オール電化の賃貸での停電が心配!どう備える?

お住まいの賃貸住宅がオール電化の場合、停電が心配だという方がいらっしゃるかと思います。「もしもオール電化で停電が起きたら、ぜんぶ止まってしまうの?」と不安に思う方も多いでしょう。確かにオール電化住宅はすべて電気で動いているわけですから、停電してしまったら何もできなくなるのではと不安に思うのももっともなことです。そこで今回そのような不安を解消するため、オール電化の賃貸住宅での停電の対処法をご紹介します。

□オール電化の賃貸で停電が起きたら?

オール電化の賃貸で停電が起きたら、まずはブレーカーがオフになっていないかを確認してください。もしもオフになっている場合は、ブレーカーが落ちただけの可能性があります。その場合は、ブレーカーを上げるだけで解決することも多いです。しかしブレーカーがオンになっているのにも関わらず電気がつかない場合は、すぐには復旧しない停電の可能性があります。すぐに身の安全のため、下記の対応を取ってください。
まず家にある電化製品の電源を切り、コンセントを抜いておきましょう。コンセントを付けっぱなしにしておくと、復旧した際に大量の電気が一気に通ることになります。これが原因となり火災に発展するケースも報告されているので、まず確認してください。
その次に電気だけでなく、水道やガスの元栓を閉めましょう。オール電化の賃貸でもガスの元栓がある場合があるので、確認しましょう。
また、オール電化住宅に限りませんが、5階建て以上のマンションになると、電気を使ったモーターで屋上の貯湯タンクに水をくみ上げて各室で使うという場合もあります。停電時にこの貯湯タンクの水がなくなり、使えなくなることがありますので覚えておいてください。
ここまでで、まず身を守るための最低限の対処はできました。ここからは、停電中に役立つ対処法について、解説していきます。

□停電したときに役立つ対処法は?

停電が起きた際は、携帯を省エネモード、もしくは電源を落としておくことをおすすめします。携帯の充電が切れてしまうと、いざという時に誰とも連絡が取れなくなります。極力使用を抑え、大事な連絡のために充電を温存しましょう。また、災害時は臨時で充電スペースが設けられることもありますので、充電が少なくなる前に確認しておきましょう。
停電するとIHのクッキングヒーターも使用できなくなります。そのため、加熱調理の必要な非常食は食べられなくなります。しかしカップ麺については、実はIHが止まっても食べられます。カップ麺は、水でも調理できるのです。お湯で作る時よりも長い時間を要しますが、15分から20分程度待てば調理できるので、カップ麺がある場合は水で戻して食べましょう。ただ停電が長期になると加熱できないのは困るので、オール電化住宅にお住まいの方はカセットコンロを常備しておきましょう。
停電時はトイレも流せなくなります。ただ、バケツ1杯の水をトイレに流し込むと、手動で流せるようになっています。緊急時は試してみてください。水がはねないように気をつけて流しましょう。またメーカーによって手動での水の流し方は異なる場合があるので、使用しているトイレのメーカー取扱説明書を確認しておきましょう。

□まとめ
今回は、オール電化の賃貸に暮らしている方に向けて、もしも停電してしまった際の対処法を紹介しました。オール電化住宅に住んでいる方は、停電になった時の不安が大きいと思います。この記事がその不安を少しでも解消できていれば幸いです。賃貸でのお困りごとは、ぜひ当社の記事を参考にしてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室対策でお困りのオーナー様へ!おすすめの方法をご紹介します!

