。高粘着ゲル素材を使用して、落下を防ぐものです。家具や家電などにも利用されています。はがしてもべたつかないので便利です。ホームセンターや100円ショップで売られています。

4つ目は、ファンデーションのパフを活用するアイデアです。クッション性があるので、壁と突っ張り棒の間に挟むことで、簡単に落下を防ぐことができます。ファンデーションのパフであれば、見た目もオシャレに設置できます。

□まとめ

ここでは、突っ張り棒の跡が残った場合の修繕費用の負担についてと、跡が残らないようにするアイデアについて解説しました。突っ張り棒を使用する際には、跡が残らない対策を行いましょう。あまり費用もかからないので、積極的に取り入れることをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室になる原因とは?空室にお悩みのオーナー様必見です!

賃貸経営で悩みの種となる空室対策。
社会情勢や経済動向の影響があるものの、なかなか改善されず悩まれているオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?
空室の原因は、身近なところにあるのかもしれません。
ここでは、空室になってしまう主な原因や原因別の空室対策を紹介します。
□空室になってしまう主な原因
空室になってしまう原因はどこにあるのでしょうか?
それぞれ解説します。
*入居者募集の集客ができていない
物件情報の写真が細かく掲載されていない、工夫されていない、募集図面が見づらいなどといった場合は、うまく集客できない可能性が高くなります。
*競合物件を調査していない
空室対策では、周辺の競合物件をリサーチすることが必須となります。
しかし、リサーチが不十分であることやほとんどリサーチを行っていないとなると、ライバル物件の強みや弱みがわからないため、空室になってしまう原因となります。
*物件の特徴やアピールポイントが少ない
ターゲットを絞り、独自性のある物件であればアピールポイントが明確になりますが、物件の特徴がなく、設備や外観も古く見えるようであれば空室が改善されない可能性もあります。
*管理業務ができていない
自主管理や管理会社に委託している場合でも、入居者からの修繕、クレーム(トラブル・ご要望含む)の対応が遅いなどで不満が出ているケースです。
トラブルが解決しないことで退去する場合も出てきます。
□原因別の空室対策を紹介
まず、入居者募集の工夫をしましょう。
仲介会社とのコミュニケーションを取る、内見時のスリッパを用意するなど、入居者募集にさまざまな工夫が必要です。
次に、賃料設定を工夫します。
周辺の相場より高く設定された物件が選ばれる可能性は低いと考えられます。
周辺の家賃相場をしっかりリサーチしたり、築年数が古くなるにつれて家賃の値下げを検討するか、リノベーションを行い付加価値を提供するのか、さまざまな要素をふまえて賃料設定を行いましょう。
最後に、建物管理を徹底しましょう。
階段の錆や郵便ポストがぼろぼろなど、共用部の劣化が目立っていれば、内見時から印象が悪くなります。
定期清掃の徹底やこまめに修繕を行うなど、清潔感のある物件をアピールできるようにしましょう。
□まとめ
ここでは、空室になってしまう主な原因や原因別の空室対策を紹介しました。
空室の原因を取り上げ、早急に対策を行うことが大切です。
周辺の競合物件に関する調査や建物管理を徹底しながら、満室に向けて客観的に分析してみましょう。
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!よくある隣人トラブルと未然に防ぐ方法を紹介します!

賃貸物件に住んでいると、隣人トラブルが多く発生します。入居者同士のトラブルは、深刻化するケースも度々みられます。ここでは、よくある隣人トラブルの事例やトラブルを未然に防ぐためのポイントを解説します。これから賃貸物件に住む予定の方や現在賃貸物件にお住まいの方に役立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

□よくある隣人のトラブル事例

・生活騒音
賃貸物件で多く寄せられる生活騒音の問題です。例えば、子どもの足音や扉や窓の開閉音、楽器の演奏、ペットの鳴き声、洗濯・掃除機の振動音など、その種類は多岐にわたります。特に深夜の騒音は、トラブルが深刻化する可能性もあり注意が必要です。

・ゴミ出しのマナー
収集日や時間帯を守らない、分別されていない状態でのゴミ出し、不法投棄など、自分勝手な行動が隣人トラブルの原因となっています。さらにベランダでゴミを溜め込み、悪臭の苦情が寄せられるケースもあります。

・ペットのトラブル
ペットを飼っていると、鳴き声や床の振動、悪臭などがトラブルの原因となります。ペットを飼っていない住人が不快な思いをすることがあり、トラブルが深刻化するケースもあります。

・タバコのマナー
共用部の階段やベランダでタバコを吸うことで、悪臭に関する苦情が多くなります。中には、洗濯物に臭いが付いてしまう可能性もあり注意が必要です。また、駐輪場などでのタバコのポイ捨てに関するマナー違反にも気をつけましょう。

