2021.03.01 賃貸で鍵を紛失してしまった!対処の仕方を紹介します

「外出していて帰ってきたら鍵がないことに気がついた」賃貸で暮らしている方の中には、このようなトラブルに遭われた方も多いかと思います。この記事では、賃貸に住んでおり、家の鍵を紛失してしまった際の対処法について解説していきます。

□賃貸で鍵を紛失した時どうする?
「ポケットに入れてたはずなのに鍵がない・・・」上記のように賃貸物件の鍵を紛失してしまったという経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。鍵を紛失したことが分かった時に、どのような対処をしたらよいのでしょうか。
まず初めに紛失したことが発覚した段階で、警察署に遺失届を出すようにしましょう。理由としては、なくしてしまった鍵が警察署に届けられている可能性があったり、落ちている鍵に気がついた誰かが警察署に届けてくれる可能性があるためです。一方で落とした鍵を悪用されてしまう可能性もありますので、鍵をなくしたしまった際はまず初めに警察署に報告するようにしましょう。
次の問題として挙げられるのが、家に入れないという問題です。この問題の解決策は、管理会社もしくは大家さんに連絡することです。管理会社が24時間受け付けている場合や、大家さんが家の近くに住んでいる場合は、すぐに問題が解決することもありますが、そうでないことも多いかと思います。もしどうしてもすぐに入らなければいけない用がある際は、鍵業者に連絡し、開錠してもらうという手もあります。ただその場合もしっかりと後日管理会社か大家さんに状況を説明しておくことで後々のトラブルを防ぐことができますので、忘れずに報告するようにしましょう。

□鍵がいつまでも見つからない場合は
紛失した鍵がいつまでも見つからない状況もあるかと思います。この場合は悪い人に拾われ、悪用されてしまう前に下記対策を行っておくことをおすすめします。
その対策とは、鍵の交換です。すぐに自分で鍵業者に連絡し、交換してもらうのではなく、まずは管理会社に相談しましょう。理由としては管理会社によって鍵の紛失時の対処の仕方が変わるためです。また当然ですが、鍵の交換には費用がかかります。鍵を紛失してしまった場合、鍵をなくした住人の責任になるので、鍵をなくした住人が通常費用の負担を行うので注意しましょう。

□まとめ
今回は賃貸で鍵を紛失してしまった方のために向け、対処法について解説してきました。鍵の紛失に気がついた時は動揺してしまうかもしれませんが、落ち着いて本記事で紹介した手順を試してみてください。

2021.02.28 築古物件のオーナーの方へ解説!空室対策についてご紹介!

「築古物件のためなかなか入居者が集まらない。」このような悩みをお持ちのオーナー様はいらっしゃいませんか。築古物件は新築物件よりも注目は集まりにくいですが、適切な空室対策を行えば、入居者を集められます。そこで今回は、築古物件の空室対策について解説します。

□築古物件でやるべき空室対策とは?
築古物件の空室対策で、まず重要となってくるのは清潔感です。そのため、エントランスやゴミ置き場、駐輪場など外部の人からも見える箇所は綺麗にしておきましょう。
これらは築古物件でなくても綺麗にしておく必要がありますが、築古物件であればより一層注意しておくことをおすすめします。例えば築古物件のゴミ置き場や自転車が整然としていなかったり、周囲に雑草が生えていたりすると、物件の中身が良くても外観だけで敬遠されてしまう恐れがあります。そのため、清掃や外回りの整備を徹底するようにしましょう。
次に、現在のニーズに合った設備が整っているかということも重要です。最新の設備を無理に導入する必要はありませんが、近年ほとんどの物件に導入されている設備が整っているかを確認しましょう。
その設備の具体例としては無料のインターネット環境が挙げられます。近年、インターネットの普及により、ネット環境は生活に欠かせないものとなっています。このように、無料のネット環境は需要が高いので、まだ導入されていない方はぜひ導入を検討してみてくださいね。

□3点ユニットは工事すべき?
築30年以上のマンションやアパートでは、バス・洗面・トイレが一体となっている3点ユニットが主流でした。しかし、近年ではバスとトイレが別になったものが人気になっています。さらに築古物件は最近の物件に比べて部屋が狭いことが多いため、3点ユニットと重なると不利な条件になるように感じますよね。
そのため、リフォームを考えられるオーナー様も多くいらっしゃいます。ただ、近年では広さよりも家賃の安さを重視する若者も少なくありません。家賃が適正な価格になっていれば、3点ユニットは特に問題にならない可能性があります。
また、3点ユニットをユニットバス、トイレ、洗面化粧台に変えるには、かなりのスペースを必要とします。1DKや1LDKのお部屋ではスペース的に困難な場合も多いでしょう。無理なリフォームを行わず、それ以外の設備を充実させて適切な家賃設定にすれば、3点ユニットは必ずしも不利な条件とはならないでしょう。

□まとめ
今回は、築古物件の空室対策について解説しました。築古物件は不利な条件が多いと思われがちですが、必ずしも不利になるとは限りません。今回ご紹介した空室対策をぜひ参考にしてみてください。また、当社には空室対策に関して豊富なノウハウが存在するため、空室対策でお悩みの際はぜひお気軽にご相談ください。