空室がなかなか埋まらないというお悩みをお持ちのオーナー様は多くいらっしゃいます。空室が長期間にわたり出てしまうと、賃貸収入の低下につながるため、なるべく早く対策しておきたいところです。そこで今回は、空室対策でお困りのオーナー様に向けて、おすすめの方法をご紹介します。

□空室の原因を探る
空室の原因を探るために、調べておきたいことがいくつか存在します。
まず挙げられるのは物件の立地です。公共交通機関が近くにあるような物件は、よほど賃料が高くない限り、空室は埋まりやすいでしょう。このように立地の良い物件で、周辺の物件と比較しても賃料が高くない場合は、賃料以外の要素が空室の原因となっている可能性があります。

一方で、不便な地域にある場合はそれ以外の魅力を高める必要があります。物件ならではの特色を持たせることで、立地条件がそれほど良くなくても、入居者は集められます。立地条件の不利を補うためにも、物件の魅力を高めるための取り組みをしていきましょう。
次に挙げられるのは地域のニーズです。所有物件周辺のニーズを知ることで、ターゲットの絞り込みをすることが可能です。例えば、学生の多い地域であれば学生に向けた設備を備えた物件にしていくことで、空室が埋まる可能性が高くなります。ターゲットを絞り込むためにも周辺のニーズを把握しておきましょう。

□効果的な空室対策
先ほどは空室対策を考える前に調べておきたいことをご紹介しました。それに続いて、ここでは効果的な空室対策についてご紹介します。
効果的な空室対策として1つ目に挙げられるのは、家賃の見直しです。周辺物件に比べて家賃が高額すぎる場合は、入居者が集まりにくい傾向があります。そのため、周辺物件に比べて適正な料金設定になっているかを調べておくようにしましょう。

2つ目は、ニーズに合わせた間取りや設備に改修することが挙げられます。新築時に流行りの間取りや最新鋭の設備を備えた物件であっても、改修していかなければ時代に合っていないものになってしまいます。空室がなかなか埋まらないという場合は、物件の間取りや設備を最近のニーズに合わせたものに改修すること検討しても良いでしょう。

3つ目に挙げられるのは入居者募集方法の見直しです。どれだけ空室対策をしても新規の入居希望者が現れない場合は、募集方法が適切でない恐れがあります。そのため、なかなか効果が出ない場合は、募集方法を見直すことをおすすめします。
管理会社に入居者募集を任せている場合は、管理会社に一度相談してみましょう。管理会社に相談しても改善しない場合は、管理会社の変更をおすすめします。

□まとめ
今回は空室対策でお困りのオーナー様に向けておすすめの空室対策をご紹介しました。空室対策を行う際は、どの空室対策が有効かを考えるための原因特定も大切です。当社では空室対策に悩まれているオーナー様のご相談を受け付けております。賃貸管理に関するお悩みのある方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

オートロックの賃貸で鍵忘れ!どう解決すれば良い?

初めてエントランスにオートロックがある建物に住み始めた方で、一時外出した際に「部屋の中に鍵を忘れてきた」「部屋に入れない」という事態に陥ってしまった経験はないでしょうか。もし外出した際に携帯も家の中に置いてきてしまった場合、さらにパニックに陥りますよね。そこで今回は、釧路ではまだ少ないものの、エントランスにオートロックがついた建物に住んでいて「鍵を忘れてしまった」場合の対処法について解説します。

□オートロックの賃貸での鍵忘れへの対処法は?

オートロックが初めての経験の方であれば、部屋の中に鍵を忘れてしまうことはあると思います。しかし、それが深夜である場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

*他の住民が帰宅するのを待つ

すぐに思い付くことですが、まずは、他の住民が帰ってくるのを待ち、帰ってきたタイミングで一緒に入るという方法が考えられます。この方法を実施する際に注意しないといけない点が、「自分がその賃貸に住んでいる者」だと信じてもらえることです。そのため、他の住民が帰ってきた際は、「フルネーム」と「部屋番号」を伝えるようにしましょう。当たり前ですが、聞かれた質問にはできるだけ包み隠さず答えて、信頼信頼を築いてください。

*インターホンで入居者に連絡する

携帯を持っている方であれば管理会社に連絡すれば良いのですが、携帯も部屋に置いてきてしまった方は、インターホンで他の入居者に連絡して事情を説明しましょう。

*管理会社に連絡する

管理会社が24時間連絡を受け付けているのであれば、連絡する分には問題はありません。ただし、鍵を開けてくれるまで時間がかかる可能性が高いです。
以上のような方法で解錠できない場合は、鍵業者に依頼する、実家に向かうなど、その時に応じて対処してみてください。