□隣人トラブルを未然に防ぐためのポイント

*共用部分の周辺をチェックする

郵便ポストがぼろぼろで郵便物が散乱していないか、階段や廊下、駐輪場、エントランスなどの清掃は行き届いているかなどを内見時にチェックします。ゴミ置き場では、ゴミが散乱しているかどうか、分別されているかなども確認してみましょう。

*騒音となる原因を調べる

楽器の演奏、ペットの鳴き声、子どもの声など、内見時にそのような音が聞こえてこないかを確認します。また、不動産会社に自主管理か管理委託されているかを聞いておくとよいでしょう。自主管理であれば、騒音問題の対応が不十分なケースもみられます。

また、ご自分が生活している中で発している音が、隣人にとっては騒音になっていないかも確認しましょう。テレビや洗濯機などの家電の音、ペットの足音、子供の足音などが、外にいても聞こえるようであれば、防音マットなどで事前に対策を施すと良いでしょう。

□まとめ

ここでは、賃貸物件のよくある隣人のトラブル事例やトラブルを未然に防ぐためのポイントを解説しました。集合住宅では隣人とのトラブルは付きものです。トラブルが発生しそうなときは、早めに管理会社に相談することをおすすめします。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理の仕事内容とは?賃貸管理をお考えの方に向けて詳しくご紹介します!

不動産会社が行う賃貸管理。入居者の募集から退去時の対応まで幅広い業務がありますが、具体的な業務内容は意外と知られていないのではないでしょうか?ここでは、不動産管理会社の仕事内容を詳しく解説します。

□不動産管理会社の仕事内容
・入居者募集
マンションやアパートなどに空室がある場合に、不動産会社がホームページやポータルサイトで入居者を募集します。これは内見の案内や契約を締結する業務も含まれます。

・物件の維持管理
物件の外壁や屋根の状態、その他の設備の維持・管理業務を行います。また、消防設備や 給水設備、エレベーターなどの法律で義務付けられている法定点検も業務のひとつです。

・家賃集金
毎月の家賃集金を行い、滞納がある場合は督促を行います。滞納が改善されないケースでは「内容証明郵便」を送付するケースもあります。

・クレーム対応
入居者同士のトラブルや苦情による対応です。集合住宅では、騒音や異臭、ペットの問題、ゴミ出しのマナーなどが多くあります。

・業者への手配
物件の設備不良や故障、水漏れなどがあった場合、各業者への手配を行うのも管理会社の業務です。

・退去時の立会い
借主が退去する際に立会い、室内の現状を確認したり原状回復がどの程度必要なのかを判断します。

□賃貸管理会社選びのポイント
賃貸経営では、不動産管理会社選びはとても重要となります。選び方を間違ってしまうと、空室率が改善されなかったり赤字になったりと、経営に影響が出ることもあります。ここでは、賃貸管理会社選びのポイントを解説します。
まず、入居者募集に力を入れているかどうかを確認しましょう。自社のホームページやポータルサイト、新聞広告など、積極的に入居者募集を行っている業者は、入居率アップも期待できます。
次に、実績を確認して豊富な経験があるかを確認します。管理会社の経営状態も良く、豊富な実績や良い口コミが多い会社は信頼に値します。
また、入居者への対応が万全であるかも確認しましょう。部屋の修繕や入居者のトラブル、クレームに迅速な対応ができる業者です。トラブルを放置したり、対応に時間がかかると、入居者との信頼関係が破綻する可能性もあり、空室率も高くなってしまうでしょう。
そして、適切な管理手数料かも見極めます。管理会社に管理委託する場合は、当然手数料が発生します。相場として、毎月の家賃5%程度が目安となっています。極端に高いケースなどもありえるので、他の管理会社と比較することが大切です。

□まとめ
本記事では、不動産管理会社の仕事内容や賃貸管理会社選びのポイントなどを解説しました。賃貸経営の中で重要とされる管理業務ですが、管理会社によって賃貸経営が左右されます。専門的な知識や経験が必要なため、実績や入居者の対応を重視しながら最適な管理会社を選びましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!電気がつかない場合の原因について解説!