□鍵忘れを防ぐための方法

鍵を家に忘れることを防ぐには、「外出時に必ず自分の部屋の鍵を閉めること」です。ゴミをゴミ置場に捨てに行くときや近くのコンビニに行くときなどでもです。あとは、いつでも鍵がどこにあるかを把握するために、玄関にフックを設置して鍵をかけておくのも効果的です。

□まとめ

今回は、オートロックの賃貸で鍵を家の中に忘れてしまったというトラブルについて解説させていただきました。オートロックに慣れていない方は入居時によく鍵を忘れることがあると思います。外出時は必ず鍵を閉めてくださいね。賃貸でのトラブルについて、他にも記事を書いておりますので、気になる方は見てみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

新築なのに入居率が低いのはなぜ?空室対策をご紹介!

「新築物件にもかかわらず、入居者が集まらない。」このような悩みをお持ちのオーナー様は多いのではないでしょうか。思い描いていたように入居者が集まらないと賃貸経営も苦しくなるため、対策を講じる必要があります。そこで今回は、新築物件の空室対策についてご紹介します。

□新築物件で空室になる理由とは?
新築物件で空室になる主な理由として考えられることは、大きく3つ存在します。
1つ目は、家賃が相場より高いということが挙げられます。設備や広さなどの物件の条件に対して家賃が周辺物件よりも高すぎる場合は、空室が出やすい傾向にあります。

2つ目には清掃状態が悪いことが挙げられます。新築であっても、1ヶ月清掃や整備を怠るだけで汚れやホコリが目立つようになります。特に新築は建物が綺麗であるため、汚れやホコリが目立ちやすい傾向があります。これらは内見者にとって良くない印象を与えることがあるため注意が必要です。

3つ目は入居者募集方法に問題があることが挙げられます。空室対策をきちんとしていても、なかなか入居者が集まらない場合は入居者募集方法に問題があることが考えられます。
以上が新築物件で考えられる空室が埋まらない主な理由です。

□新築物件の空室対策についてご紹介!
先ほどは新築物件で空室になる理由として考えられることについてご紹介しました。そしてそれを踏まえて、新築物件の空室対策についてご紹介します。
まず、家賃の見直しが挙げられます。先ほどご紹介したように周辺物件よりも家賃が高すぎる場合、入居者が集まりにくくなる可能性があります。そのため、周辺の物件をリサーチし、適正な家賃の価格設定を心がけるようにしましょう。

次に清掃業務の見直しが挙げられます。先ほどご紹介した汚れやホコリ以外にも、季節によって虫の死骸や落ち葉が落ちている場合もあります。これらは掃除をきちんとしていても残っている場合があるため、仕方のない面もありますが、なるべく綺麗にしておきたいところです。そのため清掃や整備をしっかりと行っている場合も、再度確認するようにしておきましょう。

最後に入居者募集方法の見直しが挙げられます。インターネットでの入居者募集をされている場合、物件の写真や情報が問題になっている場合があります。また、管理会社に入居者募集を任せている場合は、一度相談してみましょう。それでも改善されない場合は、管理会社の変更を検討されることをおすすめします。

□まとめ
今回は新築物件の空室対策についてご紹介しました。新築物件であれば、適切な空室対策をすることで入居者を集められる可能性があります。当社は新築物件の空室対策に関して豊富なノウハウがあります。新築物件のオーナー様で空室対策にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ペット可の賃貸物件でよくあるトラブルと注意点を解説します

賃貸物件に住んでいる方の中には、ペットが原因で起こるトラブルに悩んでいる方も多いかもしれません。そこでこの記事では、ペット可の賃貸物件に住んでおり、ペットが原因で起こるトラブルと注意点について詳しく解説していきます。

□ペット可の賃貸物件でよくあるトラブルとは?ペット可の賃貸物件でよくあるトラブルはどのような問題があるのでしょうか。この章では4つのよくあるトラブル内容と解決策について説明していきます。
1つ目は、ペットが発する音に関してのトラブルです。・鳴き声がうるさい動物・走り回ると足音がうるさい動物など騒音を発する動物を飼っている方も多いと思います。このようなペットを飼われている方の対策としては、床にカーペットや防音マットを敷くことが解決策として挙げられます。
2つ目は、ペットが発する臭いに関するトラブルです。臭いのトラブルは、体臭によるものか排泄物によるものかによって対策が異なってきます。体臭が原因であれば、飼っているペットをまめにシャンプーすることを心がけるようにしましょう。排泄物が臭いの原因になっている場合は、こまめに散歩に連れて行ってあげることや、防臭性能が高いペット用のトイレできちんと排泄をさせるようにすることなどが対策として効果的です。
3つ目は、規約違反に関するトラブルです。ペット可賃貸物件によっては、飼っても良い動物の決まりが細かく決まっていることがあります。指定されているペットの種類や大きさ、数などに反して、それ以外のペットを飼ってしまうと契約解除となってしまいます。後々のトラブルや罰則を避けるためにも規約は必ず守っていただくことをおすすめします。
4つ目は、マナー違反に関するトラブルです。規約違反はしていないものの、規約の範囲内で迷惑をかけてしまうこともあるかと思います。例えば、規約に違反していないことを良しとして、ベランダにペットを放飼してしまうことが原因となり、近隣住民との間でトラブルに発展するケースが挙げられます。規約には違反していないかもしれませんが、他の人が嫌がる行為は迷惑行為となりますので、常識の範囲内でのペットの飼育をおすすめします。

□ペットを飼う際の注意点
ペット可の賃貸物件でペットを飼う際は、上記のようなトラブルを防ぐために事前にしっかりと管理規約を確認していただくことをおすすめします。管理規約に記載されていることは、その物件に住む際に守る必要があるものだからです。不明点がある場合は、管理会社に直接聞くことで後々のトラブルを防げますので、不安点などがあれば質問しておきましょう。

□まとめ
今回は、ペット可の賃貸物件に住んでいる方に向けて、ペットが原因で発生するトラブルについて解説しました。上記で説明した内容はしっかりと理解しておくだけで防げるトラブルになりますので、参考にしてみてください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室対策を成功させるためには?賃貸経営でお悩みの方必見です!

賃貸経営をされている方の中で不安材料となりやすいのは空室です。長期間空室が出ると、それが原因で経営が苦しくなってしまうこともあります。そのため、早急に対策をする必要がありますが、一体どのような対策が効果的なのでしょうか。そこで今回は効果的な空室対策についてご紹介します。

□空室対策の具体例
空室対策は賃貸経営で最も重要な要素の1つです。その空室対策の中でも効果的な対策がいくつかあるため、ここでご紹介します。
まず1つ目は、所有している物件の適正な賃料相場を知っておくことです。物件を探している人のほとんどは、まず希望の地域から探し、その次に賃料で物件を選択していきます。
そこから細かい条件や築年数、間取りといった要素を確認し、入居を決定する方が多いでしょう。つまり、賃料が地域の相場からあまりにかけ離れていると、最初の段階で候補から外れてしまう恐れがあります。これは注意したいポイントですね。
2つ目に設備の更新が挙げられます。賃貸経営を始めた当初は最新設備であったものも、時間の経過とともに古くなっていきます。そのため、共有部にある設備や部屋の内装が時代のニーズに合っているかをチェックするようにしましょう。
近年では、高速のインターネット回線や宅配ボックスの需要が非常に高まっています。求められている設備は、物件のターゲットによっても変わるので、しっかりと戦略を立てて決めていきたいですね。
3つ目に入居者募集方法の見直しが挙げられます。入居者募集を管理会社に任せているオーナー様は少なくありませんが、オーナー様自身でもチェックしておくことは重要です。管理会社としっかりと相談しても効果が出ない場合は、管理会社の変更を検討してみても良いでしょう。