賃貸物件で突然、電気がつかなくなった経験はないでしょうか?様々な原因で電気の供給が止まってしまうことがあります。中には、使用可能な容量を超えたときにブレーカーが落ちるケースもあります。そこで今回は、電気がつかない場合の原因について解説します。

□電気がつかない原因について
賃貸住宅では何らかの原因でつかないことがいくつかあります。
特定の照明器具がつかないというケースがあります。蛍光灯やLEDシーリングライト、白熱電球など、器具そのものが故障している場合や寿命が原因と考えられます。
ブレーカーが落ちたことにより、電気がつかないケースもあります。賃貸住宅では電気容量がそれほど大きくないため、家電製品を同時に使用するとブレーカーが落ちることがあります。また、台風や落雷、地震など、自然災害を原因とする停電もあります。この場合は、電線や電柱の部品が破損している可能性もあり、復旧に時間がかかるケースも見られます。
システム等のトラブルも原因として考えられます。建物全体で電気がつかない場合は、送配電設備のトラブルかもしれません。夜間であれば、窓から外を見ることで町全体の停電なのか、この建物全体の停電なのか、自室だけの停電なのか確認ができます。
また、近くで電線に関する工事を行っている場合は、電力の供給がストップしていることがあります。事前に書面でポスティングされていることがほとんどなので、日頃からポストを確認しておきましょう。

□ブレーカーの見方とは?
自分の部屋だけ電気がつかない場合は、ブレーカーが落ちている可能性があります。ここでは、ブレーカーの見方について解説します。
まずは、分電盤(ブレーカーボックス)の中を見ると、電気の接続などの仕組みが理解できます。
分電盤とは、電気を分配するための装置で、アンペアブレーカー 、安全ブレーカー、漏電ブレーカーの3つの種類があります。電気がつかない場合は、落ちているブレーカーを確認します。
アンペアブレーカーは、契約しているアンペア数を超えると「バチッ」という音がします。これが「ブレーカーが落ちる」という状態で自動的に電気の供給が遮断されます。「契約ブレーカー」「サービスブレーカー」とも呼ばれています。
アンペアブレーカーがない場合は、電気使用量をデジタルで計測できる「スマートメーター」に切り替わっている可能性が高いです。
安全ブレーカーは、各部屋(回路)の電力を管理している小さなブレーカーです。「サーキットブレーカー」「分岐ブレーカー」などとも呼ばれています。電気の供給量を超えたときやショートしたときに遮断されます。
漏電ブレーカーは、その名の通り、漏電が発生したときに落ちるブレーカーです。感電や火災などを察知し、漏電を防ぐために安全装置が作動します。電気を大量に使っていないのに、電気がつかない場合は、漏電ブレーカーが作動している可能性があります。

□まとめ
ここでは、電気がつかない原因やブレーカーの見方について解説しました。まずは電気がつかない場所や範囲を確認し、どのブレーカーが落ちているかも合わせてチェックしてみましょう。これらのポイントを押さえておくことで、電気がつかない原因がわかるケースも多くあります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営では計画を立てることが重要!詳しくご紹介します!

賃貸住宅の経営をする上で重要となるが「収支計画」。なぜ「経営計画」「収支計画」を立てていく必要があるのでしょうか?ここでは、その重要性や収支計画を立てる上で留意したい点などをそれぞれ解説します。

□計画を立てる重要性
総務省が発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査(https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_02000220.html)では、2020年1月1日時点の全国の人口は1億2713万8033人です。前年から50万5046人減少しています。このような人口減少化の中、空室率を下げ賃貸経営を成功に導くには「経営計画」を立てることが重要となります。
賃貸住宅の経営は長期にわたる事業です。将来の「収支計画書」を作成し、シミュレーションしながら計画を立てて、その物件の収益が見込めるかどうかを検討しなければなりません。
では、そもそも「収支計画書」とはどのようなものでしょうか。長期間の事業計画で「収入」から「支出」を差し引いた「収益」が出ているかどうか、年単位で目標数値をあらわしたものです。
「収入」とは、賃料、共益費、礼金、駐車場料金、更新料、その他の収入などのことです。「支出」とは、修繕費、維持費、借入金返済額、税金、諸経費などを指します。「収入」ー「支出」=「収益」となり、収益がマイナスにならないようにバランスの取れた計画を立てることが大切です。

□収支計画を立てるうえで留意するべきこと
収支計画では、収入を控えめに見積もり、支出は多めに計上しなければなりません。なぜなら、賃貸経営は事業であり、様々なリスクがあるからです。
ここでは、収支計画の注意点を見ていきましょう。

*家賃設定や滞納リスク
収入の中でもっとも重要な家賃ですが、常に満室であるとは限りません。空室が続く時期が出てくることもあります。長期的な視点から適切な家賃設定を心がけ、将来的に家賃の値下げも検討しなければなりません。
一方、家賃の滞納リスクについては、入居者の経済状況が大きく影響します。コロナ禍において滞納リスクが高くなることも考慮しましょう。

*入居率・空室率
相場より家賃を高く設定すると、空室率が高くなる可能性もあります。近隣の物件を参考にしながら、家賃の下落率を厳しめに設定します。
また、退去後すぐに新しい入居者が決まるとは限らないので、入居率を○%と徐々に下げながら設定してみましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸経営の重要性や収支計画の留意点などを解説しました。収入を控えめ、支出は多めを意識しながら、長期的な収支計画を立てることが大切です。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