□おすすめできない空室対策
先ほどは効果的な対策をご紹介しましたが、ここではおすすめできない空室対策をご紹介します。
まず、挙げられるのが賃料の大幅な値下げです。周囲の物件の賃料に値段を合わせる程度の値下げであれば問題ありません。ただ、あまりに値下げしすぎると経営が苦しくなってしまうでしょう。また、何か理由があるのではないかと考え、入居希望者が減ってしまう恐れもあります。
空室対策においては、賃料の値下げは相場程度までか、少し安い程度にしましょう。
次に挙げられるのがリフォームに費用をかけすぎることです。リフォームは有効な空室対策ですが、細部までこだわると思わぬ出費になってしまうことがあります。リフォームをする際は費用対効果を意識しながら、事前に予算をしっかりと決めておきましょう。
その他に挙げられるのは管理会社任せにしないということです。長期に空室が出ている場合は、管理会社に問題があることも少なくありません。そのまま任せていても良い結果がでるとは限らないため、オーナー様自身でも空室対策をしていきましょう。より効果的な空室対策を管理会社にもしてもらいたいという場合には、変更をおすすめします。

□まとめ
今回は空室対策を成功させるための具体的な対策についてご紹介しました。空室対策をされる際は、ぜひこれらの情報を参考にしてみてくださいね。当社では、オーナー様の目線に立った物件管理を心がけております。より効果的な空室対策をしたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の不満にはどのようなものがあるのかご紹介します!

賃貸に住んでいる方が、どのような不満を感じているのか、知りたい方はいらっしゃいませんか。実際には、多少なりとも不満のある方はいるでしょう。そこで今回は、賃貸の不満にはどのようなものがあるのか紹介します。

□賃貸住宅の不満とは
賃貸住宅の不満を2つ紹介します。賃貸住宅にお住みの方や住む予定のある方は、ぜひ参考にしてください。
1つ目は、足音や声が響くことです。これは、最も多くの方が不満として挙げていました。
上の階や隣の部屋からの大きな音に、イライラしてしまうことはよくあります。年末や年始の時期は、部屋に多くの人が集まりやすいため、うるさくなることはあります。このようなときは、多めにみてあげても良いかもしれません。
しかし、毎日騒がしいのであれば、管理会社に伝えた方が良いでしょう。おうちでくつろぎたいときに、騒音のせいでゆっくりできないのは嫌ですよね。
2つ目は、トイレにシャワートイレが付いていないことです。シャワートイレとは、ウォシュレットのことです。シャワートイレが付いていなくて、不満に思っている方は多くいらっしゃいます。シャワートイレを利用する快適さを一度知ってしまうと、無いことが苦痛に感じる方も多いかもしれません。
このように、賃貸住宅に不満を感じている方が多くいらっしゃいます。

□改善方法とは
先ほど説明した不満点を改善する方法を紹介します。
足音や声が響くことは、完璧に改善することは簡単ではありません。それは、遮音機能を高めるには、床や壁の厚み、サッシの遮音性能を変える必要があるからです。
したがって、個人で建物の改修をすることはできません。どうしても気になる方は、管理会社に相談してみてはいかがでしょう。共用部に貼紙を出すなど対策を講じてくれるはずです。
シャワートイレの不満を解消するには、トイレの便座を温水洗浄便座に交換すると良いでしょう。後付けが可能であることを知っておいてください。自分で取り付けたいときは、管理会社に話してみましょう。
このように不満を改善する方法はあります。個人で回収できない場合には、管理会社に相談して対策をしてもらいましょう。

□まとめ
今回は、賃貸の不満にはどのようなものがあるのか紹介しました。紹介したものの中には、「当てはまっているな」と思うものもあったのではないでしょうか。どうしても不満は出てくるものなので、少しずつでも対策をしておきましょう。賃貸で困っていることがあれば、お気軽に当社にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

空室になってしまう理由とは?賃貸オーナー様に向けてご紹介します!

賃貸経営で一番難しい問題は空室対策です。空き室期間が長くなってしまうと、賃貸経営が苦しくなってしまうオーナー様も多いのではないでしょうか。そんなオーナー様に向けて、今回は空室が埋まらない理由とその対策についてご紹介します。

□空室が埋まらない主な理由
所有物件の空室が長期に渡って埋まらない場合、考えられる理由がいくつかあります。
まず、主な理由として物件の状態と賃料が釣り合っていないことが挙げられます。築年数が経過すればするほど、物件の魅力はどうしても薄れてしまうでしょう。そのため、築年数が経過していて状態が良くないにもかかわらず、高い賃料であれば空き室が埋まらない可能性があります。
ただ家賃を値下げするのは最終手段です。家賃を値下げしてしまうと、結果として家賃収入が低下し、経営が苦しくなってしまいます。
そのため、値下げよりも先に考える対策として、リフォームやリノベーションなどが挙げられます。古くなった箇所を綺麗にするだけでも物件の印象は大きく変わるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
次の理由としては、仲介会社に物件の魅力をアピールできていないことが挙げられます。新規の入居者を集める場合、仲介会社に依頼されるオーナー様は多くいらっしゃいますよね。仲介会社では様々の物件を取り扱っていることが多くあります。そのため、一部の物件だけを優先して、紹介してくれることはほとんどありません。
この仲介会社に紹介してもらうためには、物件の魅力をしっかりとアピールする必要があります。ご自身の所有する物件の魅力を再確認し、アピールポイントを押さえて売り込むようにしましょう。

□満室の賃貸経営を実現するために
空室を減らし、満室の賃貸経営を実現するためにやっておきたい対策がいくつか存在します。
まず、挙げられるのがターゲットを絞るという対策です。先ほどご紹介したリフォームやリノベーションで、ターゲットを絞った設備を追加すれば高い効果が期待できます。例えば、大学が近くにあるなら若者が喜びそうな壁紙にしたり、設備を追加したりすると良いでしょう。また女性が多く住まれている物件であれば、部屋干し用のフックを取り付けることもおすすめです。
また、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、インターネット通販を利用される方が増えています。宅配ボックスがあると通販を利用されている方々にきっと喜んでもらえるので、導入を検討してみても良いでしょう。
次に挙げられるのは管理会社の見直しです。オーナー様が努力しても改善が見られない場合は、物件の管理をしている管理会社に問題があることが考えられます。そのため、日ごろの清掃、管理をきちんとしているか、空室対策に真剣に取り組んでいるかということを確認するようにしてください。もしこれらがきちんと行われていないようであれば、管理会社を変更すべきといえるでしょう。

□まとめ
今回は、空室が埋まらない理由とその対策についてご紹介しました。空室対策はオーナー様だけでは限界のある問題も多いので、管理会社がしっかりと機能していない場合は、変更すべきでしょう。当社ではオーナー様に寄り添った物件管理を行います。空室対策でお悩みの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方に駐車場のマナーを徹底解説します!

「駐車場のマナーがわからない。」「賃貸の駐車場のマナーについて知りたい。」
賃貸にお住まいで、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。駐車場のマナーについて知っておかないと、トラブルの原因になりますよね。そこで今回は、賃貸の駐車場のマナーについて解説します。

□駐車場のマナーとトラブルの事例とは
賃貸物件を借りて駐車場を利用するときのマナーは、いくつかあるので見ていきましょう。
まず、契約した駐車場にきちんと駐めることです。契約したところ以外に駐めると、その場所の利用者に迷惑になります。
次に、出入り口や通路には駐めないようにすることです。出入り口や通路は、車を駐める場所ではありません。
また、車を駐める以外の目的で駐車場を利用するのはやめましょう。友達や知り合いが車で自宅に訪れたとしても、駐めるのは良くありません。
自分だけではなく、他の方も駐車場を利用します。マナーを守って、トラブルを起こさないようにしましょう。
ここからは、トラブルの事例を見ていきましょう。よくあるトラブルとして、無断駐車と駐車場に自転車やバイクが駐めてあることが挙げられます。無断駐車はとても迷惑であるため、注意しましょう。
また、駐車場に自転車やバイクが駐まっていることもよくあります。契約者がきちんと利用料を払って借りているところに、車以外のものを駐めるのはやめましょう。

□対策法とは
先ほど紹介した無断駐車のトラブルの対策を紹介します。
無断駐車はよくあるトラブルです。その中でも、来客者が来客用の区画と間違えて駐車してしまうケースが多いです。
このような場合には、事前に車両データがないものが多く、車両を特定するのが難しいでしょう。そのため、警察に電話して、無断駐車車両の所有者へ連絡を取ってもらうように依頼します。しかし、警察でも対応できない場合があるので、解決には時間がかかってしまうかもしれません。
それ以外には、悪意のある無断駐車をされることがあります。このような無断駐車がある場合には、事前にポールを設けて対策する方法もあります。また、管理会社に連絡して掲示板に注意文の掲示をしてもらうことも一つの手段です。
できれば、無断駐車されないように、事前から防止しておくことをおすすめします。

□まとめ
今回は、賃貸の駐車場のマナーについて解説しました。紹介した方法で対策をしておきましょう。賃貸についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の管理会社選びのポイントとは?オーナー様に向けて解説します!

賃貸管理会社はオーナー様と共に賃貸経営を行うパートナーです。そのため、管理会社選びは非常に重要といえるでしょう。ただ、管理会社選びで後悔されているオーナー様も少なくありません。そこで今回は、賃貸管理会社選びのポイントについて詳しくご紹介します。

□賃貸管理会社選びを失敗してしまう理由
管理会社選びで失敗してしまう理由はいくつか考えられます。まず挙げられるのが、知名度だけで選んでしまうということです。
大手の管理会社は一般的に知名度が高いため、入居者を募集する際に有利に働くというメリットが存在します。
ただ、大手の管理会社が必ずしも丁寧な管理ができるとは限りません。大手であるがゆえに管理業務が組織化、単純化されていることが多く、スピード感に欠けたり細かいところに対応できなかったりする可能性があります。また、担当者が変わることも多く、個人的な信頼関係を築きにくいという問題点もあるでしょう。
次に、営業担当者との相性だけで管理会社を決めてしまったということが挙げられます。もちろん、管理会社は賃貸経営のパートナーとなるため、営業担当者との相性は重要です。ただ、その時に説明をしてくれた営業担当者が必ずその物件の担当者になるとは限らないため、注意が必要です。

□管理会社選びのポイント
先ほどご紹介した失敗してしまう理由を踏まえて、管理会社選びのポイントをここでご紹介します。
まず、管理会社を規模だけで選ばないということがポイントとして挙げられます。先ほどご紹介したように、大手は入居者を募集する際に有利に働きます。
一方で、中小規模の管理会社であれば、細かな要望にも対応してくれ、トラブルがあった際に手厚いサポートが受けられることが多くあります。このように、それぞれにメリットがあり、大手がだから良いというわけではありません。そのことをしっかりと理解しておきましょう。
次のポイントとしては、目的を明確にしておくことが挙げられます。管理手数料の負担を減らすことが目的であれば、部分的な管理を行う管理会社がおすすめです。一方、手厚いサービスや効果的な空室対策を求めている場合は、オーナー様に寄り添った賃貸管理会社を選ぶ必要があります。
このように目的によっても選ぶべき管理会社が異なるため、事前にご自身の希望を明確にしておきましょう。

□まとめ
今回は賃貸管理会社選びのポイントについてご紹介しました。管理会社を選ぶ際は、規模や人柄だけでなく、会社としての考えもしっかりと見極めるようにしましょう。当社ではオーナー様を第一に考えた賃貸管理を行っております。管理会社選びに迷われている方は、当社までお気軽にご相談ください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